Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ホラー映画

Entry 2022/07/20
Update

ネタバレ『呪詛』解説|続編次回作を“強烈なラスト”から予想。第3の壁を越えてガチ怖に見る者を陥れた《2つの手法》を徹底検証

  • Writer :
  • 糸魚川悟

強烈すぎるラストが鑑賞者に襲いかかる最恐ホラー映画

「台北映画祭」で7部門にノミネートし、2022年の台湾で最も高い興行成績を記録した映画となることが確実視されているホラー映画『呪詛』(2022)。

2022年7月8日(金)に日本の映像配信サービス「Netflix」で配信されると、本作を観た多くの視聴者から作品の最後に仕掛けられた「とある仕掛け」に対し、ホラー映画として良い意味での悲鳴があがりました。

今回はそんな映画『呪詛』をネタバレを含みながら、作品の特色と続編構想についてを類似作品と比較しながら紐解いていこうと思います。

スポンサーリンク

映画『呪詛』の作品情報


(C)2022 Netflix

【公開】
2022年(台湾映画)

【監督・脚本】
ケヴィン・コー

【原題】
Incantation

【キャスト】
ツァイ・ガンユエン、ホアン・シンティン、ガオ・インシュアン、ショーン・リン、阿Q、ホアン・シンティン

【作品概要】
『絕命派對』(2009)で長編映画デビューを果たしたケヴィン・コーが、台湾で実際に発生した事件から着想を得て製作した作品。

『百日告別』(2017)に出演したツァイ・ガンユエンが主演を務めました。

映画『呪詛』のあらすじ


(C)2022 Netflix

ある地方の宗教で禁忌とされる行為を行ったルオナンの周囲では親しい近親者だけでなく、関わったすべての人間が次から次へと死亡しました。

6年後、施設に預けていた娘の引取りを許可されたルオナンは彼女の母親となるために尽力しますが、呪いが自身だけでなく娘にも影響を及ぼしていることを知り……。

スポンサーリンク

ビデオカメラを持つ人間の視線を体感できる「POV」


(C)2022 Netflix

主人公のルオナンがとある宗教の禁忌を犯したことで恐ろしい呪いを受けることになってしまう本作は、ルオナンによる映像配信という形で物語が進行されます。

ルオナンは配信者であった6年前も、施設に預けていた娘を引き取った現在も終始ビデオカメラを使って録画をしているので、彼女による回想は本人や友人によって撮影された映像を使う「POV(Point of View)」形式で描かれていきます。

POV形式は登場人物の視線を模倣することで映画への没入感の向上に繋がるため、近年では緊迫感の必要なサスペンスやホラー映画での採用率も高く、一昔前ほどに珍しさのある手法とは言えなくなっています。

しかし、本作ではこの形式を「ある目的」のために用いており、映画の枠を越えた恐怖の体験を鑑賞者に与えていました。

2つの手法を用いて作り出した恐怖

『ブレア・ウィッチ・プロジェクト』(1999)の大ヒットによって一躍有名となったPOV形式ですが、この作品ではPOV形式に付随して「モキュメンタリー」と呼ばれる演出も話題となりました。

架空の出来事を事実風に映像化することによって作品に現実味を帯びさせるモキュメンタリーはPOV形式との相性が良く、映画『ノロイ』では実在の芸人を起用することで劇中の呪いが現実にも存在するかのような錯覚を覚えさせています。

『呪詛』ではこの2つの「現実味」と「没入感」を引き出す手法を『ノロイ』(2005)のように劇中の呪いが現実にも存在するかのような錯覚を生み出す効果として利用してはいましたが、その目的はホラー映画として良い意味でさらに悪意に満ちていました。

本作の終盤で邪神に呪われたルオナンは、娘のドゥオドゥオを救うために自身の配信を見ていたすべての人間に呪いを共有していたことが明らかになります。

作品の冒頭から心の中で唱えることを再三に渡って要求していた祈りの言葉は実は呪いを受け入れる呪文であり、何度も繰り返されることで心の中で唱えてしまった鑑賞者もいたはずです。

POVとモキュメンタリーによって「現実味」と「没入感」が高まっている終盤で明らかになる、作中で関係者全員を死に至らしめた呪いを鑑賞者にも移す演出

映画でありフィクションであると分かっていながらも、心臓の鼓動がなぜだか早くなるような、類似作品を踏襲しながらもさらに進化させた最先端の恐怖映画と言える作品でした。

