Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ホラー映画

柳ゆり菜主演映画ヴァンパイヤナイトVorchaosメンバーが主題歌

  • Writer :
  • シネマルコヴィッチ

山深い温泉宿を訪れた美人姉妹!イケメン!謎の男?その湯治場を舞台に繰り広げられた死闘とは…

アメリカンホラーとジャパニーズホラーがクロッシングさせる映画『ヴァンパイアナイト』をご紹介します!

スポンサーリンク

1.映画『ヴァンパイアナイト』の作品情報

【公開】
2017年(日本映画)

【監督】
山嵜晋平

【キャスト】
柳ゆり菜、上野優華、伊藤陽佑、山村美智典子、前野朋哉、勇翔

【作品概要】
山奥の温泉旅館で展開する吸血鬼との死闘を描いたアクションホラー。

美人姉妹の姉佐代役を柳ゆり菜、妹の美和役を上野優華が演じ、ヴァンパイアハンターの桜井役を「BOYS AND MEN」の勇翔が務めます。その脇を個性派俳優の前野朋哉とベテラン女優の山村美智らが脇を固めます。

2.映画『ヴァンパイアナイト』のあらすじ


(C)2017映画「ヴァンパイア ナイト」製作委員会

山深い奥地の温泉旅館「三春屋」は泉質も良く万病に効果があるという温泉宿。

ある占い師に導かれて警察官の雪村佐代は、心に傷を負ったアーチェリーのオリンピック候補生の美和が保養に訪れます。

その宿には介護疲れのサラリーマン神楽坂浩仁と認知症の母である典子、ほかに謎めいた湯治客の桜井裕吾が宿泊していました。

夜になって酒に酔った桜井は、突然発砲した銃によって憩いのはずの湯治場は崩壊。

彼の放った弾丸は温泉宿の仲居の頭部を撃ち抜き、脳を撒き散らして亡くなってしまいます。しかし、命を落としたはずの仲居の真の正体は吸血鬼だったです。

目の前に繰り広げられた惨状状況に呆然とする雪村姉妹た神楽坂親子たち…。

だが、彼らが心身ともに保養に来ていたはずの温泉宿「三春屋」は、かつて中世ヨーロッパ時代から脈々と繁栄を続け、いつしか日本へと密かに上陸した吸血鬼の巣窟だったのです。

謎めいた湯治客の桜井はそのことを唯一知るヴァンパイアハンターだったです…。

スポンサーリンク

3.映画『ヴァンパイアナイト』のキャスト

柳ゆり菜


柳ゆり菜Twitterから

1994年4月19日生まれの大阪府出身の女優。2014年にNHK連続ドラマ『マッサン』の中で、赤玉ポートワインポスターをモデルにした「太陽ワイン」の半裸モデルで一躍脚光を浴びました。

主な出演映画は『呪怨ーザ・ファイナル–』『彼岸島 デラックス』など。2017年に『チア☆ダン〜女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃった本当の話〜』『恋妻家宮本』と次々に出演作品が公開され、近日5月13日に『破裏拳ポリマー』が公開される予定。現在注目の女優の1人です。

上野優華


上野優華TwitterTwitterから

1998年生まれの徳島県出身の歌手で女優。2012年にキングレコード×講談社主催のボーカルオーディションにて、1万人を超えるエントリーの中を勝ち抜きグランプリを獲得。2013年キングレコードからメジャーデビュー。

主な出演作品は『トイレの花子さん新劇場版』にて主演を務め、2015年『心霊写真部 劇場版』、2016年『いしゃ先生』『復讐したい』『燐寸少女』『白鳥麗子でございます!THE MOVIE』に出演するなど躍進中です。

勇翔


勇翔

1993年生まれの長野県出身の俳優。名古屋に拠点をおき活動するエンターテイメント集団「BOYS AND MEN」メンバー。

2016年に日本レコード大賞新人賞を受賞。2015年に映画『サムライ・ロック』 、2016年に『復讐したい』『BOYS AND MEN-One For All, All For One―』など、映画や舞台に多数出演するなど活躍中です。

前野朋哉


前野朋哉Twitterから

1986年生まれの岡山県出身の俳優。2005年に石井裕也監督の『剥き出しにっぽん』に照明助手と役者で参加。その後、2012年に吉田大八監督の『桐島、部活やめるってよ』で神木隆之介と共演すると、その存在感を発揮して注目をされます。

2015年に堤幸彦監督の『イニシエーション・ラブ』など話題作にも続々と出演。

また、本人自身が監督脚本主演を務めた『GO GO まりこ』(2008)、『脚の生えたおたまじゃくし』(2009)が各映画祭で高い評価を得るなど、才能もマルチで活動中です。

4.映画『ヴァンパイアナイト』のサウンドはVorchaosが担当!

