Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

地獄が呼んでいる5話ネタバレあらすじ感想と結末の評価解説。カルト支配のデストピアを描いた激ヤバ描写の韓国ドラマに注目!

  • Writer :
  • 増田健

Netflixドラマ『地獄が呼んでいる』を各話完全紹介

新感染 ファイナル・エクスプレス』(2016)と長編アニメ映画『ソウル・ステーション パンデミック』(2016)の大ヒットで、韓国を代表するアニメ監督からホラー映画作家となったヨン・サンホ。

『新感染』シリーズの続編『新感染半島 ファイナル・ステージ』(2020)もヒットを記録、その実力を世界は目撃しました。

その彼が手掛けるNetflixオリジナルドラマ、『地獄が呼んでいる』が2021年11月19日(金)より、全世界に配信されました。

第4話は、第3話までの世界から4年後に舞台を移します。人々は新真理会に精神的に支配され、”試演”されてしまうと罪人扱いされ、不信心者と見なされれば狂信者の”矢じり”に糾弾される恐怖に怯えていました。

テレビ局のプロデューサー、ペ・ヨンジェは突然姿を消した同僚を探します。”天使”に地獄行きを告げられた彼は、家族に迷惑をかけぬよう、誰からも見られぬ人里離れた地にいました。

同僚はヨンジェの目前で”正義の執行者”に地獄へ堕とされました。その死骸を処分し、試演の事実を隠す秘密組織”ソド”の人々に出会ったヨンジェ。

新真理会は試演を隠蔽する者を追っていました。幹部のユジ執事は警察と共に、”ソド”を追求していました。

そして子供を出産したばかりの妻ソヒョンに会ったヨンジェは、妻から恐るべき動画を見せられます。それは新生児の我が子が、天使から3日後の死と地獄行きを告げられる光景でした…。

【連載コラム】「ある日、地獄行きを告げられた」Netflixドラマ『地獄が呼んでいる』を完全紹介の記事一覧はこちら

スポンサーリンク

ドラマ『地獄が呼んでいる』の作品情報


Netflixオリジナルシリーズ『地獄が呼んでいる』

【配信】
2021年(韓国ドラマ)

【原題】
지옥 / Hellbound(英題)

【監督・脚本】
ヨン・サンホ

【キャスト】
ユ・アイン、キム・ヒョンジュ、パク・ジョンミン、ウォン・ジナ、ヤン・イクチュン、キム・ドユン、キム・シンロク、リュ・ギョンス、イ・レ

【作品概要】
「新感染」シリーズのヨン・サンホが手掛ける、世界に向け配信された全6話のホラードラマ。この作品は彼が2003年に発表した短編アニメ映画を発展させた作品です。

彼はドラマ配信に併せ、1980年代の韓国民主化闘争を描いたグラフィック・ノベル『沸点 ソウル・オン・ザ・ストリート』を描いたチェ・ギュソクと共作で、この作品の原作となるコミック『地獄』を発表しました。

それだけが、僕の世界』(2018)や『サバハ』(2019)、『スタートアップ!』(2019)のパク・ジョンミン、『英雄都市』(2019)のウォン・ジナが夫婦を演じ、恐るべき事態に翻弄されます。

冷酷な宗教団体幹部を『梨泰院クラス』(2020~)、『都会の男女の恋愛法』(2020~)のリュ・ギョンス、彼らと対決し夫婦を助けようとする人物をドラマ『愛人がいます』(2015~)や『ウォッチャー 不正捜査官たちの真実』(2019~)のキム・ヒョンジュが演じます。

トキメキ成均館スキャンダル』(2010~)や映画『バーニング 劇場版』、『#生きている』(2020)に出演のユ・アイン、『あゝ、荒野 完全版』(2017)のヤン・イクチュン、『新感染半島 ファイナル・ステージ』の演技が絶賛されたイ・レらが共演しています。

