Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ホラー映画

Entry 2021/02/01
Update

『ダニエル(2021)』ネタバレ感想と結末あらすじの解説。スリラー映画にシュワルツェネッガーとロビンスの息子2世同志が“耽美と狂乱”を織りなす

  • Writer :
  • ジンリナ

2世俳優のマイルズ・ロビンスがシッチェス・カタロニア国際映画祭にて男優賞作『ダニエル』。

映画『ダニエル』は、自らをジャンル映画マニアと自任する新鋭アダム・エジプト·モーティマー監督の作品。

善と悪、理性と衝動で遊離した人間の内面の崩壊をホラージャンルのアプローチで解き、内気で繊細な青年と、圧倒的カリスマ性を持つ空想上の親友の恐ろしくも美しい関係を描いています。

この映画は、2019年にアメリカのSXSW映画祭で初めて公開され、世界の各種映画祭を始め、韓国では富川国際ファンタスティック映画祭に出品されました。

『ターミネーター』のアーノルド・シュワルツェネッガーと『ショーシャンクの空に』のティム・ロビンスという大物俳優の2世達が活躍。パトリック・シュワルツェネッガーがマイルズ・ロビンスを耽美と狂乱の世界へ誘います。

スポンサーリンク

映画『ダニエル』の作品情報

(C)2019 DANIEL FILM INC. ALL RIGHTS RESERVED.

【日本公開】
2021年(アメリカ映画)

【原題】
Daniel Isn’t Real

【監督】
アダム・エジプト・モーティマー

【キャスト】
マイルズ・ロビンス、パトリック・シュワルツェネッガー、サッシャ・レイン、ハンナ・マークス、メアリー・スチュアート・マスターソン、チュク・イウジ、ピーター・マクロビー、マイケル・クオモ、アンドリュー・ブリッジス、ケイティ・チャン

【作品概要】
精神を攪乱する心理恐怖映画『ダニエル』。暴力的な家族に対するトラウマを持つ大学新入生ルークは、自分の手に負えない事によって解決する適切な正解を見つけようと、仮想の友達ダニエルを呼び出していく様を描いています。

この映画は、作家ブライアン·ドリーの小説“IN THIS WAY I WAS SAVED”をベースに、監督と作家の初対面から7年半経って、この映画を完成したそうです。

その長い準備期間に相応しく『ダニエル』は、相当の低予算で完成した新鋭監督の作品としては、驚くべきレベルの視覚的ディテールと完成度を見せてくれています。

長期間ミュージックビデオ作業を扱ってきたアダム・エジプト・モーティマー監督の感覚を、映画全般の視覚効果で確認する事が出来ます。身体毀損を通じた人間深淵の恐怖を表現するのに、最大に有用したビジュアル再現に注目です。


映画『ダニエル』のあらすじとネタバレ

(C)2019 DANIEL FILM INC. ALL RIGHTS RESERVED.

赤くて暗いブラックホールと、あるカフェで起きた銃撃事件で始まります。

小心な幼い少年ルークは、精神病の母親・クレアと家を離れようとする父親の争いを避けて外に出ますが、衝撃的な殺人現場を目撃します。

おぞましい事故現場に衝撃を受けたルークは、そこで自信に満ちた想像上の友人、ダニエルに出会います。家にいなくなったルークを捜しに急ぎながら外へ出て来た母親は、公園でダニエルと一緒のルークを見つけます。

連れて帰ろうとした瞬間、ルークはクレアにダニエルも一緒に連れて帰って良いか尋ねます。クレアは、ダニエルの立ち位置よりずれた方向へ「一緒に夕食しましょう」と話します。つまり、ダニエルは他の人には見えないのです。

その日から、ルークには実際に存在するかのように感じられるダニエルと、一緒に遊ぶようになります。両親が離婚した後にも、ルークの大きな助けにもなったダニエル。兄弟のように、毎日仲良く遊んだり笑い合ったりします。

