Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

サスペンス映画

Entry 2018/03/09
Update

映画『ミスミソウ』あらすじとキャスト。山田杏奈の完成披露試写会レポート

  • Writer :
  • シネマルコヴィッチ

映画『ミスミソウ』は、4月7日(土)より新宿バルト9ほか全国ロードショー!

人気コミック『ハイスコアガール』や『でろでろ』などで知られる漫画家の押切蓮介の代表作を実写映画化した『ミスミソウ』。

3月8日(木)に東京・新宿バルト9にて完成披露試写会が開催されました。

映画主演を果たした山田杏奈をはじめ、清水尋也、本作が映画初出演となる大谷凛香、そして演出を務める内藤瑛亮監督が舞台挨拶に登壇。

また原作者の押切蓮介から直筆イラストが届いたほか、主題歌「道程」を歌うタテタカコも来場して会場は盛り上がりを見せました。


画像提供:AWAKE

スポンサーリンク

1.映画『ミスミソウ』の作品情報


(C)押切蓮介/双葉社 (C)2017「ミスミソウ」製作委員会

【公開】
2018年(日本映画)

【原作】
押切蓮介

【監督】
内藤瑛亮

【キャスト】
山田杏奈、清水尋也、大谷凜香、大塚れな、中田青渚、紺野彩夏、櫻愛里紗、遠藤健慎、大友一生、遠藤真人、玉寄世奈、森田亜紀、戸田昌宏、片岡礼子、寺田農

【作品概要】
人気漫画家の押切蓮介のサスペンスコミック『ミスミソウ』を、映画『パズル』や『ライチ☆光クラブ』などで知られる内藤瑛亮監督の演出で実写映画化。

主人公の野咲春花役を映画初主演を務める山田杏奈が演じています。

2.盛り上がりを見せた映画『ミスミソウ』の完成披露試写会


画像提供:AWAKE

上記の作品情報の画像にもある主人公・野咲春花が着込んだ真っ赤なコートをイメージさせた赤いドレスで登壇した、本作が映画初出演となる山田杏奈

映画の完成披露を無事に迎えた彼女は「今、すごく緊張しています」と挨拶しました。

東京から田舎の中学校に転校した春花役を演じた山田杏奈


画像提供:AWAKE

ヒロイン役を果たした山田杏奈は、「バッドエンドな作品やグロテスクな漫画が好き」と語ると、原作者である押切蓮介のコミックは中学生の頃に読んでいたそうで感慨深さを次のように語りました。

「すごい話だな…と思ってましたが、今になって自分が春花役を演じるということで、両親が焼き殺されて復讐を誓う前の優しい静かな春花から、サイボーグのように機械的に復讐していく春花のコントラストを見せられたらと思いました」

春花の心の支えとなる相場晄役の演じた清水尋也


画像提供:AWAKE

本作で相場晄役で共演を務めた清水尋也は、学校で部外者扱いされた春花がイジメを受けるも、唯一の味方であるクラスメイトの存在感を見せましたが、原作について次のように語っています。

「最初に原作を読んだとき、これは個人の誰かと誰かっていうラブじゃなく、全体的にラブストーリーだと感じました。グロテスクな描写や凄まじいバイオレンスがあるけど、常に根底にあるのは愛情だと忘れずに演じようと心がけました」

イジメグループの女王こと小黒妙子役を演じた大谷凜香


画像提供:AWAKE

一方で今回登壇した大谷凜香が演じたは、劇中では金髪姿で春花をイジメを実行するグループの女王の小黒妙子役を演じていますが、彼女は力を込め次のように述べています。

「演技自体、初めてで、本当にこの私が原作ファンに愛されているこの作品で、重要な役を演じていいのか? と不安から始まりました。現場で内藤監督、杏奈ちゃん、みんなに支えてもらって一緒に作ってもらえたと思います」

映画出演を果たしたキャストたちそれぞれが、完成披露試写会を迎えたこの日は万感の思いがあったようです。

人気コミックの実写化である本作『ミスミソウ』への意気込みを感じますね。

スポンサーリンク

3.原作者・押切蓮介から直筆イラストがサプライズ登場


画像提供:AWAKE

本作『ミスミソウ』の完成披露試写会で登壇したキャストたちが、最も驚きを見せ大興奮したことがありました。

それは会場に仕事の都合で駆けつけることができなかった原作者の押切蓮介の描いた、直筆のイラストがサプライズ登場した時です。

映画に出演したキャストたちにリスペクトを込めて、特別に描かれたイラストとメッセージが届きました。

また、押切蓮介は撮影現場にも顔を出し訪れたようで、その際には原作者にサインを求めるキャストたちの列ができたそうです。

そんな和やかな現場にある空気とは裏腹に、すでに押切蓮介は完成した作品を見た時に俳優の⻤気迫る演技に衝撃を受けたそうです。


(C)押切蓮介/双葉社 (C)2017「ミスミソウ」製作委員会

押切蓮介の原作コミックファンも、そして、映画初出演を務めた山田杏奈をはじめとするキャストたちのファンも、4月7日(土)からの劇場での公開が待ち遠しですね。

4.映画『ミスミソウ』で演出を果たした内藤瑛亮監督


(C)押切蓮介/双葉社 (C)2017「ミスミソウ」製作委員会

本作で演出を担当した内藤瑛亮監督。何といっても内藤瑛亮監督と言えば、2012年に公開した映画『先生を流産させる会』で知られています。

2009年に愛知県で起こった事件を基にした内容は、衝撃的なタイトルと教師イジメを題材に扱い、ネットを中心に論争まで起きたことでマスメディアでも取り上げられた作品を監督した逸材です。