ヴァンパイアナイト』の主題歌は、2017年2月8日にキングレコード/NEXUSレーベルよりメジャーデビューを果たしたVorchaosが担当

ツイン・ギターから奏でるスラッシーかつ、アグレッシヴサウンドである「Vortex」が採用されました。

2010年結成され、2012年より現在のメンバーにて本格始動を開始。多種多様な音楽シーンでメタル、ラウドロックの無限なるの可能性を追求したバンド。


Vorchaos公式HPから

[Member]L→R
yuzo(Gt.)・Fuji(Ba.)・淳(Vo.)・Masashi “USHI” Ushijima(Dr.) Kaz(Gt.)

彼らのサウンドは重さと鋭さを併せ持ち、攻撃的かつ、人間の持つ感情を強く表現する歌詞でオリジナリティを構築させようとしているようです。

また、その活動は国内のみならず海外での音楽活動にも活発で、あらゆるジャンルや国境を超えた精力性を持つグループです。

スポンサーリンク

5.映画『バンパイアナイト』の初日舞台挨拶


(C)2017映画「ヴァンパイア ナイト」製作委員会

2017年5月6日(土)
ブリリアショートショートシアター
11:50~上映スタート 上映後
柳ゆり菜、上野優華、山嵜晋平監督

シネマート新宿
16:45~上映スタート 上映後
柳ゆり菜、上野優華、勇翔(BOYS AND MEN)、山村美智、山嵜晋平監督

映画『バンパイアナイト』の劇場情報


(C)2017映画「ヴァンパイア ナイト」製作委員会

【東京】 シネマート新宿:2017年5月6(土)~
【神奈川】ブリリア ショートショートシアター:2017年5月6日(土)~
【愛知】センチュリーシネマ:5月13日(土)~・安城コロナワールド:5月13日(土)~
【大阪】シネマート心斎橋:5月13日(土)~

まとめ


(C)2017映画「ヴァンパイア ナイト」製作委員会

『ヴァンパイアナイト』の演出を務めた山嵜晋平監督は、2012年に『骨の奥』で福岡インディペンデント映画祭優秀賞獲得するなどの実力派。

また、今作も北海道の「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2017」で上映された作品です。

人気女優の柳ゆり菜と上野優華を美人姉妹役に迎え、さらには「BOYS AND MEN」の勇翔を謎の男など、どのように独自のジャパニーズホラー見せてるのか注目したいですね。

『ヴァンパイアナイト』は2017年5月6日(土)からシネマート新宿とブリリア ショートショートシアター全国順次公開です。

ぜひ、劇場にてご覧ください!

関連記事

ホラー映画

『来る』ネタバレ結末解説。原作内容のぼぎわんと痛みを活かしたホラー映画の分析と考察

あの中島哲也の4年ぶりの作品が、来る…! 話題沸騰、新感覚のホラーである映画『来る』を原作『ぼぎわんが、来る』との比較もしながら解説していきます。 なぜタイトルを変えたのか、そして一体何がやって来るの …

ホラー映画

映画『ドクタースリープ』ネタバレ感想とレビュー評価。結末でダニーは父親のトラウマを克服できるのか!?

映画『ドクター・スリープ』は2019年11月29日(金)より公開。 ホラー映画の金字塔、あの『シャイニング』(1980)の世界が映像で再び蘇るとは誰が予想したでしょうか。 世界を戦慄させ、また狐につま …

ホラー映画

映画『ロックダウン・ホテル/死霊感染』あらすじ感想と評価考察。釈由美子が殺人ウィルスと闘うパンデミックホラー!

映画『ロックダウン・ホテル/死・霊・感・染』は2021年7月2日(金)より、ヒューマントラストシネマ渋谷ほかにて全国順次公開予定 コロナ禍の世界を予言した映画として話題となり、釈由美子の衝撃の熱演が世 …

ホラー映画

映画『人肉村』ネタバレあらすじ感想と結末考察。ホラー界の新境地でワトソン兄弟の悪夢のような恐怖を描く

人肉を食べる兄弟に捕まった男女4人が体験する血みどろの恐怖を描いた映画『人肉村』 デヴィッド・フィンチャーや三池崇史を尊敬する、カナダの新鋭監督エイドリアン・ラングレーが、サスペンスの名作『セブン』( …

ホラー映画

A24映画『ライトハウス』あらすじネタバレと感想評価。実話を基にした事件の結末を考察

映画『The Lighthouse(ザ・ライトハウス)』は2019年10月18日アメリカにて公開。 2016年、ニューイングランド地方の深遠な森に住む一家を襲う悪夢を描いた『ウィッチ』で高く評価された …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学