ある日、ルークは「クレアが超能力者になれるようにしてあげる」というダニエルの言葉を信じ、大量の精神科薬をミキサーの中のスムージーに入れてしまい、クレアは死ぬ危機に直面します。

クレアにダニエルとの仲を止めるよう言われたルークは、想像の中の友人ダニエルを人形の家に閉じ込めて、門に鍵をかけて封印します。人形の家のドアでは、ダニエルが開けろと激しくドアを叩いています。

それから、数年後。大学に通っているルークは、大学の寮でルームメイトと暮らしています。クレアと電話したルークは、久しぶりにクレアの住む家を訪問します。

しかし、彼が去ってから精神病がさらに酷くなった彼女の心理状態は不安定です。クレアは、ルークが買って来た母親の大好物のハンバーガーを、受け取ろうとしません。

その日の夜に、一人でナイトクラブに出掛けたルークは、そこである一人の女性に出会います。その女性の場所へ行こうとした途端、気を失ったかのように倒れてしまいました。その時に、3人の得体の知れない物体が見え、驚いたルークは飛び起きて逃げます。

久しぶりに会った母親の無惨な幻影を見たルークは、自分も母親のようになる事を恐れてカウンセラーのブラウンを訪ねます。

話をしていく中、幼い頃の想像上の友達であるダニエルの事を話すと、「恐怖を抑えずに、再び本人の一部として、受け入れるように努力しろ」とブラウンは言います。

その帰り道に、疲れたように歩くルークとスケボーしていた女性がぶつかります。「大丈夫だ」と言って去っていくルークの姿を、女性は見ています。

夜になりました。家では、ルークはクレアとおやつを食べながら、テレビを見ています。そして、ベッドで、自分が幼い頃抱いていたぬいぐるみに再会したルークは、再び抱いては何かを思い出したように起き上がります。ゆっくりと、人形の家へ近付いて行き、鍵を探して見つけます。

その時、大きな音にルークは目覚めます。すると、クレアが夜中に一人で叫びながら、ハサミで自傷行為をしようとします。

浴室にこもったクレアを心配したルークは、力一杯に浴室のドアを開けます。その場で、クレアは鏡に向かって話しながら叩き壊しています。クレアを止めようとするルークは、浴槽に目を向けます。そこには、成人になったダニエルがいました。

ダニエルの助けによって、ルークは暴走するクレアを止められました。

数年ぶりに再会したルークとダニエルは、お互いに嬉しそうな表情です。そして、ルークに「君は僕の助けが必要だ」とダニエルは言います。

翌日、クレアが散らかしたであろうリビングを掃除しているルークと昔のように剣術しようと誘うダニエル。

そのタイミングで、前日、道端でぶつかった女性が訪ねて来ます。当時に財布を落としたルークの為に、届けに来てくれたのです。彼女はキャシーと言い、ダニエルはルークとキャシーとの関係が進展するようにも助けてくれます。

何処にでもダニエルと一緒にいて、ルークはますます大胆になり、社交性も増していきます。ダニエルの助言によって、キャシーに会いに行ったルークは、キャシーの家で色々と語り合います。

大学での試験の際には、教壇で服を脱いだダニエルは、数字の解答を身体中にタトゥーのように入れてあり、ルークは喜びながら写していきました。更に、寝ているルームメイトに悪戯をしていったりと子供心に戻ったように遊びを楽しんでいます。

ある日のナイトクラブに出掛けたルークとダニエル。その場に、以前に一度同じくナイトクラブで見かけた女性がいました。ダニエルのアドバイス通りにするルークは、その女性にアタックして、ソフィーという名の彼女の連絡先をGETします。

直後、お酒の呑み過ぎたルークは、トイレで吐いてそのまま眠ってしまいました。そんなルークが眠っているかどうか確認したダニエルは、ルークの体を操って傷付けようとします。

そして、ルークに急激に近付いたキャシーは、危険とミステリーが潜んでいるルークの自我を絵に描いています。出来上がった絵画には、ルークの顔と、その後ろに黒くぼやけているような物が描かれていました。

お互いに意識し合ったキャシーとルークの情事を見下ろすダニエルに、ブラックホールのような赤い世界が映ります。

以下、『ダニエル』ネタバレ・結末の記載がございます。『ダニエル』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

(C)2019 DANIEL FILM INC. ALL RIGHTS RESERVED.

