Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

Entry 2019/03/22
Update

映画『バイス』あらすじネタバレと感想。実在の副大統領ディック・チェイニーを知っていますか

  • Writer :
  • 村松健太郎

映画『バイス』は4月5日(金)より、TOHOシネマズ 日比谷ほか全国ロードショー

歴代最強の副大統領と呼ばれるティック・チェイニー副大統領(H・W・ブッシュ大統領政権)の半生をクリスチャン・ベールの超なりきり演技で見せる政治&伝記映画。

監督はマイケル・ムーアの企画にも関わったことともある『マネー・ショート 華麗なる大逆転』のアダム・マッケイ。

主演のクリスチャン・ベールに加えてエイミー・アダムス、スティーヴ・カレル、サム・ロックウェルなど賞レースの常連が集結しました。

第91回アカデミー賞で8部門にノミネートされ、メインキャストを実在の政治家に化けさせたメイクアップ部門を受賞しました。

またイラク戦争開戦の前後の出来事については映画『記者たち~衝撃と畏怖の真実~』(2018)で見ることもできます。

スポンサーリンク

映画『バイス』の作品情報


(C)2018 ANNAPURNA PICTURES, LLC. All rights reserved.

【日本公開】
2019年(アメリカ映画)

【原題】
Vice

【製作】
ブラット・ピット ウィル・フェレル

【製作・脚本・監督】
アダム・マッケイ

【キャスト】
クリスチャン・ベール、エイミー・アダムス、スティーブ・カレル、サム・ロックウェル、ジェシー・プレモンス、アリソン・ピル、リリー・レーブ、タイラー・ペリー、ジャスティン・カーク、リサ・ゲイ・ハミルトン、シェー・ウィガム、エディ・マーサン

【作品概要】
『マネー・ショート 華麗なる大逆転』(2016)のスタッフ&キャストが再結集し、ジョージ・W・ブッシュ政権でアメリカ史上最も権力を持った副大統領と言われたディック・チェイニーを描いた社会派エンタテインメントドラマです。

これまでも数々の作品で肉体改造を行ってきたクリスチャン・ベールが、今作でも体重を20キロ増力。髪を剃り、眉毛を脱色するなどしてチェイニーを熱演しました。

本作でクリスチャン・ベールは第76回ゴールデングローブ賞最優秀主演男優賞を受賞。

チェイニーの妻リン役に『アメリカン・ハッスル』(2014)『メッセージ』(2017)のエイミー・アダムス、ラムズフェルド国防長官役に『フォックスキャッチャー』(2015)『マネー・ショート 華麗なる大逆転』のスティーブ・カレル、ブッシュ大統領役に『スリー・ビルボード』(2018)のサム・ロックウェルと、アカデミー賞常連の豪華キャストが共演しています。

ブラッド・ピットの製作会社プランBも製作に携わっています。


映画『バイス』のキャラクターとキャスト


(C)2018 ANNAPURNA PICTURES, LLC. All rights reserved.

ディック・チェイニー(クリスチャン・ベール)
フォード政権で史上最年少の首席補佐官になり、以降父親ブッシュ政権で国務長官などを務め、ジョージ・W・ブッシュ政権で副大統領に就任した。共和党系の大物政治家。

リン・チェイニー(エイミー・アダムス)
ディック・チェイニーとは高校時代からの付き合いで、後に妻となる。チェイニーの野心の源になる存在に。

ドナルド・ラムズフェルド(スティーヴ・カレル)
フォード政権で史上最年少の国防長官に、ジョージ・W・ブッシュ政権ではチェイニーに請われて再び国防長官に。チェイニーの政治上の師匠格に当たる。

ジョージ・W・ブッシュ(サム・ロックウェル)
第43代アメリカ大統領。父親は第41代大統領でもある。大統領就任前はテキサス州知事を6年務めた。

コリン・パウエル(タイラー・ペリー)
湾岸戦争の指揮を執り、当時は英雄的な人気を誇った。ジョージ・W・ブッシュ政権では国務長官を務めた。国連でのイラクが大量破壊兵器を保有しているというスピーチをした。

コンドリー・ライス(リサゲイ・ハミルトン)
ジョージ・W・ブッシュ政権では大統領補佐官を経て、パウエルの公認でアフリカ系アメリカ人の女性として初の国務長官に。

スポンサーリンク

映画『バイス』のあらすじとネタバレ


(C)2018 ANNAPURNA PICTURES, LLC. All rights reserved.

