Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

スーパー戦隊はマンネリなのかを考える④【改革期】ジェットマンからギンガマン|邦画特撮大全9

  • Writer :
  • 森谷秀

連載コラム「邦画特撮大全」第9章

1980年代後半、スーパー戦隊シリーズは成熟期を迎えたと言えます。

しかし『地球戦隊ファイブマン』の頃、シリーズ自体の存続が危ぶまれました。

視聴率低下、玩具売り上げの不振などの問題が浮上したのです。

それまでのスーパー戦隊シリーズもさまざまな試行錯誤を繰り返していましたが、1990年代以降はより大胆な改革が行われているように思えます。

今回はスーパー戦隊の“改革期”にあたる、『鳥獣戦隊ジェットマン』(1991)から『星獣戦隊ギンガマン』(1998)までを分析していきます。

【連載コラム】『邦画特撮大全』記事一覧はこちら

スポンサーリンク

戦うトレンディドラマ『鳥人戦隊ジェットマン』

参考映像:『鳥人戦隊ジェットマン』第50話予告

ファンの間では“戦うトレンディドラマ”と形容される『鳥人戦隊ジェットマン』(1991)。

本作は戦隊メンバー間に恋愛要素を持ち込んだ初めての作品なのです。

失った恋人・リエを忘れられない天堂竜/レッドホーク、鹿鳴館香/ホワイトスワンを思う結城凱/ブラックコンドル、大石雷太/イエローオウルの2人。

一方の鹿鳴館香は竜に思いを寄せています。

そして竜の恋人・リエに瓜二つの敵幹部・マリアも登場。当時流行していた“トレンディドラマ”さながらの恋愛模様が描かれるのが本作最大の特徴です。

『ジェットマン』は上記のような恋愛ドラマの要素以外にも、毎回ジェットマン5人が全員揃って変身する訳ではない点や、シリーズ初の女性司令官の登場。

ジェットマンに取って代わろうとするネオジェットマンの存在。敵組織・次元戦団バイラムの壮絶な内部抗争など、数々の野心的な要素が導入されました。

またスタッフ面も大きく刷新され、若手スタッフを中心的に起用されました。

メイン監督は後に『牙狼 GARO 』シリーズの原作・総監督を務める雨宮慶太(当時31歳)、メイン脚本には井上敏樹(当時31歳)。特撮監督は前作『ファイブマン』で特撮監督デビューした佛田洋(当時30歳)が続投しています。

TVゲームの影響『恐竜戦隊ジュウレンジャー』~『超力戦隊オーレンジャー』

参考映像:『恐竜戦隊ジュウレンジャー』予告

ベストセラーとなった小説『ジュラシック・パーク』、スティーブン・スピルバーグ監督による同作の映画版の製作が発表されたことから、“恐竜”がモチーフとなった『恐竜戦隊ジュウレンジャー』(1992)。

この作品から“追加戦士”といわれる6人目の戦士の登場が描かれるようになりました。

また余談ですが『ジュウレンジャー』のシリーズ終盤に、子役時代の高橋一生が重要な役で登場しています。

『ジュウレンジャー』はRPG『ドラゴンクエスト』などの影響もあり、西洋ファンタジーを意識した作風です。

敵怪人もグリフォンやトロールなど、RPGに登場する伝説上の生き物がモチーフになっています。

次作『五星戦隊ダイレンジャー』(1993)では格闘ゲーム『ストリートファイター』シリーズが意識され、本格的な中国拳法が取り入れられました。

2作のメイン脚本家である杉村升はゲームファンでもあり、その後『バイオハザード』シリーズや『鬼武者』シリーズなどゲームのシナリオを数多く手掛けています。

『ジュウレンジャー』以降のスーパー戦隊シリーズで興味深い点は、各作品の世界観やモチーフが毎回ガラリと変わる事です。

西洋風の『ジュウレンジャー』、中華風の『ダイレンジャー』と続き、『忍者戦隊カクレンジャー』(1994)はモチーフが忍者、敵が妖怪である点から和を基調とした作風であることがわかります。

