Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ホラー映画

映画『ザ・ライト エクソシストの真実』ネタバレ感想と考察。ルーカス神父をアンソニーホプキンスが怪演

  • Writer :
  • からさわゆみこ

事実に基づく「悪魔祓い」の儀式、エクソシストの存在に迫る!

今もなお行われている「悪魔祓い」と呼ばれるバチカンの正式な職業「エクソシスト」をあなたはご存知でしょうか?

これまでも悪魔祓いといわれる「エクソシスト」を扱った映画はいくつもありますが、今回ご紹介する『ザ・ライト-エクソシストの真実-』(2011)は、事実に基づき描かれたエクソシストの全貌に迫った衝撃作です。

昨今のアメリカでは悪魔の存在を信じる人の割合が多くなり、1990年には50%台だったのが、2007年には70%に達していると言われ、それに伴い悪魔に憑依されたという案件が増え、悪魔祓いを行う「エクソシスト」の役割が求められました。本作中にもそれを裏付けるシーンが登場します。

スポンサーリンク

映画『ザ・ライト -エクソシストの真実-』の作品情報

(C)2011 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.

【公開】
2011年公開(アメリカ映画)

【原作】
「The Rite」/マット・バグリオ

【監督】
ミカエル・ハフストローム

【キャスト】
アンソニー・ホプキンス、コリン・オドナヒュー、アリシー・ブラガ、キアラン・ハインズ、トビー・ジョーンズ、ルトガー・ハウアー、マルタ・ガスティーニ、マリア・グラツィア・クチノッタ、クリス・マークエット

【作品概要】
原作者のマット・バグリオ氏が実際に2005年から3年間、アメリカの神父や悪魔祓いに関する取材を続け、現実の出来事をもとに描かれた物語です。

日本での公開は2011年3月19日の予定でしたが、東日本大震災の影響により4月9日に延期されました。本作は悪魔払いの儀式をする「エクソシスト」をテーマとしたホラー映画ですが、事実に基づいたドキュメンタリー的要素も含んだストーリー。

監督は『1408号室』(2007)のミカエル・ハフストローム、神学生マイケル・コヴァック役にはテレビシリーズの「THE TUDORS〜背徳の王冠〜」に出演したコリン・オドナヒュー、ルーカス神父役には、『羊たちの沈黙』(1991)でハンニバル・レクター博士の役でアカデミー主演男優賞を受賞している、アンソニー・ホプキンスが迫力の怪演をし、「ハリーポッター」でお馴染みのドビーの声役トビー・ジョーンズ、『アイ・アム・レジェンド』(2007)のアリシー・ブラガが共演しました。

映画『ザ・ライト -エクソシストの真実-』のあらすじとネタバレ

(C)2011 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.

主人公のマイケル・コヴァックは幼い頃に母親を亡くし、葬儀屋を営む父を手伝いながら二人で暮らしていました。

マイケルは神父や葬儀屋である家系に育ちましたが、信仰心は薄く逆に神の存在について強い猜疑心を抱いていました。

自分の将来についても明るい希望はもっておらず、経済的な事情と家系が神父か葬儀屋だという理由で大学には行かず、学位が取れるという理由と奨学金で神学校に進学しました。

マイケルの司祭になるべく最終査定の成績は優秀でしたが、「神学」の成績だけ極端に悪く恩師のマシュー神父は「わざとか?」と、問います。

マイケルには司祭になる資質「信仰心」が欠落していました。それを理由に「終生誓願」をするに気持ちが至らないと司祭への道を辞退しようとするのです。そして、「辞退届」を出した晩にマイケルの運命を動かす事件が起こります。

外出をするマイケルの姿を見つけたマシュー神父が追いかけ呼び止めます。マイケルの目の前でマシュー神父は歩道で転倒し、それを避けようとした自転車に乗った少年がトラックにはねられてしまいます。

