Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

サスペンス映画

Entry 2019/11/16
Update

映画『FIND』あらすじネタバレと感想。アイドルたちの結末に見たシチュエーションスリラーの新たな方向性

  • Writer :
  • 増田健

アイドルたちが命がけのデス・ゲームに挑戦する!

映画「ソウ(SAW)」シリーズの公開からブームを巻き起こした密室によるデス・ゲーム。

生死をかけた極限の状態で繰り広げられる、ソリッドシチュエーションスリラーです。

映画『FIND』は、そんな人気ジャンルに人気のアイドルたちが挑戦した作品です。

美しき少女たちは、なぜこの場所に、どんな目的で集められたのか。少女たちを襲う者の正体は誰なのか。

生き残るのは誰なのか。そしてあなたが推すアイドルに、どんな運命が待ち受けるのか…。

スポンサーリンク

映画『FIND』の作品情報


(C)2019「FIND」製作委員会

【公開】
2019年(日本映画)

【監督】
山嵜晋平

【キャスト】
鶴見萌、熊澤風花、花宮ハナ、朝比奈れい、茉井良菜、涼掛凛、神田ジュナ、望月みゆ、相沢梨紗

【作品概要】
理由も判らないまま、森の中の廃教会に集められた8人の少女たち。彼女らを制裁と称して殺害する謎の男。その魔の手から逃れようとする少女たちを描く、シチュエーションスリラー映画。

この映画に集まったアイドルは、「虹のコンキスタドール」のメンバー鶴見萌、「Task have Fun」の熊澤風花、「ARCANA PROJECT」の花宮ハナ、「天晴れ!原宿」の朝比奈れい。

「煌めき☆アンフォレント」の茉井良菜、「Jewel☆Neige」の涼掛凛、「虹のファンタジスタ」の神田ジュナ、「バンドじゃないもん!MAXX NAKAYOSHI」の望月みゆ、そして「でんぱ組.inc」の相沢梨紗。

監督の山嵜晋平は、三池崇史監督の下でキャリアを重ね、瀬々敬久監督の『菊とギロチン』など多くの作品で助監督を務めています。

2017年には自ら監督したアクションホラー、『ヴァンパイアナイト』をゆうばり国際ファンタスティック映画祭に出品しました。

続く監督作『テイクオーバーゾーン』は、今年の東京国際映画祭の日本映画スプラッシュ部門に出品、高い評価を得ている、若い女性の姿を描く手腕に定評のある人物です。

映画『FIND』のあらすじとネタバレ


(C)2019「FIND」製作委員会

若者の間で、憎む相手を殺してくれるサイトが話題になっていました。そのサイトなら、見つけられない相手でも、探し出して殺害してくれると噂されています。

1人の少女が、そのサイトに興味を示します。サイトの名は“殺人検索サイト”「FIND」…。

森の中にある廃教会の礼拝堂で、ミカ(鶴見萌)が目を覚まします。周囲には彼女同様に意識を失った少女たちがいました。ミカは自分がなぜこの場所にいるのか理解できずにいました。

次々目を覚ます少女たち。皆ここがどこか判らず、互いに面識も無く不審を抱きます。

生まれつき足が悪く、熊のぬいぐるみを抱いたマリコ(望月みゆ)が、恐る恐る皆に名乗ります。続いて自分を紹介したのはスズネ(熊澤風花)。

ジュンコ(茉井良菜)は名乗ると共に、誰かここにいる理由を知っているかを訊ねると、教師のミカは仕事帰りの際に意識を失い、ここで目覚めたと答えました。

レイ(涼掛凛)、アイ(朝比奈れい)、ユキナ(神田ジュナ)、そして気の強そうなアカネ(花宮ハナ)らも、帰宅時か家にいた時が最後の記憶でした。彼女らは意識を失わされた上で、ここに集められたのです。

皆が荷物も、携帯電話も持っていませんでした。動揺する8人に、黒い紙が何枚も舞い落ちてきます。黒い紙には何も記されていませんでした。

しかしスズネの拾った紙にはメッセージが記されていました。彼女は読み上げます。「何か来る、上に逃げろ」と。

階段を上がりバルコニーに向かうスズネ。すると礼拝堂に不気味な仮面をした男が現れ、いきなりユキナを殴り殺します。一同は悲鳴を上げ、スズネに続いて階段をかけ上がります。