明らかとなった3部作構想


(C)2022 Netflix

本作は世界からの高い評価を受けて、公式Facebookで続編の製作が発表されました。

さらに本作は3部構想の物語になることも同時に明かされ、物語がどのように進んでいくのかに注目が集まっています。

ルオナンは物語のラストで邪神の顔を映したことで頭を激しく祭壇に打ち付けると言う、死亡したチーミンと同じ結末を迎えてしまい、生死こそ明らかになっていませんが死亡もしくは重傷を負ったことは間違いありません。

登場人物はドゥオドゥオにかけられた呪いへの対抗を試みた導師だけでなく、ルオナンのセラピーを担当していた医師までもが死亡しており、瀕死の状態となっていたドゥオドゥオ以外の生存者はほぼいない状態。

物語はこの状態からどのように進んでいくのでしょうか。

宗教と子供の関係から考える続編の物語

『呪詛』では「土着信仰」と「子供」という2つの要素にフォーカスが当てられていました。

各地の宗教では子供は神を宿す「器」や、時には神に捧げる「生贄」として大人よりも神に近しい存在として扱われる様子が見られます。

本作では邪神「大黒仏母」の顔をあらためてしまった人間を除くと、大黒仏母は過去に契約を果たしてしまったルオナンの娘ドゥオドゥオに執着しているようでした。

公開された続編のポスターではドゥオドゥオの周りに仏像が並べられており、ドゥオドゥオが大黒仏母からの呪いを受け続けていることが推測されます。

「土着信仰」と「子供」という重要な要素を用いた作品としては同名ゲームを題材とした映画「サイレントヒル」シリーズがあり、1作目『サイレントヒル』(2006)で神の器とされてしまった少女が、2作目『サイレントヒル: リベレーション3D』(2013)で自身の宿命を向き合う様が描写されていました。

『呪詛』の3部作構想が現実のものとなった場合、「サイレントヒル」シリーズのように最終作では大黒仏母との対峙が描かれるのではないかと、本作があまりにも悲惨なラストゆえに楽しみになってしまいます。

スポンサーリンク

まとめ


(C)2022 Netflix

さまざまな手法を用いて「現地味」を高めることで、映画と鑑賞者の間にある「第3の壁」を越えて観る人を恐怖に陥れたホラー映画『呪詛』

ケヴィン・コー監督はホラー映画を観ることについて「ジェットコースターに乗るようなもので、怖いけれどなぜか惹きつけられる」と語っており、全体を包んだ恐怖の雰囲気に怯えながらも先を観てしまう、本作はまさにジェットコースターのような作品でした。

既に製作の始まっている続編では、一体どんな手法で鑑賞者を再び恐怖に陥れてくれるのか、今から楽しみで仕方がありません。



関連記事

ホラー映画

映画ポゼッション(2013)|ネタバレ感想と結末解説のあらすじ。サムライミが手掛けた実話に基づく‟呪いの箱の恐怖”

エクソシストホラーの真髄を見せる『ポゼッション』 オーレ·ボールネダル監督と「スパイダーマン」(2002)シリーズを演出したサム·ライミの、心理的恐怖を扱ったホラー映画。 LAタイムズに紹介された謎の …

ホラー映画

映画『ドクターエクソシスト』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

人間の潜在意識に入り込み、悪霊を除霊する車椅子の科学者と悪霊との戦いを描いたホラー作品。 科学の力で悪霊に対抗する、新感覚の悪霊祓い映画が誕生! スポンサーリンク CONTENTS1.映画『ドクター・ …

ホラー映画

映画『ザ・ボーイ2 残虐人形遊戯』ネタバレ感想と結末解説のあらすじ。ケイティホームズ演じる母親が怖いドールと対峙する

『ザ・ボーイ~残虐人形遊戯~』は『ザ・ボーイ~人形少年の館~』の続編! 2016年に10~20代の青少年を熱狂させた映画『ザ・ボーイ~人形少年の館~』のオリジナル興行チームと『IT/イット “それ”が …

ホラー映画

映画『死霊館 エンフィールド事件』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も

惜しげもなく現実に存在する怖さを知らしめた前作『死霊館』の続編『死霊館 エンフィールド事件』。 大人気シリーズ「死霊館」の第2作『死霊館 エンフィールド事件』を紹介していきます。 スポンサーリンク C …

ホラー映画

映画『インヘリタンス』ネタバレ結末とラスト解説の感想。どんでん返しな本格ミステリーはタイトルの意味である“遺産”という意味深な謎を受け継ぐ恐怖

父親が遺した遺産の謎の男の存在と耐え切れない真実を描く『インヘリタンス』 映画『インヘリタンス』は、ヴォーン・スタイン監督のミステリースリラーのアメリカ映画。 父親が残した遺産が地下壕に埋まっているこ …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学