ドラマ『地獄が呼んでいる』第5話のあらすじとネタバレ


Netflixオリジナルシリーズ『地獄が呼んでいる』

TV局のプロデューサー、ペ・ヨンジェ(パク・ジョンミン)の同僚ジョンウォンが密かに”試演”された釣り場で、落ちていた金融会社ソド・ローンの名刺に気付く新真理会のユジ執事(リュ・ギョンス)。

彼に刑事が車を発見したと伝えます。仁川港近くでカードの使用履歴があり、行方不明のジョンウォンは妻子を捨て海外に逃亡したと説明します。

するとユジに駆け寄った新真理会の女が、スーパーで告知を受けたキム・ヨンソクを見つけたと報告します。警察関係者を残し、そちらに向かうユジ執事。

妻から生まれたばかりの我が子トゥントゥンが、”天使”から地獄行きを予言されたと聞き、1人職場で苦悩するヨンジェ。彼はジョンウォンが語った”ソド”の名を思い出しました。

ソドの名を検索すると、三国時代(朝鮮半島に高句麗・百済・新羅の3国があった時代)に神の儀式が行われた場所と紹介されます。(ソド=蘇塗は、古代朝鮮半島南部に住んだ民族の宗教行事、またはそれが行われた場所とされています)

解説にはこの神聖な場所に、罪人たちが保護されていたと書いてあります。そこに放送局の局長がやって来ました。

局長はジョンウォンがギャンブルにハマり借金苦から家族を残し失踪、海外に密航したと信じていました。そんな奴だったのか、それにしても最近失踪者が多いとつぶやく局長。

ヨンジェは釣り場で出会った、討論番組に出ていた男の顔を思い出して部屋を出ます。

とあるモーテルでは発見されたキム・ヨンソクに、新真理会の者がカメラを向け試演はいつかと厳しく訊ねていました。今日の午後5時と答えたヨンソク。

試演の時まで時間が残されていないと知ると、新真理会は彼を本部に移動させます。ユジ執事は部屋にソド・PCクリーニングと記されたの名刺があると気付き、ヨンソクにどこで手に入れたか問いただします。

編集スタッフのミスクの前に現れたヨンジェは、討論番組の映像を確認します。多発する蒸発事件について語る男はコン・ヒョンジュン、確かに試演の場でヨンジェに語った人物です。

ヒョンジュンの連絡先を確認し駆け出すヨンジェ。その姿を何者が見て報告していました。

外壁に巨大な顔と、予言の実行者のレリーフが施された建物が新真理会の本部でした。そのスタジオの扉に「試演中」の表示ランプが点灯します。

壁に初代議長チョン・ジンスの絵が描かれたスタジオの、ステージの中央にキム・ヨンソクがいます。仮面を付けた観客たちが見守る中、ヨンソクの傍に現れた新真理会2代目議長キム・ジョンチル。

カメラと聴衆が見守る中、ヨンスクは違法賭博を経営していたと説明するジョンチル。彼はヨンスクを叩き、この者は天使から告知された罪を告白せず、逃亡を図ったと非難します。

どこに逃げるつもりだった、神の目を避け逃亡できると思ったか、と芝居がかった態度で責めるジョンチル議長。スタジオにヨンスクの家族が連れられて来ました。

試演が家族や皆に見られる事実を受け入れろと責めたジョンチルは、時間が迫ると罪人よ、地獄に行けと叫びます。

現れた3人の予言の実行者がヨンスクを暴行すると、血しぶきが初代議長の絵に降り注ぎます。中継映像の視聴率は89.3%と聞き、満足気な表情を見せたジョンチル議長。

その議長に、緊急の委員会招集を求めるユジ執事。放送が終わり次第招集するとジョンチルが語った時、ヨンスクの体は焼き払われていました。

ステージに現れ遺骸の脇に立ち、罪人よ、地獄で永遠の苦痛を味わえ。自分の犯した罪を無限に考えろ、と叫ぶ議長。

韓国大学に到着したヨンジェは、社会学科の教授コン・ヒョンジュンの部屋の前に立ちます。すると現れた男たちに、ヨンジェは強引に部屋に連れ込まれました。

抵抗するヨンジェに、昨日の出来事は忘れろと告げたはずだ、と語るコン教授。

新真理会の委員たちはユジが撮影した動画を見ていました。スーパーで天使から告知を受けたヨンスクは、その動画がネットに拡散したまらず逃亡します。その彼に連絡した者がいました。

