Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2019/05/22
Update

『典座 -TENZO-』カンヌ映画祭にて富田克也監督と僧侶が舞台挨拶に登壇!海外版特報予告も解禁

  • Writer :
  • 石井夏子

禅を世界へそして未来へつなぐ渾身の物語。

2019年秋公開予定の空族・富田克也監督の映画『典座 -TENZO-』

第72回カンヌ国際映画祭の批評家週間「特別招待部門」へ選出され、同映画際にて5月20日(月)に公式上映されました。

本記事では、上映前に行われた富田克也監督、製作・出演を務めた全国曹洞宗青年会の河口智賢、倉島隆行の舞台挨拶リポートと、解禁された海外版特報予告をご紹介します。

スポンサーリンク

カンヌ国際映画祭での舞台挨拶リポート

©全国曹洞宗青年会

2019年て5月20日(月)に、第72回カンヌ国際映画祭の批評家週間「特別招待部門」で公式上映された本作。

上映前には、富田克也監督、製作・出演を務めた全国曹洞宗青年会の河口智賢、倉島隆行らが登壇し、本作への思いを語りました。

本作は、富田監督が全国曹洞宗青年会より依頼を受け、道元禅師が遺した「典座教訓」を軸に、3.11 以降の現代日本における仏教の意義、そして信仰とは何かを探求しました。

富田監督は「かつて日本は世界第2位の経済大国と言われ、仏教は葬式の時のものでした。ただ、2011年に起きた東日本大震災による津波の被害、そして原発事故によって、日本は大きな危機を迎えました。それ以降、彼ら僧侶たちは皆から必要とされ始めているように感じていると言います」と、現代においての僧侶の必要性を語ります。

そして映画を制作した動機として「今こそ、私たち日本人は変わらなければいけない。加えて、仏教界も変わらなくてはいけないという彼ら僧侶たちの思いを映画に込めました」と力強い口調で述べました。

続けて、製作と出演者を兼務した僧侶の河口智賢も「カンヌ映画祭とご縁を頂いて本当に心から感謝しています。私たち日本人は8年前に深い悲しみを迎えました。その中で、私たち僧侶ができることは何なのか、それを日々考えてきました。私たち僧侶も一人の人間です。時に苦しみ、葛藤しながら日々生活をしています。それでも、いつも人々の心に寄り添う仏教の素晴らしさを伝えたいと言う思いで、この映画を制作しました」と、その胸の内を明かしました。

映画『典座-TENZO-』の特報予告

今回、解禁された海外版特報は、ラッパーNORIKIYO の楽曲『1人の人として』に乗せて、自殺未遂を繰り返す女性の「いのちの電話」を受ける僧侶の河口が。

そして東日本大震災の津波でお寺も檀家も無くし、土木作業員として働く倉島の姿を捉えています。

今の時代にあって信仰は如何にあるべきか。2人の若き僧侶の苦悩を通して描かれる本作に期待が高まるところです。

スポンサーリンク

映画『典座-TENZO-』の作品情報


©全国曹洞宗青年会

【公開】
2019年(日本映画)

【監督】
富田克也

【脚本】
相澤虎之助、富田克也

【出演】
河口智賢、近藤真弘、倉島隆行、青山俊董

【作品概要】
曹洞宗の開祖・道元が遺した『典座教訓』とある兄弟弟子の姿を軸に、3.11以降の現代日本における仏教の意義、そして信仰とは何かという問いへの探求を試みた作品。

『サウダーヂ』(2011)『バンコクナイツ』(2016)を手がけた富田克也監督が、全国曹洞宗青年会からの依頼を受け、ドキュメンタリーとフィクションを交えて制作した仏教映画です。

本作は、第72回カンヌ国際映画祭・批評家週間「特別招待部門」への正式出品されました。

映画『典座-TENZO-』のあらすじ

10年前、本山での修行期間を終えた兄弟子の倉島隆行(僧名・リュウギョウ)と弟弟子の河口智賢(僧名・チケン)は、自らの生まれた寺へとそれぞれ戻っていきました。

富士山の裾野に広がる山梨県都留市、耕雲院。

智賢は、住職である父と、母、妻、そして重度の食物アレルギーを抱える3歳の息子と共に暮らし、全国曹洞宗青年会副会長としての顔も持ち、いのちの電話相談、精進料理教室やヨガ坐禅など、意欲的な活動を続けています。

