Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

Entry 2021/06/08
Update

映画『ゾンビ津波』ネタバレ感想とラスト結末のあらすじ。シャークネードファン必見の悪ノリホラー参上|未体験ゾーンの映画たち2021見破録38

  • Writer :
  • 増田健

連載コラム「未体験ゾーンの映画たち2021見破録」第38回

世界各地の珍作・怪作・トンデモ映画紹介する「未体験ゾーンの映画たち2021見破録」。第38回で紹介するのはその極みの『ゾンビ津波』。

世界で大ヒットを飛ばした超大作映画!…の便乗品である超低予算映画の製作でお馴染みの製作会社アサイラム。映画ファンから呆れられつつ愛される映画会社です。

アメリカではSyfy(サイファイ)チャンネルでTV放送されたアサイラム映画『シャークネード』(2013)が、人を喰った内容が大評判となり熱狂的ファンを生みました。

以降毎年続編が作られ、『シャークネード6 ラスト・チェーンソー』(2018)で完結する人気シリーズとなりました。なおこの6作目、日本では4DX上映で劇場公開されています。

「シャークとトルネード(竜巻)」で『シャークネード』、日本のTV放送時には竜巻にしてはスケールが大き過ぎと判断したのか(?)、「サメ台風」とのサブタイトルが付きました。

『シャークネード』シリーズの監督・主演俳優が挑んだのが、「ゾンビと津波」の映画。そんな発想で映画を作っていいのか?良いんです。エンターテインメントとは、これで良いんです。

【連載コラム】『未体験ゾーンの映画たち2021見破録』記事一覧はこちら

スポンサーリンク

映画『ゾンビ津波』の作品情報


(C)2018 Brobond Entertainment, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

【日本公開】
2021年(アメリカ映画)

【原題】
Zombie Tidal Wave

【監督・脚本】
アンソニー・C・フェランテ

【出演】
アイアン・ジーリング、エリック・チカシ・リンズビクラー、シェルトン・ジョリヴェット、チェリー・キャシディ、テイタム・チニキー

【作品概要】
穏やかな海に囲まれた平和なリゾート地の孤島。しかし海中からゾンビが現れ、島には大津波が迫りつつあった…。超破天荒パニックアクション・ゾンビ映画の登場です。

監督は『シャークネード』シリーズのアンソニー・C・フェランテ。同じく『シャークネード』シリーズで主演を務めたアイアン・ジーリングが、本作でも主演を務めました。

『ウルヴァリン SAMURAI』(2013)や『不屈の男 アンブロークン』(2014)で日本人役で出演したエリック・チカシ・リンズビクラー、TV映画『Killer Cheerleaders』(2020)のテイタム・チニキーらが出演しています。

映画『ゾンビ津波』のあらすじとネタバレ


(C)2018 Brobond Entertainment, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

リゾート地として人気の南海の孤島。そこのエムリス・ベイの街は観光客で賑わっていました。ところが地震で海底に地割れが発生し、そこから発生した怪しい光は海面まで届いていました。

ビーチでは男が連れの女に婚約指輪を渡していました。喜んだ女が目を離すと、男は突然海中に引きずり込まれます。

女の目の前に、血を噴き出す男の死体が浮かび上がります。悲鳴を上げた彼女の背後に、ゾンビが姿を現します…。

海上には漁師のハンター・ショウ(アイアン・ジーリング)の船が停泊しています。彼は釣り糸を垂らす友人のレイ(シェルトン・ジョリヴェット)と、その姪のジェイダといました。