そんな内藤瑛亮監督に映画『ミスミソウ』の企画を持ち掛けられてから、クランク・インまで僅か1か月直前の監督オフォーが決定したそうです。

そのため短めの準備段階となり、かなりハードなスケジュールのなかで本作の依頼を引き受けたようで、その理由を次のように語りました。

「山田杏奈のオーディション映像をいただいて、どうしても撮りたいと無茶を承知で引き受けました」

内藤瑛亮監督の山田杏奈の演技力に魅せられて即決したことが分かる発言ですね。

しかし、一方で現場は大混乱だったようで、ロケ現場が間違って伝達されたり、キャストの衣装が違ったり、また映像に映り込む大切な小道具が無かったりとドタバタぶりを明かしました。

それでも制作の困難さのなかにも良いこともあったそうで、内藤瑛亮監督は本作『ミスミソウ』への自信を次のように述べました。

「日本映画は普段、企画段階が⻑い分、監督が『こうやりたい』と思っていても、逆に企画がねじ曲がって、面白さがぶれてしまうことがあるけど、今回は逆に雑音を聞く余裕もなかったので、素直に原作を読んで、こうすれば面白くなるだろうと思って撮れたと思います」

監督の言葉に山田杏奈も「勢いみたいな部分で、アクションも楽しくできました」と述懐して、会場を和ませました。

スポンサーリンク

3.映画『ミスミソウ』のあらすじ

東京から田舎に転校してきた野咲春花は、“部外者”と呼ばれ、壮絶なイジメを受けていました。

春花の唯一の味方となってくれたのは、同じく転校生であるクラスメイトの相場晄でした。

彼の存在を心の支えに必死に耐えてきた春花でしたが、クラスメイトで女王的ヒエラルキーで支配する小黒妙子と、その取り巻きであるイジメグループからの嫌がらせは、徐々にエスカレートしていきます。

ある日、それはあろうことか、激しく燃え上がる炎が春花の家を覆い尽くまでとなります。

春花の妹祥子は大火傷を負いながらも助かったが、両親は命を落としてしまいます。

想像を絶する悲劇に遭遇した春花の心は崩壊してしまいます。

やがて、事件の真相が露見することを恐れたイジメグループのメンバーたちは、春花に自死を行うことを強要しはじめます。

それがきっかけとなり、春花は事件の真相を知ると、家族を奪ったイジメを行う女王の妙子たちに復讐を開始するのだが…。

まとめ

3月8日に新宿バルト8で開催された本作『ミスミソウ』の完成披露試写会には、主題歌「道程」を提供しているタテタカコも来場しました。

タテタカコは映画について「想像以上にみなが壮絶で、言葉を失いました。思い当たる自分の中の感情がたくさんあって、余韻が何日も作るような素晴らしい作品でした。おっかなかったです!」と作品の感想を述べました。

映画初主演を果たした山田杏奈は、撮影に挑む際に毎日のようにタテタカコが提供した主題歌「道程」を聴いていたそうです。

また、完成披露試写会の最後に山田杏奈は、「主演ってもっと先のことかと思っていて、いつかやらせていただけるなら、もっとキラキラしたお話かと思っていたんですけど、真逆の話で…(笑)」と挨拶を述べます。

それでも本作『ミスミソウ』への強い思いを「でも完成したものを見て、今の私らしさなのかなと思い、大切な作品になりました」と、山田杏奈は映画初主演を振り返りました。

映画『ミスミソウ』は、4月7日(土)より新宿バルト9ほか全国ロードショー!

関連記事

サスペンス映画

映画『RUN/ラン』感想評価と考察。ラストまでガチ怖な毒親の母ダイアンの虐待とサーチとのクロスオーバー

映画『RUN/ラン』は2021年6月18日(金)よりTOHOシネマズ日本橋ほかにて全国ロードショー公開! 2018年公開の映画『Search/サーチ』にて、ユニークな脚本とギミック満載の演出をみせたア …

サスペンス映画

映画『ブレスレット 鏡の中の私』ネタバレ感想と考察評価。結末に向かう裁判の真相と事件の容疑者の素顔

16歳の恋や友情をあなたは理解出来ますか 映画『ブレスレット鏡の中の私』は、親友殺害容疑をかけられた少女の裁判を通じて事件の真相や親の様子を浮き彫りにしたサスペンス・ドラマ。2020年7⽉31⽇より全 …

サスペンス映画

高良健吾映画『アンダーユアベッド』あらすじネタバレと感想。結末ラストはホラーか愛か!?

映画 『アンダー・ユア・ベッド』は2019年7月19日公開。 名前を呼ばれたことすらなかった孤独な男が11年間想い続けた相手は結婚して、そしてDVを受けていた。 男の思いは暴走し、ストーカー、盗撮、盗 …

サスペンス映画

映画『FIND』あらすじネタバレと感想。アイドルたちの結末に見たシチュエーションスリラーの新たな方向性

アイドルたちが命がけのデス・ゲームに挑戦する! 映画「ソウ(SAW)」シリーズの公開からブームを巻き起こした密室によるデス・ゲーム。 生死をかけた極限の状態で繰り広げられる、ソリッドシチュエーションス …

サスペンス映画

映画『娘よ』ネタバレあらすじと感想。ラスト結末も《日本で初めて公開されたパキスタン作品》

今回ご紹介する映画『娘よ』は、日本で初めて公開されるパキスタン映画。 世界の片隅では、今だ起き続ける紛争に巻き込まれた少女や、少年の哀しみをネットでよく見かけます。また昨今は、過激な発言で一部の国民を …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学