Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

映画『空白』キャスト伊藤蒼は花音役!演技力の評価とプロフィール

  • Writer :
  • 谷川裕美子

映画『空白』は2021年9月23日よりロードショー

『ヒメアノ~ル』の吉田恵輔監督による、主演・古田新太、共演・松坂桃李の映画『空白』が、2021年9月23日(木・祝)より公開されます。

『ヒメアノ~ル』の吉田恵輔監督によるオリジナル脚本作品『空白』。

第43回日本アカデミー賞三冠を獲得した『新聞記者』(2019)、現実の祖父母殺人事件にインスパイアされた『MOTHER マザー』(2020)、その他、『ヤクザと家族』(2020)など、意欲的・挑戦的なテーマの作品を次々と生み出しているスターサンズ・河村光庸プロデューサーが企画。

『ヒメアノ〜ル』(2016)、『愛しのアイリーン』(2018)、『BLUE/ブルー』(2021)など衝撃とともにその才能を見せつけた吉田恵輔と、河村光庸プロデューサーがタッグを組み、現代の「罪」と「偽り」、そして「赦し」を映し出すヒューマンサスペンスです。

中学生が万引き未遂を店長に見つかり、逃げた際に車に轢かれて死亡したことから、彼女の父親が、店長を激しく追及するうちに恐るべきモンスターと化していく様を描きます。

悪夢のような父親・添田充に、劇団☆新感線の看板役者で、世界にただ一つの存在感を打ち立てた古田新太。7年ぶりの主演作に挑みます。

土下座しても泣いても決して許されず、人生を握りつぶされていくスーパーの店長・青柳直人に、『新聞記者』でアカデミー賞最優秀主演男優賞に輝いた松坂桃李。

本作が初共演となる古田新太と松坂桃李の息もつかせない圧巻の競演が襲いかかってきます。

共演には田畑智子、藤原季節、趣里、伊藤蒼、片岡礼子、寺島しのぶら豪華キャストが顔を揃えます。

この記事では花音役の伊東蒼(あおい)について詳しくお伝えしていきます。

スポンサーリンク

映画『空白』の作品情報


(C)2021「空白」製作委員会

【日本公開】
2021年(日本映画)

【監督・脚本】
吉田恵輔
※吉田監督のよしは土となります。

【企画・製作・エグゼクティブプロデューサー】
河村光庸

【音楽】
瀬武裕子

【キャスト】
古田新太、松坂桃李、田畑智子、 藤原季節、趣里、伊東蒼、片岡礼子、寺島しのぶ

【作品情報】

第43回日本アカデミー賞三冠を獲得した『新聞記者』などを生み出してきたスターサンズ・河村光庸プロデューサーが企画し、『ヒメアノ~ル』の吉田恵輔監督がオリジナル脚本を書きおろした映画『空白』

中学生の少女の万引き未遂事件と逃走中の不幸な死によって、追いかけた店長は少女の父親の恫喝により人生を脅かされていきます。

沈鬱なテーマをシニカルにブラックユーモアを交えて描く秀作です。

悪夢のような父親・添田充に扮するのは、7年ぶりの主演となる劇団☆新感線の看板役者の古田新太。

人生を握りつぶされるスーパーの店長・青柳直人を、『新聞記者』でアカデミー賞最優秀主演男優賞に輝いた松坂桃李が演じます。

田畑智子、藤原季節、趣里、伊藤蒼、片岡礼子、寺島しのぶら豪華俳優陣が共演。

映画『空白』のあらすじ


(C)2021「空白」製作委員会

スーパーの化粧品売り場で、万引き現場を店長の青柳に見られ逃走した女子中学生の添田花音。

彼女は、追いかけられて国道に出た瞬間、乗用車とトラックに轢かれて死亡してしまいます。

娘に無関心だった花音の父親・添田充はせめて娘の無実を証明しようと、事故に関わった人々をモンスターのように追い詰めていきます。

父親の執拗な追求にも増して、加熱するワイドショー報道。さらに、店長の青柳と女性ドライバーは、混乱の極みと自己否定に追い込まれます。

何が真実で何が正義なのか。

人々の疑念は膨らみ続け、事態は思いもよらない結末へと展開していき…。

スポンサーリンク

映画『空白』花音役は伊東蒼(あおい)

参考映像:『湯を沸かすほどの熱い愛』(2016)

映画『空白』で花音役を演じる伊東蒼は2005年9月16日生まれの女優。大阪府出身。ユマニテ所属。

6歳の時にドラマ『 アントキノイノチ〜プロローグ〜 天国への引越し屋』でデビュー。

2016年、数々の映画賞を受賞した『湯を沸かすほどの熱い愛』で好演し、映画賞を受賞するなど高く演技を評価されました。

2017年には『島々清しゃ』で映画初主演を果たし、映画賞を受賞

そのほか映画『累-かさね-』『ギャングース』、ドラマ『平清盛』『花嫁のれん』『ひきこもり先生』などに出演。

映画『空白』花音はどんな役?


