Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ラブストーリー映画

映画『真っ赤な星』あらすじネタバレと感想。キャストの小松未来(陽役)が見せた強いまなざし

  • Writer :
  • もりのちこ

誰がこの心の空白を埋めてくれるの。

映画『溶ける』で高い評価を受け、史上最年少でカンヌ国際映画祭シネフォンダシオン部門に正式出品されるなど、国内外で注目を集める井樫彩監督の初長編作品です。

悲しみを抱えた2人の女性が、お互いを必要としていくストーリー。そこには、性別を超えた愛情がありました。

一人では抱えきれない悲しみを二人なら和らげることができるのでしょうか。心の空白はどうすれば埋まるのでしょか。

性別や歳の差を超え、強く惹かれていく激しい恋の結末は?『真っ赤な星』を紹介します。

スポンサーリンク

映画『真っ赤な星』の作品情報


(C)「真っ赤な星」製作委員会

【日本公開】
2018年(日本映画)

【監督】
井樫彩

【キャスト】
小松未来、桜井ユキ、毎熊克哉、大原由暉、小林竜樹、菊沢将憲、西山真来、湯舟すぴか、山谷武志、若林瑠海、大重わたる、久保山智夏、高田彩花、長野こうへい、中田クルミ、PANTA

【作品概要】
国内外で注目を集める新鋭・井樫彩監督の初長編作品『真っ赤な星』。

2人の女性の愛のカタチを通して、現代のセクシュアル・マイノリティを考えさせられる作品です。

14歳の少女・陽を演じるのは、『みつこと宇宙こぶ』で第11回田辺・弁慶映画祭主演女優賞を受賞した小松未来。相手役の弥生には、『娼年』の桜井ユキが演じています。

映画『真っ赤な星』のあらすじとネタバレ


(C)「真っ赤な星」製作委員会

晴れ渡る青空の中、赤いパラグライダーが舞い降りてきます。

病院では、怪我で入院している陽(よう)を、看護師の弥生が看病していました。

14歳の陽は、優しくて綺麗な27歳の弥生に淡い恋心を抱いていました。触れる手にドキドキが伝わりそうです。

誰が人気看護師かという話題に「私は弥生ちゃんが好きだな」とつぶやく陽。弥生は、陽の純粋な気持ちに「こんな私でも好きと言ってくれて、ありがとう」と涙を流します。

弥生の心の傷に気付くには、陽はまだ若すぎます。

陽の退院の日です。弥生を探す陽。弥生は、前日に看護師を辞めていました。

陽は学校へも行かず、ぶらぶらと日々を過ごしていました。

病院を見ると弥生を思い出します。「弥生ちゃん、どうしてるかな」。幼なじみの大祐は「お前、弥生ちゃん好きだよな」と、陽の気持ちを否定しない良き理解者のようです。

天文台からは、青空に浮かぶ赤いパラグライダーが見えました。

ある日の夜、好奇心で地元では有名な「やり場」に近づいた陽は、駐車してある車の中に弥生の姿を見つけます。

「弥生ちゃん」声をかける陽に、弥生はもう優しい看護師ではありませんでした。「ここにはもう来ちゃダメよ」すっかり変わりはてた弥生の姿にショックを受ける陽。

それでも、弥生へ会いたい気持ちが募ります。夜、家を抜け出し弥生の元へ行こうとする陽は、同居する母親の彼氏・雅弘につかまります。

口答えする陽へ雅弘は、暴力を振るい無理やり犯します。

ふらふらと弥生の車にたどり着く陽。「弥生ちゃんのいる病院に入院したい」。

血まみれの陽の姿にすべてを察した弥生は、自分の家に連れて帰ります。「今夜だけだよ」弥生は、はやり以前の弥生でした。

夜になると弥生は車で出かけます。体を売って金を稼ぎます。揺れる車の中で、赤いパラグライダーの飾りが揺れています。

弥生の帰りを家で待つ陽。掃除、洗濯と弥生の世話が出来ることが嬉しそうです。

朝になっても帰って来ない弥生を心配する陽。部屋で揺れるパラグライダーの飾りが目に付きます。以前、天文台で見たパラグライダーと重なります。

陽は、パラグライダーの着地する場所へと走ります。「見つけた」。そこにはパラグライダーをする弥生の姿がありました。「陽にはいつも見つかっちゃうね」。

部屋に帰るもガスが止められていました。仕方なく銭湯に行く2人。弥生のうなじに赤い痕を発見し「これどうしたの」と聞く陽に、「おこちゃまだね」と同じ痕を残す弥生。陽の背中に残る赤い痕が疼くようです。

