Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

サスペンス映画

映画『未来を乗り換えた男』ネタバレ感想と結末までのあらすじも【クリスティアン・ペッツォルト監督作品】

  • Writer :
  • 金田まこちゃ

ナチス政権が続き、人種迫害が続いている現代。

ドイツから逃亡した男が、別の人間になりすました事で起きる美しい悲劇をサスペンスタッチで描いた映画『未来を乗り換えた男』

ベルリン国際映画祭など、数々の映画祭で高い評価を受け、「今観るべき物語」とも言われる、本作をご紹介します。

スポンサーリンク

映画『未来を乗り換えた男』の作品情報


(C)2018 SCHRAMM FILM / NEON / ZDF / ARTE / ARTE France Cinéma

【公開】
2019年(ドイツ・フランス合作映画)

【監督・脚本】
クリスティアン・ペッツォルト

【原作】
アンナ・ゼーガース

【キャスト】
フランツ・ロゴフスキ、パウラ・ベーア、ゴーデハート・ギーズ、リリエン・バットマン、マリアム・ザリー、バルバラ・アウア、マティアス・ブラント、セバスティアン・フールク、エミリー・ドゥ・プレザック、アントワーヌ・オッペンハイム、ユストゥス・フォン・ドーナニー、アレックス・ブレンデミュール、トリスタン・ピュッター

