Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2020/02/21
Update

映画『アンティークの祝祭』予告編/上映館。ドヌーヴとマストロヤンニが親子共演で人生最後の日を描く

  • Writer :
  • 松平光冬

大女優カトリーヌ・ドヌーヴ&キアラ・マストロヤンニとの実母娘共演が実現

アンティークが見つめ続けた波瀾万丈な人生を描く感動ドラマ

(C)Les Films du Poisson – France 2 Cinema – Uccelli Production – Pictanovo

「フランスの至宝」と称されるカトリーヌ・ドヌーヴと実娘のキアラ・マストロヤンニの母娘共演が実現した映画『アンティークの祝祭』が、2020年6月5日(金)よりシネスイッチ銀座ほか全国順次公開されます。

映画公開に先がけ、新たに予告編が到着しました。

スポンサーリンク

映画『アンティークの祝祭』とは?

(C)Les Films du Poisson – France 2 Cinema – Uccelli Production – Pictanovo

本作『アンティークの祝祭』は、「フランスの至宝」と呼ばれる世界的大女優のカトリーヌ・ドヌーヴと、実娘であるキアラ・マストロヤンニが母娘役で共演した話題作

自身の終焉を察し、その半生を共にしてきたアンティークを処分しようとする母クレールと、彼女と疎遠になっていた娘マリーの久々の再会を通し、「劇的な人生」と「本当に遺したい思い」を描く人間ドラマとなっています。

監督は、長編映画デビュー作『やさしい嘘』(2001)でカンヌ国際映画祭の批評家週間グランプリをはじめ、セザール賞新人監督賞、マルグリット・デュラス賞などフランス国内外で20以上の賞を受賞したジュリー・ベルトゥチェリが手がけます。

『やさしい嘘』、『パパの木』(2013)で、家族愛をテーマとした作品づくりに定評のあるベルトゥチェリ監督だけに、本作への期待も高まります。

映画『アンティークの祝祭』の予告編

映画公開に先がけ、本作の予告編も公開されました。

今回、解禁された予告では、「神様が教えてくれたの。今日、私は死ぬと思うわ」という衝撃的なセリフとともに、クレール役のカトリーヌ・ドヌーヴが優雅にダンスをする様子が映し出されます。

続いて、コレクションのアンティークを売りに出すクレールの元に、20年ぶりに娘マリーが帰ってきたことで、複雑な母娘関係や、アンティークに込められた人生の記憶が解き明かされる内容となっています。

「今日、私は“思い出”を売ります」というフレーズが、観る者の心の琴線に触れますね。

スポンサーリンク

映画『アンティークの祝祭』の作品情報

(C)Les Films du Poisson – France 2 Cinema – Uccelli Production – Pictanovo

【日本公開】
2020年(フランス映画)

【原題】
La derniere folie de Claire Darling(英題:Claire Darling)

