Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

Entry 2019/08/24
Update

映画『ザ・クレイジーズ 細菌兵器の恐怖』あらすじと感想。ジョージ・A・ロメロが描く元祖感染パニックホラー!|夏のホラー秘宝まつり:完全絶叫2019⑧

  • Writer :
  • 増田健

2019年8月23日(金)より、キネカ大森ほかで開催される「第6回夏のホラー秘宝まつり2019」。

日本映画界夏恒例のホラー作品上映イベント「夏のホラー秘宝まつり」。今年は6本の新作映画と、2本の旧作洋画が上映されます

旧作リバイバル上映作品に選ばれ、このコラムで紹介する最後の作品が、ジョージ・A・ロメロ監督作品、『ザ・クレイジーズ 細菌兵器の恐怖』です

低予算映画『ナイト・オブ・ザ・リビングデッド』を製作、その大ヒットで、現在世界に広く知られているゾンビ像を確立し、「ゾンビ映画の先駆者」「マスター・オブ・ホラー」「カルト映画の鬼才」と呼ばれ、死後も敬意を集めているジョージ・A・ロメロ監督。

その彼の初期の作品の1つは、今やホラー映画の定番、感染パニック映画の元祖となる映画でした。

ホラー映画の巨匠が若き日に手掛けた作品が、今年の「夏のホラー秘宝まつり」で甦ります

【連載コラム】「夏のホラー秘宝まつり:完全絶叫2019」記事一覧はこちら

スポンサーリンク

映画『ザ・クレイジーズ 細菌兵器の恐怖』の作品情報


(C)2019 キングレコード

【製作】
1973年(アメリカ映画)

【原題】
The Crazies / The Crazies Code Name:TRIXI

【監督・脚本】
ジョージ・A・ロメロ

【出演】
W・G・マクミラン、レイン・キャロル、ハロルド・ウェイン・ジョーンズ、ロイド・ホーラー、リン・ローリー

【作品概要】

ジョージ・A・ロメロ監督の長編映画第4作目となる、セミ・ドキュメントタッチで描かれたパニック・ホラームービー。

出演者の1人は、70年代ホラー映画のスクリーム・クイーンとして有名なリン・ローリー。『ナイト・オブ・ザ・リビングデッド』のゾンビ役で有名なビル・ハインツマン、ジョージ・A・ロメロ自身も出演しています。

細菌兵器の感染が拡大する中、脱出を試みる生存者と、事態を掌握しようとする軍人、そして感染の末狂人と化した人々が、三つどもえの争いを繰り広げます。

映画『ザ・クレイジーズ 細菌兵器の恐怖』のあらすじ


(C)2019 キングレコード

アメリカの田舎町、エバンズ・シティに住む幼い兄妹は、ベットの上に殺害された母親の姿と、そして家に火を放つ父親の姿を目撃します。

火災を知らせるサイレンで目覚めた消防士のデヴィッド(W・G・マクミラン)と、その恋人で看護婦のジュディ(レイン・キャロル)。それぞれ消防署と病院に向かった2人。

そのころ事態に対処するよう命じられたペッケム大佐(ロイド・ホーラー)は、エバンズ・シティに向け出発します。

デヴィッドは同僚で、共にベトナムで戦った経験を持つクランク(ハロルド・ウェイン・ジョーンズ)と、火災現場に向かう。そこには家に火を放った父親が、狂ったように叫んでいました。

到着すると、ジュディはガスマスクと防護服を付けた兵士の姿が、病院中に溢れている光景を目撃します。感染症が広がり、間もなく町は隔離されるとジュディに説明する医師。彼は身重の彼女を案じ、密かに町からの脱出をすすめます。

極秘に開発された細菌兵器を積んだ輸送機が、エバンズ・シティの水源地に墜落、それを原因とする感染症が広がっていました。細菌兵器に感染したものは凶暴化し、やがて死んでゆくのです。

