Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

Entry 2020/08/26
Update

映画『荒野のコトブキ飛行隊 完全版』感想と考察評価。キャラが出す“最後の答え”に感動の総集編は空中戦が見どころ|SF恐怖映画という名の観覧車117

  • Writer :
  • 糸魚川悟

連載コラム「SF恐怖映画という名の観覧車」profile117

「女子高生」と「戦車」と言う真逆の印象を持つ2つの要素を組み合わせ、大ヒットとなったアニメシリーズ「ガールズ&パンツァー」。

今もなお最新作が公開され続ける「ガールズ&パンツァー」シリーズは、ミリタリー好きから高い評価を受けた「徹底的に拘り抜いた戦車の描写」がヒットのきっかけとも言われました。

今回はそんな「ガールズ&パンツァー」シリーズを手掛けた水島努監督が「レシプロ戦闘機」をメインとし製作したアニメ『荒野のコトブキ飛行隊 完全版』(2020)の魅力を紹介させていただきます。

【連載コラム】『SF恐怖映画という名の観覧車』記事一覧はこちら

スポンサーリンク

映画『荒野のコトブキ飛行隊 完全版』の作品情報


(C)「荒野のコトブキ飛行隊 完全版」製作委員会

【公開】
2020年(日本映画)

【監督】
水島努

【声のキャスト】
瀬戸麻沙美、山村響、鈴代紗弓、幸村恵理、仲谷明香、富田美憂、矢島晶子、藤原啓治、小西克幸

映画『荒野のコトブキ飛行隊 完全版』のあらすじ


(C)「荒野のコトブキ飛行隊 完全版」製作委員会

世界の底が抜けたことで海の水が全て落ち、見渡す限り荒野となってしまった世界「イジツ」。

ある日、空に突如現れた「穴」からやってきた異世界の人間「ユーハング」は、「イジツ」には無い飛行機の文明を残し「穴」へと帰っていきました。

月日は流れ、「穴」も「ユーハング」も過去の出来事となった「イジツ」で運び屋として活躍するレオナ(声:瀬戸麻沙美)は、親友のザラ(声:山村響)と共に凄腕パイロットを集めた傭兵集団「コトブキ飛行隊」を結成し…。

スポンサーリンク

新規カットを追加した総集編映画


(C)「荒野のコトブキ飛行隊 完全版」製作委員会

本作『荒野のコトブキ飛行隊 完全版』は2019年の1月から3月に放送されたアニメ「荒野のコトブキ飛行隊」を監督の水島努が約15分の新規カットを挿入した上で再編集した、いわゆる総集編映画です。

そのため本作は鑑賞前に予備知識を入れる必要がなく、連続アニメ版を未鑑賞と言う方にも安心して観ていただくことが出来る安心設計の作品となっています。

海の水が無くなり荒野になった世界「イジツ」を舞台に、「コトブキ飛行隊」の結成から「イジツ」の運命を賭けた決戦までを各キャラクターの魅力を損なうことなく描き切る本作。

その物語には魅力的な「SF」の要素と、「人はなぜ戦うのか」と言う根源的なメッセージが含まれていました。

大空を舞いながら見出す、戦うことの「意味」


(C)「荒野のコトブキ飛行隊 完全版」製作委員会

本作には水島努監督が作品のメインとして採用を望んだ1930年年代から1950年代の戦闘機が登場します。

それらの戦闘機の登場ありきで世界観や物語が製作された本作ですが、その設定は「SF」映画好きとしてとても心躍らされるものでした。

かつて空に現れた「穴」から戦闘機で飛来した「ユーハング」と呼ばれる異世界の人間たち。

その正体は作中で明らかになりますが、「穴」の正体や世界の水が消えた理由はしっかりと明らかにはなりません。

荒廃した「大地」を捨てるかの如く人々は「空」へと飛び立ち、友好的だった「ユーハング」の消失と共にイジツは「戦乱」へと向かうことになります。

「穴」がもたらした「恩恵」と「戦乱」の中、「コトブキ飛行隊」はなぜ戦うのか。

考察が捗り、そして彼女たちが見出した「答え」に感動すること間違いなしの作品です。

7.1chサラウンドとMX4Dで蘇る迫力の空戦


(C)「荒野のコトブキ飛行隊 完全版」製作委員会

本作の見どころは何と言っても大迫力の空戦にあります。

沢山の戦闘機が空を舞い、大量の銃弾が飛び交い、時に被弾して散っていく。

映画館では家庭で鑑賞する際には抵抗のあるレベルの大音量での上映が楽しめるだけでなく、一部劇場では7.1chサラウンドでの上映に加え、座席の動きで空戦を再現する「MX4D」での上映も行われます。