それは告知された人を、新真理会に見つかる前に蒸発させる組織だ。そしてモーテルの部屋で名刺を見つけたと証言するヨンスク。ジョンチル議長はソドの名が記された名刺を手にします。

試演が罪人だけに起きるという話は嘘だ、とヨンジェに語るコン教授。説明のつかぬ超常現象を、新真理会初代議長チョン・ジンスが神の意図と称したにすぎないと言いました。

告知された人を匿って新真理会の活動を妨害し、汚名を着せられる試演された者の遺族の保護も行う。これが現時点で出来るベストな方法だと告げた教授。

天使から予言された者の全ては救えない、公共の場で告知された人物の保護は、新真理会と時間との戦いだ。1人で告知された人は似た行動、新真理会のアプリで特定の言葉を検索する。その情報を元に接触するとコンは説明します。

これは新真理会のやり方と同じだ語る教授。組織の協力者は警察や通信会社、あなたの会社にもいると告げ、協力者の多くは遺族か、狂信者の”矢じり”に恨みを抱く者だと言葉を続けました。

世界の半数が新真理会の信者、活動は危険ではと尋ねるヨンジェに、新真理会の議長ですら告知を受ければ我々の助けを求めるだろう、皆が裁かれる立場になって初めて判る、と説明するコン教授。

ヨンジェは妻が撮影した、我が子に死を告知する天使が映る動画を見せ、教授に助けを求めます。

ユジ執事の撮影した動画では、ヨンスクがある女性に助けを求め連絡を試みたと証言しています。その女性はミン・ヘジン(キム・ヒョンジュ)でした。

ミン・ヘジンは新真理会に反感を抱き敵対し、その後失踪した弁護士だと説明するユジ。ミンが当時働いていたのがソド弁護士事務所です。

ソドという組織が、地獄行きを告知された者を隠している。ジョンウォンの失踪にもソドが関与が疑われる、と説明するユジ執事。

神への冒涜だ、神への反逆で人類に対する裏切りだ、根こそぎ始末しろとジョンチル議長は命じます。

奴らが我々より素早く行動するのは法を守らないからだ、我々も合法か意識せず全ての手段を使えと叫ぶ議長。

それは私の権限外だと冷静に告るユジに、議長として神に逆らう邪悪な連中を根絶するまで、無限の権限を与えると命じたジョンチル。

指示に従いユジ執事が去ると、今の託宣のやり方に適切な、ファンタジー性に富んだ儀式が無いかとジョンチルは委員たちに相談します。

ユジ執事は付き従うサチョン執事に、”矢じり”に動員できる人数を確認しろと命じます。”矢じり”との関係を否定したサチョンに、隠す必要はないと告げるユジ執事。

天使の告知と試演とは本当は何なのか、と尋ねたヨンジェに、それが神の行いかは判らないと答えるコン教授。問題はこの超常現象の解釈を、新真理会が独占した事実だと告げます。

それが新真理会の言う通りに、神の意図なら拒否するべきだ。なぜならそれは人のための神では無い、と語る教授。

災害や事故と同じ、誰にでも起こることだ。人を裁く事と無関係と説明し、赤ちゃんに罪は無いとコンは断言しました。

2人が乗る車はとある場所に到着します。コン教授が案内した部屋にソドのリーダー、ミン弁護士がいました。

警察内の仲間からの情報を得た”矢じり”たちは、ソドの協力者の家を襲撃します。その事実をユジ執事に告げたサジョンは、失踪前にジョンウォンを脅した闇金業者の行為は、カモフラージュだと説明します。