マイケルは少年に駆け寄り無言で見守りますが、瀕死の少年は薄れゆく意識の中で、マイケルに祈りを乞うのです。

「神父様、お祈りを……このまま死にたくない」と、訴える少年にマイケルは知っている限りのキリストの言葉を少年に捧げ、少年はそのまま安らかに亡くなりました。

その一部始終を見ていたマシュー神父は翌日、司祭を辞退したマイケルに「終生誓願」を行わない学生は奨学金を返還しなければならないと伝え、年間50万件以上の「悪魔に憑依された」という報告がバチカンにあり、「エクソシスト養成講座」が設立したと話しを切りだします。

つまり、マシュー神父は司祭になることを辞退する以前に、単に実家から「逃避」するだけのために、神学校を選んだのか? その意味についてバチカンへ行き「悪魔祓いの方法講座」を学びながらもう一度、よく考えることを薦めます。

以下、『ザ・ライト -エクソシストの真実-』ネタバレ・結末の記載がございます。『ザ・ライト -エクソシストの真実-』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

(C)2011 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.

ローマに着いたマイケルは、悪魔祓いの講義をうけながらも「悪魔」と「神」の存在や、悪魔が人に憑依し及ぼす現象には疑問が膨らむばかりでした。

その疑問をザビエル神父にぶつけ問答をしたことで、マイケルのエクソシストへの運命が加速します。

マイケルは悪魔に憑依され人格が豹変するのは、『妄想型統合失調症』と判断しています。

しかし、ザビエル神父は憑依されているものは「妄想」の認識はなく何もなかったかのように正気に戻ることがあり、何より違うのは特異な能力を発揮すると覆していきます。

ザビエル神父は親友のマシュー神父が推薦したマイケルに、根拠のない期待を寄せ“正統ではなく異端”でありながら一流のエクソシストが、マイケルに悪魔の存在を示してくれると告げ、ルーカス神父を訪ねるように促します。

マイケルがルーカス神父を訊ねると早速、父親に犯され妊娠をした少女ロザリアの悪魔祓いを目の当たりにします。

マイケルは少女の豹変について、悪魔の仕業などではなく、父親によるレイプと妊娠による自責によるものだと考えます。

ルーカスはそんなマイケルに「懐疑主義者や無心論者は、いつも証拠や確実性を必要とする。存在の証拠がないのが証拠なのだ」と、諭しました。

更にルーカスは言います。「私も完全に信仰を失う時がある。何を信じるか苦悩する。私もただの人間だとても弱い人間、無力なのだ。しかし何かが私を内側から掻きむしり続ける……神の爪のような何か……」

別の日は、夢に赤い目のラバがが現れて、自分を蹴って噛みついた。と、いう少年に会い話しを聞きます。

そのラバは少年の父親で少年に“自殺をしろ”と命令したと語りました。少年は背中と腹に噛まれた跡があるのを見せます。

ルーカス神父は少年に暗示をかけるように祈りを捧げ、少年の枕に潜んだ悪魔をみつけたように、カエルを取り出し儀式めいたことをして焼き捨てます。しかし、そのカエルは神父の住まいの池にいたカエルだったのです。

おそらくルーカスは少年の症状がロザリアほどの深刻さはないと判断し、安心させるため小芝居をしました。

家に帰宅すると憑依されていたロザリアが入水自殺をはかったと連絡が入ります。病院ではロザリアは拘束され苦しみ身もだえていました。

そして、ルーカスの悪魔祓いにより、落ちつきを取り戻したのもつかの間、ルーカスが休息をとっている間にロザリアは再び急変し、胎児と共に絶命します。

マイケルはルーカス神父のことやそれまでのできごとを、茶番だったと決めつけ去っていきます。

そして、その夜にマイケルの父が脳卒中で倒れ危篤状態になったと連絡が入ります。しかし火山の噴火により飛行機は欠航し、アメリカに帰国できません。

マイケルは最寄りの宿から病院に電話をし様態を確認した時に、父親と会話をします。しかし、通話が途切れ次に担当医師と変わった時には、すでに父親は亡くなっていて数時間が経っていると告げられたのです。

