Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ホラー映画

Entry 2021/06/11
Update

映画『インヘリタンス』ネタバレ結末とラスト解説の感想。どんでん返しな本格ミステリーはタイトルの意味である“遺産”という意味深な謎を受け継ぐ恐怖

  • Writer :
  • ジンリナ

父親が遺した遺産の謎の男の存在と耐え切れない真実を描く『インヘリタンス』

映画『インヘリタンス』は、ヴォーン・スタイン監督のミステリースリラーのアメリカ映画。

父親が残した遺産が地下壕に埋まっていることを知った娘ローレンが、そこで会った謎の男によって明らかになる衝撃的なドラマを描いた作品です。

白雪姫と鏡の女王』(2021)『あと1センチの恋』(2014)のリリー·コリンズ、「ミッション:インポッシブル」シリーズのサイモン・ペッグ主演。さらに、コニー·ニールセン、チェイス・クロフォード、パトリック・ウォーバートンが脇を固めています。

本作のタイトル「インヘリタンス」は「遺産」という意味があります。真実が明らかになる過程で、米国上流層の醜い過去を暴きます。

スポンサーリンク

映画『インヘリタンス』の作品情報

(C) 2020. 1483, INC. ALL RIGHTS RESERVED.

【公開】
2021年(アメリカ映画)

【原題】
Inheritance

【監督】
ヴォーン・スタイン

【キャスト】
リリー・コリンズ、サイモン・ペッグ、コニー・ニールセン、チェイス・クロフォード、パトリック・ウォーバートン、マルク・リチャードソン、マイケル・ビーチ、ジョエル・ヘレラ、ルーカス・アレキサンダー・アユーブ、クリスティーナ・デローサ、グレー・マリーノ

【作品概要】
『インヘリタンス』は、裕福で権力のある一家の家長が突然亡くなり、父親が残した遺産が地下壕に埋まっていることを知った娘が出会う謎の男と衝撃的真実を描いたスリラー。

白雪姫と鏡の女王』(2012)のリリー・コリンズと、「ミッション:インポッシブル」(2006-)シリーズのサイモン・ペックが主演。監督は『アニー・イン・ザ・ターミナル』で長編初監督デビューを果たしたヴォーン・スタインが務めています。

本作は、目が離せないどんでん返しの物語であり、ラブリーな魅力のリリー・コリンズと、コメディアンの天才のサイモン・ペックという俳優の従来のイメージを完全に覆した作品となりました。

映画『インヘリタンス』のあらすじとネタバレ

(C) 2020. 1483, INC. ALL RIGHTS RESERVED.

ローレンは、アメリカの大富豪の名門モンロー家の長女であり、検事の仕事をしています。

ある日、森の中でローレンの父親アーチャーが具合が悪そうに車に乗り込み、その後、アーチャーは心臓麻痺で亡くなってしまいました。

その頃、ローレンの弟ウィリアムが選挙に出馬したことで、モンロー家の姉弟は揃って有名人になります。ローレンは記者からインタビューを受けている間に、アーチャーの死を聞かされました。

アーチャーの葬式を終えて彼の部屋に入るローレン。アーチャーの椅子に座ったローレンは、アーチャーと一緒にチェスをしたことを思い出します。

そして、家族全員は、長年アーチャーの弁護士を担当していたハロルドによって、アーチャーの遺言状を聞きました。アーチャーが残した遺産は、ウィリアムには2千万ドル、ローレンには百万ドルでした。

家族会議が終了した後、ハロルドはローレンに、アーチャーが残したローレン宛の1通の封筒を渡し、その手紙の内容を、決して口外しないように言いました。

ローレンが封筒を開けると、USBと鍵が入っていました。USBを接続すると、生前のアーチャーの映像メッセージが流れてきました。

「別荘の裏庭の森の中には、墓まで持っていかなければならない秘密がある。それを解決しなければならないはずが、勇気がなかったこと、その秘密と多くのことが父親の過ちによるため申し訳ないと思うこと、そして真実を明かしてはいけないこと」をローレンに伝えました。

ローレンは、人目を気にしながら、鍵を持って森の中へ入って行きます。目的地が見えると、そこは幼い頃にお茶会ごっこをした時、突然駆け付けたアーチャーに「ここに来てはいけない」と怒られた場所でした。

