Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ホラー映画

映画『パペット・マスター』あらすじと感想レビュー。恐怖のカルト・ホラーが生誕30周年記として再始動!

  • Writer :
  • 金田まこちゃ

スペイン・バルセロナ近郊のリゾート地シッチェスで毎年10月に開催されている映画祭「シッチェス映画祭」。

「シッチェス映画祭」で上映された、選りすぐりの作品を日本で上映する「シッチェス映画祭」公認の映画祭「シッチェス映画祭ファンタステック・セレクション」が、東京と名古屋、大阪で開催されます。

今回は「シッチェス映画祭ファンタステック・セレクション」上映作品となる『パペット・マスター』を、ご紹介します。

スポンサーリンク

映画『パペット・マスター』の作品情報


(C)2018 Cinestate Puppet Master, LLC

【公開】
2019年公開(イギリス・アメリカ合作映画)

【監督】
トミー・ビクルンド、ソニー・ラグーナ

【脚本】
S・クレイグ・ザラー

【キャスト】
ジェニー・ペリサー、ネルソン・フランクリン、シャーリン・イー、マイケル・パレ、アレックス・ベー、スキータ・ジェンキンズ、バーバラ・クランプトン、ウド・キア

【作品概要】
1989年に第1作目が公開され、カルト的な人気を誇るホラーシリーズが、30周年記念作として新たに再始動。

2012年の映画『悪霊のはらわた』の、ソニー・ラグーナとトミー・ビクルンドが監督、2015年に独特の残酷描写が話題になった映画『トマホーク ガンマンvs食人族』で長編デビューした、S・クレイグ・ザラーが脚本を担当しています。

映画『パペット・マスター』あらすじ


(C)2018 Cinestate Puppet Master, LLC
漫画家のエディは、妻と離婚した事で実家に戻って来ました。

エディは、漫画家と言うエディの職業を馬鹿にした様子の、警察官の父親に嫌味を聞かされ、うんざりしていました。

そんな時、エディは地元の友人マイクの妹、アシュリーと再会し恋人関係になります。

ある日エディは、亡くなった弟の遺品である、黒い不気味な人形が実家に残されていた事に気が付きます。

腕から刃物が飛び出す、不気味な仕掛けが施されているその人形は、かつてナチスの為に、人形を作り続けていた人形遣い、トゥーローンの作品でした。

まるで、生きているように人形を操り「トゥーローンの魔法のパペット」と呼ばれていた、人形遣いのトゥーローンは、かつては人形を制作し全世界に送っていました。

ですが、トゥーローンは謎の魔術を研究し、女性を監禁しては殺害していた危険な一面を持ち合わせていた為、30年前に地元の警察に自宅へ突入され、射殺されていました。

エディは、弟が生前キャンプ場で拾ってきたという、その人形を不気味に感じ、トゥーローン事件のツアーイベントである「トゥーローンの殺人気記念集会」で開催される、オークションに出品する事にします。

エディは、アシュリーとエディの職場のボスで、友人でもあるマーコウィッツと参加します。

「トゥーローンの殺人気記念集会」には、エディと同じく、トゥーローンが制作した人形を出品する為に、参加者が持ち寄った、60体ほどの人形が集まっていました。

しかし、エディ達が宿泊していたホテルで、人形が行方不明になる現象が発生します。

当初は「盗難事件」としか思っていなかったエディですが、同時にホテル内で、次々と残酷な殺人が発生します。

身の危険を感じたエディ達は、ホテルから逃げ出そうとしますが…。

スポンサーリンク

『パペット・マスター』感想と評価


(C)2018 Cinestate Puppet Master, LLC

カルト的な人気を誇るホラー作品が再始動!

『パペット・マスター』は、1989年に第1作目が公開されました。

その前年の1988年に、同じ殺人人形である、チャッキーが登場するホラー映画『チャイルド・プレイ』が公開されています。

ですが、『パペット・マスター』は、個性的な殺人人形が登場する事で『チャイルド・プレイ』とは違う魅力を放ち、続編やリブート作品が10作以上も制作された、カルト的な人気を誇るホラー作品です。

ポスターにも「人形はお前だけじゃない」と書かれていますし、お馴染みのスニーカーが転がっていますね。

本作は『パペット・マスター』30周年を記念した新作で、新たに再始動されたシリーズとなります。

王道の展開と個性が強すぎるパペットたちとのアンバランスさ

『パペット・マスター』の舞台は、「トゥーローンの殺人気記念集会」に集まった参加者たちが宿泊しているホテルが舞台になります。

そこで、参加者たちが持ち寄った、過去にトゥーローンが制作したと思われる、パペットたちが動き始めた事で、逃げ場も無く、追い詰められていく恐怖を描いています。

パペットたちは、刃物を武器に使ったり、腕から火炎放射を出したり、空を飛んだり、頭にドリルが装着されていたりと、どれも個性豊かで、それらの個性を活かして人間に襲いかかりますが、どれも「絶対に、こんな死に方したくない」と思うような場面となっており、制作側の、ものすごい力の入り方を感じます。

