Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

Entry 2019/11/15
Update

映画『テイクオーバーゾーン』あらすじと感想レビュー。吉名莉瑠(よしなりる)初主演の演技力に華を添えた東京ジェムストーン賞受賞|TIFF2019リポート18

  • Writer :
  • 桂伸也

第32回東京国際映画祭・日本映画スプラッシュ『テイクオーバーゾーン』

2019年にて32回目を迎える東京国際映画祭。令和初となる本映画祭が2019年10月28日(月)に開会され、11月5日(火)までの10日間をかけて開催されました。


(c)cinemarche

日本のインディペンデント映画を応援する目的にてつくられた「日本映画スプラッシュ」部門。

新鋭監督とベテランが相まみえる布陣となった本年度の作品群の一つが、監督・山嵜晋平による青春映画『テイクオーバーゾーン』です。

レッドカーペットでは山嵜監督とともに映画に出演した吉名莉瑠、内田慈、糸瀬七葉も登場、映画祭のスタートを飾りました。また、本作品で主演を務めた吉名莉瑠は東京ジェムストーン賞を受賞しました。

【連載コラム】『TIFF2019リポート』記事一覧はこちら

スポンサーリンク

映画『テイクオーバーゾーン』の作品情報

【上映】
2019年(日本映画)

【英題】
take over zone

【監督】
山嵜晋平

【キャスト】
吉名莉瑠、内田慈、川瀬陽太、糸瀬七葉、合田雅吏

【作品概要】

親の離婚ですさんだ生活を送っていた一人の少女が、可愛がっていた弟との複雑な再会の経緯の中で揺れ動く様を描きます。

思春期の少年少女を描く映画のために設立されたジュブナイル脚本大賞の第2回受賞シナリオ(岩島朋未作)を映画化した本作。この作品で2本目の長編映画製作となる山嵜晋平が監督を務めます。

キャストには吉名莉瑠、糸瀬七葉ら10代の若手がフレッシュな演技を披露、内田慈、川瀬陽太、合田雅吏らベテランが脇を固めます。

山嵜晋平監督のプロフィール

山嵜晋平(写真・左)


(c)cinemarche

1980年生まれ、奈良県出身。日本映画学校卒業後に三池崇史監督、瀬々敬久監督、ミス真由紀子監督など多くの監督のもとで活躍。そして2016年に長編勝監督作品『ヴァンパイアナイト』がゆうばり国際ファンタスティック映画祭2017年に出品されました。

スポンサーリンク

映画『テイクオーバーゾーン』のあらすじ


(c)ドラマデザイン社

中学校の陸上部で短距離のエースである沙理。彼女は3年前の両親の離婚で母、弟と別れることに。以後父と二人の生活ですさんだ生活を送っていました。

陸上部では練習をサボっても常にトップの成績をとり有頂天となっていた沙理でしたが、陸上で自分より劣りながら、優等生である部長の雪菜の存在を疎ましく思っていました。

そんなある日、陸上部でリレー種目のメンバー発表がおこなわれ、当然自分がアンカーを務めるものと思っていた沙理は、雪菜の前走となると聞かされて逆上、陸上部を辞めると言い出します。

何もかもに嫌気がさした沙理。しかしある時、街中で偶然弟と久々の再開を果たします。弟のことを可愛がっていた沙理の気持ちはつかの間安らぎを得ますが、その再開には沙理の想像しなかった出来事が関係していたのだが…。

映画『テイクオーバーゾーン』の感想と評価


(c)ドラマデザイン社

青春の戸惑いを軽やかな空気感で描いたこの物語。その魅力はその雰囲気に合わせた画の作り方にあるようです。

オープニングでのジョギングする主人公・沙理の姿を追った画は、ドローンショットなどを駆使し広角でも人物に動きの出る画を作り上げており、沙理の期待と不安が入り混じった心情をうまく気持ちに投影します。

そして実写のタッチほど重くなく、かつアニメーション的な画ほどに軽くない微妙な色調の中でさまざまな角度から巧みに追った人物のショットは巧みに作られており、場面によって次々に代わるキャラクターの複雑な心情を、取りこぼすことなくスクリーンに映し出しています。

その画作りに対する役者の表情づくりも秀逸。特にメインキャストとなる吉名、糸瀬という両名とも若干14歳の二人は、物語でさまざまに起こる出来事で揺れ動く感情を、表情でダイナミックに、そして的確に表現しています。