“矢じり”が襲ったソドの協力者は、高利貸しの罪で試演された女の息子です。罪人の子供に改善プログラムが必要だとつぶやくユジ執事。

ミン弁護士はヨンジェに状況は把握しており、病院の防犯カメラの映像は消去済みと告げました。新真理会は新生児の試演は隠すだろう、これは彼らに不利だからと説明するミン。

彼らはヨンジェ夫妻を我が子を殺した殺人犯に仕立て上げるか、子供が誕生した事実を消すかもしれない、と言葉を続けます。

彼らの教義に原罪や代贖(キリスト教で、罪人に代わり罪を償う行為)は無いと説明した彼女に、彼らは都合よく教義を変えるかも、と不安を口にするヨンジェ。

都合よく教義は変えないはずと言うミンの言葉を、彼らには努力で防げる行為のみが罪で、原罪や代贖以外にも抱いた感情、つまり性欲や強欲などの心の罪も、神の怒りの対象では無いと補足するコン教授。

それを含めると信者を獲得しにくくなる。どんな悪事も存在しない清らかな世界が実現可能と思わせ、人が互いを監視する社会を新真理会は築いた、と教授は解説します。

新真理会が見せつける、試演の光景がもたらす恐怖とカタルシスが人々を支配する手段だ。だから定期的に罪人が必要だと教授はヨンジェに告げました。

教義に合わない罪は隠し、該当する罪が無ければ無理やり作る、ミンは新真理会のやり方を説明します。ヨンジェが試演を隠した事例を尋ねると、初代議長チョン・ジンスの名を挙げたミン。

ジンスは世界旅行中と発表され、ヨンジェもそう信じていました。しかし彼は4年前に試演された、とミンは語ります。

地獄に行くと告げられたジンスが、なぜこんな教義を作ったのかと問うヨンジェ。ミンは20年間も地獄行きの恐怖に苦しんだ結果、彼は異常者になったのかもしれない。同時にその20年を利用して準備し、教義を用意できたのではと言いました。

それをすぐ公表すべき、と言ったヨンジェに、ジンスは10年以上布教活動をしたが誰も信じなかった。だが世間はパク・ジョンジャの”試演”を見て、初めてそれを信じたと指摘するミン弁護士。

我々の言葉を世間に信じさせるには、第2のジョンジャが必要だと語るミン。それは何を意味するのヨンジェは訊ねます。

ミン・ヘジン弁護士は彼に告げました。「お子さんの試演を、中継させて下さい」と…。

以下、ドラマ『地獄が呼んでいる』第5話のネタバレ・結末の記載がございます。ドラマ『地獄が呼んでいる』第5話をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク


Netflixオリジナルシリーズ『地獄が呼んでいる』

その言葉を聞き言葉を失い、帰ろうとするヨンジェに、罪なき新生児の地獄行きの試演を見せれば、世の中は変わると訴えるミン弁護士。

それを聞いて怒り自分は世界を救いに来たのではない、家族を守りに来たと叫ぶヨンジェ。お前たちも新真理会と同じだ、赤ん坊の死をチャンスと考えているとミンを詰ります。

ならば最低な世界に誕生した新しい命の最期は事故死に偽装する。何の意味も無い死にしてあげると叫ぶミン。あなたはこれからも、試演される親の罪を告白する娘たちの取材を続けなさいと強い調子で言いました。

冷静になるとあなたの希望通りにする、決心したら連絡するようヨンジェに告げるミン。

“矢じり”たちはソドの協力者に凄惨な拷問を加えます。ユジ執事とサチョン執事は、彼らが聞き出したソドのメンバーは韓国大学の教授と知らされます。

ミンは新真理会より先にソドが接触できた、ヨンスクを救えず彼の試演が中継され機嫌が悪かったのだと、ヨンジェ詫びるコン・ヒョンジュン教授。ミンは過去に、ジョンチル議長と”矢じり”に激しく暴行されていると教えました。

