Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

サスペンス映画

【ナイル殺人事件ドラマ版】ネタバレどんでん返しと犯人の真相正体。映画公開前に名探偵ポワロ『ナイルに死す』でトリックを解き明かす

  • Writer :
  • 石井夏子

ドラマシリーズ「名探偵ポワロ」
第9シーズン52話『ナイルに死す』

近日公開予定の、ケネス・ブラナー監督・主演映画『ナイル殺人事件』。

『ナイル殺人事件』は、アガサ・クリスティが1937年に執筆した『ナイルに死す』が原作です。

(C) Agatha Christie Ltd (a Chorion Company) 2003

名探偵のエルキュール・ポワロの活躍を描いたアガサ・クリスティの人気シリーズは、いままでもたくさん映像化されてきました。

今回は、原作のポワロに近いと評価の高い、デヴィッド・スーシェが主演を務めたドラマシリーズ「名探偵ポワロ」第9シーズン52話『ナイルに死す』をご紹介します。

スーシェの完璧な役作りはさることながら、被害者であり悪役ポジションでもある富豪のリネット役を、ブレイク前のエミリー・ブラントが演じているのも見どころです。

スポンサーリンク

ドラマ『ナイルに死す』の作品情報

【製作】
2003年(イギリスドラマ)

【原作】
アガサ・クリスティ『ナイルに死す』

【監督】
アンディ・ウィルスン

【キャスト】
デヴィッド・スーシェ、エマ・グリフィス・マリン、JJ・フィールド、エミリー・ブラント

ドラマ『ナイルに死す』のあらすじとネタバレ

ジャクリーンとサイモンは結婚を誓い合った仲。ですが、サイモンは職を失い、将来に不安を覚えます。

彼らが頼ったのは、ジャクリーンの友人で大富豪のリネット。サイモンを彼女の屋敷で雇ってくれないかお願いします。

富と名声、そして美貌も兼ね備えたリネットは、なんでも欲しいものを手に入れてきました。サイモンにひと目で惹かれた彼女は、ジャクリーンから奪い取り、結婚します。

3ヶ月後、エジプト。豪華なホテルには様々な宿泊客がおり、ダンスパーティーを楽しんでいました。

作家のサロメ・オッタボーン婦人と、その娘ロザリー。過保護なミセス・アラートンと、マザコン気味な息子ティム。

老貴婦人ヴァン・シュワイラーと、お世話係として同行する姪のコーネリア。リネットの財産管理人のペニントンや、医師のベスナー、進歩主義者の若者ファーガスンたちが、それぞれの思惑を抱きながら過ごしています。