バルコニーで彼女らは椅子を積み上げ、階段にバリケードを築きます。しかしアイは足を痛めて取り残されました。男に追われたアイは、バリケードの中に入れるよう必死に訴えます。

男はゆっくり階段を上ってきます。ミカらはバリケードを崩してアイを助け入れますが、アカネは手を貸そうとしません。アイを救って改めてバリケードを築くと、男は諦め立ち去ります。

泣き崩れるアイ。彼女を助けようとしなかったアカネを皆が責めますが、身を守る正当防衛のようなもので、責められるべきは仮面の男だと反発するアカネ。

7人になった少女に亀裂が生まれますが、それでも皆でバリケードの強化に動きます。力仕事に慣れたレイが率先して働き、アイの痛めた足を看護師のジュンコが診ます。

しかしバルコニーの隣の部屋の壁には、怪しげな文字が書かれており、ここも安全ではないと知り動揺します。指示に従い上に逃げるべきか、この場で冷静に様子を見るか、意見は分かれます。

スズネとマリコ、アイとレイは上へと進む事を選びますが、ゆっくりと男の足音が迫ってきます。とっさに身を隠し、果たしてメッセージに従って良かったのか迷う4人。

一方バルコニーに残ったミカ、アカネ、ジュンコの前にも仮面の男が現れ、3人はバリケードを崩し下へと逃れます。彼女らは逃げ込んだ廃物が並ぶ部屋でランプにロープを手に入れます。更に武器になりそうな物を探すミカ。

上に向かった4人は、下で起きた騒ぎを聞いて移動を開始します。足を痛めたアイを、レイがかばって先に進ませますが、レイは突如現れた男に襲われ無惨に殺害されます。

残された者は必死に下へと逃れます。調理場に逃げ込んだスズネはアイと共に身を隠し、ようやく男の追跡から逃れます。

1人になった足の不自由なマリコを、現れたアカネが助けます。マリコはアカネの行動に感謝します。食糧置き場に入った2人は、古い保存食を手に入れ一息つきますが、そこでナイフを見つけると、護身用に密かに所持したアカネ。

食糧を持ったアカネとマリコと、道具や武器になりそうな工具や廃材を持ったミカたちは、ようやく一室で合流することが出来ました。

彼女たちは自分たちが置かれている状況は、ネットで聞いた謎の復讐サイト「FIND」の仕業によるものではないか、と語り合います。

些細な出来事が原因かもしれない、誰かの恨みを買って、「FIND」に書きこまれた結果、ここにいるのではないか。皆心当たりになるような事は無く、復讐サイトなど都市伝説に過ぎないのではないか、との意見も出ました。

するとアイが、自分が「FIND」を作ったと告白します。一同は驚き彼女から殺人者の正体を聞き出そうとしますが、アイはサイトの枠組みを作っただけでその実態は知らず、ここにいる以上自分も殺害の対象に過ぎないと説明します。

ネット上の「FIND」に対する書き込みの中には、脱出方法があったとの意見も出ましたが、それこそ噂の類いに過ぎないと否定されます。

絶望した一同ですが、気を取り直して体力を付けるためにも、皆で食事すべきとの意見が出ますが、アカネが反対します。

マリコと見つけた食糧を、それ以外の人間に渡すのは割りがあわない。そう主張するアカネに、大人しいマリコは従うしかありません。当初金を払えと要求したアカネは、最終的にミカたちが手に入れた武器と引き換えで渡します。

こうして皆に食料を分配し、食事にしようとしますが、これに毒が入っているのでは、という懸念が出出来ます。個々の食糧を皆が毒見しては全員が倒れる可能性があり、遅効性の毒では判断がつきかねません。

そこでスズネの提案で、全ての食料を一つに混ぜ、それを1人が毒見することでリスクを減らす事にします。皆が毒見役を敬遠する中、看護師の立場からそれを進んで引き受けたジュンコ。

そんな一同の姿を、モニター越しに見つめている謎の少女(相沢梨紗)の姿がありました。

時間が経過した後、ジュンコは血を吐き倒れます。その姿に大きく動揺するマリコ。

遺された5人は改めて脱出を決意し、建物内を移動しますが、仮面の男に追われバラバラになります。それでもスズネとアカネとアイの3名は、廃教会の外に出ることに成功します。