ハンターの船に乗ったジェイダは、水中ドローンを操作して海中の様子を観察しています。目だった地震の被害も無く、海の上はおだやかです。

流れ者気質のハンターは、長く暮らした島から出ようと考えていました。すると派手な音が響きます。観光に来た若者たちが船から花火を打ち上げたのです。

ハンターはその船に接弦し乗り移ると、船体に燃え移った火を消します。バカ騒ぎをしていた若者たちに、自分は観光警察官だとバッチを見せるレイ。

若者たちのリーダーのブレインは反発しますが、指示に従い違法な花火を引き渡します。そんな海を島の高台から双眼鏡で監視する男がいました。

ハンターたちは釣りを続けますが、レイの竿に大物がかかります。引き上げようとして逃げられ、代わりに浮いたのは水死体です。

引き上げた水死体は長い間水に浸かっていたためか、青く変色していました。その時ジェイダは、ドローンが海中で撮影した映像に奇妙なものが映っていると気付きました。

それは海底から発生する謎の光です。港に引き返すことにしたハンターとレイは、海面が青白く光っていると気付きます。舷側でドローンを回収し始めるジェイダ。

ジェイダは水死体が無いと気付きます。それはいきなり彼女を襲い首に噛みつきました。姪の悲鳴を聞いてレイが駆けつけますが、死体と思われた男が向かってきます。

ナタを持って駆け付けたハンターが男の体を何度も刺すと、青い血が噴き出し男は動きを止めます。ハンターはジェイダを止血するレイの元に向かいました。

そこにナタが体に突き刺さった男が、ゾンビのようにやって来ます。ハンターとレイはゾンビを海に落としますが、海面に現れ泳ぎだしたゾンビ。

信じられない事態ですがジェイダの命が危険です。ハンターは無線で連絡し港に急ぎます。

賑やかな観光地エムリス・ベイの店で、ケンジー(チェリー・キャシディ)とサマンサ=サム(テイタム・チニキー)母娘は食事をしていました。母は最近デートとご無沙汰と指摘するサム。

サムの友人で保安官の娘ターニも、ケンジーはまだまだ若いと受け合います。母に幸せになって欲しいとサムが語った時、ケンジーのスマホに親しいハンターから連絡が入ります。

それは医者であるケンジーに、レイの姪が負傷したと助けを求める電話でした。ケンジーは娘とターニを残して港へ向かいました。

ハンターとレイは港に着くと救急隊員にジェイダを引き渡します。そこに現れすぐさま診察し、彼女の傷は噛み傷だと気付いたケンジー。

詳細はごまかしながら海で助けた男に噛まれ、相手は海に落としたと説明したハンター。ジェイダはレイに付き添われ病院に搬送されました。

ケンジーもハンターが島から去ろうとしていると知っていました。港に駆け付けジェイダを診てくれたと、ケンジーに感謝するハンター。

そこに保安官のアコニ(エリック・チカシ・リンズビクラー)がやって来ます。ハンターは海で助けた男が異常者で、それにレイの姪が襲われたと説明します。

怪しく光る海面を指し示すハンター。それはアコニも経験した事の無い現象です。何か異常な事態が起きていると警戒する2人。

街のライブハウスではロックバンド”ザ・フルチズ(The Fulci’s)”が演奏していました。歌っているのはダグ、ドラマーはイワンだとサムに教えるターニ。

2人は観客と共に、「パーティが死者を蘇らせる」と歌う、バンド名に相応しい演奏を楽しみます。一方ハンターは自分の船にアコニを乗せ、海面が光る場所へ航行します。

ハンターが海に落としたゾンビの姿はありません。発光現象の原因は化学物質の流出ではないかと、ジェイダが残したドローンを海中に投げ入れたハンター。

演奏が終わった”ザ・フルチズ”のメンバー、ランドに飛びつくターニ。ランドは彼女の恋人です。ダグは遠慮気味にサムに話しかけます。2人は笑って握手しました。

ドローンを操作するハンターのモニターに、沈没船の映像が映し出されます。地震で破損した箇所から光が漏れ、この記録の無い船はデンマーク製で、地震が原因で破損したとハンターは告げます。

船から漏れ出す光の中に人影が映ります。ゾンビだと指摘したハンターをアコニは笑いますが、海面に現れ船めがけて泳いでくるゾンビの群れを見て、表情を変えました。

部下のポク巡査に無線でビーチの閉鎖を命じるアコニ保安官。病院のケンジーに電話して、ゾンビに噛まれたジェイダを隔離するよう伝えたハンター。

ポク巡査はビーチで観光客に海から離れるよう指示しますが、波打ち際が引いていると気付きます。浜辺でサイレンが鳴りました。津波が迫っているのです。

ハンターと電話中のケンジーは、津波が迫っているがサムとアコニの娘ターニが一緒にいると告げ、万一の場合は2人を探して欲しいと頼みました。

承知したものの、津波は恐るべき事態の一部だと言うハンター。彼の船に泳ぐゾンビの群れが迫り、背後には巨大な波が現れたと気付きます。

巨大な波の中に無数のゾンビがいます。ハンターは必死に船を陸地に向かわせ、エムリス・ベイの街では人々が逃げ惑っていました。病院でジェイダに付き添うレイも、島に迫る津波を目にします。これは「ゾンビ津波」だと叫ぶハンター。