ある日、ルークが寝ている間、ダニエルはソフィーとメールのやり取りをしていました。

その時に、ソフィーが友達を連れて大学の寮へ訪ねて来ました。ルームメイトの提案によって、外へ出掛けた4人とダニエル。

あるマンホールから降りて、地下通路を歩いて行きます。ルークの体に、強烈な動物のような何かがいると感じたソフィーは、ルークの元へやって来ます。

しかし、すぐにルークがソフィーを断ると、ダニエルがルークの肉体を占めます。それは、お互いの肉体が1つになった瞬間、引き離したものの入れ替わっていました。

ルークの外見したダニエルは、ソフィーと激しい関係を持ちます。体から分離し、力が抜いているようなルークは肉体を取り戻そうとしますが、腕が切断される無惨な経験をします。

続いて、ダニエルはルームメートを攻撃します。必死に止めようとソフィーは、ルークの頭を椅子で殴り、衝撃を受けたけれど、やっと本来の姿に戻ります。

ルークは自分を解放させてくれたというダニエルを追い払おうとしますが、容易ではありません。

後日、病院に入院したクレアを訪ね、彼女にも20歳の時から精神病があったと告げられます。ルークの精神を心配して助けを求めるクレアですが、クレアが連れ戻されます。

ルークは、ソフィーにこの前の出来事について謝罪しようと待ち伏せしますが、許せないソフィーは追い返します。その瞬間、ダニエルがソフィーを殺す幻覚をルークは見ました。

このままでは、自分がどんな事をするか怖いと思ったルークは、再びカウンセラーのブラウンを訪ねます。ダニエルは、ルークが眠りにつくと、変な写真をキャシーに送っています。

だんだん揺れていくルークのメンタルと統合失調症。ブラウンは、「ダニエルは彼の様々な断面の一つとし、性格のせいではなく厳然たる脳化学的症状」と言います。

ルークは、「ダニエルを無くしたい」と言い、薬を処方して貰います。薬を飲むと、ダニエルが消える事に安堵したのも束の間、ダニエルの演技に騙されました。その上、すぐにもっと恐ろしい幻覚に出会います。

ルークは幼い頃、自身のトラウマを抱かせたカフェ事件の犯人、ジョン·シグペンの父親を訪ねます。自分とジョンが似ていると感じたルークは、過去、ジョンが描いた無惨な絵を見て、ジョンの想像友達もダニエルである事を知ります。

ジョンが死ぬ時も一緒だったダニエルが、自分に着いて来たと思い、超自然的な存在である事に気付きます。その場に一緒にいるダニエルは、壊れたかのように一人で歌唱して、捜索の妨害行為しているように見えます。

ルークは、真実をキャシーに話そうと家を訪ねます。キャシーに話したものの、キャシーには理解して貰えず、怒り狂ったルークは追い払われます。奴が自分のふりをして何をするか、恐ろしくなったルークは、ブラウンに助けを求めます。

そんなルークにブラウンは、精神を清めてくれるチベットのシンギングボールと幻想と悪魔を打ち破る短剣を取り出して、催眠を誘導します。

ブラウンはダニエルを起こす事に成功し、初めてダニエルを目にしたブラウンは、ダニエルに向かって「お前は誰だ」と問い出します。

しかし、ダニエルは、微笑みながらも、ルークの口を無惨にも引き裂くよう開いては、その中に入ってしまいます。衝撃的な光景に怯えたブラウンですが、目覚めたルークを完全に掌握したダニエルは、ブラウンを無差別に刺します。

