Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ラブストーリー映画

Entry 2018/12/25
Update

映画『愛唄 約束のナクヒト』あらすじネタバレと感想。GReeeeeN自ら脚本に参加!

  • Writer :
  • 村松健太郎

映画『愛唄 約束のナクヒト』は2019年1月25日(金)より全国公開

2017年の『キセキ‐あの日のソビト‐』に続く人気グループGReeeeeNの楽曲映画化プロジェクト第2弾。

前作がGReeeeeNの自伝的なストーリーであったのに対して、本作ではGReeeeeN自身が脚本の段階から参加したオリジナルストーリー。

代表曲『愛唄』を基にした青春映画が誕生しました、横浜流星、清原果耶、飯島寛騎という若手主演トリオを財前直見、富田靖子、中山美穂といった豪華キャストが支えます。

スポンサーリンク

映画『愛唄 約束のナクヒト』の作品情報


(C)2018「愛唄」製作委員会

【プロデューサー】
小池賢太郎

【音楽プロデューサー】
JIN

【監督】
川村泰裕 

【脚本】
清水匡
GReeeeeN

【主題歌】
GReeeeN「約束 × No title」

映画『愛唄―約束のナクヒト―』主題歌GReeeeN「約束 × No title」コラボMV

映画『愛唄 約束のナクヒト』のキャラクター&キャスト


(C)2018「愛唄」製作委員会

野宮透(横浜流星)
取り立てて大きなこともないまま人生を過ごしていた若者。

伊藤凪(清原果耶)
4年前に早逝したとされている詩人。

坂本龍也(飯島寛騎)
透の高校時代の同窓生だった元バンドマン。

相川比呂乃(成海璃子)
凪の詩を通じて透と出会った元人気子役。

野宮美智子(財前直見)
透の母親で食堂の女将。夫をがんで亡くしている。

伊藤佐和(富田靖子)
凪の母親、凪への想いから透に厳しく当たることもある。

橋野冴子(中山美穂)
一線で活躍する大女優、比呂乃のことを買っていた。

スポンサーリンク

映画『愛唄 約束のナクヒト』のあらすじとネタバレ


(C)2018「愛唄」製作委員会

ごく平凡な若手サラリーマン透は、ある日、自分が病に侵され残り3か月の命であることを突き付けられます。

思い余ってビルの屋上から身を投げようとしたとき、チャラい風貌の男が突然声をかけてきます。

高校時代の同窓生龍也でした。龍也に事情をぶつけると、透のスマホのカウントダウンアプリを起動させ、残り時間は短いかもしれないけれど、今はまだ生きていると言います。

夜の帰り道、伊藤凪という少女が書いた詩集が縁で、元子役の相川比呂乃と出会い、初めての恋かもしれない感情を透は抱き始めます。

比呂乃はとの出会いは、透の人生に輝きを与えますが、比呂乃は元の演技の道へ進むべきだと思い、透は身を引きます。

恋愛未満で終わったものの、透の人生に予期せぬイベントが起きたことを見ていた龍也は、最後まで生きる抜けと励まします。

ある日、透は一人の少女と出会います。その少女こそ、死んだはずの詩人伊藤凪でした。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『愛唄 約束のナクヒト』ネタバレ・結末の記載がございます。『愛唄 約束のナクヒト』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