ハンターは巨大な波の中で必死に船を操ります。ビーチの観光客たちを襲った津波は、島を破壊していきました…。

波に押し流され荒廃したビーチを、ハンターとアコニ保安官は歩いていました。そこには無数のゾンビがいます。アコニはソンビに銃を向けますが、ハンターは先が見えないので弾を節約しろと告げます。

津波が引いた後に観光客も取り残されていました。倒れていたブレインに恋人が駆け寄りますが、仲間の安否を気にしない彼の態度に彼女は怒りました。

ゾンビに噛まれたジェイダに隔離措置をとる、と医師のケンジーは説明しますが、レイは姪の傍に残ることを選びます。津波の負傷者が運び込まれ、看護士に呼ばれ病室を後にするケンジー。

ビーチで負傷者の救護にあたる人々は、続々上陸するゾンビに気付きません。ハンターとアコニは警告しますが、負傷者と思って助けた相手がゾンビで噛まれる犠牲者も出ました。

人々はようやくゾンビに気付いて逃げ出します。津波から逃れたものの親と連絡がつかないサムたちも、街に押し寄せるゾンビの群れに気付きます。

アコニは拳銃でゾンビを撃ち人々を逃がします。浜辺に打ち上げられたボートのスクリューを動かし、それを突き立てゾンビを粉砕するハンター。

病院ではジェイダが意識を取り戻しますが、彼女は叔父のレイに寒さと空腹を訴えまた意識を失いました。レイの呼びかけに彼女は応えず、心電図のモニターは停止します。

ゾンビとして蘇ったジェイダはレイを襲い、駆け付けた看護士を噛み殺します。助けを求め病室を飛び出すレイ。

浜辺ではアコニがビーチパラソルでゾンビを始末しますが、噛み殺された人々がゾンビ化し動き始めていました。港にレイが残した車に乗り、警察署に向かうことにするハンターとアコニ。

2人が車に乗ると後部座席にブレインとその恋人が逃げ込んでいました。そのまま車は警察署を目指し走り出します。

その頃、「ソンビ津波」襲撃前に海の様子を観察していた男が浜辺に現れ、バールを手にゾンビに向かっていました。

病院のケンジーは廊下に点々と付着する血痕に気付きます。その先には看護士を襲い喰らいつくジェイダの姿がありました。ゾンビ化した彼女に襲われ、悲鳴を上げ逃げるケンジー。

ジェイダに追われたケンジーを隠れていたレイが匿います。危険な感染症だとマスクを差し出す女医に、ゾンビ化現象には無駄だとレイは指摘します。噛まれれば終わりだと、身動きしやすい姿になれと告げるレイ。

警察署に到着したハンターたちの車を、ショットガンで武装したポク巡査が出迎えます。しかしゾンビの群れが迫り、囲まれかけたブレインは自分の恋人をゾンビの方へ突き飛ばし、犠牲にして警察署に逃げ込みました。

病院ではジェイダの犠牲になった人々がゾンビ化し、ケンジーとレイが逃げ込んだ部屋に押し寄せて来ました。2人は部屋から逃れます。

警察署の扉に鍵をかけたハンターは、卑怯な振る舞いをしたブレインを怒鳴ります。生き残るには何でもすると言い放つブレインは、ポクから拳銃を奪い彼に突き付けました。

銃を捨てろとの説得に応じないブレインはポク巡査を撃ちました。ポクのショットガンを拾おうとしてハンターに殴り倒されるブレイン。しかしポク巡査は息を引き取ります。

サムとターニはロックバンド”ザ・フルチズ”のダクとランドと共に、ゾンビであふれる街からの脱出を試みます。4人を追って次々と現れるゾンビ。

足を痛めたダグをかばいつつ進みますが、ランドがゾンビに捕まり餌食となります。必死に抵抗するターニはゾンビに囲まれ、サムとダクに別行動で逃げろと叫びます。

警察署ではブレインが手錠をかけられ机につながれていました。アコニ保安官は無線でエムリス・ベイが津波に襲われ、謎の感染爆発に見舞われたと報告しますが応答はありません。