彼女はパトカーの音に救われ生き延びた。4年前ジョンジャの試演の実況中継を阻止し、新真理会初代議長チョン・ジンスの正体を暴いていれば…、と自分を責めていると告げる教授。

だから必死に自分の過ちを償おうとしていると言葉を続けます。1人で帰ろうとしたヨンジェに、教授は自分の娘も天使から死を予言されたと教えます。

彼と車に乗っている時、30秒後に地獄に行くと告知された教授の娘。その顔が忘れられない、私の説明の望む顔だったと教授は語ります。

予言の実行者が現れ、車は事故を起こします。負傷した娘は車から引き出され、そして後には彼女の焼け焦げた死骸が残りました。

誰も見ていなくて良かった。その時そう思ってしまった、と告白するコン教授。教授はヨンジェに、娘の死は審判なのか、それとも事故なのかと尋ねます。

私は事故だと思っている。理由を考えず不幸な出来事と受け止め、ただ悲しみたいと話すコン教授。

あなたにもそんな不幸が訪れ残念です。まず最初に、この言葉を告げるべきでした。教授の言葉をヨンジェは噛みしめます。

ヨンジェが自宅に帰った時、妻ソヒョン(ウォン・ジナ)は泣いている我が子の傍で、頭を抱えて座っていました。その頃、”矢じり”たちの襲撃を受けるコン教授。

父親の葬儀の時、私が5歳の時に浮気して家を出た母が現れたと話すソヒョン。葬儀に現れた母が私の手を取り、泣きながら謝る姿を想像した。私は怒ったふりをするが、母と抱き合って泣く。そんな姿を想像したと夫に語ります。

しかし現れた母は離婚の際、充分な慰謝料をもらわなかった。父の遺産の一部は自分の物だと言い、30年ぶりに会った娘の事はは何も聞かなかった。そう告げたソヒョン。

そんな事は言うなと告げたヨンジェに、ソヒョンは私は愛情深い母になり愛されて当然と感じる、平凡な子供の親になろうと誓った、と語ります。

でも、今は恐ろしい。生まれたばかりの我が子の中に罪があるのか、そんな事を考えると言い涙ぐむソヒョン。そう考える自分が恐ろしいと告白すると泣き崩れました。

ある人に会ったと話すヨンジェ。彼らに子供の試演を中継したいと言われたと説明します。子供に罪は無い、試演を人々に見せれば新真理会の嘘が暴ける、我が子を抱き語るヨンジェ。

断れば事故死に偽装してくれる。どうするか2人で考えようと彼はソヒョンに提案します。

“矢じり”に拉致されたコン教授が意識を取り戻すと、彼は体をテープで巻かれ転がされていました。殺せと叫ぶ教授に、お前は何も話す必要が無いと告げる”矢じり”の男。

男は拷問され縛られているソドの協力者と、コンの車のカーナビの記録から情報を引き出そうとしていました。そして教授を始末しろと命じます。

お前たちは初代議長チョン・ジンス、現議長キム・ジョンチルに騙されていると叫ぶコンを、”矢じり”たちは焼却炉に入れます。炎が立ち上り、悲鳴をあげるコン教授…。

ソドの隠れ家を”矢じり”たちが襲撃します。加わろうとするサチョンに、執事の服装で”矢じり”と行動を共にするのか、と冷静に注意するユジ執事。

コン教授と連絡が取れないミン弁護士は襲撃を予感しました。証拠となるデータを処分してミンは逃げ出します。

粗暴な行動をする”矢じり”たちを、ユジは無能だと軽蔑していました。ミンは”矢じり”を格闘で倒し逃げますが、その前にユン執事とサチョン執事が現れます。サチョンをスタンガンで倒し、ユンを蹴り倒して逃亡するミン弁護士。