スズネは館内に残る2人をどうするか訊ねますが、アカネとアイは助けを呼びに行けば問題無いと答えます。ミカとマリコは今も教会の中で、仮面の男に追われていました。

森の中を進む3人。しかし外にも仮面の男がいました。アカネは1人で逃れる道を探します。スズネとアイは少し休むことにしました。

2人きりになるとスズネは、いきなりアイを斜面に突き落とします。地に倒れたアイに、スズネは尋ねます。「本当はどこまで知ってるの?」

起き上がれないアイに、仮面の男が近づいてきます…。

以下、『FIND』のネタバレ・結末の記載がございます。『FIND』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク


(C)2019「FIND」製作委員会

執拗にアイに「FIND」の事を訊ねるスズネ。彼女の知っていた情報では、最後に残った1人は助かるとされていました。

しかしアイは、「FIND」の実態について答えられません。サイトを作った頃と異なり、「FIND」には良くない事が起た結果、自分も狙われたのだと訴えるアイ。

それでもアイの知っている事を聞き出そうとするスズネ。アイが知らないと言っても、話さねば命を奪うと脅します。アイに近寄る仮面の男。

最後のチャンスとして、5からカウントダウンを始めるスズネ。何も答えられなかったアイは、男の手で惨殺されます。

一方廃教会内に残されたミカは、足の悪いマリコをかばいつつ、罠を仕掛けて仮面を男を倒し、捕える事に成功します。2人は男を縛り付けて拘束します。

外にいたアカネは、スズネが廃教会へと向かう姿を目撃します。スズネは自らの体に血を付け、建物の中に入ります。その行動に不信を感じたアカネも、意を決して中に入ります。

ミカにマリコは彼女がどうして教師になったかを訊ねます。中学生の頃、諦めずに自分を見てくれた先生がいたおかげで、生きてこれたと打ち明けたミカ。

だから私も子供たちに逃げるな、諦めるなと伝えたい、とミカは言葉を続けます。ヌイグルミを片時も離さぬないマリコは、だから先生は強いんだな、と感心します。

ミカとマリコに、スズネが声をかけ3人は無事を喜びます。外に逃げたものの辺りは深い森で、しかも仮面の男が現れて、逃れられないと説明するスズネ。

それを聞いて絶望するマリコ。しかし助かる道があると信じ、ミカは捕えた男から脱出方法を聞き出そうと試みます。

別の覆面の男が近づく足音がします。3人は逃げ出しますが、スズネは別の方向に動きます。

体力の限界に達し、諦めの言葉を口にし始めたマリコを、ミカは励まして進みます。

その頃スズネは捕えられた男を解放していました。密かに彼女の後を付け、その光景を見たアカネは「裏切り者!」と叫び、隠し持っていたナイフを突きつけますが、男に阻止されその隙にスズネは逃げ出します。

礼拝堂に逃れたミカとマリコの前にスズネが現れ、捕えた仮面の男が逃げたと訴えます。一方まだ生き延びる事を望んでいるアカネも、仮面の男をナイフで刺し礼拝堂に向かいます。

現れたアカネはバルコニーにいるミカとマリコに、スズネが仮面の男を逃がした、敵側の人間だと訴えます。しかし共にいる2人に、裏切り者はアカネだと説明するスズネ。

仮面の男を捕えたロープは切られていた、とスズネは説明しまず。アカネの手にはナイフが握られていました。ナイフを今まで隠し持っていたアカネを、ミカとマリコは信用できません。

またしても現れた仮面の男に襲われるアカネ。階段を上がりバルコニーに向かいますが、椅子を積み上げたバリケードで入る事が出来ません。裏切り者はスズネだと訴え、中に入れてと懇願しますが、誰も耳を貸しません。

