Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2020/11/16
Update

映画『トルーマン・カポーティ 真実のテープ』イーブス・バーノー監督インタビュー!「天才作家もひとりの人間だった」

  • Writer :
  • 石井夏子

映画『トルーマン・カポーティ 真実のテープ』は2020年11月6日より公開。

『ティファニーで朝食を』(1958)、『冷血』(1966)など多くの傑作小説を残した20世紀アメリカ文学界を代表する作家トルーマン・カポーティ。

流行作家であり、戦後アメリカを代表するセレブリティのアイコン的存在でもあった“恐るべき子ども”の栄光から転落までを、彼の知人や関係者たちの証言をもとに追い、その素顔に迫る文芸ドキュメンタリー映画『トルーマン・カポーティ 真実のテープ』が、全世界公開に先駆けて、2020年11月6日より上映中です。

本作を手掛けたのは、オバマ政権に仕えた異色の経歴を持つイーブス・バーノー監督。貴重な取材テープを基に、新しく撮影された映像によって、「ひとりの人間」として天才作家の素顔が浮かびあがります。

カポーティの魅力を語ったバーノー監督の特別インタビューを、Cinemarcheが独占公開致します。

スポンサーリンク

評伝の取材テープが製作の基となった

(C) 2019, Hatch House Media Ltd. 

今回、待望の世界最速公開を迎え、現在大ヒット上映中の『トルーマン・カポーティ 真実のテープ』を手がけたイーブス・バーノー監督の特別インタビューが到着しました。

バーノー監督は、オバマ政権時代のホワイトハウスにソーシャルセクレタリーとして携わった後、ドキュメンタリー映画の監督になった異例のキャリアの持ち主。

以前からカポーティに関する映画製作を考えていたというバーノー監督は、ジャーナリストのジョージ・プリンプトンが評伝『トルーマン・カポーティ』(新潮社)執筆にあたって取材を行った女優ローレン・バコールらの貴重な取材テープ、天才作家と時代を共にした人々や、養女ケイト・ハリントンらの貴重な映像インタビューをもとに、カポーティの知られざる姿に迫る本格文芸ドキュメンタリーを完成させました。

本作の基になっているのはプリンプトンの取材テープ

「初めて聴かせてもらったときはまさに夢心地になって、内容の素晴らしさに驚かされ、結果的に自分の映画に必要な、トルーマン・カポーティという人物像を深く掘り下げることができた」と、初めて耳にしたときの驚きを伝えました。

「テープの中のローレン・バコールやノーマン・メイラーなど時代を代表する人たちの生の声を聞けたのは、素晴らしい贈り物をもらったような気になった。カポーティが生きていたのは、アメリカの歴史のなかで特別な時期だったかもしれないが、いまの時代にも響くレガシーが見つかる」と、天才作家の生きた軌跡は今を生きる我々に多くの発見をもたらすと語ります。

カポーティの知られざる真実とは

カポーティの様々な知られざる真実に触れたバーノー監督が特に衝撃を受けたのは養女ケイト・ハリントンの存在でした。

元恋人だった男性の娘を引き取り、実の娘のように大切に育て上げたカポーティ

「テレビ出演時の映像などで見る限り、華やかな生活を送り、ウィットに富む反面、他人に厳しいぐらいにしか印象を受けない。ところが、彼はそれだけの人物ではなかった」とその驚きを振り返ります。

「成人した彼女がカポーティのことを親のように慕い、いまの自分があるのは彼のおかげと感謝し、我が子にトルーマンと名づけるのを聞くにつけ、カポーティから溢れるばかりの愛情を授かっていたのがわかる。そうしたカポーティの側面は特筆すべきものであるし、一部で冷たい性格の人間と思われた、彼への認識も変わるのではないだろうか」と、カポーティに対するイメージが一新されるのではないかと指摘していました。

スポンサーリンク

人間カポーティの魅力

(C) 2019, Hatch House Media Ltd. 

ベストセラー作家として栄光を極めたカポーティは、晩年には酒とドラッグに溺れて転落していきます。

監督は、「カポーティの実像は、限られた周囲の人たちしか知らなかった。だが彼もわれわれと同様、ひとりの人間だった。欠点もあったし、悲嘆に暮れ、孤独でもあったが、人生を謳歌し、愛すべき存在だった。この映画では、ぜひそうした部分を感じ取っていただきたい。有名な作家やアルコール依存症と彼を限定せずに、いろいろな側面を持ち合わせた人間だったことを、ここに登場する人たちの言葉から知ってもらいたい」と語りました。

マスコミを騒がせたスキャンダラスな面だけではなく、人間カポーティの魅力を、本作を通して再発見してください。

イーブス・バーノー監督のプロフィール


(C) 2019, Hatch House Media Ltd. 