ローレンが鍵をあけると地下の秘密通路があったので、ゆっくりと下りて行きました。

薄暗い廊下の奥には1つの部屋があり、その中には首輪をして鎖に繋がれた1人の男がいました。死体のように微動だにしない男に、ローレンは恐る恐る検脈しようとすると、突然動いたため、驚いたローレンは家へと逃げ込みます。

911番へ通報するローレンですが、アーチャーの手紙を思い出し、娘の悪戯電話だったと謝罪して電話を切りました。

自分より遺産が少ないローレンを心配したウィリアムは、遺産を分けようと提案するが、「あなたの選挙に使って」と断るローレン。

そして、母親キャサリンの元へ行ったローレンは、アーチャーに恨みを持った人がいないか聞きますが、「気にしなくて良い」と言うキャサリン。

その日の夜、ローレンはキャサリンと別荘に残り、ウィリアムとローレンの夫スコットと娘はそれぞれの家へと帰ります。

翌日、ローレンはアーチャーの銃を持って、地下壕へと向かいました。

部屋に入ると、男はベッドで寝ていました。男が寝ていることを確認したローレンは、その隙に男の指紋を取ります。

すると、男は目を開いてローレンを見ました。驚いたローレンは逃げ出し、仮面を被って再び戻って来ました。

今度は男は起きており、自分はアーチャーとは友達であり、ローレンのことを知ってるため、仮面を外せと言います。

男を信用しないローレンは何故ここにいるのか聞きます。真実を知りたいなら、自分の要望を聞くよう言う男。

ローレンは、男の要望通りに、ステーキとケーキを持って来ました。

ステーキをむさぼり食った男は、自分の名前はモーガン・ワーナーだと名乗り、過去にあったアーチャーとの出来事について話し始めます。

以下、『インヘリタンス』ネタバレ・結末の記載がございます。『インヘリタンス』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

(C) 2020. 1483, INC. ALL RIGHTS RESERVED.

ローレンが生まれる前、モーガンとアーチャーは友達でした。

酒を飲み、薬も楽しんで、車でドライブしていた夜、人を轢いて死なせてしまいました。逮捕されることを恐れたアーチャーは、遺体を埋めました。

しかし、事故を通報しようとするモーガンをアーチャーが気絶させて、30年間地下壕に監禁したのです。

さらに、アーチャーが家族に隠していた内縁の女であるソフィアの存在、彼女の住所まで話したモーガンに、嘘だと怒鳴りつけるローレンは出て行きました。

検事出身であるだけに、手がかりを巧みに集めるローレン。

そして知り合いの刑事に電話したローレンは、モーガン・ワーナーについて調べてくれるよう依頼します。また調査結果は、両親の別荘まで送ることも依頼します。

そして、アーチャーとの不倫関係が真実かどうか確認するために、ソフィアに会いに行くローレン。

ソフィアと対面したローレンは、そこで1枚の少年の写真を見つけました。彼は、ソフィアの息子であり、ローレンの異母姉弟でした。衝撃を受けたローレンは、飛び出して行きました。