【監督・脚本】
ジュリー・ベルトゥチェリ

【製作】
イエール・フォジール、レティシア・ゴンザレス

【原作】
リンダ・ラトレッジ

【撮影】
イリナ・ルブチャンスキー

【編集】
フランソワ・ジェディジエ

【キャスト】
カトリーヌ・ドヌーヴ、キアラ・マストロヤンニ、アリス・タグリオーニ、ロール・カラミー、サミール・ゲスミ

映画『アンティークの祝祭』のあらすじ

(C)Les Films du Poisson – France 2 Cinema – Uccelli Production – Pictanovo

夏のある朝、クレールの決意は突然訪れました。

70年以上におよぶ長い人生を過ごしてきた彼女は、ここのところ意識や記憶がおぼろげになることが増えてきました。

「今日が私の最期の日」と確信した彼女は、長年かけて集めてきたからくり人形、仕掛け時計、肖像画など数々のコレクションをガレージセールで処分することに。

見事な品々の大安売りに、庭先はすぐにお客と見物人で賑わいはじめます。

大きな家財から小さな雑貨まで家中を彩り続けたアンティークたちは、いつもクレールの人生と共にありました。

それらは、彼女の劇的な人生の断片であり、切なく悲劇的な記憶を鮮明に蘇らせるものでもあったのです。

一方、疎遠になっていた娘マリーが、母の行動を友人から聞きつけ、20年ぶりに帰ってきます。

しかし、久々に会った娘にクレールは「とつぜん帰ってきて、どういう風の吹き回し?」と冷たい言葉を放つのでした…。

スポンサーリンク

まとめ


(C)Les Films du Poisson – France 2 Cinema – Uccelli Production – Pictanovo

是枝裕和監督の仏日合作『真実』(2019)でも、その確かな演技力を証明したカトリーヌ・ドヌーヴ。

本作『アンティークの祝祭』では、認知力が衰え始めた女性を初の白髪姿で演じるなど、また一つ高みをいく存在感を示しています。

一方、母ドヌーヴはもちろん亡き父のマルチェロ・マストロヤンニを思わせる容姿を持つ娘のキアラ・マストロヤンニも、国際的に活躍の場を広げる女優。

実の母娘女優による、アンティークがつなぐ母と娘の絆

〝モノ″に宿る人の思いと記憶をたどりながら、人生の哀楽を鮮やかに見届ける感動のドラマを、ぜひともお見逃しなく。

映画『アンティークの祝祭』は、2020年6月5日(金)よりシネスイッチ銀座、kino cinema 立川高島屋 S.C.館、 kino cinema 横浜みなとみらい、愛知センチュリーシネマ、福岡kino cinema 天神など全国順次公開



関連記事

新作映画ニュース

映画『パリの恋人たち』あらすじとキャスト。ローズ・デップのラブストーリー公開日は12月13日!

1人の男と2人の女。 揺れる恋の結末は。 フランスの人気監督フィリップ・ガレルの息子で、俳優としても活躍するルイ・ガレルが監督と主演を務めた「A Faithful Man」。 © 2018 Why N …

新作映画ニュース

映画『花と雨』あらすじ。キャストの笠松将がSEEDAの分身を演じる【東京国際映画祭スプラッシュ部門出品】

笠松将主演で日本のHip Hop界の寵児・SEEDAの歴史的名盤を映像化。 日本のHip Hop界で歴史的名盤と言われるSEEDAのアルバム「花と雨」を原案とし、新進俳優、笠松将が主演を務める映画『花 …

新作映画ニュース

映画『ドロステのはてで僕ら』あらすじ。キャストは劇団ヨーロッパ企画で6月より全国順次公開!

人気劇団・ヨーロッパ企画初のオリジナル長編映画いよいよクランクイン。 京都を拠点に活動を続け、毎年の本公演では1万5千人を動員する人気劇団ヨーロッパ企画。 劇団として取り組む初のオリジナル長編映画『ド …

新作映画ニュース

映画『痛くない死に方』あらすじ。キャストに柄本佑を迎え高橋伴明監督が在宅医療と向き合う

映画『痛くない死に方』クランクイン! 現在宅医療のスペシャリストであり実際に尼崎市で在宅医として活躍をされている長尾和宏のベストセラー『痛くない死に方』『痛い在宅医』が、『禅 ZEN』(2008)『赤 …

新作映画ニュース

映画『衝動-世界で唯一のダンサオーラ』あらすじ。2020年3月より公開されるフラメンコダンサーのステージに密着したドキュメンタリー

驚異の天才フラメンコダンサーのステージに迫るドキュメンタリー 唯一無二のパフォーマンスで、舞踊界のみならず舞台芸術やアート界へも衝撃を与え続けるスペインのフラメンコダンサー、ロシオ・モリーナ。 映画『 …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』2020年10月9日(金)よりTOHOシネマズシャンテほか全国公開
映画『朝が来る』2020年10月23日(金)より全国公開
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
国内ドラマ情報サイトDRAMAP