ルークが目覚めて2階の部屋まで行くと、鏡越しに悪魔がいました。「私は深淵」と言った悪魔は、彼の自我を人形の家に入れてしまいます。

完全に狂ってしまい、別の自我を持つようになったルーク<ダニエル>はキャシーを訪ねます。キャシーに、影と闇について説得していたルーク<ダニエル>。

しかし、彼女の断固さに、遂にダニエルの顔を出します。争いながらも追いかけて来るダニエルと、偽者のルークを信じられないという不信で強く抵抗するキャシー。

一方で、人形の家では、閉じ込められていたルークが、悪魔に追われている最中、電話の受話器でキャシーとダニエルの会話を聞きます。危険を感じたルークは、悪魔を短剣で刺し、”深淵”という赤いブラックホールに飛び込びます。

そして、屋上に辿り着いたダニエルとキャシーは、またもや争います。ようやく、深淵から抜け出したルークは、ダニエルに「寄生虫だ」と叫びます。

しかし、数百年間、他の人々の問題を解決し、ビジョンを見せてくれたというダニエル。互いに「寄生虫」だと言い合い、子供の時によくしていた剣術を繰り広げるルークとダニエル。

血みどろの死闘の末、ルークは「私が死んだらお前も死ぬ」と笑顔でダニエルを捕まえ、屋上から落ちます。

その時に、既に逃げ降りていたキャシーは、ルークを呼び続けますがルークは動きません。すると、キャシーは、ルークの傍で横になります。

その時に、一緒に落下したはずのダニエルが、上から不気味な怖い目つきで、地上を見つめています。その姿はダニエルから悪魔となり、悪魔は飛び降りました。

ルークは死にましたが、ダニエルという悪魔は、他の誰かを捜して見つけては反復していくという暗示で幕を閉じます。

スポンサーリンク

映画『ダニエル』の感想と評価

(C)2019 DANIEL FILM INC. ALL RIGHTS RESERVED.

この映画は、ホラーながら心理スリラーの面貌を遺憾なく発揮しています。ダニエルを封印し、成人してから再び登場したダニエルの存在は、色々な面で映画の存在感を与えているのです。

ダニエルは、多彩な表情演技とトーンを持っている上に、都市男の魅力を思う存分漂わせているので、主人公よりもっと目立つ悪役キャラクターになっています。ドキドキしながらも読み取れない表情を見せつつ、ストーリーの緊張感を維持するのに最大限に貢献しています。

主人公のルークが混乱して、経験する中盤までは没入度もかなりありました。毎シーン何処にどう飛んで変わっていくか分からない面白さがあるとでも表せます。そのような面で、心理的な部分をよく持っていったと言えます。

映画の中で、赤いマンホールやマンホールのような現象が多く見受けられました。そのような面については、潜在的な正常の自分に対して、心理性の病に侵されている自分から抜け出せという意味として、表現されたように感じます。

決して他人事ではない現代の心の病、闇。心の拠り所、逃げ場所、そして現実。幻覚と現実との違和感は全く感じさせない、素晴らしい演出、脚本、構成。

心の内面に訴えかけてくる二重人格的な怖さに、ダニエルの問いかけ、登場するタイミング、これに効果音、音楽、カメラワークが非常に秀逸でした。

徐々に明かされていくダニエルの正体。伏線を一気に回収し、衝撃的な展開とラストに絶句します。

本作は、ホラー映画の独創的で成功的な先例を誠実に受け継いでおり、テーマの面で、現代人の心理的危機と自我分裂に関する警告を送るダニエルには、恐怖を感じるけれど、決して誰でも無視出来ない囁かを聞かせる価値のある作品です。

恐怖で気持ち悪い雰囲気に包まれつつも、トラウマと多重人格、統合失調症といった演技勝負を競ったツートップ。優れた各自の潜在力を発揮した2人の苦労があちこちからにじみ出ている要所も、最高に印象深いです。

ダニエル役のパトリック・シュワルツェネッガーは、何年経っても色褪せない最強SF名作『ターミネーター』(1984)で知られるアーノルド・シュワルツェネッガーの息子として注目され、『ミッドナイト・サン』(2018)などで次第に国内に顔を広め始めました。