宿の外に目をやると雪が降り積もり、そこには蹄の足跡がありました。外に出たマイケルは赤い目をしたラバの姿を見て、ブラスレットの鳴る音を聞きました。

マイケルはこれまでのことを同じ講習の受講生でジャーナリストの、アンジェリーナに一部始終を話すのでした。アンジェリーナはエクソシストについて取材をしていました。

マイケルは赤い目のラバを見た少年に再び会い、自分の父親の死を予言していたことを知ります。そして、マイケルも赤い目をしたラバを見たはずと告げます。

その頃、ルーカス神父はロザリアの死のショックから失意に陥り、我を失い街中をさまよっていました。そして、不思議な経験をしたマイケルはルーカス神父を訪ね、雨の中で気を失うルーカスをみつけます。

ルーカス神父はマイケルに言います。「もう、祈れない……神の恩寵が消えた。祈りだけが救済……祈りしかないのに」ルーカスは既に自分が悪魔に憑りつかれていると気がつきました。

ルーカス神父はザビエル神父を呼んで、自分に憑いた悪魔を祓うようマイケルに言います。

しかし、それを阻止するようにザビエル神父は長期不在と知らされます。ルーカスの様相は急速に変化していきます。

ザビエル神父不在の中で、悪魔祓いをする自信のないマイケルは悩みます。アンジェリーナは「あなたがここに来たのは自分で決心をしたから、家やお父様を残して。この道に導かれたのよ。運命なの・・・“あなたは一人ではないわ”」と、言います。

アンジェリーナが母の残してくれた言葉と同じことを言ったので、母親が聖母マリアのカードをくれた日のことを思い出し、マイケルが信仰を捨てたのは母親が死んだ時からだと気がつきます。

悪魔はそんなマイケルの秘密を知っていて、弱みに付けこんだのです。しかし、母のことを思い出したことで、これまでの数々のできごとは、母が悪魔から自分を守るために導いてくれたと、信じることができたのです。

そして、「悪魔を信じる。そして、悪魔を信じることで、神を受け入れる」と宣言するのでした。マイケルはルーカス神父に憑りついた悪魔の名前「バール」を聞き出し、悪魔祓いを成功させました。

スポンサーリンク

映画『ザ・ライト -エクソシストの真実-』の感想と考察

(C)2011 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.

本作のプロローグにヨハネ・パウロ2世の言葉として、信じる者など誰もいない……「大天使聖ミカエルによる、悪魔との戦いは今も続いている。悪魔は今も存在するからである」と、出てきます。

作者の意図は悪魔祓いをする「エクソシスト」の存在を、絵空事ではなく実在するということを描いています。

作中にでてくるアンジェリーナがその役割といえるでしょう。そして「信じる者など誰もいない」は、悪魔の存在など信じない現代の若者として、マイケルを仕立てたのです。

マイケルは心理学など科学的根拠、説明のつく事実しか信じていませんでした。そこまでマイケルを「無神論者」にしたのには、幼い頃に亡くした母の死や葬儀屋に運ばれる遺体の死因にあったようです。

なぜ母親は死なねばならなかったのか? 人の死は病気や事故だけではなく、生きていることへの苦しみや絶望が関わっていることもあり、そこに神の救いはないと思うようになったのでしょう。

母の死を受け入れられないまま、マイケルは精神心理学で説明がつくものと考えるようになったのです。

しかし、マイケルに信仰心が戻らなければ、悪魔に憑りつかれてしまう危険もはらんでいるようでした。それは作品の冒頭から布石がありました。

ストーリーの序盤にで葬儀屋に運び込まれた女性の遺品にブレスレットがあります。そこには“カエル”と“青い瞳”を模したチャームが付いていますが、このブレスレットは中盤に登場するロザリアも身に着けており、ストーリーのキーワードになります。

ルーカスに憑りついた「悪魔バール」はヒキガエル、猫、または人間に似た姿をしていると言われていて、ルーカスの家に住み着く猫や池のカエルなどがその象徴だったと考えられます。