そして『超力戦隊オーレンジャー(1995)』ではモチーフが古代文明。マンネリを打開するため各作品で大きな差別化が図られているのです。

スポンサーリンク

実は原点回帰?シュールなコメディ『激走戦隊カーレンジャー』

参考映像:『激走戦隊カーレンジャー』

それまでプロデューサーを務めてきた鈴木武幸、『ジュウレンジャー』から『オーレンジャー』までの4年間メイン脚本を務めた杉村升が降板。

次作『激走戦隊カーレンジャー』(1996)ではプロデューサーを高寺成紀、メイン脚本を浦沢義雄が代わりに務めます。

またそれまで参加していた監督陣も前作『オーレンジャー』や本作序盤をもって現場から去っています。

浦沢義雄はシュールなギャグで知られる脚本家。元々浦沢は『ゲバゲバ90分』や『欽ドン!』、『カリキュラマシーン』といったコント番組などの構成作家をしていました。

その後、映画監督・脚本家の大和屋竺に弟子入りし脚本家に転身という異例の経歴の持ち主です。

『カーレンジャー』は浦沢独特のギャグテイストが爆発。

安月給を理由にカーレンジャーになるのを断る第1話のカーレンジャー5人や、芋ようかんで巨大化する敵の宇宙暴走族ボーゾックなどシュールなギャグが展開します。

こうしたギャグ描写はファンの間で賛否両論となりました。しかしシリーズ第1作『秘密戦隊ゴレンジャー』では、敵怪人を視力検査や鶏がらスープで倒すなどのシュールなギャグが見られます。

ある意味『カーレンジャー』は原点回帰を行った作品とも言えるのです。

高寺成紀は『電磁戦隊メガレンジャー』(1997)、『星獣戦隊ギンガマン』(1998)のプロデューサーを歴任しています。

『メガレンジャー』はそれまでのミニチュア撮影、ビデオ合成の他に、CGとデジタル合成が本格的に導入されました。

物語面では終盤、守るべき対象である一般人から迫害、非難されるという衝撃的な展開も見られます。

“SF”であった『メガレンジャー』と打って変わって、『ギンガマン』は“ファンタジー”を基調とした作品です。

そのためギンガマンの移動手段がそれまでのバイクや車ではなく、なんと馬。動物相手ということで撮影も大変だったようです。

企画当初は巨大ロボを一切出さず、ギンガマンと彼らのパートナーである神秘の動物“星獣”のみで敵と戦い続けるという案がありました。

シリーズ序盤のみこのアイディが採用され、第7話からこれまで通りに巨大ロボ・ギンガイオーが登場しています。

また敵・宇宙海賊バルバンは幹部ごとに軍団が形成されています。

各軍団が1クールごとに交代してギンガマンと戦うというシリーズ構成もユニークです。

次回の邦画特撮大全は…

次回の邦画特撮大全は、『救急戦隊ゴーゴーファイブ』(1999)以降、2000年代に放映されたスーパー戦隊を分析する予定です。

お楽しみに。

【連載コラム】『邦画特撮大全』記事一覧はこちら

関連記事

連載コラム

映画『IT2イットTHE END』キャスト【ジェームズ・マカヴォイへのインタビュー:ピエロが怖い】FILMINK-vol.23

FILMINK-vol.23「James McAvoy: Stand by It」 オーストラリアの映画サイト「FILMINK」が配信したコンテンツから「Cinemarche」が連携して海外の映画情報 …

連載コラム

韓国映画『探偵なふたり:リターンズ』感想評価レビュー。完成度はパート1以上のコミカルな推理サスペンス!|サスペンスの神様の鼓動13

サスペンスの神様の鼓動13 このコラムでは、毎回サスペンス映画を1本取り上げて、作品の面白さや手法について考察していきます。 今回取り上げる作品は、2019年3月16日(土)より全国順次公開される、推 …

連載コラム

講義【映画と哲学】第5講「 ロマンティック・コメディの行為:スタンリー・カヴェルの「再婚喜劇」論」

講義「映画と哲学」第5講 日本映画大学教授である田辺秋守氏によるインターネット講義「映画と哲学」。 Stanley Cavell, Contesting Tears: The Hollywood Me …

連載コラム

【ネタバレ感想】シークレット・チルドレン 禁じられた力|ティモシー・シャラメ主演のSF青春スリラー|未体験ゾーンの映画たち2019見破録22

連載コラム「未体験ゾーンの映画たち2019見破録」第22回 今年もヒューマントラストシネマ渋谷で開催中の“劇場発の映画祭”「未体験ゾーンの映画たち2019」では、珍作・怪作から見逃すには惜しい佳作まで …

連載コラム

【映画ジョーカー特集】バットマン歴代の“恐怖のピエロ”一覧解説。怖さとキャラの秘密を紹介|最強アメコミ番付評36

連載コラム「最強アメコミ番付評」第36回戦 こんにちは、野洲川亮です。 今回は2019年10月4日公開、ヴェネツィア国際映画祭でアメコミ映画史上初の、コンペティション部門最高賞にあたる金獅子賞を受賞し …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』TOHOシネマズ シャンテほか近日公開予定
映画『朝が来る』TOHOシネマズ 日比谷ほか近日公開予定
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
国内ドラマ情報サイトDRAMAP