Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ホラー映画

Entry 2019/08/13
Update

映画『サマーオブ84』ネタバレ感想と結末までのあらすじ。ラスト10分のトラウマ必至な演出と脚本力

  • Writer :
  • 野洲川亮

映画『サマー・オブ・84』は2019年8月3日公開。

フランソワ・シマール、アヌーク・ウィッセル、ヨアン=カール・ウィッセルら、カナダの映像制作ユニット「RKSS(ROADKILL SUPERSTARS)」が、1980年代のホラー映画、サスペンス、スラッシャー、そして青春映画にオマージュをささげた映画『サマー・オブ・84』

1984年、アメリカの片田舎を舞台に、連続殺人事件の謎に挑む少年たちのひと夏の体験を描いたジュブナイル・ホラー作品です。

BMX版の『マッドマックス』とも呼ばれる『ターボキッド』製作陣が放つ、『サマー・オブ・84』をご紹介します。

スポンサーリンク

映画『サマー・オブ・84』の作品情報

2017 (C) Gunpowder & Sky, LLC

【公開】
2019年(カナダ、アメリカ合作映画)

【監督】
フランソワ・シマール、アヌーク・ウィッセル、ヨアン=カール・ウィッセル

【キャスト】
グラハム・ヴァーチャー、ジュダ・ルイス、ケイレブ・エメリー、コリー・グルーター=アンドリュー、ティエラ・スコビー、リッチ・ソマー

【作品概要】
思春期のオタク少年たちが隣家の警察官を殺人鬼と疑い、調査をはじめたことから、思わぬ恐怖に直面する青春ホラー。

カナダの映像制作ユニット「ROADKILL SUPERSTARS」のフランソワ・シマール、アヌーク・ウィッセル、ヨアン=カール・ウィッセルが、共同監督を務める。

80年代のスラッシャー映画や青春映画にリスペクトした作品です。

映画『サマー・オブ・84』のあらすじとネタバレ

2017 (C) Gunpowder & Sky, LLC

1984年、アメリカのオレゴン州に住む15歳の少年デイヴィー(グラハム・ヴァーチャー)は、新聞配達中に隣人のマッキー(リッチ・ソマー)に頼まれ、家具の移動の手伝いで彼の家の地下室に入ります。

怪しげな部屋と壁一面に飾られたマッキーの親戚たちの写真を見たデイヴィーは、ある日の夜にマッキーの家で少年らしき人影を目撃しました。

同じ頃、近隣では子供たちが行方不明になる事件が発生していましたが、“ケープメイの殺人鬼”を名乗る人物からの手紙により、一連の事件が同一犯による犯行であると判明します。

マッキーの家で目撃したのは行方不明になっている少年ではないかと考えたデイヴィーは、親友の不良イーツ(ジュダ・ルイス)、肥満児のウッディ(ケイレブ・エメリー)、眼鏡のファラデイ(コリー・グルーター=アンドリュー)に、マッキーこそが“ケープメイの殺人鬼”であり、その証拠を自分たちの手で探し出そうと提案します。

半信半疑ながらも一同はデイヴィーに協力することになり、4人はマッキーの行動を観察、ゴミを漁るなど、証拠探しを開始します。

大量の土やシャベルを購入するなど、怪しい行動を見せるマッキーへの疑いを強める4人でしたが、なかなか決定的な証拠をつかむことが出来ません。

証拠探しの最中、美少女ニッキー(ティエラ・スコビー)との仲を深めていくデイヴィーは、両親の不仲により町を出ていくという彼女の気を引くため、自分たちが秘密の捜査をしていることを明かします。