【作品概要】
ドイツの作家アンナ・ゼーガースが、1944年に発表した小説「トランジット」の設定を、そのまま現代に置き換えたサスペンス。

監督は、『東ベルリンから来た女』『あの日のように抱きしめて』などで知られるクリスティアン・ペッツォルト。

主演に、2018年のベルリン映画祭で「シューティングスター賞」を受賞したフランツ・ロゴフスキー。

共演に、2017年のヴェネチア国際映画祭で「マルチェロ・マストロヤンニ賞(新人賞)」を受賞した女優パウラ・ベーア。

映画『未来を乗り換えた男』のあらすじとネタバレ


(C)2018 SCHRAMM FILM / NEON / ZDF / ARTE / ARTE France Cinéma
現代のフランス。

独裁体制となった祖国ドイツを逃れて来た青年ゲオルク。

ですが、滞在していたパリにも、ドイツ軍が進行しており、ドイツから逃亡してきた自身の立場がバレると、命すら危うい状況となっていました。

パリのカフェで、警察のサイレンを警戒していたゲオルク。

そこに、ゲオルクの同士が現れ、パリ市内のホテルに滞在している作家へ、手紙を渡してほしいと頼まれます。

指定されたホテルに手紙を渡しに行くと、滞在していた作家のヴァイデルは自殺しており、ゲオルクは遺品として、ヴァイデルのパスポートと原稿を受け取ります。

移民に対する取り調べが厳しくなっていくパリにゲオルクは危機感を覚え、パリ市内にいる知人を訪ねます。

知人は、大怪我をしている男、ハインツを連れて行く事を条件に、ゲオルクをパリから逃亡させます。

ハインツと共に、貨物列車に乗ったゲオルクは、預かったヴァイデルの原稿を読み、ヴァイデルの妻から差し出された手紙を読みます。

ヴァイデルの妻、マリーから差し出された手紙は2通あり、ヴァイデルに別れを告げる内容の物と、ヴァイデルを探しているという内容でした。

一見すると矛盾している2通の手紙に、ゲオルクは混乱します。

そして数日後、辿り着いたマルセイユで、ゲオルクは不法入国を取り締まる警察官の存在に気付きます。

ハインツを起こそうとしますが、すでにハインツは死んでいました。

ゲオルクはハインツの死体を置いたまま、貨物列車から逃げ出します。

マルセイユで、市内案内の看板を見ていたゲオルクは、女性に肩を叩かれますが、振り向いたゲオルクを見て、女性は不機嫌な様子でその場を立ち去ります。

ゲオルクは、亡くなったハインツの自宅を訪ね、妻のメリッサと息子のドリスに事実を伝えます。

ゲオルクは、そのままマルセイユに滞在する事を決めますが、宿泊先のホテルのオーナーが、移民であるゲオルクが滞在している事を、警察に伝える事は目に見えていました。

ゲオルクは、ヴァイデルの遺品を領事館に渡した後、マルセイユを出国する事を決めます。

次の日、領事館にヴァイデルの遺品を届けたゲオルクに、領事が直接会う事になりました。

ゲオルクの事をヴァイデルだと勘違いした領事は、預かっていたヴァイデルの身分証と小切手をゲオルクに渡します。

当初は、ヴァイデルではない事を説明しようとしていたゲオルクですが、身分証と小切手をそのまま受け取ってしまいます。

小切手を換金したゲオルクは、ドリスにサッカーボールをプレゼントし、その後も一緒に遊びます。

帰宅したメリッサとも、ゲオルクの故郷の歌を聞かせて、楽しい時間を過ごします。

その夜、ホテルの移民を連行する為、警察官が捜査に入ります。

慌てたゲオルクは、ヴァイデルの身分証を修正し、自分の身分証に捏造します。

警察はゲオルクを信用し、危機を乗り切りました。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『未来を乗り換えた男』ネタバレ・結末の記載がございます。『未来を乗り換えた男』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

次の日もドリスを訪ねて、一緒に遊ぶゲオルクは、途中でアメリカ領事館を訪れます。

ゲオルクは、ヴァイデルとしてメキシコへ渡り、アメリカへ逃げる事を計画していました。

領事はヴァイデルを探して、何度も領事館を訪ねてきた、彼の妻の名前を聞いたり、作家としての考え方などをゲオルクに質問し、探りを入れます。

ゲオルクは、電車の中で読んだマリーからの手紙などを思い出し、その場を切り抜けます。

ゲオルクが、待たせていたドリスの所に戻ると、ドリスは寂しそうに待っていました。

ドリスは、近日中にゲオルクがマルセイユを離れる事を知ると、無言のまま立ち去ってしまいます。

ゲオルクがレストランで食事をしていると、取り乱した様子のメリッサが入店して来ます。

メリッサの要件を聞いたゲオルクは、ドリスが病気になった事を知り、マルセイユに不法滞在している小児科医、リヒャルトを訪ねますが、そこで街中で偶然会った、誰かを探していた女性と再会します。

女性はリヒャルトを呼び、ゲオルクはリヒャルトと共に、ドリスの元へ向かいます。

ドリスは助かりましたが、ゲオルクとの面会を頑なに拒否します。

リヒャルトを送る帰り道、リヒャルトはゲオルクに「本当はメキシコに渡りたい」と告げます。

しかし、リヒャルトと一緒にいた女性は、マルセイユで夫を探しており、一度はリヒャルトとマルセイユを離れる事に同意しましたが、乗船後に、いきなり船を降りてしまいます。

リヒャルトも女性を追って船を降り、マルセイユに残っているのでした。

そこまで話すとリヒャルトは、ゲオルクをレストランに誘います。

レストランで、難民としての悩みをゲオルクに打ち明けるリヒャルト、そこへリヒャルトの部屋にいた女性が現れます。

ゲオルクは会話の内容から、女性はヴァイデルの妻、マリーであると勘付きます。

次の日、リヒャルトが不在の際にマリーを訪ねたゲオルクは、マリーから「夫と別れを決意し、別れの手紙を送った」と告白されます。

マリーはその後、リヒャルトと共に船を降りた後、やはり夫を探している内容の手紙を送ったとも語ります。

ゲオルクが電車内で見た、矛盾する内容の2つの手紙は、一度マルセイユに別れを告げる事を決心したマリーが、やはりヴァイデルを忘れられない事から綴った手紙でした。

そこへ、リヒャルトが帰宅します。

リヒャルトはマリーを連れて、山を徒歩で越えて、マルセイユから脱出する計画を立てますが、あまりにも無謀な為ゲオルクは反対し、代わりにゲオルクが乗船券を入手して、3人でメキシコへ渡る計画を提案します。