そして、探偵エルキュール・ポワロが、休暇を取ってひとりのプライベートな時間を楽しもうとしていました。

そこへ、新婚旅行中のリネットとサイモンが登場。リネットの略奪劇は社交界の噂の的でした。

周囲の目など気にせずに仲睦まじくしているふたりの前に、ジャクリーンが現れ、笑顔で声をかけ、去っていきます。

どうやらジャクリーンは、ふたりの後をつけているらしく、行く先々に現れていました。

ホテルの外で一服していたポワロの元にリネットが近づき、ジャクリーンのことを相談します。なんでもお礼をするから、もう姿を現さないよう説得してほしいと。

ですが、ポワロは休暇中のため、彼女の頼みを断ります。リネットは、「殺すと脅された」と言い、去って行きました。

残されたポワロの目線の先には、ジャクリーンの姿。ポワロは彼女に声をかけました。

取り出したハンカチから、小型の銃を落とすジャクリーン。

愛する婚約者と親友に裏切られた彼女は、幸せの絶頂にいる彼らの目の前に現れ、恐怖に怯えさせることこそ生きがいなのだと語ります。

ポワロは、嫉妬に囚われた苦しい生き方より、未来に目を向けるよう説得しますが、彼女は聞き入れません。

父に教わり、射撃の腕には自信があるという彼女は、「この銃を頭に突きつけて引き金をひく」と決意していました。

何者かの気配がして、怯えるジャクリーンでしたが、ポワロが確認しても誰もいませんでした。

翌々日の朝。ナイル川ツアーのクルーズ船が出港。ポワロをはじめ、ホテルにいた客も船に乗り込んでいます。

リネット夫妻はジャクリーンに気取られないように船に乗り込みましたが、ジャクリーンは先回りをしており、彼らを待ち構えていました。リネットはポワロを責め立てます。

その夜、デッキにたたずむジャクリーンに、ポワロは「愛が全てでは無い」と、再び説得を試みます。ですが、彼女にとっては、愛が全てでした。

ポワロにはそれ以上掛ける言葉が見つかりません。

数日後、船はデンデラに停泊。一行はハトホル神殿の見学に向かいますが、リネットめがけ、女神ハトホルの彫像が崩れ落ちてきました。

直前に避け、難を逃れたリネットを、ジャクリーンが笑いながら見つめています。

遺跡の途中で、彼らの一行に、ポワロの友人である英国特務機関員のレイス大佐が加わりました。

船内に戻った彼らは、それぞれ夜の時間を過ごしています。船内のバーラウンジで、リネット、サイモン、ペニントン、レイス大佐の4人はカードゲームを楽しんでいます。

バーを先に出て部屋に戻ろうとしたポワロと入れ違いでジャクリーンが現れます。

コーネリアを話し相手に、ジャクリーンはリネットへの悪意を彼女に聞こえるように話し始め、リネットは気分を害して中座。

ペニントンとレイス大佐も後を追うようにバーを出て行きました。残されたのは、サイモン、ジャクリーン、コーネリア、、ファーガスン。

見つめ合うサイモンとジャクリーン。ジャクリーンは銃を取り出し、サイモンの足に発砲。

サイモンは負傷し、ジャクリーンはショックで銃を取り落としてしまいます。

サイモンの指示で、コーネリアがジャクリーンを部屋へ連れて行き、ファーガスンはベスナー医師を呼びに、バーを出て行きました。

約5分後、ファーガスンがベスナー医師を連れてバーに戻り、ふたりでサイモンをベスナー医師の部屋へ運びます。サイモンは大怪我を負っていましたが、ベスナー医師の処置で一命を取り止めました。

自分の愚かさを悔やみ、ジャクリーンを心配するサイモン。ボーイに見つからないよう、内々にこの件を処理したいと考えます。

ジャクリーンが落とした銃の回収をファーガスンに頼みますが、銃はバーから無くなっていました。

明くる朝。身なりを整えているポワロの元に、レイス大佐が訪れます。リネットが頭を撃たれて亡くなったと言うんです。

ベスナー医師によると、夜中の12時から2時ごろに、頭のすぐ近くを撃たれたとのこと。枕元には、「J」というダイイングメッセージが。

ジャクリーンの頭文字は「J」ですが、ジャクリーンの部屋には一晩中コーネリアがついており、アリバイがありました。

レイス大佐とポワロは、乗客たちから話を聞くこと。

まずはコーネリアとファーガスンが昨夜のバーでの事件を話します。次にジャクリーン、さらにはベスナー医師の部屋でサイモンから、昨晩のことを聞き出すポワロ。

リネットを恨む人物はいなかったかと尋ねるポワロに、「名前は教えてくれなかったが、彼女の父が株で大損させた人物の子どもが乗っていると話してた」と答えるサイモン。

その後、リネットの遺体の第一発見者であるメイドのルイーズが、ベスナー医師の部屋に呼ばれました。

ショックで動転し、そして自分の今後に不安を抱くルイーズに、サイモンは「お前の面倒は僕が見る」と安心させます。

ルイーズの話では、リネットは高価な真珠のネックレスを持っていたとのこと。ですが、昨晩外してテーブルに置いたはずの真珠は消えていました。

その後も乗客への取り調べは続きます。みな話すのは、「1時10分頃に水音がした」ということ。ヴァン・シュワイラーの証言によると、ロザリーが何かを川に投げ入れていた音だそう。

川底を探すと、ヴァン・シュワイラーの穴が空いたストールと、2発発砲されたジャクリーンの銃が見つかりました。犯人はストールで銃声を消したようです。

呼び出されたロザリーは犯行を否定。ロザリーの母、サロメ・オッタボーン婦人はアルコール依存症で、ロザリーは母を守るために、母が眠ったあと、酒瓶を川へ投げ捨てたんです。

ロザリーは他の誰の姿も見ていないと言いました。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『ナイルに死す』ネタバレ・結末の記載がございます。『ナイルに死す』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

乗客たちが食事のためにレストランに集まると、リネットの亡くなった真珠を探すために各客室を捜査するとレイス大佐に言い渡されます。

捜査中のポワロの元に、コーネリアがやってきて、真珠の首飾りを差し出しました。彼女の叔母ヴァン・シュワイラーには盗癖があり、彼女はお目付役として同行していたんです。