凪は透以上の長い間病と闘ってきました。

それでも人生を少しでも楽しく過ごそうという凪の姿をみて透は、凪に惹かれ始めます。

ある時『朝日が見たい』という凪の願いを叶えるために、こっそり病院を抜け出しますが、そこで凪は倒れてしまい、凪の家族からもう近づくなと言われてしまいます。

しかし、透と凪の想いは変わらず、透がカウントダウンを乗り越えた夜に再び朝日を見に二人は旅立ちます。

念願の朝日を見た凪は、やがてその短い人生を終えます。

透も宣告されていた時間を乗り越えたものの最期の瞬間が迫っていました。

そんな透は凪が残した詩に曲をつけて欲しいと龍也に頼みます。

龍也はその歌を『愛唄』という曲に仕上げるのでした。

映画『愛唄 約束のナクヒト』の感想と評価


(C)2018「愛唄」製作委員会

唄う映画

同時期に中島美嘉の『雪の華』を基にした映画『雪の華』が公開されます。

本作『愛唄 約束のナクヒト』とともに、実際の歌からインスパイアされた物語です。

違いは俳優による歌唱シーンがあるかどうかですが、こちらは飯島寛騎が劇中のオリジナル設定に基づいた楽曲としてGReeeeeNの愛唄を歌います

『キセキ』でも菅田将暉たちがグリーンボーイズ名義で、『声』『道』『キセキ』を実際に歌い、歌番組などにも出演しました。

同じようなものでは『覆面系ノイズ』や『少年メリケンサック』『ソラニン』『日々ロック』などでは、他では見られれない俳優たちの歌声を聞くことができます。

大ヒットした『ボヘミアンラプソディ』や『アリー/スター誕生』などのも同じ創りの作品です。

ミュージカルとは違いますが、歌に魅了される映画としてオススメです。

スポンサーリンク

まとめ

参考映像:『キセキ あの日のソビト』(2017)

映画『キセキ あの日のソビト』に続いて、GReeeeNの楽曲を映画化したプロジェクトの第2弾。

本作品『愛唄 約束のナクヒト』は映画タイトルにもある楽曲「愛唄」を基に作られた青春ラブストーリーです。

今回はGReeeeNが自ら脚本から参加し、彼らの実話エピソードともにオリジナルなストーリーとして描いています。

トオル役には『虹色デイズ』の横浜流星が演じ、凪役を『3月のライオン』の清原果耶が務めます。

また龍也役には、『仮面ライダーエグゼイド』の飯島寛騎が演じています。

演出は2010年に、上野樹里主演の『のだめカンタービレ 最終楽章 後編』で監督デビューを果たした川村泰祐監督。

近作では2014年に能年玲奈主演の『海月姫』、2017年には中川大志主演の『きょうのキラ君』などでも知られています。

ぜひ、お見逃しなく!


(C)2018「愛唄」製作委員会

関連記事

ラブストーリー映画

『きみに読む物語』あらすじネタバレ感想とラスト結末の評価解説。恋愛映画おすすめの感動作をライアン・ゴズリングで描く

ニコラス・スパークスのベストセラーを映画化した恋愛映画『きみに読む物語』 映画『きみに読む物語』は、1940年代に出会った男女と現代で年老いた二人の過去と現代を交差するように描いた恋愛物語です。 舞台 …

ラブストーリー映画

Netflix映画『マリッジストーリー』ネタバレ評価レビュー。大人のラブストーリーは何度も見たくなる深い味わい

2019年、第76回ベネチア国際映画祭コンペティション部門出品『マリッジ・ストーリー』 Netflix映画『マリッジ・ストーリー』は、知り合って10年になる30代半ばの夫婦が離婚するまでを描いた物語。 …

ラブストーリー映画

映画『ライアー×ライアー』ネタバレあらすじと感想評価。結末ラストで漫画タイトルの意味が判明する禁断のラブストーリー

映画『ライアー×ライアー』は2021年2月19日より公開。 ウソから始まる不思議なラブストーリーとして、多くの女性読者の心を掴んだ、金田一蓮十郎によるコミック『ライアー×ライアー』。 クールでイケメン …

ラブストーリー映画

映画『寝ても覚めても』ネタバレ感想レビュー。ラスト結末までのあらすじを詳細に

同じ顔をした二人の男と一人の女。人は人の何に惹かれるのでしょうか?  柴崎友香の珠玉の恋愛小説を映画化! 前作『ハッピーアワー』でロカルノ、ナントをはじめ数々の国際映画祭で主要賞を受賞し、その名を世界 …

ラブストーリー映画

映画『午前0時、キスしに来てよ』ネタバレ感想レビュー。少女漫画の実写化で胸キュンシーン満載!

この冬、キラキラのシンデレラストーリーが誕生。 おもわず「恋したい!」気分になるかも!? 『近キョリ恋愛』『きょうのキラ君』と映画化が続く、人気漫画家みきもと凛の、単行本累計300万部突破となった『午 …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学