最初はリヒャルトが船でメキシコへ渡り、その後、ゲオルクがマリーとメキシコへ渡るという計画です。

ゲオルクは、ヴァイデルの身分証で乗船券を入手し、出国許可を取り付けます。

そして計画通りに、リヒャルトだけが最初に船でメキシコへ向かいました。

リヒャルトを乗せた船が出港した後、マリーは「自分はメキシコへ向かわない」と、ゲオルクへ告げます。

全ては、リヒャルトをメキシコへ逃がす為の嘘で、マリーはマルセイユで、夫のヴァイデルを探し続ける事を決めていました。

マリーの話にショックを受けるゲオルク、そこへ、メキシコへ渡ったはずのリヒャルトが戻って来ます。

リヒャルトの乗船した船は、軍人でいっぱいになっており、無理矢理降ろされたのでした。

メキシコへ渡れず、放心状態となったリヒャルト、変わらずマルセイユでヴァイデルを探し続けるマリー。

ゲオルクは、マリーに乗船を断られた事でメキシコ行きを迷い、レストランで時間を潰していました。

そこへ、旅行鞄を持ったマリーが現れ、やはりメキシコへ行くことをゲオルクに告げます。

2人は、タクシーに乗り込み、熱い接吻を交わしますが、マリーが話すのは、やはりヴァイデルの事だけでした。

ゲオルクは途中でタクシーを降り、自宅で無気力に寝ているリヒャルトを起こし、マリーと2人でメキシコへ行くように説得します。

次の日、マルセイユへのドイツ軍の進行は進み、街全体が危険な雰囲気に包まれ始めました。

レストランで、無気力に食事をするゲオルクは、マルセイユでヴァイデルを探し続けているマリーの姿を見ます。

不審に感じたゲオルクは乗船場に行き、乗客名簿を確認しますが、乗船所の職員に、マリーとリヒャルトの乗った船が機雷に接触し沈没した事を聞かされます。

取り乱したゲオルクは、ドリスとメリッサが住んでいた住居を訪ねますが、2人はいなくなっていました。

レストランで、放心状態で座っているゲオルクは、マリーの足音を聞き、笑顔で振り返ります。

スポンサーリンク

映画『未来を乗り換えた男』感想と評価


(C)2018 SCHRAMM FILM / NEON / ZDF / ARTE / ARTE France Cinéma

現実と幻想が交錯する「リアルなおとぎ話」

ドイツ軍による人種迫害が続いている現代という、架空の設定を舞台に、ドイツから亡命した主人公のゲオルクが別人になりすまし、一時的に滞在したマルセイユでの物語。

設定を見ると、現在の難民問題などに通じる所があり、重たい社会派ドラマを連想しそうですが、本作は「おとぎ話」となっています。

まず、作中では、ドイツ軍による人種迫害が続いているという事ですが、それは登場人物の会話から察するしかなく、何が起きていて、どうなっているのか?は、作中で具体的に語られる事はありません。

その為、時代設定も明確ではなく、ゲオルクがドイツから逃亡している理由も明かされません。

「おそらく、こうだろう」と観客が想像しながら、作品の輪郭を埋めていくしかないのです。

また、本作では現代を舞台にしながら、スマホやパソコンなどの現在機器は存在しません

これらは「映画とは夢のようなものであるべき」という、本作の監督であるクリスティアン・ペッツォルトの考えが反映されており、本作は時代も人物像もハッキリさせない事で「リアルなおとぎ話」という世界観を作り上げています。

何者でもなくなったゲオルクの心情

マルセイユに亡命した際のゲオルクは、知り合いもおらず、何も無い状態でした。

そこから、ドリス親子と会い、マリーに出会う事で、何も無かったマルセイユで自身の存在意義を見つけていきます

しかし、ゲオルクという人間の存在は、公表する事ができません。

マルセイユでは、フランス人作家のヴァイデルとして立ち回らなければならず、心を奪われたマリーにすら、本当の自分は見せられません。

ゲオルクが頼らざる得ないのは、皮肉的にもマリーの夫であるヴァイデルの身分です。

作中でマリーはゲオルクに「あなたは何者?」と問いますが、ゲオルクは何も答えません。

何者でもないゲオルクの、辛い心情を表現したシーンとなっています。

ゲオルクが経験したトランジット

本作は「リアルなおとぎ話」という印象が強いですが、世界的な難民問題も意識されており、クリスティアン・ペッツォルト監督は「この問題は、細心の注意が必要」と語っています。