しかしその真珠は模造品だったため、ポワロとレイス大差は捜査を再開。

彼らは客室で怪しい手がかりをいくつも見つけます。

リネットの部屋では、桃色のマニキュアが大量に減っていました。ファーガスンの部屋には、何やら紋章の掘られた指輪が。

ティムの部屋には大きなロザリオと、接着剤。ペニントンの部屋には、ポワロに語っていたのとは違う船で送られた手荷物と、小型の銃が発見されます。

船員の話では、ロザリーのバッグからも銃が見つかったそう。

残るはメイドのルイーズの部屋のみ。ポワロが部屋を訪れると、ルイーズはクローゼットの中で心臓を刺されて亡くなっていました。

彼女の手には、1000フラン札の切れ端が。ポワロは、生前の彼女の証言から、犯人を目撃してしまったために、口封じのために殺されたんではと推測します。

ポワロはルイーズの部屋に向かいます。ルイーズとジャクリーンが、口紅の見せ合いをして談笑していました。

ポワロはルイーズに、バッグの中の銃のことを問いただしますが、バッグに銃は入っておらず、ルイーズはきっぱり否定します。

ようやく謎がつながったと、ポワロはレイス大佐に話し、ふたりはサイモンに話を聞きに行きます。

そこへサロメ・オッタボーン婦人が駆け込み、犯人を知っていると言い、証言をしようとしますが、デッキにいた何者かに撃たれて死亡。

ポワロは慌ててデッキに出ますが、犯人は見当たらず、客室から顔を覗かせた乗客がいるだけ。足元にはペニントンの銃が転がっており、彼はその場にはいませんでした。

ペニントンは最上階デッキでゴルフの練習中。ポワロは彼を問い詰めますが、ペニントンは管理物件を不正に手をつけていたものの、殺害はしていないと言います。

ハトホル神殿での彫像落下も、彼によるものでしたが、ゴルフのクラブにつまづいただけで殺意はなかったと、怒りながら去って行きました。

ファーガソンとコーネリアが議論している場に出くわすポワロ。ファーガスンいわく、コーネリアの父は、リネットの父のせいで破産したそう。

それでもコーネリアはリネットに恨みは抱いておらず、彼女の死を悼んでいます。

コーネリアに惹かれたファーガスンは彼女に求婚し、叔母のヴァン・シュワイラーに許しを貰おうとしますが、コーネリアは拒否し、ヴァン・シュワイラーも身分の低い共産主義者とは結婚させられないと言い放ちました。

しかし、ポワロに、ファーガスンは身分を隠しているが爵位を持っていると聞いたヴァン・シュワイラーは、目の色を変えてファーガスンを追いかけます。

ポワロは次に、ティム・アラートンの元へ。リネットの真珠をすり替えたのはティムでした。

彼は知人の女性と手を組んで、宝石を模造品にすり替え、それを売り捌くという犯罪の片棒を担いでいました。

リネットが殺害された夜、彼女の部屋に忍び込み、真珠を盗んでいたんです。彼の大きなロザリオの中には、本物の真珠が隠されていました。

ポワロは警察に突き出さないかわりに、見たことを話すよう、取引を持ちかけます。

ティムの証言で、全てのパーツは揃いました。

ポワロはベスナー医師の部屋に、事件関係者を集めます。ベスナー医師、レイス大佐、コーネリア、そしてベッドの上のサイモンの前で、事件の全貌を解き明かすポワロ。

リネットの殺害は計画的に行われたものでした。

ポワロは、サイモンこそが犯人だと言います。実はサイモンはジャクリーンに撃たれてはおらず、ジャクリーンのマニキュア瓶に入れていた赤いインクで血に見せかけ、皆をバーラウンジから出るよう指示。

皆がいなくなった後、彼はジャクリーンの部屋に行き、彼女を殺害し、バーに戻ってきました。

そして、ジャクリーンが落とした銃で自らの足を撃ち抜き、銃を川へ投げ捨てた後、ベスナー医師が来るのを待っていたんです。

つまり、この一連の殺人事件は、ジャクリーンとの共謀でした。実はまだ愛し合っていたジャクリーンとサイモン。

リネットに近づいたのは、お金のなかったサイモンが財産を手に入れるため。全てジャクリーンが計画したものでした。

お互いがアリバイを作り、リネットの殺害に成功したふたりでしたが、それをメイドのルイーズに目撃され、歯車が狂って行きます。

ルイーズに口止め料を渡した後、ジャクリーンが刺殺。それを見ていたサロメ・オッタボーン婦人も、ジャクリーンが銃殺しました。

サイモンは泣きながら罪を認めます。

ポワロはジャクリーンの部屋で、彼女と話をします。サイモンへの愛と、犯行について、彼女は穏やかに語りました。

船は港に着き、下船する乗客たちにポワロは声をかけます。

ベスナー医師とコーネリアは結婚することになったそうです。

担架で運ばれるサイモンと、彼の後を歩くジャクリーン。犯行の失敗を謝るサイモンに、ジャクリーンは別れのキスをします。

そして隠し持っていた銃で、サイモンと自らを撃ち、命を落としました。

ポワロは、そんなふたりをただ見つめることしかできませんでした。

スポンサーリンク

ドラマ『ナイルに死す』の感想と評価

(C) Agatha Christie Ltd (a Chorion Company) 2003

アガサ・クリスティー原作の人気ドラマシリーズ「名探偵ポワロ」。主演は、原作に最も忠実にポワロと世界中で絶賛されるデビッド・スーシェが務めました。

1989年から2013年まで、24年にわたってポワロを演じてきたスーシェは、ポワロの役作りのために「ポワロ・ファイル」を持ち歩いて研究していたそう。

小柄な体つき、卵形の顔に口髭という特徴的な外見だけではなく、偏屈ともいえる潔癖さを、とてもチャーミングに演じています。ちょこちょこと小股で歩く仕草や、ものを摘み上げる仕草ひとつひとつに、彼のポワロへの真摯なアプローチを感じます。