アコニはハンターに気付かれぬよう、金庫から取り出した書類の入った封筒をシュレッダーにかけ処分します。

一方ハンターはレイのアカウントでパソコンを使い、海底に沈む沈没船はかつてレヴォク社の所有した船だと突き止めます。しかし記録では解体されたはずの船が、なぜ沈んでいたか不明でした。

突如出現したゾンビの謎を解く鍵は沈没船にある、と告げるハンター。警察署の窓がゾンビに破られます。脱出するにはもっと武器が必要だと結論するハンターとアコニ。

病院内を逃げるケンジーとレイは車椅子に乗る元患者ゾンビの脇を通り、追ってきたジェイダを閉じ込め先に進みます。

アコニは警察が押収した武器をしまうロッカーを開けました。中には麻薬組織から押収した重火器や手榴弾が溢れています。母親のカードでネット通販で子供が勝手に買った、巨大な2枚刃のナイフを手にしたハンター。

武装したハンターとアコニはポリカーボネート製の盾を持ち、ブレインを残し警察署から脱出します。自分を残して去るのは殺人だとブレインは抗議しますが、2人は構わず扉を開けます。

2人は盾でゾンビの群れを押して進みます。アコニはショットガンでゾンビの頭を吹き飛ばし、ハンターはゾンビの群れに対戦車ロケット砲を撃ち込みました。

ゾンビたちを一掃したハンター。アコニと共に車で逃げようとしますが、海には「ゾンビ津波」の第2波が迫りつつありました…。

以下、『ゾンビ津波』のネタバレ・結末の記載がございます。『ゾンビ津波』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク


(C)2018 Brobond Entertainment, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

サムとダグとはぐれたアコニ保安官の娘、ターニは林の中を逃げていました。彼女をゾンビの群れが追ってきます。目に付いた島の高台に建つ屋敷を目指し走るターニ。

ハンターとアコニはゾンビを跳ね飛ばしながら車で進み、サムとダグはゾンビに追われながら駐車場に止めた”ザ・フルチズ”のワゴン車にたどり着きます。

車内で寝ていたドラマーのイワンを起こし、車に乗り込むサムとダグ。状況を理解していないのか寝ぼけているのか、ドラムステックで立ち向かいゾンビの餌食となるイワン。

ターニは門が閉ざされた屋敷に到着し、インターフォンに助けを求めます。屋敷の主は海を監視していた男です。

私有地だと言い追い返そうとする男に食い下がるターニ。男は彼女がゾンビに噛まれていないか確認すると、門を開くボタンを押します。彼は捕らえたゾンビをベットに縛り実験しているようでした。

敷地内には様々な物資があります。ターニの前に現れた男は、ユナボマー(単独犯の連続爆弾魔)のような危険人物でしょうか。スタンガンを持って現れた男をターニは警戒しますが、男はターニに無線機を貸し屋敷に入れます。

ターニは無線を使い父のアコニに連絡します。そこはドリスコルというおかしな男の屋敷だと言い、厳重に守られているのでそこにいろと指示するアコニ保安官。

ターニはエムリス・ベイの市場ではぐれたサムを助けて欲しいと父に頼み、ドリスコルの屋敷に入りました。

警察署に残されたブレインはポク巡査の遺体から鍵を取り、手錠を外すことに成功します。しかし逃げようとする彼の前に、ゾンビ化した恋人が現れます。

自分の卑怯な振る舞いを言い訳したブレイン。しかしゾンビとなった彼女は容赦なく襲い掛かりました。

サムとダグの乗り込んだワゴン車は動かすことができません。ダグはゾンビの気を引こうとウクレレを持ち車の屋根に立ちます。

彼が演奏し歌い始めた時に、ハンターとアコニの車が現れました。ダグがゾンビを引き付けた隙に、ハンターの車目指し走りだすサム。襲い掛かるゾンビを自動小銃で撃ち援護するアコニ。

足を痛めたダグを助けて欲しいとサムは訴えますが、彼はゾンビの群れに捕まり犠牲となりました。

車に乗ったハンターは、次はサムの母ケンジー医師を救いに病院に向かうと告げました。車はゾンビがさまよう病院に到着します。

3人は病院に入りましたが、サムのスマホはケンジーとつながりません。母に連絡するにはナースステーションに行くしかない、と告げたサム。

そこへは身軽な自分1人で行った方が良い、そう言ってサムはハンターから2枚刃の巨大ナイフを受け取ると、ナースステーションまで駆け抜けました。

到着した彼女は館内放送で母を呼び出します。ぞろぞろと現れたゾンビの群れを倒しつつ、サムの後を追うハンターとアコニ。

群れを成し現れたゾンビに手にした電線を近づけるハンター。電流はゾンビを一網打尽に片付けます。逃げ込んだ部屋の扉を破って現れたゾンビに、巨大なナイフを突き立てるサム。