つまりブレスレットは悪魔バールと、青い瞳のマイケルを表わするものだったのではないでしょうか。

善と悪の表裏性や嘘や都合のいい解釈などを、名俳優で知られるアンソニー・ホプキンスの狂気な演技とビジュアルで表現したのは、映画として受け入れやすかったと言えます。

また、日本にも「虫の知らせ」「三途の川」という言葉があるように、第六感的な精神世界が存在することも否めず、偶然ではかたずけられない経験をしたことのある人は多いでしょう

それらをビジュアル的に説明したのが、本作品『ザ・ライト -エクソシストの真実-』なのです。

まとめ

(C)2011 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.

『ザ・ライト -エクソシストの真実-』は、実際にアメリカで起こっている、悪魔に憑依されていると訴える人と真っ向から対処する「エクソシスト」の存在を知らしめています。

また、それは現代人の生き難さや、価値観の相違が起こす対立関係を、事実に基づいたドキュメンタリーに脚色を加えて制作されています。

単純に悪魔の存在を否定したり、精神疾患の疑いを排除しているのではなく、心に巣くう闇には多数の理由があり、その闇から救い出す方法論として専門医もいれば、それでも解決できなければ「エクソシスト」の存在もいるという「証拠」を示しているのです。

つまり、現代社会は疑心暗鬼にまみれ、様々な悩みを抱える人には、多様な解決の糸口があるということです。

本作は強い意志に従うわけでもなく、打算的に神学校へ行ったアメリカ人の青年が、導きなのか温情なのか恩師の助言でローマに行くこととなり、異端と呼ばれる一流のエクソシストの神父と関わり、悪魔ばらいを目の当たりにしながら、信仰心を取り戻し司教になっていく姿を描いた作品でした。



関連記事

ホラー映画

【スリー・フロム・ヘル】高橋ヨシキ×てらさわホークによる映画解説トークショー開催!《シッチェス映画祭 ファンタスティック・セレクション2020》

映画『スリー・フロム・ヘル』は、シッチェス映画祭 ファンタスティック・セレクション2020にて上映中! 1968年に創設され世界で最も権威ある、SF・ホラー・スリラーサスペンス映画などファンタジー系作 …

ホラー映画

『カラダ探し』ネタバレ結末あらすじと感想考察の評価。赤い人との戦う6人の最後の運命は失敗すれば同じ日をループする命がけ⁈

深夜の学校で繰り広げられる、命を懸けた「カラダ探し」の行方は? 謎の少女の幽霊「赤い人」から逃げながら、深夜の学校に隠された、体の一部を探し揃えていく「カラダ探し」の恐怖を描いた、ホラー映画『カラダ探 …

ホラー映画

ホラー映画『ワーニング』感想と内容解説。韓国ガチ怖の見たら死ぬ恐怖の真相【夏のホラー秘宝まつり2020オープニング上映】

映画『ワーニング その映画を観るな』は2020年8月21日(金)より、キネカ大森・シアターセブン・シネマスコーレで開催の「夏のホラー秘宝まつり2020」にてロードショー! 毎年恒例となった、観客参加型 …

ホラー映画

ワニ映画2019『クロール 』ネタバレ感想レビュー。パニックとサバイバルの「凶暴領域」に襲われた父娘の絆

映画『クロール -凶暴領域-』は2019年10月11日(金)よりロードショー! ホラー映画の巨匠であるサム・ライミが製作、『ピラニア3D』などを手掛けたアレクサンドル・アジャが監督を務めたモンスター× …

ホラー映画

『ウォーハント 魔界戦線』ネタバレあらすじ結末と感想解説の評価。ホラーに戦争映画の要素をプラスさせて“極秘任務”を遂行しようとするアメリカ軍に迫る恐怖

人を狂わせる「魔女の森」で、極秘任務は遂行できるのか!? 第2次世界大戦末期の時代を舞台に、森に墜落した輸送機と極秘書類の捜索に向かった、アメリカ軍が遭遇する恐怖を描いた映画『ウォーハント 魔界戦線』 …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学