本物の悪意には容赦しない彼ですが、たとえ犯罪者であっても真っ直ぐ向き合って対話をしていくポワロの冷静な人情味が、本シリーズを無二の探偵ものに仕立て上げました。

ポワロの面白さは、犯罪や殺人を暴くものの、裁きはしない点が挙げられます。本作でも、計画の完璧さを称えたり、大きな犯罪を明かすために他の悪事を見逃したり。

ティムの悪事を暴く場面では、ティムの詰めの甘さもあって、とてもコミカルに描かれています。

また、リネット役を、ブレイク前のエミリー・ブラントが演じているのも見どころのひとつ。キラキラ輝く美しさと、我の強さを感じさせる瞳で、被害者ながら悪女のリネットを堂々と演じきっています。

まとめ

参考動画:ケネス・ブラナー監督作『ナイル殺人事件』(2020)

アガサ・クリスティの作品は、個性的な女性が多く登場する点にもワクワクさせられます。

本作ですと、サロメ・オッタボーン婦人とロザリーの、依存ともいえる歪んだ親子関係に共感する方も多いんではないでしょうか。

また、コーネリアが開放されていく様子には同調し、ジャクリーンの決意には、それしか選べなかった彼女の愚かな愛情に胸が締め付けられます。

同じくアガサ・クリスティの『ナイルに死す』を原作とした、ケネス・ブラナー監督作『ナイル殺人事件』は、公開日の延期が重なり、2020年11月現在、全米公開が無期限延期となってしまいました。

『オリエント急行殺人事件』(2017)から続くケネス・ブラナー版ポワロは、可愛らしさの中に偏屈さを忍ばせたスーシェとは異なり、生真面目さから滲み出るユーモアが特徴

『オリエント急行殺人事件』にて女性キャラクターを魅力的に捉えていたブラナーが、『ナイル殺人事件』でもその手腕を存分に発揮してくれると期待しています。










関連記事

サスペンス映画

プリズンエクスペリメントは実話?ネタバレ感想と考察!ラスト結末も

2017年7月19日(水)より新宿シネマカリテにて上映中の人格破壊映画と呼ばれる『プリズン・エクスペリメント』。 サンダンス映画祭3部門受賞ほか、各国の映画祭でも絶賛された作品で、『es[エス]』『エ …

サスペンス映画

映画『銃2020』感想レビューと内容考察。キャストの魅力と続編への時間系列から見えたもの

2018年に武正晴監督が中村文則のデビュー作を映画化した『銃』のアナザーストーリーとなる第2弾『銃2020』 芥川賞作家・中村文則のデビュー作『銃』を村上虹郎を主演に迎え2018年に公開された『銃』。 …

サスペンス映画

映画『アウト&アウト』あらすじネタバレと感想。遠藤憲一演じる政男が結末に出す答えとは

小学生の少女と、探偵事務所を営む元ヤクザの男が、殺人事件に巻き込まれていく、犯罪エンターテインメント映画『アウト&アウト』 映画『藁の楯』の原作者としても知られる、きうちかずひろ監督が18年ぶりにメガ …

サスペンス映画

映画『ラプラスの魔女 』原作あらすじ。事件ネタバレと真相の結末を調査

ミステリー映画『ラプラスの魔女』は、5月4日(金・祝)より公開。 東野圭吾の同題ベストセラー小説を三池崇史監督が映画化。魔王と魔女の領域の予知・予測能力を持つ2人に福士蒼汰と広瀬すず。 事件を追う刑事 …

サスペンス映画

三度目の殺人タイトルの意味考察と事件の真相を解説!広瀬すずは犯人?

“本当は、なんで殺したと思ってるんですか?本当のことに興味はないのかな、あなたはー。” 円熟期に達した是枝裕和監督、ついにホームドラマの枠を脱ぎ捨て、人間の罪の“真実”に挑み描いた作品、それが『三度目 …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』2020年10月9日(金)よりTOHOシネマズシャンテほか全国公開
映画『朝が来る』2020年10月23日(金)より全国公開
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
国内ドラマ情報サイトDRAMAP