そして、モーガンの言葉が真実だと悟ったローレンは、再び地下壕へ行きます。

ローレンはアーチャーが遺体を埋めたという証拠を見せてもらうために、手錠をしたモーガンの案内を受けて、現場まで行きました。

そして、モーガンの指示した場所をシャベルで掘っていくと、骸骨が出て来ました。これもまた、真実だと知ったローレンは、咄嗟に骸骨を隠してしまいます。

再び地下壕へ連れ戻されたモーガンは、自分を解放するよう哀願しますが、ローレンは彼を解放すれば彼の持つ秘密が、自分の家族を破壊させることを恐れました。

子供たちには厳しかったけれども、常に品行が正しくて尊敬していた父親の信じられない過去を知ったローレン。

どうしようかと思い悩んだのも束の間で、長女として家族を守るべきだという考えが先行して、モーガンの要求通りに従い始めます。

様々な葛藤の末、良心が動いたローレンは、モーガンを釈放しました。ハロルドを通して、大金と飛行機を準備して、モーガンを島国に行かせました。

ハロルドと共に飛行機に乗ったモーガンを、最後まで見送らずに去って行くローレン。

地下壕に戻って来たローレンは、ゴミ捨てを始めます。その頃、別荘に送られて来た一通の封筒を受け取るキャサリン。

一方、ゴミ捨ての最中に、ローレンは注射器と液体瓶を見つけました。携帯電話に届いた刑事から封筒の配達完了通知を見たローレンは、急いで別荘に戻ります。

そこには、封筒を開いてファイルを見ていた険しい表情のキャサリン。

何故このような書類があるのか質問するキャサリンに、「モーガンよ」と言うローレンですが、モーガンの昔の写真を手にしながら、「こいつはカルスン、悪人よ」と恐ろしそうに言うキャサリン。

調査結果には、モーガン・ワーナーは、アーチャーが埋めた遺体の男だったとありました。モーガンと名乗る男がアーチャーからの遺産であること、30年間地下壕にいたことを告げるローレン。

そして、その男を解放したというローレンの言葉に、衝撃を受けたキャサリン。

キャサリンの表情から、命の危険を察したローレンは急いで飛行場に向かいました。そこには、モーガンを乗せて出発したであろう飛行機は、離陸すらしておらず、パイロットとハロルドが死んでいました。

再び別荘に帰って来たローレンですが、キャサリンがいなくなり、地下湖の扉が開いていました。

地下壕に向かったローレンは、そこで倒れているキャサリンを発見します。そこへ、あのモーガンが現れて気絶させられたローレン。気を取り戻すと、ローレンは鎖に繋がれていました。

そしてモーガンと名乗る男は、以前、ローレンに話した出来事は嘘だったと言い、今度こそ真実を語り始めました。

30年前パーティーの場で、モーガンはキャサリンに性的暴行をし、これを知ったアーチャーは彼を処罰するために、車に乗せて移動中に、口論して人を轢いてしまいました。

先に車から降りたモーガンがまだ生きていた被害者を殺しました。有名な家系の息子が飲酒運転と殺人というニュースになることを恐れたアーチャーは、遺体を土に埋め、この事実を隠すためにモーガンを30年間監禁したのです。

そして、復讐心で狂ったように、キャサリンとローレンに暴力を振るうモーガンは、ローレンが命の危機に陥った時、「俺はお前の父親だ」と叫びます。

その瞬間、キャサリンがモーガンに向かって銃を撃ち、モーガンはその場で倒れました。

その後、キャサリンは、ローレンに「あなたはモンローの娘よ」と言い、そっと手を握りました。

地下壕に、油と火をつけるローレンとキャサリン。地下壕が炎のように燃え上がっていくのを、地上からローレンとキャサリンは、見下ろしています。

スポンサーリンク

映画『インヘリタンス』の感想と評価

(C) 2020. 1483, INC. ALL RIGHTS RESERVED.

本格ミステリー映画『インヘリタンス』は、111分の上映時間の多くをローレンとモーガンの心理戦に費やしています。

父親が残した遺産と彼が言う信じたくない真実は、ローレンを苦しめます。モーガンは鎖に繋がれて体を動かすことは出来ないのですが、彼の話術と心理戦はいつの間にかローレンを陥れ、結局ローレン自らが彼の鎖を解くようになりました。

しかし、隠された本当の真実は、モーガンが地下壕の外に出た後、明らかになるのです。

ローレンが生まれる前の30年前に起こったもう一つの事件と、これまで隠していたローレン家族に対するモーガンの怒りは、彼と共に地下壕から世間に出て来ます。

全てが終わったと思った瞬間、映画はまた違うストーリーを作り出し、観客を混乱させます。

主演俳優陣の新たな演技

『インヘリタンス』の醍醐味は、父親が残した遺産であるモーガン役のサイモン・ペッグと、娘ローレンを演じたリリー·コリンズの演技です。

「ミッション:インポッシブル」(2006)シリーズ、そして「スター·トレック」(2009)シリーズの俳優として知られているサイモン・ペッグ。コメディ映画の顔として魅力を存分に発揮した彼が、愉快な英国紳士のイメージから脱し、完全に違う姿で観客の前に表れました。

