Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2020/01/22
Update

カトリーヌ・ドヌーヴ映画『アンティークの祝祭』あらすじ。キャストの実娘キアラと母娘役で日本公開は4月下旬に決定!

  • Writer :
  • 大塚まき

世界的大女優の C・ドヌーヴが実娘の C・マストロヤンニと母娘役で共演を果たした話題作!

アンティークが見つめ続けた波瀾万丈な人生―その最期の日を鮮やかに締めくくる感動の人間ドラマ『アンティークの祝祭』。


実娘の C・マストロヤンニと母娘役Les Films du Poisson – France 2 Cinéma – Uccelli Production – Pictanovo

“フランス映画界の至宝”と言われるカトリーヌ・ドヌーヴの最新作『CLAIRE DARLING』が邦題『アンティークの祝祭』に決定し、2020年6月5日(金)よりシネスイッチ銀座ほか全国順次公開されます。

この度、メイン画像が解禁されましたので、あらすじと併せてご紹介します。

スポンサーリンク

映画『アンティークの祝祭』について

世界的大女優にしてフランス映画界の至宝と言われるカトリーヌ・ドヌーヴを主演に迎え、実娘で女優のキアラ・マストロヤンニと母娘役で共演を果たしました。

監督を務めたのは、『やさしい嘘』(2003)、『パパの木』(2010)などを手がけたジュリー・ベルトゥチェリ

自身の終焉を察した主人公が、半生を共にしてきたアンティークを処分することで浮かび上がる「劇的な人生」と「本当に遺したい思い」を、女流監督らしい繊細でしなやかな視点で描き出されました。

また、自然豊かなロケーションに加えて、ティファニーやバカラなどの高級アンティークが数多く登場し、ドヌーヴの毅然とした美しさが映える作品となっています。

監督:ジュリー・ベルトゥチェリのプロフィール

参考動画:映画『パパの木』


ジュリー・ベルトゥチェリは、映画監督のジャン=ルイ・ベルトゥチェリを父に持ち、『木漏れ日』(1991)に助監督の見習いとして制作に関わります。

以降、クシシュトフ・キシェロフスキ、ベルトラン・タヴェルニエ、オタール・イオセリアーニらの助監督を務め、『やさしい嘘』(2001)にて商業映画デビューを果たし、エメルジャンス賞最優秀脚本家大賞、カンヌ国際映画祭国際批評家週間グランプリ、セザール賞最優秀作品賞を受賞

二作目にはシャルロット・ゲンズブール主演に迎え、オーストラリアの広大な自然を舞台に描いた『パパの木』(2010)を手がけました。

『やさしい嘘』、『パパの木』ともに母と娘の物語を描いてきたジュリー・ベルトゥチェリ監督。

本作では、カトリーヌ・ドヌーヴの実娘で女優のカトリーヌ・マストロヤンニと母娘役で共演を果たし話題を呼んでいます。

スポンサーリンク

映画『アンティークの祝祭』の作品情報

【日本公開】
2020年(フランス映画)

【英題】
CLAIRE DARLING

【監督・脚本】
ジュリー・ベルトゥチェリ

【原作】
リンダ・ラトレッジ

【キャスト】
カトリーヌ・ドヌーヴ、キアラ・マストロヤンニ、アリス・タグリオーニ、ロール・カラミー、サミール・ゲスミ

映画『アンティークの祝祭』のあらすじ

夏のある朝、クレール(カトリーヌ・ドヌーヴ)の決意は突然に起こりました。

70年以上におよぶ長い人生。ここのところ意識や記憶がおぼろげになることが増えてきました。

「今日が私の最期の日」と確信した彼女は、長年かけて集めてきたからくり人形、仕掛け時計、肖像画など数々のコレクションをヤードセールで処分することにします。

見事な品々の大安売りに、庭先はすぐにお客と見物人で賑わいはじめました。

大きな家財から小さな雑貨まで家中を彩り続けたアンティークたちは、いつもクレールの人生と共にありました。

それは、彼女の劇的な生きざまの断片であり、切なく悲劇的な記憶を鮮明に蘇らせるものでもありました。

一方、疎遠になっていた娘マリー(キアラ・マストロヤンニ)は、母のこの奇妙な行動を友人のマルティーヌ(ロル・カラミー)から聞きつけ、20年ぶりに帰ってくるのですが…。

スポンサーリンク

まとめ

アンティークが見つめ続けた波瀾万丈な人生。その最期の日を鮮やかに締めくくる感動の人間ドラマが遂に日本公開されます。

映画『アンティークの祝祭』は、2020年6月5日(金)よりシネスイッチ銀座ほか全国順次公開です。

続報をお待ちください。

関連記事

新作映画ニュース

映画『るろうに剣心 最終章』キャスト雪代縁役は新田真剣佑!演技評価とプロフィール紹介

大ヒットシリーズ『るろうに剣心』の完結編『るろうに剣心 最終章 The Final』は2021年4月23日公開 和月伸宏の人気コミックを佐藤健主演&大友啓史監督で実写映画化した大ヒットシリーズ「るろう …

新作映画ニュース

韓国映画『8番目の男』あらすじ。キャストのヒョンシクが法廷で戦う予告編とポスタービジュアルが解禁!

2008年に韓国で初めて導入された国民参与裁判。 陪審員に選ばれた8人、事件は証拠も証言も揃っていたはずでした。 大人気若手俳優パク・ヒョンシクが華麗に長編スクリーンデビューを飾り、ベテラン女優ムン・ …

新作映画ニュース

映画『楽園』キャストの藤木五郎役は柄本明。【演技力の評価とプロフィール】 

映画『楽園』が2019年10月18日より全国で公開。 『悪人』『怒り』など映像化が続くベストセラー作家・吉田修一。 その最高傑作と評される『犯罪小説集』が、『64-ロクヨン-』を大ヒットさせた名匠・瀬 …

新作映画ニュース

勝地涼映画『アンダードッグ』崖っぷち芸人ボクサーのミヤギを熱演【演技評価とプロフィール】

東京国際映画祭「TOKYOプレミア2020」オープニング作品『アンダードッグ』 『銃』『全裸監督』『ホテルローヤル』の武正晴監督が、『百円の恋』以来6年ぶりにボクシングをモチーフに、森山未來、北村匠海 …

新作映画ニュース

映画『99.9 刑事専門弁護士』キャストの香川照之は佐田篤弘役!演技力の評価とプロフィール

映画『99.9 刑事専門弁護士 THE MOVIE』は2021年12月30日(木)ロードショー 大ヒットドラマを映画化した『99.9 刑事専門弁護士 THE MOVIE』が、2021年12月30日(木 …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学