ある夜、マッキーを尾行していたウッディとファラデイは、マッキーが貸倉庫に車と死体処理用と思われる薬品を隠していることを突き止めます。

さらに、その留守中に家の庭へと侵入したデイヴィーとイーツは血痕のついたTシャツを発見、それは行方不明になっている少年が着ていたのと同じものでした。

マッキーが犯人であると確信したデイヴィーは、手に入れた証拠を両親に見せ、これまでの証拠集めについても話します。

しかし、両親には信じてもらえず、逆にマッキーの家に忍び込んだことを一緒に謝罪しにいくことになってしまいました。

謝罪を受けたマッキーは苦笑しながらも4人の行動を許し、Tシャツは遊びに来ていた甥っ子のものだと説明します。

デイヴィーは両親から外出禁止を言い渡され、他のメンバーもこれ以上協力できないことを告げられますが、デイヴィーの疑いは晴れることはありませんでした。

それからすぐに、警察は“ケープメイの殺人鬼”を逮捕したことを発表、犯人を捕まえたのは誰あろうマッキーだったのです。

あまりにも良すぎるタイミングに、さらに疑念を強めたデイヴィーは、メンバーに最後の頼みとして、再びマッキーの家に侵入する作戦への協力を願い出ました。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『サマー・オブ・84』ネタバレ・結末の記載がございます。『サマー・オブ・84』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

作戦は町の住人たちが集まる祭りの日に決行されることになります。

外出を禁止されているデイヴィーは、両親が出かけた隙に父親の仕事道具であるビデオカメラを持ち出し、イーツとファラディはマッキーの様子を監視、デイヴィーとウッディが侵入するという計画でした。

デイヴィーを心配し駆けつけたニッキーと共に、3人はマッキーの家の地下室へと侵入します。

侵入した地下室にはバスタブがあり、そこで3人は腐乱した死体を発見、さらに監禁され衰弱した少年に助けを求められます。

少年を連れて慌てて脱出しようとする3人、そこでかつてマッキーが親戚だと語っていた壁の写真を見たデイヴィーは、その写真が全て行方不明になっていた人たちの写真であることに気づきました。

そして、そこには新たに自分の家族写真も飾ってあり、次のターゲットがデイヴィー自身であったことに驚愕します。

撮影した映像を警察に持ち込み、ようやくデイヴィーはマッキーが殺人鬼であることを信じてもらうことが出来ました。

警察はマッキーの捜索を開始、自分が成し遂げたことにぼう然とするデイヴィーは、ニッキーからキスで賞賛されます。

家に戻ったデイヴィー、隣家ではいぜんマッキーの捜索が続いていましたが、見張っておくから安心しなさいという父親の言葉に安堵し、ウッディと共に眠りにつきます。

皆が寝静まったころ、屋根裏の入り口が開き、そこから姿を見せたのは、逃走したと思われたマッキーでした。

マッキーは寝ていたデイヴィーの口を塞ぎ気絶させます。

目覚めたデイヴィーは、ウッディと一緒に拘束され、車に監禁されており、慌てて協力して拘束を解きますが、そこは見覚えのない森の中でした。

ゲームをしようというマッキーの声を聞いたデイヴィーは、ウッディを逃がすために囮となって駆けだします。

しかし、あっさりと見つかり足を刺されて動けなくなってしまい、車で脱出しようとしたウッディもマッキーに捕まります。

喉を切られて殺されるウッディ、そこへ駆けよったデイヴィーを捕まえたマッキーは、デイヴィーをあえて殺さず、「いつかまた自分が目の前に現れる恐怖を、味わいながら生きていけ」と告げ、デイヴィーを残して、姿を消しました。

なんとか命拾いしたデイヴィーでしたが、ニッキーは町を去り、イーツとファラディとは疎遠に、マッキーは逮捕されることなく、日々が過ぎていきます。

「連続殺人鬼も誰かの隣人だ」マッキー逃走中の新聞記事を読みながら、デイヴィーはつぶやきます・・・

スポンサーリンク

映画『サマー・オブ・84』の感想と評価

2017 (C) Gunpowder & Sky, LLC

古くは『スタンド・バイ・ミー』(1986)、『グーニーズ』(1985)、「13日の金曜日」シリーズ。

2010年代でも『SUPER8/スーパーエイト』(2011)、『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』(2017)、NetflixのTVドラマ「ストレンジャー・シングス」シリーズ(2016~)など…。

80年代を舞台(もしくは80年代に製作された)にした青春もの=ジュブナイル映画、スラッシャーもの=ホラー映画は数限りなく存在します。

本作『サマー・オブ・84』は、そういった古今東西の80年代ジュブナイル映画を下敷きにして、数々のオマージュを捧げつつ、連続殺人の謎を追う少年たち4人の視点で展開していきます。

UFOや超常現象といった、現代で言うところの都市伝説に傾倒する主人公デイヴィーが、ある日隣人の警察官マッキーを連続殺人鬼ではないかと疑い始めることで、“ひと夏の殺人鬼捜査ゲーム”が始まります。