夜出かけていく弥生を、行かないでと止める陽。弥生はあきらめたようにキスをし、やはり出かけるのを止めません。

陽の弥生に対する気持ちは、ハッキリと愛でした。

陽は荷物を取りに一旦家に帰ることにします。家では雅弘に出くわしてしまいました。また襲われそうになる陽の所へ、母親が帰ってきます。

母は怒り止めに入るも、「陽が誘ったんでしょ」と責めます。母親の女としての態度にげんなりする陽。

その日、弥生は陽を秘密の場所に誘います。それは、あの天文台でした。自分の鍵で天文台の中へ入る弥生に、陽は驚きながらもついて行きます。

天文台の屋根を開くと、一面に光輝く星空が広がります。「辛い時、いつもここに来て、流れ星に願い事をしていたの」弥生は陽にこの星空を見せたかったのです。

弥生の願い事を聞く陽に、弥生は「お母さんと仲良くできますように。好きな人とうまくやれますように。産める体に戻して欲しい。願い事は一度も叶ったことがない」と答えます。

「陽の願い事は?」と聞き返す弥生に陽は「弥生ちゃんが綺麗なままでいてくれますように。もっと弥生ちゃんの側にいけますように」その答えは告白となりました。

その夜2人は一線を越えます。弥生が導き、触れ合う体。性別を超え、悲しみを慰め合う2人の関係は危ういものでした。

以下、『真っ赤な星』ネタバレ・結末の記載がございます。『真っ赤な星』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク


(C)「真っ赤な星」製作委員会
弥生は、パラグライダー仲間の賢吾と付き合っていました。

しかし、賢吾には家庭がありました。奥さんに2人目の子供が出来たことを知った弥生は、子供の産めない苦しみを賢吾にぶつけます。

それでも関係を続けようとする賢吾に、弥生は流され別れることが出来ません。

弥生の悲しみが陽にも浸透していくかのようです。

弥生に近づく男たちを排除したい陽は、弥生の変わりに車の男に会いに行きます。

「もう、弥生ちゃんに連絡しないで下さい」とお願いする陽に、男は「君が変わりになってくれるの」とお金を握らせます。

そして、パラグライダーを楽しむ弥生と賢吾の元へ現れた陽は、包丁を握りしめていました。賢吾に切りかかるも力では適わず、反対に取り押さえられます。

心も体もボロボロの陽は、弥生への想いに押しつぶされそうです。「弥生ちゃんにもっと近づきたかった」と泣きながら謝る陽。手にした金を渡します。

その金の意味を知った弥生は、もう一緒にいられないと弥生を追い出します。弥生もまた自分のせいで陽を苦しめたことに胸を痛めていました。

陽は家には帰らず、幼なじみの大祐の家にお世話になっていました。弥生もまた夜の車で体を売る日々に戻ります。

その日の相手は、べらべらと自分の話を始めました。子持ちの母親と付き合っているが、娘も犯した。生意気で暗いのに名前が太陽の陽だって。と笑う男に、怒りが抑えられない弥生。

男は陽の母の彼氏・雅弘でした。雅弘を連れ、陽の母親の元へに向かう弥生。「この男が娘にしたことを知っているのか」と詰め寄る弥生に、母親は「知ってるけどそれが何」と悪ぶる様子もありません。

母親に可愛がられない陽の姿に自分を重ね、自分の事のように傷つく弥生。大好きなパラグライダーも、賢吾との先のない関係も止めることにしました。

それは、前向きな決断ではありませんでした。

母親から弥生が来たことを聞いた陽は、弥生を探しにパラグライダーの場所へ。賢吾からもう弥生は来ないと聞き、嫌な予感がします。

冷たい雨が降る中、陽は弥生の部屋に駆け付けます。そこには、風呂場で倒れている弥生の姿が。必死に弥生の看病をする陽。

陽が明け方目を覚ますと弥生の姿はありませんでした。陽は天文台に向かいます。それはまるで心が通じているようでした。

弥生は天文台にいました。鍵をかけ引きこもる弥生に陽は、「逃げないで。側にいて。好きだよ」と告白します。

弥生は孤独に震えていました。「みんな好きだと言っても離れて行く。この心の空白を埋めてくれるの?」。

「私はずっと側にいる。何でもあげる」震える弥生を抱きしめる陽。2人にはお互いが必要でした。

2人で見る夕日は、空を真っ赤に染めていました。「このまま消えたいね」「うん」。

スポンサーリンク

映画『真っ赤な星』の感想と評価


(C)「真っ赤な星」製作委員会
悲しみを抱いて生きる14歳の少女と27歳の女性。2人の女性の性別を超えた愛のカタチ。セクシュアル・マイノリティを考えさせられる作品です。