ペッツォルト監督は、現代の難民問題を強く打ち出す事はしませんでしたが、本作の原作となった1944年に発表された小説「トランジット」の時代背景は取り入れています

例えば、マリーとリヒャルトが乗船し機雷に沈んだ船のエピソード。

これは、1944年当時、ヨーロッパを脱出する為に難民が乗り込んだ船は多くありましたが、多くの船が何処にも入港できず「幽霊船」となった時代背景があります。

また、船に乗船する為にマルセイユを訪れた難民たちが、行き場がなくなりマルセイユからも動けなくなるという事は実際にあったそうです。

ゲオルクはまさにそうで、マリーの死後も心を奪われた状態になり、バーに目的も無く入り浸るようになります。

本作の原題「トランジット」は一時的な滞在を意味します。

映画のラスト、マルセイユでのトランジットを経て、マリーの存在を感じたゲオルクの笑顔。

これまでの経緯の捉え方で、解釈が異なるラストシーンとなっています。

映画『未来を乗り換えた男』まとめ


(C)2018 SCHRAMM FILM / NEON / ZDF / ARTE / ARTE France Cinéma
本作では、物語を進行させる役割として、ナレーションが多用されています。

あえて第三者目線にする事で、ゲオルクを客観的に捉えながら進行するという手法で、ナレーションの主は、ゲオルクと一定の距離を置いている劇中に登場する誰かです。

しかし、ハッキリとは明かされません。

「おそらく、あの人でしょう」という検討はつくのですが「なぜその人なのか?」と考えると、ペッツォルト監督の作品に込めた意図が理解できるかもしれません。

本当に不思議な「おとぎ話」のような世界観の映画『未来を乗り換えた男』。

現実と幻想の入り乱れた、ゲオルクの不思議なトランジットを是非体験してみて下さい。

関連記事

サスペンス映画

映画『ミスミソウ』あらすじと感想レビュー。内藤瑛亮監督の代表作と自負⁈

人気漫画家の押切蓮介の代表作で、トラウマ必須と評された『ミスミソウ】が映画化。 押切作品初の映像化に挑んだのは、『先生を流産させる会』『パズル』『ライチ☆光クラブ』と大胆なテーマを描き続ける内藤瑛亮。 …

サスペンス映画

台湾映画『目撃者 闇の中の瞳』あらすじとキャスト【チェン・ウェイハオ監督】

台湾映画『目撃者 闇の中の瞳』は、2018年1月13日(土)より新宿シネマカリテほか、全国順次公開されます。 10月1日に発表された台湾版アカデミー賞の「第54回金馬奨」の演技賞に、カイザー・チュアン …

サスペンス映画

映画『検察側の罪人』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も

映画『検察側の罪人』は、2018年8月24日より公開! 雫井脩介の同題ベストセラーを『関ケ原』『日本のいちばん長い日』など、スケールの大きな作品が続く原田眞人監督が映画化。 正義を巡ってやがてぶつかり …

サスペンス映画

映画『十二人の死にたい子どもたち』5番シンジロウ役は新田真剣佑。演技力とプロフィール紹介

『天地明察』で知られるベストセラー作家の冲方丁(うぶかた・とう)の小説を原作とした映画『十二人の死にたい子どもたち』が2019年1月25日に公開されます。 メガホンをとるのは、『イニシエーション・ラブ …

サスペンス映画

映画ソウsaw3|動画フルを無料視聴!字幕も吹き替え版も見られる

映画『ソウ3』のフル動画を無料視聴する方法を分かりやすくご紹介していきます! ↓今すぐ『ソウ3』の動画を無料で見たい方はこちらをクリック↓ なお、当記事でご紹介している映画『ソウ3』の動画配信状況は2 …

【Cinemarche独占】アミール・ナデリ監督インタビュー|映画『山〈モンテ〉』に込めた黒澤明監督への思いとは
【Cinemarche独占】『洗骨(せんこつ)』公開記念・水崎綾女インタビュー|映画『洗骨』のキャストとしての思いを語る。自身の経験と向き合い深めた演技と死生観
【Cinemarche独占】『LOVEHOTELに於ける情事とPLANの涯て』公開記念・三上博史インタビュー|役者魂と自身の人生観を語る。
【Cinemarche独占】映画『ウスケボーイズ』公開記念・橋爪功インタビュー|役作りと2018年の今を語る
【Cinemarche独占】映画『薄墨桜 -GARO-』公開記念・朴璐美インタビュー|役作りと2018年の今を語る
映画『斬、』塚本晋也監督インタビュー|時代劇で現代を描いた真意とは
映画『MAKI』サンドバーグ直美インタビュー|映画『MAKI マキ』女性の美しさを表現する思いを語る
日本映画大学
ニューシネマワークショップ
FILMINK
国内ドラマ情報サイトDRAMAP