サイモン・ペッグは、自分を監禁した一人の男の娘と、彼女の家族を陥れる衝撃的な鍵を握る男として登場します。肩まで下がる白髪に痩せた体付き、狂気まで漂っているような目つきは馴染みの薄い姿ですが、優れた演技力でモーガンになり切っていました。

今回の作品を通じて、何故彼がコメディのイメージとはかけ離れた役を受けたのかを改めて考えさせられるでしょう。

一方、『白雪姫と鏡の女王』(2012)、『あと1センチの恋』(2014)などの作品を通じて、ラブリーな魅力の女優としてよく知られているリリー·コリンズは、遺産の正体を知ったローレンに扮して、爆発的な内面演技を披露。いつも清楚な明るい彼女の微笑みではなく、混乱に満ちた表情を見せています。

信じたかったことと、真実と偽りの間で次第に崩れていくローレンの姿を見事に演技したリリー·コリンズは、今回の作品で自分の演技のスペクトルをさらに広げたと言っても過言ではありません。

また、この映画で最も注目すべき点はローレンのファッションです。身嗜みを綺麗に整えた彼女は、高級でキャリアウーマンのように見え、着飾ったファッション、特にレザートレンチジャケットなど、完璧に女性らしさを漂わせていました。

リリー・コリンズとサイモン・ペッグの呼吸がマッチしており、時間が経つのを忘れさせてくれました

隠された悪人

(C) 2020. 1483, INC. ALL RIGHTS RESERVED.

母親は、モーガンを「悪人」と言いました。実際に映画を見ると2つの犯罪を犯していますが、悪人というほどのことはありませんでした。

それよりも父親の行動に不信感を抱きます。父親がUSBを残さなかったら、監禁されているモーガンは飢え死にし、娘が危険に陥らなかったはずなのに、なぜこのような遺産を残したかという理由がわからず、もどかしい気持ちを抱きました。

もちろん、性犯罪が人の魂を殺すことはあります。父親は自分の妻がそんな目に遭ったのですから、怒ったのは当然でしょう。

しかし、父親が母親のためにモーガンを監禁していたというには、あまりにも不条理です。憤怒した時間より、翻弄した時間の方が長いようですから。

父親はモーガンの写真を撮ったり、手の届かないところに見えるようにチョコレートを置いたりなど、何かと適当に彼をもて遊んでおり、自分の娘は自分の血筋ではなく、モーガンの血筋だと思ったことが推測されます。

本当の血筋なのかどうかは映画には出ていませんが、遺産配分も父親が娘より息子を愛したということ、ローレンにモーガンを遺産として残したことを思うと、もしかすると父親は、「ローレンが処理しなさい」というメッセージを残したつもりだったのではないでしょうか。妻は心から愛したけど、娘は受け入れられなかった、ということが考えられます

振り返ってみると、ローレンの父親は様々なことをしていました。

数十年間不倫をして婚外子まで作り、政府には学歴や会社を作って賄賂して、人を車で轢いてそのまま森の中に埋めてしまい、目撃者であるモーガンをショベルで殴って地下壕に30年間監禁。さらに、妻が生んだ娘をモーガンの娘だと推定したこと。

こうなると父親は全ての元凶であり、隠された悪人は父親だと言えます。

正義と真実とは何か

“正義とは何か”に、このような例があります。

実際、”正義とは何か”の著者であるマイケル・サンデルが作った例ではなく、マイケル・サンデルがアーシュラ・クローバー·ル=グウィンの短編小説”オメラスから歩み去る人々 “から引用した例です。

“完璧とも言えるほど幸せで葛藤のない村がある。ところが、この村には地下室が一つあり、その中には一人の少女がいる。その少女は日の当たらない地下室で悲惨な生活をしている。この村がこんなに完全に幸せでいられるのは、ひたすらこの少女の不幸のお陰だ。この少女を地下室から追い出せば、村の幸せは崩れ落ち、この事実は村の住民たち皆が知っている。”

映画の内容も、この例と非常に似ています。ただ、違いがあるとすれば、監禁されたモーガンも村の少女のように、無念に閉じ込められているかどうかを明確に知ることが出来ず、例では暗黙的に村人の間で少女の不幸が容認されたのとは違って、映画の中で監禁された男の存在を知るのはローレンだけです。