軍は事態を掌握しようと町の隔離を決定、戒厳令を発令します。万一の事態に備え、爆撃機が上空に待機する中、軍は行動を開始しますが、情報が錯綜し混乱したまま動き出す事になります。

家に押し入り、住人の収容を開始した隔離部隊。デヴィッドとジュディとクランクも捕まり、軍の車両に乗せられますが、そこには父と共に捕えられたキャシー(リン・ローリー)の姿もありました。

デヴィッドとクランクは隙を見て兵士を襲い、脱出に成功します。こうして隔離部隊から追われる身となった、デヴィッドたち一行。

到着したペッケム大佐は事態を収めようと、科学者はワクチンを開発しようと努力しますが、上層部からは的確な指示も、支援も得られない状態が続きます。

やがて軍のやり方に反発した、そして感染し凶暴化した住人たちが、次々兵士を襲い始めます。対する兵士の行動も過激化し、事態は混迷を深めていきます。

はたしてデヴィッドたちは脱出に成功するのか、そして細菌兵器による感染症の拡大は、無事制圧されるのか…。

スポンサーリンク

映画『ザ・クレイジーズ 細菌兵器の恐怖』の感想と評価


(C)2019 キングレコード

ジョージ・A・ロメロの隠れた問題作

1968年『ナイト・オブ・ザ・リビングデッド』を発表し、大成功を収めたジョージ・A・ロメロ。その次回作である、世界にゾンビブームを巻き起こした映画『ゾンビ』を、1978年に発表するまでの間に、何本かの映画を手がけています。

その映画の1つが1973年に製作された、『ザ・クレイジーズ 細菌兵器の恐怖』です。日本では1979年のテレビ放送が最初のお披露目でした。

その際は1977年に公開された、細菌兵器パニック映画『カサンドラ・クロス』にあやかり、『第2のカサンドラクロス事件!? 細菌兵器に襲われた街』のタイトルで放送されました。

細菌兵器が事故で流出、その対応に動く軍と混乱に巻き込まれた人々の姿を、セミドキュメント風の描写を交えて描いた力作です。

そして本作は2010年に、ロメロが製作総指揮を務めた映画、『クレイジーズ』としてリメイクされてました。

参考映像:『クレイジーズ』予告編(2010年日本公開)

しかしこの作品は、『ナイト・オブ・ザ・リビングデッド』と『ゾンビ』の間にある、ロメロの最も低迷した時期の作品、ロメロ監督作で無ければ忘れられた作品、と長らく評されていました。

人生の過酷な時期に作られた作品

厳しい評価を受けていたこの作品を、改めて詳細に振り返ってみましょう。

当時ロメロは、『ナイト・オブ・ザ・リビングデッド』以降手掛けた作品が、興行的に振るわなかっただけでなく、個人的にも不幸な時期にありました。

『ザ・クレイジーズ 細菌兵器の恐怖』の製作に向け、新たな人物をプロデューサーに雇ったところ、自身のプロダクションに内紛が発生します。

『ナイト・オブ・ザ・リビングデッド』以来の盟友、ジョン・A・ルッソ(『ナイト~』脚本)と、ラッセル・ストライナー(『ナイト~』製作)との関係は、互いに弁護士を雇って争うまでに悪化します。

こうして古くから映画を作っていた仲間、同時に多くを語り合えた友人でもあった2人と、決別する事になったロメロ。この時期の事を多く語っていないのは、こういった事情もありました。

友人と別れ、新たなパートナーと映画を作る事になったロメロ。提案された脚本は、細菌兵器の流出と、それを封じ込めようとする軍の活動を書いたものでした。

ロメロは自らその脚本を書き直し、こうして準備された作品が『ザ・クレイジーズ』でした。

軍や政府への不信の露わにした作品

苦難の中スタートした作品ですが、従来のロメロ作品より巨額の製作費、27万5千ドルを集める事に成功します。それでも一般的な映画の製作費に比べると、はるかに低予算ですが。