早朝、韓国大学の警備員は正門の前で、コン教授とソドの協力者の焼死体を発見します。遺体は彼らを罪人と糾弾する看板と共に、吊るされていました。

ヨンジェとソヒョン夫婦はどうすべきか悩んでいました。出勤したヨンジェは、コン教授ともう1人の男の焼死体が発見された、と報じるテレビのニュースを目にします。

検索すると事件は神の審判か、憎悪殺人かと関心を呼んでいました。ネット上にはコン教授が秘密組織ソドを運営して罪人を匿い、人々に神の意図を伝える行為を妨害したと非難する、”矢じり”の犯行声明動画がアップされていました。

神を否定する者は”矢じり”が鉄槌を下す。ソドのリーダーはミン・ヘジン元弁護士だと公表する”矢じり”の男。

ヨンジェにミンから電話がかかります。ミン弁護士はニュースを見たかと告げ、もう時間が無い、どうするか決めたかと聞きました。

まだ結論が出ない、妻子は家だと答えた彼に、ミンはこの状況下で2人を家に残しては危険と指摘します。

その頃、我が子トゥントゥンを抱いたソヒョンは、新真理会本部の建物に入ろうとしていました…。

スポンサーリンク

ドラマ『地獄が呼んでいる』第5話の感想と評価


Netflixオリジナルシリーズ『地獄が呼んでいる』

生後間もない赤ん坊が、罪人の可能性は存在するのか…。深刻な謎と共に物語は始まります。

新真理会は繰り返し試演を実況放送し、その恐怖を利用して人々の心を支配していました。罪人を救うのでなく、糾弾して自らの正当性をアピールする、教祖様(議長)のパフォーマンス。

正直笑えるシーンでもありますが(このドラマ、こんな部分しか笑えません…)、宗教や権力への批判のみならず、ネットの普及と共に「敵」を糾弾し自分をアゲる、そんな風潮の流行への痛烈な皮肉にも感じられます。

鋭い風刺精神とメッセージ性が強まった本作。いよいよ抑圧的な監視社会と、それに対するレジスタンス活動を描き始めました。権力者の追及はより厳しく過激化し、抵抗する側も綺麗事では済まぬデストピア物語として大いに楽しめます。

ヨン・サンホ監督の批判精神とエンタメ性、そしてバイオレンス描写がより明確化した第5話。『新感染 ファイナル・エクスプレス』で彼を知ったファンは大いに満足するでしょう。

ここまで描くか!力強く過激に世界を風刺


Netflixオリジナルシリーズ『地獄が呼んでいる』

ドラマ『地獄が呼んでいる』の巨悪、新真理会。監視社会やカルト宗教、人々の分断を図り利益を得る扇動者など、現実の世界の様々な問題を集合させたかのような組織です。

その描写は今回より直接的になります。新真理会のスタジオの壁の絵は韓国の北、そのまた北にある国々で描かれてきた、指導者を讃えるプロパガンダ絵画そのものでした。

その偉大な指導者の姿に「罪人」の血が飛び散ります。新真理会が演出し中継する試演は、罪の救済ではなく追及、自己批判を厳しく求めます。まさに文化革命時の人民裁判のようなショーを、教祖様が行います。

この新真理会議長の名はキム・ジョンチル。似た名前の偉い指導者がいたような…朝鮮半島には名前が似た方が多いので、私が想像を働かせ過ぎただけでしょう。

東アジア周辺諸国だけを風刺した訳ではありません。新真理会本部の建物の壁には、巨大な神(?)の顔のレリーフが存在します。

これはかつてイタリアのファシスト党本部にあった、ムッソリーニの顔のレリーフ像そっくり。巨大で悪趣味な、偉大な指導者の肖像や銅像を作るのは全体主義国家のお約束。

このムッソリーニの顔の巨大なレリーフは、1949年にジョージ・オーウェルが描いたディストピアSF小説「1984年」、後に『1984』(1956・1984年製作の同名映画有り)として映画化される作品に登場する支配者、ビッグ・ブラザーの描写に大きな影響を与えました。

