Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ラブストーリー映画

Entry 2020/06/04
Update

映画『今宵、212号室で』内容解説とストーリー。夫婦生活とふたりの夜の関係、喧嘩を交えた円満はいつまで続くかを問う

  • Writer :
  • 星野しげみ

映画『今宵、212号室で』は2020年6月19日(金)より、Bunkamuraル・シネマ、シネマカリテほか全国にて順次公開

クリストフ・オノレ監督が手掛ける大人のためのマジカルなラブストーリー『今宵、212号室で』。パリのホテルを舞台に、シャンソンの名曲にのせて恋愛ドラマが展開します。

妻マリア役をキアラ・マストロヤンニ、若き日の夫リシャール役をバンサン・ラコスト、夫役をフランス・ポップス界の名プロデューサーであり人気ミュージシャンのバンジャマン・ビオレがそれぞれ演じます。

この作品で、キアラ・マストロヤンニが第72回カンヌ国際映画祭ある視点部門最優秀演技賞を受賞しました。

スポンサーリンク

映画『今宵、212号室で』の作品情報

(C)Les Films Pelleas/Bidibul Productions/Scope Pictures/France 2 Cinema

【日本公開】
2020年(フランス・ルクセンブルク・ベルギー合作映画)

【原題】
Chambre 212(英語題:On a Magical Night)

【監督・脚本】
クリストフ・オノレ

【キャスト】
キアラ・マストロヤンニ、ヴァンサン・ラコスト、カミーユ・コッタン、バンジャマン・ビオレ、キャロル・ブーケ

【作品概要】
映画『今宵、212号室で』は、クリストフ・オノレ監督が手掛ける大人のためのマジカルなラブストーリー。パリのホテルを舞台に、シャンソンの名曲にのせて恋愛ドラマが展開します。

マリアとリシャールの夫婦は結婚して20年になるお友達夫婦。ある日、マリアは浮気がバレてリシャールと距離を置くため、一晩だけアパートの真向かいにあるホテルの212号室に宿泊します。そんなマリアのもとに20年前の若いリシャールが現れ、さらに元カレたちも次々と登場。ファンタスティックな一夜が幕を開けます。

キアラ・マストロヤンニ、バンサン・ラコスト、バンジャマン・ビオレが共演。キアラ・マストロヤンニが第72回カンヌ国際映画祭ある視点部門最優秀演技賞を受賞しています。R15+。

映画『今宵、212号室で』のあらすじ

(C)Les Films Pelleas/Bidibul Productions/Scope Pictures/France 2 Cinema

大学教授のマリアは、結婚して20年になる夫リシャールと二人暮らし。今ではすっかり“家族”になってしまった夫には内緒で、密かに教え子と浮気を重ねています。

ある日、情事のあと帰宅してシャワーを浴びている間に、キッチンに置かれた携帯電話に情事の相手から連絡が入りました。それをリシャールが見てしまい、とうとう浮気がバレてしまいます。

怒ったリシャールと開き直ったマリアは口論になります。「一人になりたい」という2人……。

頭を冷やすために距離をおこうと、マリアは一晩だけアパートの真向かいにあるホテルの212号室に宿泊します。

家を黙って出てきたマリア。何も知らない夫リシャールは、誰もいなくなった部屋で一人寂しくリビングの椅子に腰かけます。

窓越しにそんな夫の様子を見るマリアのもとに、20年前の姿をした夫が現れました。

「なんであなたはそんなに若いの?」驚くマリアに、若い夫リシャールはまんざらでもない様子で、「君の態度はよくない」とマリアに説教を始めます。

マリアは若いリシャールとじゃれ合いながらも、結局あの頃のように2人で情熱的なひとときを過ごしてしまいます。

次にマリアが目を覚ましたとき、夫の初恋相手のピアノ教師のイレーヌが、昔のままの姿でベッドの前に立っていました。イレーヌは、少年だったリシャールにピアノと恋の手ほどきをした相手。

若いリシャールの姿はなく、イレーヌは延々とリシャールとの思い出を語り始めました。

そこへ、マリアの実母と祖母も現れます。

「なんでママがいるの?」「死んだはずじゃないの?」「マリアは5世代の我家の中でワースト1よ」「彼氏リストがあるのよ」

母たちは恋多き女であるマリアの過去の愛の遍歴を責め立てます。

さらにはマリアの元カレたちも次々と登場。こうして、愛の魔法にかかった不思議な一夜が幕を開けました!

もしもあの時、あの恋が成就していたら? 今の結婚は幸せといえるの? なぜリシャールを選んだの?

かつての恋の思い出が脳内を走馬灯のように駆けぬけたあと、マリアが見つけた真実とは?

