Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ホラー映画

Entry 2022/06/14
Update

映画『哭悲(こくひ) THE SADNESS』あらすじ感想と解説評価。凶暴性ウイルスによって人間として“尊厳と恐怖”描くパニックホラー

  • Writer :
  • 桂伸也

映画『哭悲/THE SADNESS』は2022年7月1日(金)より全国ロードショー!

恐ろしいウイルスの感染拡大で地獄と化した台湾の街。二人の男女はこの恐怖から逃げ切れるのか?

台湾で感染拡大をつつけていたウイルスが人間の凶暴性を冗長する種として変異し、街を阿鼻叫喚地獄へと変貌させていく様を描いた『哭悲(こくひ)/THE SADNESS』。

ホラー映画の大ファンでもあるという台湾在住のカナダ人監督ロブ・ジャバズが、『死霊のはらわた』や『セルビアン・フィルム』などの傑作ホラー映画よりインスピレーションを得て作り上げたエクストリームホラーです。

スポンサーリンク

映画『哭悲/THE SADNESS』の作品情報


(C)2021 Machi Xcelsior Studios Ltd. All Rights Reserved.

【日本公開】
2022年(台湾映画)

【原題】
THE SADNESS

【監督・脚本】
ロブ・ジャバズ

【出演】
レジーナ・レイ、ベラント・チュウ、ジョニー・ワン、アップル・チェン、ラン・ウエイホア

【作品概要】
人間の凶暴性を助長するという架空のウイルスが蔓延した台湾で、危機的状況から脱すべく再会を目指す男女の恋人たちの、合流までの経緯を二人それぞれの視点で描いたホラームービー。

本作が長編デビューとなる台湾在住のカナダ人監督ロブ・ジャバズが本作を手がけました。キャストにはレジーナ・レイ、ベラント・チュウら実力派若手俳優に『祝宴!シェフ』『1秒先の彼女』などのジョニー・ワンらベテランを織り交ぜたバラエティな面々が名を連ねています。

映画『哭悲/THE SADNESS』のあらすじ


(C)2021 Machi Xcelsior Studios Ltd. All Rights Reserved.

台湾の街中で暮らすカイティンとジュンジョーのカップル。いつもの平穏な朝を迎えた二人でしたが、ジュンジョーはベランダからとある不吉な光景を見かけ、不安な気持ちになります。

通勤列車の駅までバイクでカイティンを送るジュンジョー。二人は途中で凄惨な交通事故らしい現場を遭遇しますが、かまわず駅に到着、カイティンを見送ります。

彼らが見過ごした現場が、実は台湾で感染拡大していた謎のウイルスが突然変異しさらに猛威を振るった結果の出来事であったことを、二人は知る由もありませんでした…

スポンサーリンク

映画『哭悲/THE SADNESS』の感想と評価


(C)2021 Machi Xcelsior Studios Ltd. All Rights Reserved.

ウイルスの感染拡大により人間が人間と認められない存在となる状況が拡大、残された人の絶望的な未来を描いていくという本筋を見ると、いわゆる「ゾンビフォーマット」的な方向性がうかがえます。

しかし本作に登場するウイルスは感染した人間の脳に影響を与え、凶暴性を助長するというもの。感染した人間が意識を持ち続けているという点では、1973年にジョージ・A・ロメロが発表した『ザ・クレイジーズ/細菌兵器の恐怖』を彷彿する物語となっています。

但し、『ザ・クレイジーズ/細菌兵器の恐怖』では病気そのものに対する人間社会への影響的な方向を中心に描いているのに対し、本作では人間の本能的な欲求、性や暴力といった欲求の抑制に作用するという設定で、より人間自身の性質に言及しています。

『ザ・クレイジーズ/細菌兵器の恐怖』に登場する感染者は、奇行に転じながらもその行動の意識がないという性質でしたが、本作は全く正反対に、感染者はその行動にのみ意識を集中します。


(C)2021 Machi Xcelsior Studios Ltd. All Rights Reserved.