本作は現代社会が突き進みかねない、来るべきデストピアを描いているとヨン・サンホは明確に示しました。そしてよくもここまで描いた、と驚かされます。

ついこの前までチャイナマネーを当てにして、かの国に何かと忖度していたハリウッド。その後色々あって流石にマズいと感じたのか、最近は軌道修正しているようです…。

セレブ好みの社会問題の告発には、極めて熱心なハリウッドの映画やドラマ。しかしなぜか遠慮してきた問題に批判の目を向け、大胆に取り上げたドラマが『地獄が呼んでいる』です。

本作を作ったのがヨン・サンホであり、その製作にGOを出したのが韓国製作陣。そして本作は見る事ができない国や地域が多数ありながら、配信後全世界視聴数1位を獲得しました。

こんな作品が日本で、特にテレビ局主導で製作する映画やドラマで作れるでしょうか?広く世界で支持される映像コンテンツのあり方を、深く考えさせられます。

強大な抑圧者に挑むサスペンスとアクション


Netflixオリジナルシリーズ『地獄が呼んでいる』

恐怖を使い大衆を洗脳し、支配する側に都合の良い価値観を植え付け、テクノロジーと警察機関だけでなく、人々にも相互に監視させる社会を築いた新真理会。

彼らの支配の根拠を巡り、宗教(特にキリスト教)の教義を巡る議論が交わされます。赤ん坊の運命を軸に、人間の「原罪や代贖」について深く語るシーンが存在します。

努力で防げる行為のみを罪と定義している新真理会。つまり第4話で描いたように、「エッチな動画の保存は罪だが、そうしたいと望むのは罪ではない」…それを聞いて私、少し安心しました…。

しかし教義や価値観は、支配者や扇動者が都合よく捻じ曲げて解釈し利用している、その事実を我々に気付かせてくれるエピソードです。

こういった思想や信念に踊らされ、異なる意見の持ち主を熱心に攻撃する者、その行為が善意や正義感で行われる恐ろしさ。これは宗教に限らず、我々のごく身近に起きている状況です。

韓国内の政治的状況のみならず、我々日本人も世界の人々も痛感している問題と紹介して、異論はないでしょう。

『地獄が呼んでいる』は、超自然的設定を前提に物語を紡ぎ、現代社会の様々な問題への思考実験を行ったドラマです。世界の様々な人が受け入れ、それぞれの立場で想いを巡らしているはずです。

堅い話になりましたが、強大な支配者・新真理会という敵を得て、主人公サイドの物語も明確になりました。支配者の目を潜り、人々を助け抑圧を打ち破ろうと望む人々の抵抗が描かれます。

協力者もいれば密告者もいる状況で圧倒的な権力に挑み、互いに相手の裏をかこうとする駆け引きなど、エンターテインメント要素も強くなりました。

お陰でドラマは理屈倒れの難解な展開にならず、観客の知的関心を刺激しつつ主人公の葛藤や感情の起伏、先の展開を期待させるサスペンス、そして圧倒的な暴力に挑むアクション…実に面白くなってきました。

抵抗運動・レジスタンス活動は戦争や歴史を描く映画・ドラマだけでなく、『スター・ウォーズ』(1977)や『マトリックス』(1999)など、娯楽映画の基本設定として使用されてきました。

壮大なスケールで、人々の心と世界を支配する悪と対決する主人公たち。しかし、実は試演を行う者の正体は、全く見えていない…波乱に満ちた展開がまだ続きそうです。

まとめ


Netflixオリジナルシリーズ『地獄が呼んでいる』

現代社会を痛烈に風刺し、敵の姿が明確になってきた『地獄が呼んでいる』第5話。第1シーズンで終わりそうもない展開、実に先が楽しみです。

緊張感ある物語が続く中、芝居がかったキム・ジョンチル議長の振る舞いが唯一の笑い所で、楽しませてもらいました。これは同時に世の独裁者や扇動者への、強烈な皮肉でしょう。