(C)2021「空白」製作委員会

伊東蒼演じる花音は、古田新太演じる主人公・充の娘。

スーパーアオヤギで万引きをしている現場を松坂桃李演じる店長に目撃され、逃走中にトラックに轢かれて死亡します。

スポンサーリンク

伊東蒼(あおい)の演技力の評価は

参考映像:『島々清しゃ』(2017)

表情豊かな演技で、芦田愛菜、鈴木梨央に次ぐ天才子役として注目を集めてきた若き女優・伊東蒼(あおい)。

2016年、多くの映画賞を受賞した作品『湯を沸かすほどの熱い愛』で、主人公の夫の浮気相手との間の子・鮎子という重要な役を好演。見事、第31回高崎映画祭 最優秀新人女優賞を受賞しました。

2017年には『島々清しゃ』で映画初主演を果たし、第72回毎日映画コンクールスポニチグランプリ新人賞を12歳という史上2番目の若さで受賞

共演した演技派女優・安藤サクラは伊藤を絶賛。映画祭で登壇した際、観客に向かって「伊東蒼ちゃんです。覚えて帰ってください!」と連呼して紹介しました。

安藤は、「映画では見守る側だったけれど、現場ではどちらかというと蒼ちゃんが見守ってくれていた」とコメント。

また新藤兼人監督の孫である同作の監督・進藤風もオーディションで伊藤に一目惚れ。「この娘しかいないと文句なしだった」と語り、映画祭でも「将来すごいことになるんで」と伊藤を紹介しました

伊藤自身は、将来映画監督になる夢を持っているとのこと。今も自分で物語を書き、主人公はどう演じるべきかなどをいつも考えているという期待の新星です。

本作『空白』で、事件の発端となる女子中学生・花音を印象深く演じる伊東蒼に注目です。

伊東蒼(あおい)の公式SNSの紹介

残念ながら伊東蒼(あおい)の公式SNSはみつけられませんでした。

まとめ


(C)2021「空白」製作委員会

『ヒメアノ〜ル』の鬼才・吉田恵輔と、日本アカデミー賞三冠を獲得した『新聞記者』などのスターサンズ・河村光庸プロデューサーがタッグを組んだ衝撃のヒューマンサスペンス『空白』。

万引き未遂で逃げた中学生が車に轢かれて死亡し、追いかけた店長を激しく追及するモンスター化した彼女の父親。

空白の時間に起きた事件が生み出す人々の心の空白を描きます。

狂気に陥る父親・添田充を演じるのは、劇団☆新感線の看板役者の超個性派・古田新太。

人生を狂わされていくスーパーの店長の青柳直人を、『新聞記者』でアカデミー賞最優秀主演男優賞を受賞した松坂桃李が演じます。

事件のはじまりとなった女子中学生・花音には、天才子役として注目されてきた伊東蒼が扮します。

共演には田畑智子、藤原季節、趣里、伊藤蒼、片岡礼子、寺島しのぶら豪華キャストが集結。

注目の映画『空白』は、2021年9月23日よりロードショーです。



関連記事

新作映画ニュース

映画『シンプルな情熱』あらすじ/キャスト/公開日/上映館。実体験をもとに年下男子との恋愛を綴ったフランスの小説を映像化!

年下男性との愛の体験を赤裸々につづり衝撃を呼んだベストセラー小説が、ついに映画化。 フランス中の女性が共感した、ベストセラー恋愛小説の映画化作品『Passion simple』。 2020年カンヌ国際 …

新作映画ニュース

佃尚能映画『万置き姉弟』あらすじとキャスト。前田紘孝が遺した平成最後のお馬鹿ムービー!

世界で25冠受賞している佃尚能監督の映画『万置き姉弟』。 “平成最後のお馬鹿ムービー”『万置き姉弟』が、 2019年3月8日(金)・9日(土)にゆうばり国際ファンタスティック映画祭2019で、世界初公 …

新作映画ニュース

IMAX版『パラサイト半地下の家族』が日本公開!ポン・ジュノ監督こだわりのモノクロバージョンも上映決定

感覚を、研ぎ澄ませ。 最高傑作を圧倒の臨場感で堪能できる新たな2バージョン上映決定! 第92回アカデミー賞で外国語映画として初めての作品賞を受賞、さらに監督賞、脚本賞、国際長編映画賞の最多4冠に輝いた …

新作映画ニュース

【2019年11月29日〜30日公開】Cinemarcheおすすめ映画情報

あなたと映画の結び目。 チョッとだけツウ好みな映画WEBマガジン【Cinemarche:シネマルシェ】 (C)Cinemarche 映画感想レビュー&考察サイト「Cinemarche(シネマ …

新作映画ニュース

映画『83歳のやさしいスパイ』あらすじ/上映館。老人ホームへ潜入する高齢調査員のドキュメンタリー!

第93回アカデミー賞 長編ドキュメンタリー賞ノミネート作品。 2020年の第33回東京国際映画祭、第17回ラテンビート映画祭にて『老人スパイ』のタイトルで上映され、第93回アカデミー賞 長編ドキュメン …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学