こうして今までにない規模の作品を、手がけるチャンスを得たロメロ。その作品は彼らしい、社会的メッセージを持ったものになります。

1973年初頭に撮影が始まった『ザ・クレイジーズ』。その時代背景を思い浮かべましょう。

同年1月末にニクソン大統領は、ベトナム戦争の終結を宣言。縮小された米軍は3月末には完全撤退する事になります。

しかし前年の6月にウォーターゲート事件が発生。直後から映画『大統領の陰謀』でお馴染み、ボブ・ウッドワード記者と、カール・バーンスタイン記者による調査報道が始まります。1973年2月には上院特別調査委員会が公聴会を開始します。

ロメロならずとも、米国民の政治不信は徐々に高まっている時期でした。

劇中の軍組織に対する描写、そして状況をコントロールできない政府への不信は、この時代を背景にしたものです。

映画に登場する軍人は、防毒マスクと防護服に身を包んだ無個性な存在。しかし1人1人の素顔は小市民。そんな彼らも権力を手にし、暴力を振るう状況に慣れると、隔離作業に便乗して略奪を働き、平然と残虐な行為を振るう様になります。

ベトナムの最前線の様子を把握しないまま、本国で物事を進めた政府の様に、『ザ・クレイジーズ』に登場する上層部は、空虚な議論を繰り返すばかり。大統領(ニクソン?)は後ろ頭だけ見せて登場、やはりロクな事を言いません。

そして軍に抗議するあまり、町の神父は有名なベトナムの僧侶のように、焼身自殺を図ります。実にストレートなメッセージを持つシーンです。

そして軍に不信感を露わにし、抵抗する住人たち。ここまで堂々と権力に逆らっていいんでしょうか?大丈夫、彼らは細菌兵器で「狂っている」から、何をやろうと問題ありません。

殺伐たる描写の数々は、ロメロの政治不信の表れでしょうか。それとも友を失い、荒んだ心情の吐露でしょうか。

間違いなくジョージ・A・ロメロの系譜に中にある作品


(C)2019 キングレコード

同時にこの映画は以前の、そしてこれからのロメロ映画の系譜に連なる作品です。

現地の指揮官、ペッケム大佐を演じるロイド・ホーラーは黒人。黒人に重要な役を与える姿勢は変わりません。

『ナイト・オブ・ザ・リビングデッド』の主人公の黒人、ベンは勇敢に戦い、悲劇的に死ぬ犠牲者です。一方ペッケム大佐は官僚主義の犠牲者ですが、生き残る事ができます。この黒人登場人物の役柄は、『ゾンビ』ではさらに発展します。

主人公2人組、ベトナム帰りの消防士デヴィッドとクランクが、敵と戦いながら脱出を図る姿は『ゾンビ』のSWAT隊員2人組、ピーターとロジャーの原型と見る事が出来ます。

『ゾンビ』と言えば『ザ・クレイジーズ』の、収容・隔離された住民がウィルスに感染し、集団でうごめく姿は、ショッピングモールに溢れたゾンビそのものです(声を出し激しく動きますが)。

この映画で描いた感染者の群れが、『ゾンビ』へと発展した事は間違いありません。

そして事態の収拾に、軍人と科学者が責任を負う設定、そして特異な状況で軍の横暴な態度への反発は、『死霊のえじき』の原型と言えます。

ロメロ自身も『ザ・クレイジーズ』のアイデアが、『死霊のえじき』に生きていると、インタビューで認めています。

まとめ


(C)2019 キングレコード

様々な困難を経て、監督が様々な思いが込めて、ようやく完成した『ザ・クレイジーズ 細菌兵器の恐怖』。しかし興行的には振るわず、製作費の回収すら叶いません。ジョージ・A・ロメロは、将にキャリアの底辺を迎えました。