主人公たちの15歳という年齢は、“大人ではないが子どもとも言いきれない”思春期真っ盛りの時期であり、このゲームは少年たちにとって大人への通過儀礼として描かれています。

マッキーが殺人鬼である証拠集めに奔走する最中に、少年たちが抱えるそれぞれの問題(デイヴィーはニッキーへの秘めた恋心、イーツは両親の不和、ファラディは母親の不安定さ)が背景として描かれるのも、通過儀礼の一部と言えるでしょう。

果たして真相は、デイヴィーたちの思春期ならではの妄想に過ぎないのか、それとも? この緊張感を保ちながら、物語は進行していきます。

本作の優れた点は、そういった80年代ジュブナイル映画としての展開をしていきながら、クライマックス10分から、これまた80年代のスラッシャー映画へと突如転換してみせる演出力、脚本力です。

通常のジュブナイルものであれば、地下室の謎を解いたシーンから犯人が逮捕されるか、その場で犯人との対決(子供には死人が出ずに勝利する)という結末が描かれるところで、犯人は捕まらず、友人は殺害され、主人公自身もトラウマを抱えたまま生きていく、という考え得る限り最悪のエンディングを迎えます

これも前述した通過儀礼としての結果であり、大人になるための試練は、主人公、そして観客にもトラウマ級の衝撃を残すことになったのです。

まとめ

2017 (C) Gunpowder & Sky, LLC

80年代ジュブナイル映画をベースとしながら、そこにスラッシャー映画の要素も加えた本作は、過去作への敬意を払いつつ、その先にあった新たな表現を見出すことに成功しています。

最後に、強烈なトラウマを残す本作を気に入った方にオススメしたい映画は、兄の部屋で人間の生首を発見する少年の葛藤を描いたサスペンスホラー『ファウンド』(2012)と、ソシオパスの少年が隣人の殺人鬼と対決する『アイム・ノット・シリアルキラー』(2017)の2作品です。

どちらも本作のテーマと大きく共通するものがある作品ですので、是非ともチェックしてください。

関連記事

ホラー映画

映画『来る』小松菜奈(真琴役)の演技力とプロフィール。おすすめ作品も調査

2018年12月7日(金)より公開された中島哲也監督のホラー・エンターテイメント作品『来る』。 原作は澤村伊智の第22回日本ホラー小説大賞受賞作「ぼぎわんが、来る」。 メガホンをとるのは、2011年ア …

ホラー映画

映画『ノックノック』動画無料視聴はHulu。ネタバレ感想と評価

「ジョン・ウィック」シリーズで、これでもかというほどガンフーを披露して、これでもかというほど仕事一筋な殺し屋を熱演しているキアヌ・リーブス。 それでも、たかが小娘2人に地獄に突き落とされるという、一週 …

ホラー映画

映画『ザ・ゴーレム』あらすじと感想レビュー。救世主なのか怪物か?忠実さと暴走する破壊者の二面性

スペイン・バルセロナ近郊のリゾート地シッチェスで毎年10月に開催されている映画祭「シッチェス映画祭」。 「シッチェス映画祭」で上映された、選りすぐりの作品を日本で上映する「シッチェス映画祭」公認の映画 …

ホラー映画

映画『事故物件』解説評価。Jホラー歴史と特徴をテレビ心霊特集や都市伝説、稲川淳二の怪談から世にも奇妙な物語まで深掘り!

映画『事故物件 怖い間取り』は2020年8月28日(金)より、全国ロードショー 中田秀夫監督待望の作品、『事故物件 怖い間取り』がついに公開されました。 日本の映画・テレビ界は、以前のようなオカルト・ …

ホラー映画

映画『ぼくのエリ 200歳の少女』ネタバレ感想と考察評価。吸血鬼ヴァンパイアとのラブストーリーは美しくも残酷な純愛

映画『ぼくのエり 200歳の少女』は永遠の12歳エリと孤独なオスカーとの怪しく美しい関係を描く 1920年代から現代まで、ヴァンパイアを題材にした映画は数多く制作されてきました。きっとどの世代の人にも …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』2020年10月9日(金)よりTOHOシネマズシャンテほか全国公開
映画『朝が来る』2020年10月23日(金)より全国公開
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学