ルーク役のマイルズ·ロビンスも、観る者に感動と勇気を与えたアカデミー賞の名作『ショーシャンクの空に』のティム・ロビンス、そして、彼と夫婦共同で映画化された『デッドマン・ウォーキング』の演技派女優のスーザン·サランドンの息子として、『ハロウィン』(2018) に出演しています。

特に、マイルズ・ロビンスはこの役で第52回シッチェス・カタロニア国際映画祭男優賞を受賞しましたが、受賞するに値する演技力でした。

何よりも、いつまでも謎めいた神秘を出しながら、華美な雰囲気を感じるパトリック・シュワルツェネッガーの表情と目つきが、永遠に記憶に残りそうです。

本作は、暗くて恐ろしい雰囲気で流れながら刺激的な画面、色感、サウンドで見る人のメンタルを揺らしながら進行します。

ホラーよりも恐ろしくゾッとするのに、何故か美しい映像美。理屈を越えた演出を上手に創造された本作は、印象的だけでなく、心に残る余韻に浸りることが出来ます。

まとめ

(C)2019 DANIEL FILM INC. ALL RIGHTS RESERVED.

超自然的な存在のダニエルが数百年間、人々の精神に寄生して暴力と自殺に導いたのか、それともルークの統合失調症と多重人格による幻想だったのか……。

これが精神分裂症であり、統合失調症なのか、統合失調症にかかると、このような経験と症状を感じるというメッセージになっています。

この映画のポイントは、ルークの心理的崩壊が加速化する過程を身体強奪及び破壊というホラージャンルの不可欠な下位的特性に基づいて、視覚化している事象にあります。

トラウマに苦しむルークに比べて、ダニエルは落ち着いた冷静の上に、平常心を維持して混乱する現実の自我を容易に掌握しています。

そんなダニエルがルークの身体の中に自分を押し入れたり、2人の肉体が垂れ下がるように入り混じる姿は、身体の正常性を当然の事と考える民衆に気味悪い感覚を呼び起こし、その不便な谷間を軽く越えて恐怖を誘発します。

無意識に内在されたこのような不便さはホラー映画の定番素材になっており、注目すべき点なのです。


関連記事

ホラー映画

映画『いけにえマン』ネタバレあらすじと感想。中元雄監督のホラー愛が溢れ出るマニアック・ムービー

『いけにえマン』は2019年10月5日から10月18日にかけて、池袋シネマ・ロサでレイトショー公開! 『一文字拳 序章 ー最強カンフー少年対地獄の殺人空手使いー』で、カンフー映画愛を爆発させた中元雄監 …

ホラー映画

柳ゆり菜主演映画ヴァンパイヤナイトVorchaosメンバーが主題歌

山深い温泉宿を訪れた美人姉妹!イケメン!謎の男?その湯治場を舞台に繰り広げられた死闘とは… アメリカンホラーとジャパニーズホラーがクロッシングさせる映画『ヴァンパイアナイト』をご紹介します! スポンサ …

ホラー映画

映画『クワイエットプレイス』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も

映画『クワイエット・プレイス』は、9月28日(金)より全国ロードショー! 『ボーダーライン』『オール・ユー・ニード・イズ・キル』のエミリー・ブラントが主演の新感覚ホラー。 プライベートでも彼女の夫であ …

ホラー映画

【ネタバレ感想】ハロウィン(2018)|ホラー映画の怖さとオススメな魅力の根源を再認識せよ

映画『ハロウィン』2019年4月12日(金)全国ロードショー! 1978年ジョン・カーペンター監督の手によって生み出された、ホラーアイコン“ブギーマン=マイケル・マイヤーズ”。 シリーズ誕生40周年の …

ホラー映画

【来るネタバレ】映画結末の岡田准一と小松菜奈のラスト意味の真相と解説。知紗の歌を翻訳すると秘密が⁈

2018年の年末からの冬休みに注目必至なのは、第22回日本ホラー小説大賞を受賞した澤村伊智の原作『ぼぎわんが、来る』を映画化した、中島哲也監督のホラー・エンターテイメント作品『来る』。 独特の作風で高 …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学