そんな議長の下で暗躍するユジ執事。確実に抵抗組織ソドに迫り追い詰め、試演された者の残された子供の再教育を検討する。しかし自分の手は汚さぬ、知的で冷酷な人物です。

狂信者グループ”矢じり”と距離を置きつつ、彼らを扇動しその暴力を利用するユジの姿勢は、どこかの国の元大統領や、そのやり方を真似る者たちの姿に重なります。

手強い敵を得て、さらに面白くなった『地獄が呼んでいる』。巨悪に挑むソドのリーダーとなった闘士、時にユジ執事に劣らぬ冷徹な判断を下すミン弁護士が、女性であることにも深い意味があるのでしょう。

疑似的な死を経験し、復活した主人公は悪を討つ救世主となる。この映画やドラマの基本パターンについて第3話の紹介記事で解説しましたが、将に彼女はヒーローとして蘇りました。

…とはいえ強すぎます、ミン・ヘジン弁護士!…と、思わずツッこんだのは私だけでしょうか?

Netflixオリジナルドラマ『地獄がよんでいる』は2021年11月19日(金)より配信開始

【連載コラム】「ある日、地獄行きを告げられた」Netflixドラマ『地獄が呼んでいる』を完全紹介の記事一覧はこちら






増田健(映画屋のジョン)プロフィール

1968年生まれ、高校時代は8mmフィルムで映画を制作。大阪芸術大学を卒業後、映画興行会社に就職。多様な劇場に勤務し、念願のマイナー映画の上映にも関わる。

今は映画ライターとして活躍中。タルコフスキーと石井輝男を人生の師と仰ぎ、「B級・ジャンル映画なんでも来い!」「珍作・迷作大歓迎!」がモットーに様々な視点で愛情をもって映画を紹介。(@eigayajohn

関連記事

連載コラム

ギレルモ・デル・トロ監督インタビュー【映画代表作に及ぼした幼少期の影響と作風とは】FILMINK-vol.18

FILMINK-vol.18「Guillermo Del Toro: Out Of The Dark」 オーストラリアの映画サイト「FILMINK」が配信したコンテンツから「Cinemarche」が連 …

連載コラム

映画『黒人魚』あらすじネタバレと感想。ロシア伝説の怪奇が現代によみがえる|未体験ゾーンの映画たち2019見破録17

連載コラム「未体験ゾーンの映画たち2019見破録」第17回 1月初旬よりヒューマントラストシネマ渋谷で始まった“劇場発の映画祭”「未体験ゾーンの映画たち2019」では、ジャンル・国籍を問わない貴重な5 …

連載コラム

韓国映画『楽園の夜』ネタバレあらすじと感想評価。ラスト結末までオムテグが熱演する|Netflix映画おすすめ29

連載コラム「シネマダイバー推薦のNetflix映画おすすめ」第29回 第77回ヴェネツィア国際映画祭を魅了したパク・フンジョン監督の映画『楽園の夜』が2021年4月9日(金)からNetflixで配信さ …

連載コラム

映画『スパロークリーク』あらすじネタバレと感想。元ネタがレザボアドックスだけにB級ファンなら見逃すな!|未体験ゾーンの映画たち2020見破録4

連載コラム「未体験ゾーンの映画たち2020見破録」第4回 映画ファンにとって新年初の大イベント、劇場発の映画祭「未体験ゾーンの映画たち2020」が、今年も1月3日(金)よりヒューマントラストシネマ渋谷 …

連載コラム

映画『ロリータ』ネタバレあらすじと感想。キューブリックの描く異常性癖の先にある破滅|電影19XX年への旅2

連載コラム「電影19XX年への旅」第2回 歴代の巨匠監督たちが映画史に残した名作・傑作の作品を紹介する連載コラム「電影19XX年への旅」第2回は、『2001年宇宙の旅』や『時計じかけのオレンジ』のスタ …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学