しかし紹介した通り、この作品は後の『ゾンビ』『死霊のえじき』の原点となる作品。ファンは見逃す事は出来ません。

混沌とする現場から、政府上層部までの様々な姿を、幅広くセミドキュメントで描く試みは、結果として冗長な映画を生む事になりました。

この経験を生かして作られた『ゾンビ』は、終末の世界の描写を主人公の周囲に絞り、セミドキュメント調の演出は、アクションシーンに緊迫感を与える事に成功しています。将に『ゾンビ』の習作と呼べる作品です。

実はロメロたちは、『ナイト・オブ・ザ・リビングデッド』の成功の後、映画のどの分野で活躍すべきか迷っていました。当時低予算ホラー映画は、ポルノ的な存在として扱われていました。若きロメロたちが将来を思い悩むのも、無理はありません。

おそらくジョージ・A・ロメロは、友と別れるきっかけとなり、興行的に失敗したこの作品をバネにする事で、ホラー映画製作の道を突き進むことが出来たのでしょう。

参考映像:「Magic At the Roxy 」(1976) マジックショー番組。最後のクレジットに、ロメロの名があります(George Romero名義)

この後ロメロは、幾つかの仕事(O.Jシンプソンのドキュメンタリー番組に、TVのマジックショー番組)を経て、1977年に『マーティン 呪われた吸血少年』を、そして翌1978年に『ゾンビ』を発表します。

「マスター・オブ・ホラー」の夜明けは、こうしてやって来たのでした。

映画『ザ・クレイジーズ 細菌兵器の恐怖』は2019年8月23日(金)より、キネカ大森ほかで開催される「夏のホラー秘宝まつり2019」にて上映、12月11日Blu-ray&DVDリリース!

【連載コラム】「夏のホラー秘宝まつり:完全絶叫2019」記事一覧はこちら

関連記事

連載コラム

映画『燃えよ剣』『沖田総司』感想考察と比較解説。新撰組の“青春”について過去作を紐解く|おすすめ新作・名作見比べてみた8

連載コラム「おすすめ新作・名作見比べてみた」第8回 公開中の新作映画から過去の名作まで、様々な映画を2本取り上げ見比べて行く連載コラム“おすすめ新作・名作を見比べてみた”。 第7回のテーマは「新選組」 …

連載コラム

映画『ランボー3怒りのアフガン』ネタバレあらすじと感想評価。ギネスブック認定の“最も暴力的な作品”|すべての映画はアクションから始まる20

連載コラム『すべての映画はアクションから始まる』第20回 日本公開を控える新作から、カルト的評価を得ている知る人ぞ知る旧作といったアクション映画を網羅してピックアップする連載コラム、『すべての映画はア …

連載コラム

映画『家族にサルーテ!』評価と感想レビュー。ムッチーノ監督が故郷イタリアで描く人生への讃歌|シニンは映画に生かされて13

連載コラム『シニンは映画に生かされて』第13回 はじめましての方は、はじめまして。河合のびです。 今日も今日とて、映画に生かされているシニンです。 第13回にてご紹介する作品は、『幸せのちから』で有名 …

連載コラム

映画『バックトレース』あらすじネタバレと感想。 スタローンが頼れる刑事サイクスを熱演!|未体験ゾーンの映画たち2019見破録52

連載コラム「未体験ゾーンの映画たち2019見破録」第52回 ヒューマントラストシネマ渋谷で開催された“劇場発の映画祭”「未体験ゾーンの映画たち2019」。今回はシルヴェスター・スタローン主演の映画が登 …

連載コラム

映画『リーディングハウス』あらすじネタバレと感想。監督の失恋体験が生んだ⁈女たちの恐るべき秘密クラブとは|未体験ゾーンの映画たち2020見破録2

連載コラム「未体験ゾーンの映画たち2020見破録」第2回 映画ファンには毎年恒例のイベント、令和初となる劇場発の映画祭「未体験ゾーンの映画たち2020」が、今年も1月3日(金)よりヒューマントラストシ …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学