一方の兄弟子・隆行は福島県沿岸部にあったかつてのお寺も、家族も檀家も、すべてを津波によって流されてしまいました。

今では瓦礫撤去の作業員として働き、ひとり仮設住宅に住まいながらも、本堂再建を諦めきれない隆行は…。

スポンサーリンク

まとめ

監督の富田克也は、2011年に公開された『サウダーヂ』が、ロカルノ国際映画祭の国際コンペティションに招待され、ナント三大陸映画祭でグランプリを受賞。国内では、高崎映画祭最優秀作品賞、毎日映画コンクール優秀作品賞&監督賞の2冠に輝きました。

また、タイ・ラオスオールロケを敢行した 2016年公開作『バンコクナイツ』がロカルノ国際映画祭の国際コンペティションなど世界中の約30の映画祭に招待されます。国内では、第72回「毎日映画コンクール」にて監督賞、音楽賞の2部門を受賞。

国内外で常に高い評価を受けてきた富田監督が、葬式仏教と揶揄されて久しい現在にあって、青年僧侶たちの葛藤、そして悟りとはという壮大なテーマを、道元禅師が遺した「典座教訓」を軸に、今を生きることを紐解きつつ、ドキュメンタリーとフィクション、そして時間と空間をも自在に飛び越えながら、禅問答のように描きます。

映画『典座-TENZO-』の日本公開は2019年秋予定。

またフランスでは同じく2019年秋に全国公開が決まっており、150館以上で公開される予定とのことで、富田克也監督の最新作に世界が注目していることが窺えますね。

公開日や上映劇場については、続報が入り次第お伝えしますので、どうぞご期待ください。

関連記事

新作映画ニュース

スパイダーマン:スパイダーバース|映画シリーズ初の快挙!オスカー前哨戦へ本格始動

映画『スパイダーマン:スパイダーバース』の日本公開は2019年3月8日より全国ロードショー! アメリカで映画レビューが解禁するやいなや、各メディアから「史上最高のスパイダーマン映画!」と空前の大絶賛を …

新作映画ニュース

映画『夢みるように眠りたい』リマスター版あらすじ/上映館/公開日。林海象デビュー作品がスクリーンで蘇る!

34年の時を経て、幻のフィルムがスクリーンによみがえる。 1986年に公開された林海象監督のデビュー作『夢みるように眠りたい』。 34年の間、眠っていた幻のフィルム『夢みるように眠りたい』がデジタルリ …

新作映画ニュース

20代若手女優の円井わんによる無料配信『コウキの雨鳴き』あらすじ/キャスト。注目のドラマ動画をYouTubeで見る!

監督西川達郎×俳優円井わん 若手コンビによる完全リモート企画の連続モキュメンタリードラマ始動! 映画『向こうの家』で2019年ええじゃないかとよはし映画祭でグランプリを受賞した監督・西川達郎が、新たに …

新作映画ニュース

いつも月夜に米の飯|加藤綾佳監督&山田愛奈トークイベント報告と予告編解禁

加藤綾佳監督×山田愛奈主演の映画『いつも月夜に米の飯』は、9月8日(土)シネマカリテ、9月22日(土)新潟・シネウィンドほか全国順次公開。 7/28(土)に新宿シネマカリテにて行われたプレミア上映&ト …

新作映画ニュース

『ヴィクトリア女王 最期の秘密』スティーヴン・フリアーズ監督と女優ジュディ・デンチの信頼感を垣間見る画像解禁!

ジュディ・デンチ主演のスティーヴン・フリアーズ監督最新作『ヴィクトリア女王 最期の秘密』 が 2019年1月25日(金)より Bunkamura ル・シネマほかで全国公開。 その名を知らない者はいない …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学