Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

Entry 2019/04/01
Update

【ネタバレ】ロブ・ライナー映画『記者たち』の評価と解説。戦争背景を理解する洋画6選の紹介も

  • Writer :
  • 松平光冬

『記者たち~衝撃と畏怖の真実~』は、2019年3月29日(金)より、東京・TOHOシネマズシャンテほかロードショー!

イラク戦争の大義名分となった大量破壊兵器の存在に疑問を持ち、真実を追い続けた実在の新聞社の記者たちを描く映画、『記者たち~衝撃と畏怖の真実~』。

ここでは、9.11テロやイラク戦争、そしてメディア報道といった、『記者たち』から派生する事象に関する映画を紹介。

それらを観ることで、イラク戦争とはなんだったのか、そしてそれを報道するジャーナリズムの実情が分かります。

なお、『記者たち』の内容に触れる箇所が一部ありますので、未見の方はご注意を。

スポンサーリンク

映画『記者たち~衝撃と畏怖の真実~』の作品情報

(C)2017 SHOCK AND AWE PRODUCTIONS, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

【日本公開】
2019年(アメリカ映画)

【原題】
Shock and Awe

【監督】
ロブ・ライナー

【キャスト】
ウディ・ハレルソン、ジェームズ・マースデン、ロブ・ライナー、ジェシカ・ビール、ミラ・ジョヴォヴィッチ、トミー・リー・ジョーンズ

【作品概要】
2002年に、イラク戦争の大義名分となった大量破壊兵器の存在に疑問を持ち、真実を追い続けた実在の新聞社「ナイト・リッダー」の記者たちの奮闘を描きます。

『スタンド・バイ・ミー』(1986)、『ミザリー』(1990)、『最高の人生の見つけ方』(2007)など、ジャンルに囚われない映画製作を行う名匠ロブ・ライナー監督が放つ、社会派ドラマです。

映画『記者たち~衝撃と畏怖の真実~』のあらすじ

(C)2017 SHOCK AND AWE PRODUCTIONS, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

2001年9月11日、アメリカで同時多発テロが発生し、時の米大統領ジョージ・W・ブッシュは、国連総会での演説でテロとの戦いを宣言。

イスラム系テロ組織アルカイダの指導者オサマ・ビンラディンを、首謀者と断定します。

そんな中、31紙の新聞を傘下に持つナイト・リッダー社のワシントンD.C.支局長のジョン・ウォルコットは、ブッシュがビンラディンだけでなく、イラクのサダム・フセイン大統領との戦争も視野に入れているという情報を得ます。

真相を掴むべくウォルコットは、部下のジョナサン・ランデーとウォーレン・ストロベルに取材を命じます。

2人の地道な調査取材の末に、ウォルコットは政府がビンラディンとフセインがつながっている確固たる根拠もなしに、イラク侵攻を進めていることを突き止めます。

しかし2002年1月29日、ブッシュはイラクが大量破壊兵器を保持していることを理由に、イラクとの開戦を正式宣言。

これを受け、愛国心高まる国民の声を反映するかのように、ニューヨークタイムズ、ワシントン・ポストなどの新聞社や、CBS、ABC、FOXといったテレビ局までもが政府の方針に軒並み迎合していきます。

それでも政府がつく嘘を追及する姿勢を崩さないナイト・リッダーは、元従軍記者でジャーナリストのジョー・ギャロウェイを招へいし、ジャーナリズムの信念の元、真実を世に知らしめるべく動きます。

スポンサーリンク

9.11テロ、イラク戦争に関する作品

映画『ホース・ソルジャー』(2018)


(C)2018 BY HS FILM, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

9.11テロが起きた翌日の2001年9月12日に、テロ首謀者タリバンを制圧すべくいち早くアフガニスタンに赴いた、12人のアメリカ陸軍特殊部隊(グリーンベレー)の実話を描きます。

タリバン勢力が潜むとされる山岳地帯に、乗り慣れない馬で向かう兵士たちは、さながら騎馬隊のよう。

敵戦車との激しいバトルシーンなど、演出面でかなり“盛って”いる部分もあるものの、9.11テロの根本要因でもあったアフガン紛争の背景が分かる仕組みとなっています。

映画『ゼロ・ダーク・サーティ』(2013)


Jonathan Olley (C)2012 CTMG. All rights reserved

2011年5月2日にパキスタンで実行された、アルカイダの指導者ビンラディンの捕縛・暗殺作戦の裏側を映画化。

テロリストを追跡するCIAの女性分析官を主人公に、作戦に携わった人々の使命感や苦悩を描きます。

9.11テロの首謀者とされるビンラディンの捕縛に、約10年もの歳月をかけてしまったアメリカ政府の暗部を晒け出すという、『ハート・ロッカー』(2010)のキャスリン・ビグロー監督らしい骨太な作品です。

9.11テロを受けてのブッシュ政権、及びメディア報道に関する作品

映画『バイス』(2019)

ジョージ・W・ブッシュ政権下において、「アメリカ史上最も権力を持った副大統領」と言われたディック・チェイニーを描く社会派ブラックコメディ。

とにかくブッシュの無知さをいい事に、自分の独断でイラク戦争に導いた(とされる)チェイニーの実態を、笑うに笑えないほど茶化した演出で斬っていきます。

なお、『記者たち』ではチェイニーと、同じくブッシュの懐刀だったドナルド・ラムズフェルド国防長官本人の記録映像も登場しますが、本作鑑賞後に『バイス』を観れば、チェイニー役のクリスチャン・ベールと、ラムズフェルド役のスティーブ・カレルのソックリぶりに驚くはず。

日本公開時期も近い『記者たち』と『バイス』は、テーマ時にも併せて観ることを推奨します。

映画『ニュースの真相』(2016)


(C)2015 FEA Productions, Ltd. All Rights Reserved.