アカネは男の手によって惨殺されます。しかし残された3人の背後に、新たな仮面の男が現れます。

逃げ遅れたマリコが倒され、ミカとスズネは礼拝堂の祭壇に逃れます。助けてくれた礼の言葉を、スズネに対して伝えるミカ。

ミカはマリコと3人で、絶対にここから出ようと言いますが、スズネはそんなに助かりたいですか、と呟くと、ミカをナイフで刺します。

あなたを「FIND」したのは私です、と打ち明けるスズネ。思い当たる理由も無く驚くミカ。

スズネは3年前のマンションの火事について話します。その時ミカが無造作に置いた自転車が非常口を塞いだ結果、煙と炎に巻かれた老女が亡くなっていました。

その老女こそ、スズネの唯一残された肉親の祖母でした。彼女が“殺人検索サイト”「FIND」に依頼すると、すぐ仇であるミカの身元が判明したのです。

ミカへの復讐のため、「FIND」と取引をして内部に紛れ込んだスズネ。他の「FIND」した人の復讐の成功に協力する事が条件でした。

最初に皆を上に誘導したのも、食事に毒を混入したのもスズネでした。

祖母への復讐の念に憑りつかれたスズネ。ミカは泣きながら謝りますが、自分が死ねば家族や友人が、スズネと同じ苦しみを味わうと悟ります。

何で死ななければいけないの、と叫んだミカとスズネは、互いに凶器を手にして襲います。

スズネの手にしたナイフが2人の間に落ち、ミカも凶器を捨てました。和解したかに見えた2人はナイフを奪い合います。ナイフを手にしたのはミカで、彼女はスズネを刺しました。

スズネは倒れ、呆然と立つミカの体を噴き出したガスが包んでゆきます。

やがてマリコが礼拝堂に現れます。今まで引きずっていた足が、軽やかな歩みに変わります。彼女が肌身離さず持っていた熊のぬいぐるみには、カメラが仕込まれていました。

マリコによって「FIND」の模様は、映像として記録されていたのです。カメラを取り出したぬいぐるみを礼拝堂に残し、マリコは廃教会を後にします。

後日、何者かに映像を記録したカメラを渡したマリコは、新たに使用するぬいぐるみを渡されます。

暗い部屋の椅子で目覚めたスズネ。彼女は「FIND」の一員に迎え入れられたのか、それとも彼女もまた「FIND」される対象なのか。

そして病室のベットに横たわるミカ。心身共に打ちのめされた彼女は、うわ言を呟きながら身を丸くして、1人震えていました…。

スポンサーリンク

映画『FIND』の感想と評価


(C)2019「FIND」製作委員会

一味違う人物描写で見せたソリッドシチュエーション

典型的なサスペンス・ホラー映画は、映画の冒頭で生き残る人物、死ぬ人物が想像できるもの。最後まで生き残る女性、いわゆる“ファイナル・ガール”と言えば清純派で賢く、悪や欲望に染まらぬ強さを持ち、死の危険の直面する事で成長を遂げる人物です

将にアイドルが演じるべき典型的なキャラクターです。一方“殺されるキャラ”の性格は、その一部や多くが欠けた存在となります。

という分類は70~80年代のホラー映画を基に確立し、90年代頭に提唱されるようになりました。それ以降のホラー映画は、そのパターン崩しに挑戦する作品も増えましたが、一方でそのお約束に徹して娯楽を追求する作品も数多くあります。

さてこの映画『FIND』は、まだ演技経験が少ないアイドルたちが出演する映画です。そこで彼女たちが本来持っている魅力を、映画のキャラクターに当てはめる、典型的なパターンの作品であろうと予想していました。

ところがこの作品に登場する主要人物は、内に別の一面を秘めた人物ばかりです。演じる者はそれを引き出して見せる事を要求され、見事それを成し遂げています。

そこには若い女性の描き方で評価されている、山嵜晋平監督の演出と、彼女たちが見せる表情の切り取り方が存在します

映画の性格上、セリフが多いシーンやアクションが絡むシーンもありますが、全てを役者に背負わせる演出をせずに、良い表情を切り取る手腕には納得させられました。

あえて謎解きや説明に終始せず


(C)2019「FIND」製作委員会

一方で映画で解明されなかった部分、「FIND」という組織の実態、描かれなかった登場人物の背景などが、大いに気になる方もいるでしょう。

9名の演技力を持つアイドルが出演していますが、やはり映画の中で振り分けられる時間的制約がある以上、切り捨てられる部分はどうしても発生してしまします。

その結果説明的な部分が、大きく切り捨てされたと解釈しています。もし逆に出演者に非日常なセリフを与える、説明部分に時間を割くスタイルであれば、どんな映画になったでしょうか。