エレベーターの扉が開き、サムの放送を聞いたケンジーとレイが現れます。サムと合流したケンジーは母娘で抱き合いました。

医師のケンジーは、津波に乗り現れたゾンビに臨床実験の痕があると気付きます。5人は車に乗り、ターニが逃げ込んだドリスコルの屋敷を目指します。

5人は屋敷に到着しアコニとターニ父娘は再会を果たします。しかしアコニの腕の傷を見て、感染者は家に入れないと騒ぐドリスコル。

ゾンビに噛まれた傷では無いと説明され、彼は一同を屋敷に入れました。豪華な屋敷には様々な設備があり、アコニ保安官は無線機を借り島外へ救援を求めます。

島は2度の津波に襲われゾンビの大発生に見舞われましたが、沿岸警備隊などの救援は来てません。そして無線使用中のアコニは、階下から聞こえる叫び声に気付きました。

階段を降りたアコニが入った部屋は実験室でした。縛った鎖から逃れたゾンビに襲われ、腕を噛まれ悲鳴を上げるアコニ。

騒ぎを聞いたハンターたちはゾンビに襲われますが、ドリスコルがスタンガンを押し付け退治します。しかしアコニが噛まれた事実は変わりません。

電撃がゾンビに有効と知ったハンターは、スタンガンを巨大な2枚刃ナイフに取り付けます。医師のケンジーはゾンビは何かの実験で生まれ、あなたはそれに関与しているとドリスコルを追求します。

被害者を診たケンジーは、ゾンビの青い血にリンが含まれていると気付いていました。海中からの青い光も、それが原因でした。

電流でゾンビが退治できることは判りましたが、島にあふれるゾンビを一度に始末するには、水辺に誘い込み電気を流すしかないと結論するハンターたち。

そしてゾンビの発生源である沈没船を爆破する必要があります。ドリスコルは屋敷に大量のC4爆薬があると言いそれを見せました。

多くの人をゾンビから救うため協力して欲しい、と言うハンターの言葉に従うドリスコル。

屋敷を囲む鉄柵に押し寄せたゾンビの大群に、ハンターはスタンガン付き巨大ナイフで挑もうとしますが、スタンガンの調子が良くありません。

残る6人はC4爆薬を準備しますが、ハンターに助けが必要だと言い彼の元に駆け付けるケンジー。

電撃巨大ナイフが使えないまま、扉は破られ敷地内にゾンビが乱入してきました。現れたケンジーに、ハンターは庭にあるウッドチッパー(樹木粉砕機)を動かせと頼みます。

迫り来るゾンビをブン殴り、ウッドチッパーに放り込み始末するハンターとケンジー。医師にしては強いケンジーの動きを褒めるハンター。

7人はC4爆薬を詰めたカバンを持ち屋敷を後にします。林の中をビーチ目指して走りますが、ケンジーは自分の身に何かあれば、娘のサムを頼みたいとハンターに告げます。

君にもサムにも何も起こらない、と約束するハンター。彼は家族や友人を失うことを嫌うあまり、親しい人を作らぬ流れ者のような生活をしていました。

今回の事態も本能的に察したのか、船で他の地に移ろうとしていたハンター。その彼も皆の行動を見て、愛する人を守る大切さに気付いたと打ち明けます。

一行は先を急ぎますが、ゾンビに噛まれたアコニ保安官の具合が悪くなります。レイは彼はゾンビ化してないと言いますが、毒素が脳に達するのに時間がかかっているだけと言うドリスコル。

運命を悟ったアコニ保安官は秘密にしていた真実を話します。それを知るドリスコルも告白を止めようとしません。

30年前、この島に製薬会社のレボック社がやって来ます。FDA(米食品医薬品局)の監視が届かぬこの地で、新たな老化防止薬の研究を始めたのです。

人体実験を伴う研究は秘密裡に行う必要があり、島の有力者は提供された資金の見返りに黙認します。自分も闘病中の亡き妻が最高の治療を受けることを条件に、黙ることを選んだと語るアコニ。