陽と弥生は、お互いがお互いの鏡のように悲しみを共有します。相手に起こった出来事に胸を痛め、抱きしめたいと思う気持ちに性別は関係ないのでしょう。

陽にとっての弥生、弥生にとっての陽の存在は、暗闇に光る真っ赤な星なのではないでしょうか。その星を目印にして生きて行く。

2人はこれからの人生、お互いを照らしながら進んでいくと信じたいです。

作品の中には、売春、DV、不倫、自殺など目を背けたくなるような問題が詰め込まれています。男女の歪んだ愛のカタチとは対照的に、同性の純粋な愛のカタチが美しく描かれています。

何が正しいのか、何だと正常なのか。今までの囚われた概念を捨て、答えを決め付けることは止めよう。答えは本人にしかわからないものだからです。

相手をもっと知りたい、もっと近づきたい、もっと信じあいたい。恋する気持ちはどんなカタチであれ一緒です。

14歳の陽を演じた小松未来。感情をコントロール出来ず、時に激しくぶつかる陽を、みごと演じています。彼女の強いまなざしが印象に残ります。

まとめ


(C)「真っ赤な星」製作委員会
国内外で注目を集める井樫彩監督の初長編作品『真っ赤な星』を紹介しました。

悲しみを抱えた2人の女性。お互いを必要とし、寄り添い合う2人に芽生えた感情は愛情でした。

赤いパラグライダー、赤い洋服、血の赤、夕日の赤。映画の中では「赤」色が、時に情熱的に、時に穏やかに目に映り込んできます。

赤と青、昼と夜、光と闇、男と女。対照的でいて実は溶け込んでいるものなのでしょう。

「境目はない」そんな気持ちを、映画『真っ赤な星』は、感じさせてくれます。

関連記事

ラブストーリー映画

映画ママダメあらすじとキャスト!リンちゃん役のかわいい女優は?

Facebookにアップした「雖然媽媽説我不可以嫁去日本。」をもとに、台湾人と日本人のカップルが日本で同棲を始めて、その後、結婚するまでを描いた実話が生んだラブストーリー。 『ママは日本へ嫁に行っちゃ …

ラブストーリー映画

映画『ファントム・スレッド』あらすじと感想。公開される劇場情報も

映画『ファントム・スレッド』は、5月26日(土)より、シネスイッチ銀座、YEBISU GARDEN CINEMA、新宿武蔵野館 ほか全国ロードショー! 男は女にドレスを着せることを望み、女は男を丸裸に …

ラブストーリー映画

『ぼくらの亡命』主演・須森隆文プロフィール!あらすじとキャストも

2016年11月20日に東京フィルメックスでワールドプレミアとして上映された内田伸輝監督作品。 『ぼくらの亡命』が2017年6月24日(土)よりユーロスペースにて公開。 俳優の須森隆文と櫻井亜衣を主演 …

ラブストーリー映画

映画『50回目のファーストキス』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も

映画『50回目のファーストキス』は、6月1日(金)より公開です。 2004年にハリウッドで制作されたロマンティックコメディ『50回目のファースト・キス』を『銀魂』『斉木楠雄のψ難』などのヒット作、話題 …

ラブストーリー映画

映画『九月の恋と出会うまで』あらすじネタバレと感想【高橋一生&川口春奈のW主演作品】

高橋一生&川口春奈のW主演! 映画『九月の恋と出会うまで』は、2019年3月1日(金) 全国ロードショー! 書店員が選んだもう一度読みたい恋愛小説として、ロングセラーとなった松尾由美の同名小 …

映画『天気の子』特集
【望月歩×文晟豪インタビュー】映画『五億円のじんせい』の公開に思いを馳せる
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
映画『ある船頭の話』2019年9月13日(金) 新宿武蔵野館他 全国公開
【阿部はりか監督インタビュー】映画『暁闇』若さが抱える孤独さに共に“孤独”でありたい
【エリック・クー監督インタビュー】斎藤工との友情の映画制作とアジア発の若き映画作家たちの育成に努めたい
映画『凪待ち』2019年6月28日(金)TOHOシネマズ日比谷ほか全国公開【主演:香取慎吾/監督:白石和彌】
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
FILMINK
国内ドラマ情報サイトDRAMAP