秀才の恋人リンの引き合いもあって名門大学に入ったものも、酒のトラブルで早々に退学になってしまった青年期のディック・チェイニー。

野心家のリンに焚きつけられるように、ワシントン議会のインターンの機会を得ます。

そんな時、たまたま彼の前に現れたのが過激な言動で注目を浴びていた共和党の若手議員ドナルド・ラムズフェルド。

全て本音で語り、野心を隠さないラムズフェルドに親近感を感じたチェイニーは、彼のもとで徐々に出世をしていきます。

ニクソン政権でラムズフェルドが大統領補佐官に就任しますが、キッシンジャー長官との政治的対立に敗れ、ヨーロッパに事実上の左遷を受けてしまいました。

ところが、ニクソンがウォーターゲート事件で失脚すると、当時の副大統領フォードが昇格。

ニクソン色を払しょくするために閑職に追いやられていたラムズフェルドが史上最年少で国防長官に就任します。

そして、ラムズフェルドに付き従ってきたチェイニーは史上最年少もまた史上最年少で首席補佐官になりました。

その後、下院議員を6期務めて政治家としての地位を高めたチェイニーはロナルド・レーガン政権で国防長官に就任。

そして父親の跡を狙って大統領選挙に打って出るジョージ・W・ブッシュに副大統領候補として立候補して欲しいと言われるようになります。

以下、『バイス』ネタバレ・結末の記載がございます。『バイス』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク


(C)2018 ANNAPURNA PICTURES, LLC. All rights reserved.

リンからは副大統領は“大統領の死を待つだけ”の職だと言われるチェイニー。

しかし、ジョージ・W・ブッシュの政治家としての資質を軽く見積もっていたチェイニーは、副大統領に就任するや否や、法解釈を駆使して副大統領の権限を強めていきます。

その隣には師匠でもあるラムズフェルドが国防長官として支えます。

そして、アメリカ同時多発テロが発生。

テロを指導したウサマ・ビンラディンが潜伏すると言われていたアフガニスタンに米軍の侵攻を進めさせたチェイニー。

更に、イラクへの侵攻を狙います。

曖昧な情報を有利になるように拡大解釈したり、自分たちの利益につながる情報を取捨選択したりと強引な政治手腕を発揮。

イラクに大量破壊兵器が存在するという推論を掲げ、根拠無しにイラク戦争を始めます。

しかし、同時多発テロの直後は政府の施策を無条件に支持してきた国民から、時間が経つにつれて徐々に疑念の声が上がり始めました。

多くのメディアから、イラクの大量破壊兵器保有に対する反証が行わるようになり、チェイニーは徐々に批判の対象へと変わっていきます。

形勢が悪くなったチェイニーはやむを得ず、ラムズフェルドを解任するところまで追いつめられるのでした。

退任後も保守系政治家として行動するディック・チェイニー。

史上最強の副大統領(バイスプレジデント)と呼ばれた男は今も健在です。


映画『バイス』の感想と評価


(C)2018 ANNAPURNA PICTURES, LLC. All rights reserved.

副大統領を知っていますか?

アメリカ合衆国。ひいては世界のリーダーでもあるアメリカ大統領。

さすがに名前がわからないという人は少数派ではないでしょうか?

2019年3月現在はドナルド・トランプで、その前がバラク・オバマです。

近頃は大統領選挙が政治ショーとなってきたので、大統領候補が決まった時に副大統領候補も名前が出るようになりました。

以前より多少は認知度もあると思いますが、それでも現役副大統領を知っているという人は少ないでしょう。

大統領選挙のときに任期の終わった大統領の公認候補として、当時の副大統領が決まってやっとそこで、ああそんな人だったなぁということも多いのではないでしょうか?

例えばニクソンも元副大統領候補としてケネディ大統領と大統領選挙を争っているんですよ。

地球温暖化を扱った『不都合な真実』(2006)で知られ、後にノーベル平和賞を受賞したアル・ゴアがクリントン政権時の副大統領だったんです。

劇中では“ただ、大統領の死を待つだけ”の職と表現される副大統領。

そんな中で、その老練な手管で強い権限を得たディック・チェイニーは現職でありながらも大きな認知度を残した副大統領でした。

ちなみに現在の副大統領はマイク・ペンスです。

ある意味最高の称賛アカデミー賞受賞(メイクアップ&ヘアスタイリング賞)


(C)2018 ANNAPURNA PICTURES, LLC. All rights reserved.