人体実験には恐ろしい副作用がありました。それに気付いたアコニたちも、彼らと共謀した身で何も言えずにいました。

レボック社は島から撤退しますが、彼らは世に出せぬ秘密を貨物船と共に、島の沖に沈めたと気付いていたとアコニは打ち明けます。

そして真の研究目的は老化防止薬ではなく、闇市場で価値ある生物兵器を開発するものだとドリスコルも認めます。その時彼らの周囲にゾンビが現れました。

ハンターは電撃巨大ナイフでゾンビたちに挑み、その隙に皆を逃がします。彼の身が危うくなった時、ドリスコルが助けに現れます。礼を告げ彼と共に逃げるハンター。

しかしアコニは娘の前で力尽きました。ゾンビ化したアコニはターニに渡された手榴弾を手から離し、他のゾンビと共に砕け散りました。

港に着くとレイとターニ、ドリスコルの3人が船に乗り、彼らは海中の貨物船の爆破に向かいます。出発する前に仕掛けた爆薬で、屋敷とそこにいるゾンビを爆破するドリスコル。

ハンターはケンジー、サム母娘と共に島の送電設備に向かいます。送電線を復旧し海辺の潮だまりに電流を流し、ゾンビを一網打尽にする計画です。

ケンジーとサムに、自分が電線を水中に引くまでブレーカーを入れないよう指示するハンター。テストは成功しました。

レイの船は沈没船の上に到着しますが、海面に無数のゾンビが泳いでいました。なぜ自分が貨物船に爆薬をしかけるなんて、とボヤくドリスコルも自分の役目を受け入れます。

ハンターはケンジーとサムに、ゾンビを潮だまりに集めるエサが必要だと言います。自分が「笛吹き男」役を引き受けると言い、スピーカー付きのサムロー(タイのバイクタイプの三輪車)に乗るハンター。

彼は音楽をガンガン鳴らして走り回り、ゾンビたちを海辺へ誘導しました。

海上では潜水服を着たドリスコルが船から飛び込みますが、ゾンビに囲まれ犠牲となります。

ハンターは潮だまり付近までゾンビを誘導しますが、サムローがぬかるみにタイヤを取られ動けなくなります。そこに襲いかかるゾンビ。

ケンジーは分電盤に娘のサムを残し、ハンターを助けに駆け付けます。サムローに乗りゾンビの群れを水の中に誘導するケンジー。ハンターはドリスコルから渡された仕掛けナイフで、ゾンビの片腕を吹き飛ばします。

海上の船にゾンビが押し寄せます。ダーニに救命胴衣を着せ、海に飛び込めと叫ぶレイ。地上でサムは分電盤を操作しますが、電流は流れません。

サムが何度もレバーを動かし、ついに電流は流れます。潮だまりに集まり水の中にいたゾンビに電流が流れ、全て倒れ動きを止めました。

レイはダーニを海に逃がすと、起爆装置をセットした爆薬を海中に投げ込みました。ハンターに別れの無線を入れると、装置のボタンを押します。

海で起きた大爆発を目撃したハンター。それは津波を引き起こし、逃げるハンターの前にゾンビ化したブレインが現れます。その体に電撃巨大ナイフを突き刺し、ブレインの頭を吹き飛ばすハンター。

海中のゾンビたちも一掃され、島には平穏が戻ります。助かったケンジーとサムの前にハンターが現れ、彼はケンジーと抱き合います。レイの指示で波に身をまかせたターニも、無事島に流れ着きました。

しかし爆発に巻き込まれたレイは助かりませんでした。ケンジーはハンターに、まだ島を出る気があるのか尋ねました。それを否定するハンターは、ケンジーと改めてキスをします。

この後どうするか尋ねたサムに、何であれ自分たちは今後一緒だと答えるハンター。島に救援の船が近づいていました…。

スポンサーリンク

映画『ゾンビ津波』の感想と評価

参考映像:『サンゲリア』(1979)

あの『シャークネード』のスタッフ&キャストが挑む新作『ゾンビ津波』!!