ローレンの家族は非常に権威があり、国家的にも有名な裕福な家系です。この家族の父親が、一人の男を30年間監禁していたことが明らかになれば、ローレンの家族は地獄に落ちるでしょう。

この事実を知るローレンは、葛藤します。

「悪魔のような父親に無念に監禁された」という男の言葉が、何処まで事実で嘘なのか知ることは出来ませんが、一人の男がこんなに長い間地下壕に監禁されていた事実を知ると、混乱と罪悪感に襲われるのは、誰でもありうるでしょう。

ローレンは自分は正しいことをしているのだから、正義のために戦うと自慰して、罪悪感なんかは振り切ってもいいと思ったのです。

生きている間に、知らなかった真実を知るようになった方が良いでしょうか。それとも真実を知らないで過ごした方が良いでしょうか。

家族、友達、知人など、陽の当たらない陰に秘めた真実があれば、それを知ることで不幸を招くかも知れません。

誰にでも隠したいことがあるため、真実を知るというのは、ある意味恐ろしいことなのです。

まとめ

(C) 2020. 1483, INC. ALL RIGHTS RESERVED.

“Inheritance”は、”相続した財産、遺産、相続、遺伝”など、親に何か譲り受けることを意味します

果てしない嘘と秘密、それなりの緊張感、ストーリー要素を備えたこの映画は、撮影や演出はある程度スリラーの基本を守り、いくつかのシーンの演出はかなり印象深いです。

『インヘリタンス』は、成功した米国上流層の素顔を暴いており、不道徳なことも正しいことだと信じてしまう二重性を指摘しています。

また、真実に対する良心と、自分が守るべきものとは何か問いかけるようでした。

真実はずっと埋もれていなければならず、掘り起こさずにいれば皆に得になることもあるのです。

映画は、男の存在の痕跡を燃やして終わりますが、ローレンは家族を守るために、秘密を隠し永遠に嘘をつかなければならないでしょう。男の痕跡が燃えても、悲劇は一生続くのです。

闇の中で感じる恐怖心は、この映画の重要なポイントでした。人の好奇心は行動力の限りない源でもありますが、それが自らの命を奪う火種でもあると言えます。






関連記事

ホラー映画

『来る』ネタバレ感想と考察。ホラー映画に登場したアレの正体を解説【オムライスのくにへいってみたいの意味も】

独特の美意識であるスローモーションと美しいCGの作風で人気を誇る中島哲也監督が、「第22回日本ホラー小説大賞」を受賞した澤村伊智の原作『ぼぎわんが、来る』を映画化。 主人公のジャーナリスト野崎役に『海 …

ホラー映画

映画『いけにえマン』ネタバレあらすじと感想。中元雄監督のホラー愛が溢れ出るマニアック・ムービー

『いけにえマン』は2019年10月5日から10月18日にかけて、池袋シネマ・ロサでレイトショー公開! 『一文字拳 序章 ー最強カンフー少年対地獄の殺人空手使いー』で、カンフー映画愛を爆発させた中元雄監 …

ホラー映画

映画『ドクターエクソシスト』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

人間の潜在意識に入り込み、悪霊を除霊する車椅子の科学者と悪霊との戦いを描いたホラー作品。 科学の力で悪霊に対抗する、新感覚の悪霊祓い映画が誕生! スポンサーリンク CONTENTS1.映画『ドクター・ …

ホラー映画

【ネタバレ考察】サスペリア(リメイク2018)の結末までの詳細に解説。戦争から心理学までに及ぶ内容とは

あのホラー映画の金字塔が鬼才の手で再構築された! 昨年のカンヌ映画祭の初お披露目から賛否両論の嵐で大激論を呼んでいるリメイク版「サスペリア」。 150分越えも納得の、様々な要素が絡み合いホラーの枠組み …

ホラー映画

映画『真・鮫島事件』ネタバレあらすじと感想考察。ガチ怖を解説するとオンラインを使用する若者たちの呪いと運命が深掘りができる⁈

新たな鮫島事件『真・鮫島事件』は2020年11月27日(金)より全国公開 2001年に、ある書き込みがキッカケで、インターネット上で様々な憶測が飛び、「語ってはならない事件」として都市伝説化した「鮫島 …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学