本作に登場する感染者の姿は目の輝きを失っているだけで、人間としての姿かたちを大きく変えるわけではありませんが、それだけに己の欲求にのみ従い行動する姿は凄惨でおぞましいもの。

映像としてもショッキングなシーンにおけるタイミングの取り方など、近年のホラー映画としても秀逸で衝撃的であり、ロブ・ジャバズ監督のホラームービーに対しるマニアックぶりがうかがえるものであります。

一方で注目すべきは、感染者に襲われる人々の姿にもあります。最初はとにかく感染者に襲われ逃げまとうばかりですが、いつしか戦うしかないと感染者に戦いを挑んでいきます。その様は戦いを重ねていくたびに残虐になり、ふと「どちらが感染者なのか?」と疑いすらわいてきます。

総じて見ると感染者、非感染者という境目が実際には非常に曖昧であり、感染拡大の恐怖というよりは人間自身の根底にある怖さに言及していると見ることもできます。

まとめ


(C)2021 Machi Xcelsior Studios Ltd. All Rights Reserved.

台湾在住のジャバズ監督はこの国に対して非常に好印象を持っており、国の政府と国民との間に強い信頼感を覚えていたといいます。

それゆえに台湾という国において、本作のような物語を描いていくことに対して非常に困惑したと語っています。その意味でも作品の本質は台湾に関わらず人間の芯の部分に言及した非常に普遍的な部分へアプローチした作品と見ることもできるでしょう。

タイトルにある「哭悲」(こくひ)という言葉は「哭泣する」という意味、「哭」とは「声をあげて泣き叫ぶ」という意味を示しています。劇中では奇行に及ぶ感染者が最初に涙を流すという行動から次の行動に移るという習性を見せており、「THE SADNESS」という原題はこの意味からのネーミングとなっています。

ちなみに一方で残虐性を誘発するという傾向からは、「悲しい」を意味する「Sad」だけでなく、加虐性欲を意味する「Sadism」という意味にもとれる、掛けことばを思わせるところもあります。

ショッキングなシーンの連続に目を奪われがちでもありますが、彼らはなぜ涙を流したのか、その真意を考えながら作品を鑑賞すれば、単にホラーというジャンルに収めてしまうには惜しいと思えるくらいに深い広がりが味わえるものでもあります。

映画『哭悲/THE SADNESS』は2022年7月1日(金)より全国ロードショー




関連記事

ホラー映画

映画『地獄少女』ネタバレ感想とレビュー評価。恐い実写化とアニメ版との比較考察

2019年11月に公開された映画『地獄少女』実写化とアニメ版との比較 契約する事で恨みを晴らしたい相手を地獄送りにしてくれる「地獄少女」の都市伝説を巡る、さまざまな人間のドラマを描いた、映画『地獄少女 …

ホラー映画

『犬鳴村/恐怖回避ばーじょん』ネタバレ感想と内容解説。怖くない笑いとギャグで最恐の心霊スポットに“かわいいワンコ”が走る!

『犬鳴村』の恐怖回避ばーじょんの映画が登場! 九州に実在する、最恐の心霊スポットとして知られる「旧犬鳴村トンネル」。 この実在する心霊スポットを舞台に「呪怨」シリーズの清水崇監督が制作し、動員100万 …

ホラー映画

【ネタバレ】遊星からの物体X|考察ラスト結末のあらすじと感想。正体不明の生物がSFホラーの名作おすすめとなった理由を解説

南極基地に現れた“地球外生命体”の獰猛を描く映画『遊星からの物体X』 映画『遊星からの物体X』は、短編小説『影が行く』を忠実に実写化したジョン・カーペンター監督の作品。 本作の最大の特徴とも言える特殊 …

ホラー映画

映画『ディストピア パンドラの少女』あらすじとキャスト!試写会情報も

人類がハングリーズ化した世界に現れた、二番目の子供たち。彼女は人類の希望か、絶望か…。 「カズオ・イシグロ meets ウォーキング・デッド」と絶賛された小説を映像化した『ディストピア パンドラの少女 …

ホラー映画

【来るネタバレ映画解説】霊能者の比嘉琴子(松たか子)は何故ムシを吐いたか。考察で見つけた幼虫の意味とは

2018年12月7日(金)より公開された中島哲也監督のホラー・エンターテイメント作品『来る』。 独特の作風で人気を誇る中島哲也監督が、「第22回日本ホラー小説大賞」を受賞した澤村伊智の原作『ぼぎわんが …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学