多くの人々が胸を踊らす本作。いい加減な津波描写に「自然災害を舐めるな!」と思うかもしれませんが、アメリカで猛威を振るう自然災害、竜巻を題材にトンデモサメ映画を作る人々ですから許してあげましょう。

ゾンビが泳ぐってどうよ!と思う方。グロいゾンビ映画の代表である、ルチオ・フルチ監督の『サンゲリア』(1979)には「海中でサメとゾンビが死闘を繰り広げる」素晴らしいシーンが存在します。

『シャークネード』のスタッフが、『ゾンビ津波』を製作するのは必然かもしれません。

ゾンビが水の中にいればふやけるのでは、と心配になりますが、『ゲシュタポ卍(ナチ)死霊軍団 カリブゾンビ』(1976)に『ナチス・ゾンビ 吸血機甲師団』(1980)と、何故かナチスのゾンビは水中から現れ人を襲います。

そんなゾンビは亜流だ、と言う方もいるでしょう。しかしゾンビ映画の帝王ジョージ・A・ロメロの『ランド・オブ・ザ・デッド』(2005)、『ダイアリー・オブ・ザ・デッド』(2007)にも水中で行動するゾンビが登場します。

ですから波に乗ってゾンビが現れても不思議はない、と強調しておきます。納得して頂けましたか?

悪ノリゾンビコメディ映画を期待しましたが…


(C)2018 Brobond Entertainment, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

ゾンビが人を襲う!反撃する人間がゾンビをバラバラにする!悪趣味なシーンですが、徹底的にナンセンスの域まで描写すれば、ギャグになるとホラー映画ファンならご存知でしょう。

それがサム・ライミ監督の『死霊のはらわた』(1981)やピーター・ジャクソン監督の『ブレインデッド』(1992)。2人は悪趣味ゾンビコメディ映画を経て世界的巨匠となりました。

これらの作品は、後のゾンビ映画に大きな影響を与えます。「未体験ゾーンの映画たち2020」で上映された『処刑山ナチゾンビVSソビエトゾンビ』(2014)も、そんな作品の1つ。『ゾンビ津波』も笑える悪趣味ゾンビ映画だと、多くの方が期待しているはず。

主人公演じるアイアン・ジーリングは『死霊のはらわた』のアッシュや、『シャークネード』シリーズで自身が武器にしたチェーンソーではなく、電撃巨大ナイフでゾンビと闘います。

ゾンビをスクリューやウッドチッパーでバラバラにするなど、苦手な人には嫌なシーンもありますが、ゾンビ映画通を自負するファンには少々物足りない描写でしょう。

本作はアメリカで『シャークネード』を放送したTV局、Syfy(サイファイ)チャンネルに売り込む作品として作られました。そして本作のレイテイングは、映画ファンには馴染のない”TV14″。

TV放送番組用のレイティングの1つで、”TV14″とは「大人が14歳未満の子供には、見せないと判断するかもしれない」との意味です。ちなみにこの上で最高の指定が”TV-MA”、「成人が視聴対象の番組で、17歳未満の方には不適切な場合があります」。

つまり『ゾンビ津波』は流血シーンもエロシーンも、Fワードの類も視聴者を配慮し控え目に作った作品という訳です。

主人公は大活躍、ゾンビ映画オマージュは盛り沢山


(C)2018 Brobond Entertainment, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

そんな事情もあってアイアン・ジーリングの暴れっぷりも、『シャークネード』でサメ相手にチェーンソー振り回した時より控え目な感があります。

それ以上に、全編男前ヒーロー過ぎです。アイアン・ジーリングは本作の製作にも、ストーリーにも参加してますから、「カッコつけたかったの?」と聞いてみたい気もします。

本作はタイで撮影されました。それが決まった時監督のアンソニー・C・フェランテは、撮影期間と予算の制約から「ルチオ・フルチの低予算ゾンビ映画風にするしかない」と考えたと告白しています。

ならばと真っ先に思い付いたのが「サメとゾンビを格闘させよう」。ゾンビ映画好きの考える事は皆一緒です。しかしこれは無理と思い直し、登場するバンド名が”ザ・フルチズ”になりました。

本作にはフルチの映画やイタリア製ホラー映画など、ゾンビ映画オタクに対するジョークを散りばめたと話すフェランテ監督。その一つと挙げたのが『人間解剖島 ドクター・ブッチャー』(1980)で、スクリューのシーンがそれでしょうか。