映画『バイス』は第91回アカデミー賞で8部門にノミネートされました。

2019年のアカデミー賞どの部門でも激戦で、『バイス』は結果として競合作品に競り負ける形になってしまい、最終的にはメイクアップ&ヘアスタイリング賞の受賞にとどまりました。

しかし、考えてみるとある意味、最も適した称賛が与えられたのではないかとも思います。

この映画の売りはなんといってもクリスチャン・ベールを筆頭とするメインキャストの“なりきりぶり”です。

アカデミー賞にノミネートされたクリスチャン・ベールのディック・チェイニー元副大統領とサム・ロックウェルが演じるジョージ・W・ブッシュ大統領はもちろん、スティーヴ・カレルのラムズフェルド元国防長官のなりきりぶりも見事なものです。

また、出番は短いもののタイラー・ペリーが演じるコリン・パウエル元国務長官とライス補佐官もそっくりです。

ご当人の写真や動画と見比べていただきどれだけ似ているかを是非、確認していただきたいです。

元々の俳優の素顔を見る限り必ずしも同系統の顔つきでも無いように見えますが、見事に仕上げています。

メイクアップ全般を手掛けたのがロビン・ウィリアムスが女装した『ミセス・ダウト』やブラット・ピットがどんどん若返っていく『ベンジャミン・バトンの数奇な人生』を手掛けたグレッグ・キャノンということを知るとなるほど納得の仕事ぶりです。

特に、一枚絵(写真)の時よりも動画の時にそのそっくりぶりを感じることができるので、劇中で本編を見ていただくとより一層堪能できます。

スポンサーリンク

まとめ


(C)2018 ANNAPURNA PICTURES, LLC. All rights reserved.

第91回アカデミー賞では、俳優部門を総ナメし8部門(作品賞、監督賞、脚本賞、主演男優賞:クリスチャン・ベール、助演男優賞:サム・ロックウェル、助演女優賞:エイミー・アダムス、編集賞、メイクアップ&ヘアスタイリング賞)にノミネートされた本作。

受賞したのはメイクアップ&ヘアスタイリング賞で、それも納得の役者陣の変身ぶりです。

自国を風刺しきった本作は、歪んだ権力に対して満面の笑みで切り込みました。

政治映画、伝記映画としても、一つのドラマとしても楽しめる映画となっています。

映画『バイス』は2019年4月5日(金)より全国ロードショーです。

関連記事

ヒューマンドラマ映画

映画『最後のランナー』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も

映画『最後のランナー』は、7月14日より全国順次公開中。 人は何処まで、希望を捨てずに尊厳を失わず、生きていくことができるのか。 1924年パリ・オリンピック金メダリストを描いた名作『炎のランナー』の …

ヒューマンドラマ映画

Netflix映画『シカゴ7裁判』ネタバレ感想と評価レビュー。豪華キャストで演じられる大陪審裁判のヒューマンドラマ

ベトナム戦争の是非を問う党大会で起きた反対デモによる惨事の原因に迫る 2020年はアメリカ大統領選の年。ニュースを見るとアメリカ国内では、共和党や民主党の“党大会”という言葉をよく耳にします。 今回は …

ヒューマンドラマ映画

『オリエント急行殺人事件』2017版映画と原作の違いを調査

オリエント急行の密室である車内で発生した殺人事件に、偶然乗り込んだ世界的名探偵ポアロが挑む! 1934年の初版以来、多くの読者を魅了してきたミステリーの金字塔をケネス・ブラナーが映画化。 新たに生まれ …

ヒューマンドラマ映画

映画『グレイテストショーマン』あらすじネタバレと感想。ラスト結末の評価も【ヒュージャックマンが歌う代表作】

主演ヒュー・ジャックマン!さらにはキアラ・セトルという新たなスターも誕生した『グレイテスト・ショーマン』。 米国アカデミー賞作曲賞・歌曲賞など受賞した『ラ・ラ・ランド』の音楽スタッフがふたたび結集し、 …

ヒューマンドラマ映画

映画『あさがくるまえに』あらすじとキャスト!秦基博がイメージソングを

2017年9月16日よりヒューマントラストシネマ渋谷ほかで全国順次公開される『あさがくるまえに』。 カンヌ、ベネチア、トロントなどの海外国際映画祭で大注目され、アメリカのバラエティ誌が2017年上半期 …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学