Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ラブストーリー映画

Entry 2018/05/07
Update

韓国映画チーズ・イン・ザ・トラップ|あらすじとキャスト。パク・へジン再び主演へ

  • Writer :
  • シネマルコヴィッチ

映画『チーズ・イン・ザ・トラップ』は、7月14日(土) シネマート新宿、シネマート心斎橋にてロードショー

大ヒットドラマ×主演パク・ヘジンのタッグ再び!キケンな先輩と不器用女子のハラハラドキドキの胸キュンラブストーリーがスクリーンに甦ります。

また、6月6日にジャパンプレミア開催決定!!!

スポンサーリンク

映画『チーズ・イン・ザ・トラップ』の作品情報


(C)Mountain Movement Story Co.,Ltd.

【公開】
2018年(韓国映画)

【原題】
原題:치즈인더트랩(英題:Cheese in the Trap)

【監督】
キム・ジェヨン

【キャスト】
パク・ヘジン、オ・ヨンソ、パク・ギウン、ユ・イニョン、パク・サンダラ

映画『チーズ・イン・ザ・トラップ』のあらすじ


(C)Mountain Movement Story Co.,Ltd.
「ホン・ソル、ぼくと付き合う?」こんな言葉を言われ、完璧だけどキケンな先輩ユ・ジョンの甘い罠にかかってしまった?

先輩ジョンの優しい笑顔の裏に隠された冷淡な一面?

苦手なジョン先輩が、突然、私に話しかけてきました。

食事をしたり、課題をしたり、宿題を口実に映画まで観に行くことになったりする中で、ジョン先輩は変わったのだろうか。

それとも私を騙そうと何か企んでいるのか…。そうでなければ、まさか本当に私を…?


(C)Mountain Movement Story Co.,Ltd.

スポンサーリンク

映画『チーズ・イン・ザ・トラップ』の感想と評価


(C)Mountain Movement Story Co.,Ltd.

ユ・ジョン先輩シンドロームのパク・ヘジンふたたび!

韓国映画『チーズ・イン・ザ・トラップ』の公開が2018年7月14日 (土)より決定!日本版ポスタービジュアルも解禁されました。

さらには主演を務めたパク・ヘジンが登壇予定となるジャパンプレミアの開催も6月6日に決定しています。

それに先立ち、パク・ヘジンによる日本のファンに向けたコメント動画も到着しました。

韓国で累積再生回数11億ビューを記録した人気ウェブ漫画が原作となる本作は、2016年にテレビドラマ版『恋はチーズ・イン・ザ・トラップ』も製作されています。

ケーブルテレビ局tvNの月火ドラマ歴代最高視聴率を記録するなどの話題を呼美ました。

すべてが完璧だがベールに包まれた先輩ユ・ジョンと、平凡だが魅力たっぷりの女子大生ホン・ソルが繰り広げる、ハラハラドキドキの胸キュンラブストーリーになっています。

主演はテレビドラマ版の放映当時から原作ファンの間で、ユ・ジョン先輩そのものと呼ばれ、“ユ・ジョン先輩シンドローム”を巻き起こしたパク・ヘジンが、ふたたび演じ、スクリーンに蘇ります。

テレビドラマ版で視聴者を悶絶&胸キュンさせたソフトで甘い笑顔と、クールなカリスマ性をさらに大きなスクリーンで見られる作品となっています。

原作ファンが決めたホン・ソル役⁈


(C)Mountain Movement Story Co.,Ltd.

テレビドラマ版では、ヒロインのホン・ソル役はキム・ゴウンが務めましたが、原作ファンによるキャスティング希望投票で1位となったオ・ヨンソが映画版のヒロインを務めます。

そのほかヒロインを巡る恋のライバル役に除隊後映画初出演となる『シークレット・ミッション』で知られるパク・ギウン、その姉役に『女教師~シークレット・レッスン~』のユ・イニョンと映画ならではの豪華キャストが集結しました。

しっかりとしたストーリーと、魅力的なキャラクター、そして、スリルあふれる展開ながらも、愛らしいエピソードで評価され、不動の人気を博した『チーズ・イン・ザ・トラップ』。

WEB漫画からドラマ、そして、満を持して映画化され新しく生まれ変わり観客の心を射止めたラブストーリーが、ついに日本に公開です!


(C)Mountain Movement Story Co.,Ltd.

まとめ


(C)Mountain Movement Story Co.,Ltd.

本作の先輩ユ・ジョン役には、テレビドラマ版「恋はチーズ・イン・ザ・トラップ」に引き続きパク・ヘジン演じており、また、映画版のヒロインのホン・ソル役には、テレビドラマ『猟奇的な彼女』のオ・ヨンソが原作ファン推薦で抜擢。

そのほか、『シークレット・ミッション』のパク・ギウン、『女教師 ~シークレット・レッスン~』のユ・イニョン、『ワンステップ ~君と僕のメロディ~』のパク・サンダラが脇を固めます。

演出は『夜の女王』のキム・ジェヨン監督です。

新たに映画化された『チーズ・イン・ザ・トラップ』は、7月14日(土) シネマート新宿、シネマート心斎橋にてロードショー

ぜひ、お見逃しなく!

関連記事

ラブストーリー映画

登坂広臣が映画『雪の華』で見せた躍動の演技力に迫る!三代目 J Soul Brothersヴォーカルから俳優まで

中島美嘉の同名曲にインスパイアされた珠玉のラブストーリーが綴られる映画『雪の華』。 余命一ヶ月を宣告された主人公美雪役を、今旬の女優中条あゆみが好演し、高い評価を得ています。 そして「三代目 J So …

ラブストーリー映画

映画『君の名前で僕を呼んで』あらすじとキャスト。公開日と上映館は

“誰もが胸の中にある柔らかな場所を思い出す…。” 1980年代のイタリアを舞台に、17歳と24歳の青年が織りなすひと夏の恋の行方を描いたラブストーリー。 映画『君の名前で僕を呼んで』がいよいよ4月27 …

ラブストーリー映画

映画『ピアノ・レッスン』ネタバレ感想とあらすじ解説考察。ラスト結末でジェーン・カンピオンが描く“愛”の意味【女性監督初のパルムドール受賞作】

「大切にされずに育った人を救うのは、“人”」 ジェーン・カンビオンが描く、シンプルな発想と愛 今回ご紹介する映画『ピアノ・レッスン』は、ジェーン・カンピオン監督が女性として初めて、第46回カンヌ国際映 …

ラブストーリー映画

映画『手』ネタバレ結末あらすじと感想評価の解説。福永朱梨演じる“さわ子”が「オジサン観察」を通して見たかったモノ

日活ロマンポルノ50周年を記念し、「ROMAN PORNO NOW」一作目として松井大吾監督が手がけた映画『手』 『ちょっと思い出しただけ』(2022)、『くれなずめ』(2021)の松井大吾監督が、『 …

ラブストーリー映画

映画『今宵、212号室で』感想評価と考察レビュー。大人のラブストーリーを監督クリストフ・オノレがコケティッシュに描く

映画『今宵、212号室で』は2020年6月19日(金)より、Bunkamuraル・シネマ、シネマカリテほか全国にて順次公開 映画『今宵212号室で』は、50代を迎えた結婚20年の夫婦が陥る危機を描いた …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学