映画の予告編で「パペットたちによる残酷な描写は21ヵ所あります」と警告されていますが、上映開始30分ぐらい経過した辺りからオンパレードです。

どれも血しぶきが飛び散る、やりすぎなぐらい過激な描写で、もちろん人を選ぶ部分はありますが、一周して笑えてしまうレベルです。

ですが、作品全体はシリアスな内容となっており、パペットたちに追い詰められ、逃げ場も無くホテルに籠城する展開は、ホラー映画の王道とも呼べます。

王道の展開と、個性的すぎるパペットたちとのアンバランスさが、不思議な魅力を生んでいる作品です。

現代のアメリカ政府への皮肉が込められた作品

前述したように、本作は『パペット・マスター』30周年を記念した作品ですが、現代のアメリカ政府への、痛烈な批判も込められています。

それは、パペットたちに狙われる人々が、ユダヤ人であったり、同性愛者であったりと、ある意味「差別」を受ける立場の人間である事です。

これは、パペットの制作者であるトゥーローンの、閉鎖的で時代遅れとも呼べる思想が反映されているのでしょう。

ユダヤ人や同性愛者というだけで、パペットに命を狙われ、抵抗する術もない人々の姿は、「性差別」「人種差別」が度々問題になっている、アメリカ政府への、痛烈な皮肉が込められていると感じます。

ただ、「差別」という問題は、アメリカだけではなく、日本も含めた世界的な問題でもあると思いますので、2019年に蘇った『パペット・マスター』は、非常に意味のある作品だと感じました。

まとめ


(C)2018 Cinestate Puppet Master, LLC
再始動となった「パペット・マスター」シリーズ。

作品全体を現代的な雰囲気にしながらも、80年代のテイストも取り入れた作品となっています。

この手のホラー映画は「まだ、終わってない」というラストが多いですが、その意味では、本作のエンディングはとても潔いので、そこも注目です。

30周年記念作品という事もあり「パペット・マスター」でお馴染みのパペットたちが出てくるのですが、代表的なパペットが、1体見当たりませんでした。

本作の前半で「トゥーローン事件」を語っている中で、そのパペットに繋がる話も出てきていますので、次回作での登場に期待ですね。

『パペット・マスター』は「シッチェス映画祭ファンタスティック・セレクション」にて上映される作品で、10月よりヒューマントラストシネマ渋谷、シネ・リーブル梅田、名古屋のシネマスコーレの3劇場で開催されます。

何故、次回作の話をしているのかは、本作の潔いエンディングをご覧ください

関連記事

ホラー映画

映画『ハッピーボイスキラー』感想とラスト考察。動画無料視聴方法も

アメリカ版ポケットモンスターにて、ピカチュウの声優を担当することが決まったライアン・レイノルズ。 デッドプールでやりたい放題のうえ、愛嬌あるピカチュウを演じるなんて…と、考えるだけで不安な方の気持ちを …

ホラー映画

映画『空海 美しき王妃の謎』黒猫の真相と中国の化け猫は喋りすぎか?

『さらば、わが愛/覇王別姫』『北京ヴァイオリン』などで知られる中国の名匠チェン・カイコー監督の映画『空海―KU-KAI― 美しき王妃の謎』。 作品タイトルから歴史ドラマを期待する向きもありますが、実は …

ホラー映画

ホラー映画『生き人形マリア』あらすじネタバレと感想。結末まで怖い亡きデラマス監督の世界観

『生き人形マリア』はカリテ・ファンタスティック!シネマコレクション2019にて上映。 殺人人形チャッキー、呪いの少女人形アナベル…。 映画界を震撼させてきた、人の情念宿った人形たちによって引き起こされ …

ホラー映画

映画『アナベル死霊博物館』ネタバレあらすじと感想。ラスト結末はホラー版ナイトミュージアム⁉︎

映画『アナベル 死霊博物館』は2019年9月20日(金)よりロードショー。 2013年に第1作目が公開され、世界中のホラーファンを恐怖に陥れ魅了してきた「死霊館」シリーズ。 2019年、おなじみの怖く …

ホラー映画

映画『アナと世界の終わり』ネタバレ感想と結末。ゾンビミュージカルは「命がある限り希望はある」と熱唱!

世界各国のファンタスティック映画祭で話題沸騰! クリスマスにゾンビが町にやってきた! 田舎町でくすぶる高校生の前に現れたのは、まさかのゾンビだった。 世界中が熱狂した青春ゾンビミュージカル『アナと世界 …

【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
映画『天気の子』特集
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
映画『ある船頭の話』2019年9月13日(金) 新宿武蔵野館他 全国公開
【望月歩×文晟豪インタビュー】映画『五億円のじんせい』の公開に思いを馳せる
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【阿部はりか監督インタビュー】映画『暁闇』若さが抱える孤独さに共に“孤独”でありたい
【エリック・クー監督インタビュー】斎藤工との友情の映画制作とアジア発の若き映画作家たちの育成に努めたい
映画『凪待ち』2019年6月28日(金)TOHOシネマズ日比谷ほか全国公開【主演:香取慎吾/監督:白石和彌】
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
FILMINK
国内ドラマ情報サイトDRAMAP