単なるアニメの総集編に留まらない究極の進化を遂げた『荒野のコトブキ飛行隊 完全版』は、鑑賞済みの人でも劇場で再鑑賞する価値があると自信を持ってオススメ出来ます。

とことん拘り抜かれた「レシプロ戦闘機」


(C)「荒野のコトブキ飛行隊 完全版」製作委員会

本作は主人公たちの乗る「一式戦闘機」を始め、登場する機体のほぼ全ては実在する機体がモチーフとなっています。

本作ではピストン駆動で動作するレシプロエンジンを搭載した「レシプロ戦闘機」と呼ばれる戦闘機の描写に驚くほどに力が入れられており、物語の序盤の搭乗シーンではエンジンの起動から離陸までにいくつかの手順を踏む様を長尺でみせるほどのこだわりぶり。

ミリタリー監修に水島努監督の代表作でもある「ガールズ&パンツァー」と同じ二宮茂幸を起用し、戦闘機の挙動チェックを日本人唯一の米連邦航空局のエアショーライセンス無制限クラスを保有するパイロット内海昌浩が率いる「ウイスキーパパ競技曲技飛行チーム」が担当しています。

本作は「レシプロ戦闘機」は物語のための「道具」ではなく、作品の軸でありメインなのだと言う監督の力強い意気込みが聴こえてくるような作品でした。

スポンサーリンク

まとめ


(C)「荒野のコトブキ飛行隊 完全版」製作委員会

とことんまで戦闘機と空戦描写にこだわられた最新アニメ映画『荒野のコトブキ飛行隊 完全版』は2020年9月11日(金)より全国劇場でロードショー。

全方位に動き回り、あらゆる方向に銃弾が飛び交う大迫力の空戦をぜひ劇場でご覧になってください。

また、7.1chサラウンドでの上映や「MX4D」での上映情報は劇場によって異なります。

本作の魅力を最大限に楽しめる「7.1chサラウンド&MX4D」上映を希望の方は上映情報をしっかりとご確認の上、劇場へ足を運んでください。

次回の「SF恐怖映画という名の観覧車」は…

いかがでしたか。

次回のprofile118では、映像配信サービス「Netflix」が世界に配信した最新メキシコ映画『闇に潜むもの』(2020)をネタバレあらすじを含めて魅力をご紹介させていただきます。

9月2日(水)の掲載をお楽しみに!

【連載コラム】『SF恐怖映画という名の観覧車』記事一覧はこちら

関連記事

連載コラム

『記憶屋』ネタバレありで映画と原作の違いを考察。ラストで犯人キャストが取った行動とは⁈|永遠の未完成これ完成である6

連載コラム「永遠の未完成これ完成である」第6回 映画と原作の違いを徹底解説していく、連載コラム「永遠の未完成これ完成である」。 今回、紹介する作品は、映画『記憶屋 あなたを忘れない』です。 織守きょう …

連載コラム

『女王陛下のお気に入り』キャスト。ジョー・アルウィン&ニコラス・ホルトのインタビュー【お気に入りの男たち】FILMINK-vol.1

FILMINK-vol.1 「Joe Alwyn and Nicholas Hoult: Favourite Men」 海外の映画情報をオーストラリアの映画サイト「FILMINK」が配信したコンテンツ …

連載コラム

『凪待ち』ロケ地リポ⑥。香取慎吾と白石和彌監督らが映画を通じて被災地に誓う“祈り”|凪待つ地をたずね6

連載コラム『凪待つ地をたずね』第6回 映画『凪待ち』の背景、そして白石和彌監督と香取慎吾が映画を通して描こうとしたものを探るため、本作のロケ地である宮城県の各地を巡り、その地に生きる人々を取材。 ロケ …

連載コラム

スパイダーマン3とヴェノムの考察と評価。解説は原作アメコミの比較まで|最強アメコミ番付評10

連載コラム「最強アメコミ番付評」第10回戦 こんにちは、野洲川亮です。 今回は11月2日に公開となる映画『ヴェノム』に先立ち、同キャラクターが登場した映画『スパイダーマン3』を考察していきます。 サム …

連載コラム

映画『フルメタルジャケット』感想考察と結末までのあらすじ。少女が銃を向けたラストにキューブリックが見つめた戦争の本質が見える|電影19XX年への旅3

連載コラム「電影19XX年への旅」第3回 歴代の巨匠監督たちが映画史に残した名作・傑作の作品を紹介する連載コラム「電影19XX年への旅」。 第3回は、『2001年宇宙の旅』や『時計じかけのオレンジ』の …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』2020年10月9日(金)よりTOHOシネマズシャンテほか全国公開
映画『朝が来る』2020年10月23日(金)より全国公開
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
国内ドラマ情報サイトDRAMAP