総じて表情づくりは出演者の誰もが見事な表現をおこなっていますが、特にその二人の表情づくりは際立っており、幅広い年代の人に共感を呼ぶものとなっています。

スポンサーリンク

第32回東京国際映画祭「東京ジェムストーン賞」受賞コメント


(c)2019 tiff

11月5日におこなわれた映画祭のクロージングにて、本作で主演を務めた吉名莉瑠が「東京ジェムストーン賞」を受賞したことが発表され、吉名が受賞の喜びを語りました。

吉名莉瑠:東京国際映画祭には初めて出させて頂いたのですが、レッドカーペットで観る景色や舞台挨拶で見る景色はとてもキラキラして いて、とても新鮮で、初めての主演作品がこのような素晴らしい場所で上映されたことがすごく嬉しく思っています。

これからもいろん なことがあると思いますが、毎日に感謝して素晴らしい女優になれるように、そして沢山の方に「吉名莉瑠」という女優を知ってもらえるようにがんばりたいです。

まとめ


(c)cinemarche

複雑な家庭環境にある一人の少女を、青春の甘酸っぱい色彩感で描いたこの物語。

ライトノベル風の物語をそのまま実写化した感じでもあるその作風には賛否両論あるかもしれません。

しかしその画作りと人物の表情の描き方には並々ならぬこだわりも感じられ、まさしく“青春の一コマ”をぎゅっと凝縮したような作品として仕上がって、瑞々しい魅力にあふれています。

【連載コラム】『TIFF2019リポート』記事一覧はこちら

関連記事

連載コラム

『ザ・プレデター』新作映画の続編ブームはなぜか?ハロウィン2018版も紹介|SF恐怖映画という名の観覧車7

連載コラム「SF恐怖映画という名の観覧車」profile007 チャールズ・ブロンソン主演の『狼よさらば』(1974)をブルース・ウィルス主演でリメイクした『デス・ウィッシュ』(2018)や、海外での …

連載コラム

清原惟映画『網目をとおる すんでいる』あらすじと感想レビュー。短編作品ならではのフレキシブルな源泉|ちば映画祭2019初期衝動ピーナッツ便り7

第10回ちば映画祭「清原惟監督特集」 東京藝術大学大学院の修了制作として手がけた初長編作品『わたしたちの家』が2018年に渋谷ユーロスペースで公開され、鮮烈な映像感覚が大きな注目を集めている清原惟(き …

連載コラム

タイ映画『ホームステイ』感想レビューと評価。BNK48チャープランの初演技と“誰にでもある青春”の思い出|蟹江まりの映画ともしび研究部2

連載コラム「蟹江まりの映画ともしび研究部」第2回 こんにちは、蟹江まりです。 連載コラム「蟹江まりの映画ともしび研究部」の第2回目に取り上げるのは、2019日10月5日に公開された『ホームステイ ボク …

連載コラム

映画『人生、ただいま修行中』感想とレビュー評価。ニコラ・フィリベールが看護師の卵に密着|だからドキュメンタリー映画は面白い29

連載コラム『だからドキュメンタリー映画は面白い』第29回 “誰かのために働くこと”を選び、学んでいく看護師の卵たちに密着。 今回取り上げるのは、2019年11月1日(金)より新宿武蔵野館ほかで全国順次 …

連載コラム

特撮ドラマ映画の人気声優まとめ。昭和のレジェンド達の悪の大王の声とは|邦画特撮大全16

連載コラム「邦画特撮大全」第16章 特撮作品にはゴジラやバルタン星人、ショッカーの怪人といった“着ぐるみ”、もしくは“ぬいぐるみ”のキャラクターが登場します。 こうした怪獣や怪人、宇宙人の登場が特撮作 …

【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
映画『ある船頭の話』2019年9月13日(金) 新宿武蔵野館他 全国公開
【望月歩×文晟豪インタビュー】映画『五億円のじんせい』の公開に思いを馳せる
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【阿部はりか監督インタビュー】映画『暁闇』若さが抱える孤独さに共に“孤独”でありたい
【エリック・クー監督インタビュー】斎藤工との友情の映画制作とアジア発の若き映画作家たちの育成に努めたい
映画『凪待ち』2019年6月28日(金)TOHOシネマズ日比谷ほか全国公開【主演:香取慎吾/監督:白石和彌】
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
FILMINK
国内ドラマ情報サイトDRAMAP