1980年3月14日生まれ。アメリカの名門私立ノースウェスタン大学で演劇を学ぶ。

ドキュメンタリー映画の制作を手掛ける以前は、バラク・オバマ元アメリカ大統領と元ファーストレディ、ミシェル・オバマの就任期間にホワイトハウスのソーシャルセクレタリーとして携わり、2008年のアメリカ大統領選挙キャンペーンではミシェル・オバマのアドバイザーを務めた。

アクターズ・ファンド、イリノイ州シカゴに拠点を置く劇団ステッペンウルフ・シアター、そして、ロバート・レッドフォードが設立した非営利団体サンダンス・インスティテュートの役員も務めている。

2019年に、初監督作となる本作『トルーマン・カポーティ 真実のテープ』が、第44回トロント国際映画祭で上映された。

スポンサーリンク

映画『トルーマン・カポーティ 真実のテープ』の作品情報

(C) 2019, Hatch House Media Ltd. 

【日本公開】
2020年(アメリカ・イギリス合作映画)

【原題】
The Capote Tapes

【監督・製作】
イーブス・バーノー

【キャスト】
トルーマン・カポーティ、ケイト・ハリントン、ノーマン・メイラー、ジェイ・マキナニー、アンドレ・レオン・タリー

【字幕】
大西公子

【字幕監修】
川本三郎

まとめ

(C) 2019, Hatch House Media Ltd. 

元ホワイトハウス所属のイーブス・バーノー監督が“真実のテープ”との出会いを振り返ったインタビューをご紹介しました。

トルーマン・カポーティ死後36年を経て、未完の問題作『叶えられた祈り』執筆の裏側が今明かされます。

トルーマン・カポーティの素顔に迫る珠玉のドキュメンタリー『トルーマン・カポーティ 真実のテープ』は、Bunkamuraル・シネマにて、2020年11月6日より絶賛公開中です。
    

関連記事

新作映画ニュース

【ルーキー映画祭】新旧監督デビュー特集のイベント情報。京都みなみ会館リニューアル記念として9月6日より開催!

グッチーズ・フリースクール×京都みなみ会館による、日本未公開・新旧監督デビュー特集! 8月23日(金) にリニューアルオープンする京都みなみ会館にて、映画上映・配給団体グッチーズ・フリースクール(以下 …

新作映画ニュース

映画『アンナ・カリーナ 君はおぼえているかい』公開日/上映館。デニス・ベリー監督が女優へのラブレターを綴る

追悼そして生誕80周年記念、2020年限りの特別公開決定! アンナ・カリーナ80歳、ジャン=リュック・ゴダール90歳を祝福すべき2020年を目前にして、2019年12月14日アンナ・カリーナはパリで逝 …

新作映画ニュース

時代を動かした感動の実話を映画化!『ビリーブ 未来への大逆転』強い信頼関係が現れる劇中ショット解禁

『博士と彼女のセオリー』のフェリシティ・ジョーンズ主演 映画『ビリーブ 未来への大逆転』は、3月22日(金)よりTOHOシネマズ 日比谷ほかで全国ロードショー! 男女差別が色濃く残る1970年代のアメ …

新作映画ニュース

映画『楽園』キャストの久子役は女優の片岡礼子【演技力の評価とプロフィール】

映画『楽園』が2019年10月18日より全国で公開。 『悪人』『怒り』など映像化が続くベストセラー作家・吉田修一。 その最高傑作と評される『犯罪小説集』が、『64-ロクヨン-』を大ヒットさせた名匠・瀬 …

新作映画ニュース

『マリアビートル』ネタバレ感想と結末までのあらすじ。映画ブレットトレインのキャストは登場人物の誰を演じるか解説

ハリウッドで実写化されると話題の、伊坂幸太郎による小説『マリアビートル』。 『マリアビートル』書影 2010年に角川書店から出版された小説『マリアビートル』は、東京から盛岡へと向かう東北新幹線を舞台に …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』2020年10月9日(金)よりTOHOシネマズシャンテほか全国公開
映画『朝が来る』2020年10月23日(金)より全国公開
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
国内ドラマ情報サイトDRAMAP