それこそ映画の要素の大きな部分を、出演者個人に背負わせた、説明的な映画になったでしょう。山嵜監督はそれよりも彼女たちの日常的な表情と、それが特殊な環境において変化する様を描く事を選びました

解明されない謎は、「FIND」に巻き込まれた登場人物同様、突然降りかかった不条理なものを観客に体感させた、と解釈しましょう。

それでは納得しない?ならば解決策は、別のアイドルたちを起用した、続編で描くしかありませんね。『ソウ(SAW)』の様にシリーズ化しますか?毎回“ジグソウ”の顔を見るより、アイドルたちの顔を見た方が、間違いなく楽しいでしょう

まとめ


(C)2019「FIND」製作委員会

アイドルたちが出演すると聞いて、ホラー映画の類型的な人物の登場を予想していた『FIND』でしたが、実際にはかなり掘り下げて描いた人物が登場し、驚きました。

これは山嵜監督の力量と、演技力をもった出演アイドルの選抜を果たし、製作者の期待に応えた、彼女たちの演技の成果と言えるでしょう

出演者にとってこの映画は“ルックブック”の様なもの。ぜひ今回の経験が、次の仕事につながる事を期待しています。

かつてのホラー映画が類型的であったように、アイドルと言えば基本清純派、という思い込みは古いものの様です。

『FIND』は彼女たちに、困難な役を演じさせています。この調子では仮面を被った殺人鬼を演じるより、アイドル活動の方が大変だと断言します



関連記事

サスペンス映画

映画『十二人の死にたい子どもたち』2番ケンイチ役は渕野右登。演技力とプロフィール紹介

ベストセラー作家の冲方丁(うぶかた・とう)のミステリー小説を原作とした映画『十二人の死にたい子どもたち』が、2019年1月25日から公開。 演出を担当するのは、『イニシエーション・ラブ』や『トリック』 …

サスペンス映画

映画『クロール -凶暴領域』あらすじと感想評価。アレクサンドル・アジャ×サム・ライミの強力タッグでビビり必死⁈

映画『クロール -凶暴領域-』は2019年10月11日(金)よりロードショー! 街を襲ったカテゴリー5のハリケーン、そして街を闊歩するワニの群れ。絶体絶命の窮地に追い込まれたヘイリーと父は、それでも生 …

サスペンス映画

映画『ラプラスの魔女』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も

東野圭吾の作家デビュー30周年にして、80作目となる『ラプラスの魔女』。 「これまでの私の小説をぶっ壊してみたかった」と、東野圭吾自身が語っている小説を原作に、三池崇史が豪華キャストを迎え映画化。 2 …

サスペンス映画

映画『十二人の死にたい子どもたち』13人目死体役はとまん。演技力とプロフィール紹介

『天地明察』で知られるベストセラー作家の冲方丁(うぶかた・とう)の小説を原作とした映画『十二人の死にたい子どもたち』が2019年1月25日に公開されます。 演出を務めるのは、『イニシエーション・ラブ』 …

サスペンス映画

映画『よこがお』あらすじと感想レビュー。原作なしで筒井真理子という女優に惹かれた深田晃司監督がオリジナル作品で臨んだ真骨頂

映画『よこがお』は、7月26日(金)より角川シネマ有楽町、テアトル新宿ほか全国公開 2016年の『淵に立つ』でカンヌ映画祭“ある視点”部門審査員賞を受賞した深田晃司監督。同作で競作した筒井真理子を主演 …

【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
映画『ある船頭の話』2019年9月13日(金) 新宿武蔵野館他 全国公開
【望月歩×文晟豪インタビュー】映画『五億円のじんせい』の公開に思いを馳せる
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【阿部はりか監督インタビュー】映画『暁闇』若さが抱える孤独さに共に“孤独”でありたい
【エリック・クー監督インタビュー】斎藤工との友情の映画制作とアジア発の若き映画作家たちの育成に努めたい
映画『凪待ち』2019年6月28日(金)TOHOシネマズ日比谷ほか全国公開【主演:香取慎吾/監督:白石和彌】
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
FILMINK
国内ドラマ情報サイトDRAMAP