Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2019/12/18
Update

映画『フェイクプラスティックプラネット』あらすじとキャスト。公開日は2月7日よりアップリンク渋谷にて

  • Writer :
  • 大塚まき

この世界は嘘でできている―。

2019年ゆうばり国際ファンタスティック映画祭のファンタスティック・オフシアター・コンペティション部門に正式出品された映画『フェイクプラスティックプラネット』


(c)Kenichi Sono

本作はスペインで開催されたマドリード国際映画祭2019で最優秀外国語映画主演女優賞を受賞という快挙を成し遂げ、さらにアルゼンチンで開催されたブエノスアイレス・ロホサングレ映画祭2019にも正式出品作品として招待されました。

映画『フェイクプラスティックプラネット』が2020年2月7日(金)よりUPLINK渋谷ほか全国順次公開されることが決定しました。

また、本作品のポスターと予告編が解禁されましたのでご紹介します。

スポンサーリンク

映画『フェイクプラスティックプラネット』について

映画『フェイクプラスティックプラネット』のオフィシャルTwitter

プロデューサー・脚本・監督の三役を務めたのは宗野賢一

前作『数多の波に埋もれる声』(2015)と本作で、ゆうばり国際ファンタスティック映画祭のオフシアターコンペティション部門に2作品連続出品を遂げ、現在CM、テレビドラマの監督としても活躍しています。

数年かけて貯金した300万円を予算に完全自主制作で撮影された本作は、監督の映画愛と独特の世界観に満ちた快作となりました。

運命のいたずらに翻弄される主人公シホと25年前に失踪した女優・星乃よう子の二役を演じるのは山谷花純。映画『劇場版コード・ブルー』(2018)で末期がんの女性を“丸刈り”で演じるなど、近年さらなる活躍をしています。

彼女の繊細かつ大胆な感情表現は圧倒的な存在感を持って観客の心に飛び込んできます。

さらにシホを取り巻く数々のクセのある登場人物たちを五味多恵子をはじめとする劇団青年座の個性的な俳優たちが演じています

映画『フェイクプラスティックプラネット』の予告編


この度解禁された予告編は、冒頭に主人公シホが「世の中には説明のつかない不思議な偶然が起こることがある」というナレーションとともに映し出されます

さらにネットカフェで暮らしていること、シホが小さい頃にお父さんとお母さんが交通事故で亡くっていることが明かされます。

一つ不思議なことが起こった」というシホのナレーションから1992年4月9日に失踪した星乃よう子という女優に自分が瓜二つであることがわかり、占い師の元で写真を見せて問いただすシホ。

自分と瓜二つの人物と自分との接点を見つけようと動き出すシホが映し出され、なぜ失踪したのか?その真相は?自分の両親は本当に事故死なのか?という様々な疑問が入り交じる映像となっています。

スポンサーリンク

映画『フェイクプラスティックプラネット』のポスタービジュアル


(c)Kenichi Sono

本記事冒頭に記載した、この度解禁されたポスタービジュアルは、主人公シホが家としているネットカフェの一室で見上げるように視線を向けるシホが映し出されてます。

俯瞰に切り取られた一室のシホとテレビ画面に映し出された地球が「この世界は嘘でできている―――」というキャッチコピーにリンクして、観るものに問いかけてきます。

一体何が本物で嘘なのでしょうか。ぜひその問いを胸に劇場で確とご覧ください。

映画『フェイクプラスティックプラネット』の作品情報


(c)Kenichi Sono

【日本公開】
2020年(日本映画)

【監督・脚本】
宗野賢一

【キャスト】
山谷花純、市橋恵、越村友一、五味多恵子、長谷川摩耶、大森皇、右田隆志

【作品概要】
本作はマドリード国際映画祭2019で最優秀外国語映画主演女優賞を受賞。ブエノスアイレス・ロホサングレ映画祭2019に正式出品されました。

スポンサーリンク

映画『フェイクプラスティックプラネット』のあらすじ


(c)Kenichi Sono

東京でネットカフェ暮らしをする貧困女性のシホ。

ある日、街角で初対面の占い師に「あんた、25年前にも来たね」と言われます。

それはいったい誰だったのか?そのふとした疑問をきっかけに、彼女の「常識」が全て覆される事態に発展していき…。

まとめ

自分と瓜二つの人間が25年前にいた?その真実を知ろうとした時、今までの「自分」が崩れ落ちていきます。

自分はいったい「誰」なのか?運命のいたずらに立ち向かう主人公を描くサバイバルストーリー『フェイクプラスティックプラネット』。

映画『フェイクプラスティックプラネット』は2020年2月7日(金)より UPLINK 渋谷ほか全国順次ロードショーです。

関連記事

新作映画ニュース

母僕公開記念!感動のコミックエッセイ実写映画特集『母さんがどんなに僕を嫌いでも』ほか3選

歌川たいじのコミックエッセイ「母さんがどんなに僕を嫌いでも」を、注目の若手俳優太賀が主演を務め、吉田羊と共演で実写映画化。 映画『母さんがどんなに僕を嫌いでも』は、11月16日(金)より新宿ピカデリー …

新作映画ニュース

渋谷ユーロライブにて映画同時公開決定!いまおかしんじ監督『こえをきかせて』&髙原秀和監督『焦燥』『グラグラ』

2019年4月6日(土)~8日(月)渋谷ユーロライブにて限定公開決定!! いまおかしんじが監督した映画『こえをきかせて』、髙原秀和の監督映画『焦燥』と『グラグラ』が、2019年4月6日(土)~8日(月 …

新作映画ニュース

ポーランド映画『メモリーズ・オブ・サマー』の日本公開日は6月1日!アダム・グジンスキ監督が描く夏の記憶

ポーランドの風景のなか紡がれる新しい夏休み映画 日本初劇場公開となる、ポーランド映画界の新たな才能アダム・グジンスキ監督の映画『メモリーズ・オブ・サマー』。 本作の日本公開初日が、2019年6月1日( …

新作映画ニュース

フレデリック・ワイズマン映画『ニューヨーク、ジャクソンハイツへようこそ』予告編解禁

ニューヨークがニューヨークであるために、なくてはならない町の今。 巨匠フレデリック・ワイズマンの“町ドキュメンタリー”の傑作。 映画『ニューヨーク、ジャクソンハイツへようこそ』は、10月中旬、シアター …

新作映画ニュース

渡辺紘文監督の最新作が東京国際映画祭に入選!『普通は走り出す』と特集上映の予告編解禁

映画『普通は走り出す』はアップリンク吉祥寺にて2019年10月25日(金)より公開。 『そして泥船はゆく』『七日』『プールサイドマン』『地球はお祭り騒ぎ』が4作連続で東京国際映画祭へ正式出品され、『プ …

【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
映画『ある船頭の話』2019年9月13日(金) 新宿武蔵野館他 全国公開
【望月歩×文晟豪インタビュー】映画『五億円のじんせい』の公開に思いを馳せる
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【阿部はりか監督インタビュー】映画『暁闇』若さが抱える孤独さに共に“孤独”でありたい
【エリック・クー監督インタビュー】斎藤工との友情の映画制作とアジア発の若き映画作家たちの育成に努めたい
映画『凪待ち』2019年6月28日(金)TOHOシネマズ日比谷ほか全国公開【主演:香取慎吾/監督:白石和彌】
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
FILMINK
国内ドラマ情報サイトDRAMAP