スポンサーリンク

映画『今宵、212号室で』の感想と評価

(C)Les Films Pelleas/Bidibul Productions/Scope Pictures/France 2 Cinema

お友達夫婦に突如訪れた離婚の危機をユーモラスに描いた『今宵、212号室で』

夫婦が喧嘩別れをする離婚劇に終わらず、頭を冷やすために1人になる一夜を設けたことで、摩訶不思議な現象が起こります。

恋多き女マリアを演じるのは、マルチェロ・マストロヤンニを父に、カトリーヌ・ドヌーヴを母にもつキアラ・マストロヤンニ。マリアは「浮気は遊び。迷惑かけてないし、本気じゃない」と公言します。

一方の夫・リシャールは、マリアとは正反対。結婚して以来、一度も浮気をしていないと言い切り、これまで2人の“愛”があると信じた20年の年月を無駄にしていたのかと、悩みます。

こんな真面目なリシャールを熱演するのは、キアラ・マストロヤンニの元夫バンジャマン・ビオレ。元夫婦の2人は「あ」「うん」の呼吸で、リアリティあふれる熟年夫婦を演じています。

妻は自由奔放で夫は生真面目……。夫は浮気し放題、妻は黙って夫に従うだけという夫婦スタイルを、テレビドラマなどで見て育った世代には、羨ましくなるような夫婦の姿です。

しかし、マリアとリシャールのような夫婦が理想の夫婦といって良いのかと、『今宵、212号室で』では問いかけています。

若い頃のリシャールとその初恋の女性が現れて、過去にリシャールも違う人生を歩む選択肢があったことを、マリアに突きつけます。

そしてマリアもまた、自分の過去も振り返り、なぜリシャールと結婚したのかと思い起こします。

『今宵、212号室で』は、夫婦として長く連れ添っているうちに見えなくなったものや、空気と同じように必要なのに感じなくなったものの大切さを改めて教えてくれています。

まとめ

(C)Les Films Pelleas/Bidibul Productions/Scope Pictures/France 2 Cinema

熟年夫婦の離婚の危機。お互いに大切なものを見失っていると思われる夫婦にファンタスティックな一夜が訪れました。

魔法のような出来事は、マリアの身にまず起こります。若い頃の夫と夫の初恋の女性の登場、そして今までの数知れない元カレたちがマリアの宿泊する212号室に現れたのです。

若い頃のリシャールとその初恋の女性は、あきらかに過去からの出現。彼らが現実世界を生きるマリアとリシャールの夫婦に伝えようとしていることは、何だったのでしょうか。

マリアに振り回され、何が起こっているのか理解できないままに212号室に足を運んだリシャールは、意地悪な言い方をすれば滑稽です。が、そんなマリアの全てを受け入れようとする寛大さが彼にはありました。

212号室という部屋番号も意味深です。若いリシャールは、この212号室は、民法212条の「夫婦は相互に尊重し合い、貞節であること」と関連しているというのです。

夫婦の貞節の条例番号の部屋で2人で見た夢と片付けてしまうには、あまりに惜しいユニークな一夜の出来事です。

過ぎ去った昔の幻影から、何か大切な忘れ物に気が付くマリアとリシャール。

夫婦は結婚したときの気持ちをいつまでも大切にするのがベストなのかもしれません。

映画『今宵、212号室で』は2020年6月19日(金)より、Bunkamuraル・シネマ、シネマカリテほか全国にて順次公開




関連記事

ラブストーリー映画

二階堂ふみ映画『ばるぼら』ネタバレ考察と解説。ラストの原作漫画との違いと小説を“死なせなかった”意味とは?

映画『ばるぼら』は2020年11月20日(金)よりシネマート新宿、渋谷ユーロスペースほかにて全国ロードショー公開! 「漫画の神様」こと漫画家・手塚治虫の数々の代表作の中でも「異色の名作」「映像化は不可 …

ラブストーリー映画

映画『風の色』あらすじと感想レビュー。古川雄輝のプロフィールも

古川雄輝の主演映画『風の色』は2018年1月26日より全国順次公開。 突然目の前から消えた恋人ゆりの死から100日後。彼女との思い出の品々を胸にマジシャンになることを決意した涼。 “自分と生き写しの人 …

ラブストーリー映画

映画『芳華 Youth』感想ネタバレとあらすじ。結末まで恋する特別な青春の日々

中国4000万人が涙した美しくも切ない物語。 ヴェネチア、トロントなど数々の映画賞を獲得した巨匠フォン・シャオガン監督が描く、1970年代の中国、激動の時代に軍歌劇団として前線で生きる若者。 軍の歌劇 …

ラブストーリー映画

映画『ゴッズ・オウン・カントリー』あらすじネタバレと感想。ラストの主人公ジョニーたちの決断が清々しい余韻を与える

“神の恵みの地“と呼ばれるイギリス・ヨークシャー地方を舞台に二人の孤独な青年の間に生まれる愛の行方を綴った映画『ゴッズ・オウン・カントリー』をご紹介します。 昨年7月に開催された「レインボーリール東京 …

ラブストーリー映画

映画『アンモナイトの目覚め』ネタバレあらすじ感想ラスト結末の評価。大人の恋愛譚をウィンスレットとローナンで描く

19世紀・イギリスの海辺の町を舞台に、実在の古生物学者の人生を大胆にアレンジ。ケイト・ウィンスレットとシアーシャ・ローナンが初共演を果たした愛の物語 長編監督デビュー作『ゴッズ・オウン・カントリー』で …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学