「研究で生み出され、沈没船から現れる青色のゾンビ」も『ゲシュタポ卍(ナチ)死霊軍団 カリブゾンビ』から頂いた設定でしょう。

恋人を犠牲にして助かろうとするクズ男は、後に『ポーキーズ』(1982)で有名になるボブ・クラーク監督のゾンビ映画、『死体と遊ぶな子供たち』(1972)へのオマージュでしょうか。色々と楽しい小ネタが盛り沢山です。

まとめ


(C)2018 Brobond Entertainment, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

『ゾンビ津波』に、徹底した悪趣味と悪ノリを期待した人は、やや物足りなく感じたかもしれません。

しかしアメリカの筋金入りのSF・ホラー映画ファンが視聴する、Syfyチャンネル向けに作った作品だけに、多くの小ネタが詰め込まれています。ゾンビ映画ファンはそこに注目してご覧下さい。

また『シャークネード』シリーズ同様、タフで強い女性たちが登場します。これはフェランテ監督の趣味であり、SF・ホラー映画ファンはそんな女性が大好きだという事でしょう。日本のファンも同じではありませんか?

最後に。『ソンビ津波』のエンドロールは津波以上にトンデモないスピードで流れ、まったく読めません。放送時間に追われたTV放送映画のエンドロールそのものです。ソフト化・配信時は変わるのでしょうか。

「未体験ゾーンの映画たち2021」のエンドロール最速作品は『ゾンビ津波』、エンドロール最遅作品は『MARK OF THE WITCH』(2014)で確定です。どちらも「貴重な体験」が味わえるB級映画と断言します。「貴重」の意味は、じっくりと考えて下さい。

次回の「未体験ゾーンの映画たち2021見破録」は…


© Корпорация РУССКАЯ ФИЛЬМ ГРУППА © Кинокомпания СТАРТФИЛЬМ 2018

次回第39回は実際の事件を基にテロリストと人質たちの駆け引き、そして特殊部隊との攻防を描いたアクション映画『パニック・イン・ミュージアム モスクワ劇場占拠テロ事件』を紹介します。お楽しみに。

【連載コラム】『未体験ゾーンの映画たち2021見破録』記事一覧はこちら






関連記事

連載コラム

ホラー映画『星に願いを』あらすじと感想。ラストのクライマックスを圧倒的に描く佐々木勝巳の演出力|夏のホラー秘宝まつり:完全絶叫2019②

映画『星に願いを』は2019年8月23日(金)より、キネカ大森ほかで開催される「第6回夏のホラー秘宝まつり2019」にて上映! 第6回目となる、日本映画界夏恒例のホラー作品上映イベント、「夏のホラー秘 …

連載コラム

シンエヴァ考察解説まとめ|ウルトラマンへのオマージュなど新劇場版シリーズを映像表現から再考【邦画特撮大全84】

連載コラム「邦画特撮大全」第84章 幾度に亘る公開延期を経て2021年3月8日(月)より『シン・エヴァンゲリオン劇場版』が公開され、これを以て映画「新劇場版」シリーズならびに「エヴァ」シリーズは完結と …

連載コラム

映画『インザトールグラス』ネタバレ感想と考察解説。ラストまで草むら迷路と黒い岩の正体を深掘りする|SF恐怖映画という名の観覧車129

連載コラム「SF恐怖映画という名の観覧車」profile129 サスペンス映画でもホラー映画でも、人に襲い掛かるものが「理不尽」であればあるほど人は恐怖を覚えます。 「なぜ」「どうして」が無いからこそ …

連載コラム

映画『新聞記者』ラストシーン解説と感想。「羊の絵の意味」から評価の高い作品を読み解く|シニンは映画に生かされて10

連載コラム『シニンは映画に生かされて』第10回 はじめましての方は、はじめまして。河合のびです。 今日も今日とて、映画に生かされているシニンです。 第10回にてご紹介する作品は、新聞記者とエリート官僚 …

連載コラム

映画『死霊船メアリー号の呪い』あらすじネタバレと感想。“海洋ホラーな幽霊屋敷”的な構造に魅入られたゲイリーオールドマン!?|未体験ゾーンの映画たち2020見破録15

連載コラム「未体験ゾーンの映画たち2020見破録」第15回 様々なジャンルの映画の祭典「未体験ゾーンの映画たち2020」は、今年もヒューマントラストシネマ渋谷で開催。2月7日(金)からはシネ・リーブル …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学