ブッシュ政権に対するアメリカ国内の不満が高まりつつあった2004年、放送局CBSのプロデューサーのメアリー・メイプスは、局の看板番組でブッシュの軍歴詐欺疑惑を報道。

しかし、その疑惑を確証する証拠を、保守派勢力に「偽造」と断定されたことで、事態が一変します。

イラク侵攻開始当初こそブッシュ政権に迎合していたCBSが、一向に事態が収束しないことに対する反発で取り上げたスクープ報道がもたらす波紋を描きます。

「ブッシュが軍歴を詐称していた」として追及するメアリーと、「イラクには大量破壊兵器がある」と戦争を仕掛けたブッシュ政権の、両者を対比させる構成となっています。

スポンサーリンク

『記者たち~衝撃と畏怖の真実~』の登場人物に関わる作品

映画『大統領の陰謀』(1976)

『記者たち』の劇中、自分たちのイラク戦争批判記事が受け入れられないことについて、
ランデーが同僚のストロベルに、「俺たちが記者を志したのは、ウォーターゲート事件を暴く記者の映画を観たからなのに…」とグチるシーンがあります。

その映画とは、1972年6月に起こったウォーターゲート事件の真相を暴き、ニクソン大統領を失脚に導いた2人のワシントン・ポスト紙記者を描く『大統領の陰謀』のこと。

真のジャーナリズムとは何たるかを描いた秀作として知られるこの作品。

しかし、『記者たち』では、ワシントン・ポスト紙がイラク侵攻を後押しするメディアとなっているのが、なんとも皮肉としか言いようがありません。

(C)2017 SHOCK AND AWE PRODUCTIONS, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

映画『ワンス・アンド・フォーエバー』(2002)

『記者たち』で、ナイト・リッダー社に協力することとなるジャーナリストのジョー・ギャロウェイ。

コリン・パウエル国務長官のスペシャルコンサルタントを務めていた彼は、かつて従軍記者としてベトナム戦争での戦況を取材していました。

その戦況をまとめた手記は、2002年にメル・ギブソン主演で、『ワンス・アンド・フォーエバー』という映画になっています。

劇中、『ワンス・アンド・フォーエバー』の記者会見の場で、ギャロウェイが映画の出来を問われて憮然とした返答をするシーンがありますが、これはギャロウェイ本人に、映画が全体的にヒロイックな内容にされてしまったことへの不満があったからと言われています。

(C)2017 SHOCK AND AWE PRODUCTIONS, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

まとめ

(C)2017 SHOCK AND AWE PRODUCTIONS, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

都合の悪い報道を「フェイクニュース」と断罪する某国大統領や、特定メディアからの質問を拒否する政府関係者。

さらに一般人ですら、画像を加工してありもしないニュースを作ることが可能になるなど、昨今は嘘と真実の境目が曖昧となっています。

そんな中で、イラク侵攻作戦名「衝撃と畏怖」をタイトルに掲げた本作は、真実の調査報道に尽力した記者の誇りを描いた、意義ある作品となっています。

91分という、短めのランニングタイムで観られるのも高ポイント。

映画『記者たち~衝撃と畏怖の真実~』は2019年3月29日(金)より、東京・TOHOシネマズシャンテほかでロードショー

関連記事

ヒューマンドラマ映画

映画『凪待ち』感想と評価。香取慎吾演じる郁男をはじめ、様々な人物たちの依存の形と「東北の未来」

復興進む被災地で落ちぶれた男は果たして再生できるのか。 今の香取真吾だからこそ演じられた役柄。そうか、香取真吾はこれをやりたかったのか。 縛られるもの無く体当たりで演じる姿に、彼の役者としての今後の覚 …

ヒューマンドラマ映画

『静かな雨』小説あらすじネタバレ。映画化で結末のキャスト仲野太賀と衛藤美彩が選ぶものは

人間ってなんでできてると思う? 人が記憶でできてるだなんて断固として否定する。 宮下奈都の小説『静かな雨』が、仲野太賀と、元乃木坂46で初の映画出演となる衛藤美彩の共演で映画化です。2020年新春に公 …

ヒューマンドラマ映画

映画『クリード2炎の宿敵』ネタバレ感想と結末までのあらすじ。ロッキーシリーズから新たな挑戦!

永遠の名作「ロッキー」の精神を見事に継承してみせた大傑作『クリード チャンプを継ぐ男』から3年。 チャンピオンになったアドニスの前に30年前父アポロ・クリードを殺した宿敵が現れる…! ロッキーシリーズ …

ヒューマンドラマ映画

映画『ある人質』ネタバレ感想と結末解説の評価。 生還までの398日のISに囚われた写真家を救出する家族たち

人質となった写真家と彼を救うために奔走した家族の実話を元に描く奇跡の生還劇 シリアで人質となり、奇跡的に生還したデンマーク人写真家ダニエル・リューの実話を元に描いたヒューマンドラマ。 映画『ある人質 …

ヒューマンドラマ映画

映画『高崎グラフィティ。』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も

地方都市を舞台にリアルで甘酸っぱい青春模様を描いた映画『高崎グラフィティ』。 ワケありで将来に悩みを抱える卒業間近の高三男女5人の3日間の触れ合いと、一瞬の輝きを切り取った王道的な青春映画です。 商業 …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学