Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

Entry 2018/10/05
Update

映画『スプリングブレイカーズ』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も

  • Writer :
  • こたきもえか

今回取り上げるのはハーモニー・コリン監督による映画『スプリング・ブレイカーズ』です。

海と熱い太陽の地で繰り広げられる青春物語と思いきや、その正体は過激で死臭がにおい立つ不思議な作品。本作の魅力をコリン監督の過去作も交えてご紹介します。

映画『スプリング・ブレイカーズ』の作品情報


(C)Spring Breakers, LLC

【公開】
2013年(アメリカ映画)

【原題】
Spring Breakers

【監督】
ハーモニー・コリン

【キャスト】
ジェームズ・フランコ、セレーナ・ゴメス、バネッサ・ハジェンズ、アシュリー・ベンソン、レイチェル・コリン、グッチ・メイン

【作品概要】
『スプリング・ブレカーズ』は第69回ヴェネツィア国際映画祭コンペティション部門で金獅子賞を争った作品。

監督は『ガンモ』(1997)や『ミスター・ロンリー』(2007)、そのほか写真家としても活動するラリー・クラークの作品『KIDS/キッズ』の脚本を務めたハーモニー・コリン。

フロリダで大暴れする女子大生4人組のうち2人に扮するのは、ディズニー・チャンネル・スター出身のヴァネッサ・ハジェンズ(「ハイスクール・ミュージカル」シリーズ)と、セレーナ・ゴメス(「ウェイバリー通りのウィザードたち」シリーズ)。

ティーンの憧れの存在であり、清純なイメージのある彼女たちが“犯罪に手を染める女子大生”を演じたことは話題になりました。またドラマ「プリティ・リトル・ライアーズ」シリーズのアシュレイ・ベンソン、コリン監督の妻であるミシェル・コリンも出演しています。

女子大生たちが出会う胡散臭い売人エイリアンを演じるのは『ザ・ディザスター・アーティスト』(2017)『フューチャーワールド』(2018)など近年は監督業も行っているジェームズ・フランコ。

フランコは本作の怪演で全米映画批評家協会賞助演男優賞、ロサンゼルス映画批評家協会賞助演男優賞など計4つの賞を受賞しました。

映画『スプリング・ブレイカーズ』のあらすじとネタバレ


(C)Spring Breakers, LLC

毎日の祈りを欠かせない女の子フェイス、そして悪友のブリット、キャンディ、コティは仲良しの4人組。

大学生活は退屈そのもの、住んでいる街にも面白いものはありません。

この日常から逃げ出すため、彼女たちは以前からお金を貯め、春休みにバカンスに出かける計画を立てていました。

春休みに突入した学校の寮に残っているのは自分たちだけ。しかし、貯めていたお金は旅費に到底足りず、ブリット、キャンディ、コティは強盗を決意します。

大学教授の車を借り、覆面を被り、食堂で決行した強盗は大成功。スリルと大量に手に入ったお金に彼女たちは喜びます。

3人はフェイスの元へ戻り、バスで憧れの地フロリダへ向かいました。

すでにパーティーモードのバスの、ついたフロリダのビーチ、ホテル、彼女たちはスクーターを乗り回し、酒に麻薬、音楽と退屈な日常生活を吹き飛ばすように楽しむ4人組。

彼女たちはずっとここに痛いと願いますが、ある時パーティーに警察が乱入し、麻薬を吸っていた彼女たちは捕まってしまいます。

留置所に拘留され、保釈金を払えば出ると聞かされますがそんなお金はあるわけもなく、途方にくれる4人。

しかし彼女たちはいきなり保釈されます。誰かが保釈金を払ったと警察官から聞かされ、外に出ると待っていたのは、全部金歯の怪しい男、エイリアンでした。

以下、『スプリング・ブレイカーズ』ネタバレ・結末の記載がございます。『スプリング・ブレイカーズ』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。
接点がないにもかかわらずなぜ彼は自分たちを助けたのか。疑問に思いながらもいろんな所へ連れて行ってくれ、ギャングだと語るエイリアンにブリット、キャンディ、コティは大喜び。

しかし、信心深いフェイスだけはエイリアンに馴染めず、恐怖を感じていました。

ついにフェイスは3人を置いて地元へ帰ることを決意します。

残ったブリット、キャンディ、コティにエイリアンは仕事を与えます。

覆面を被り拳銃を手に持ち大暴れする3人とエイリアン。

しかしある日、エイリアンのかつての友人であったギャングに彼女たちは襲撃され、弾がコティの腕に当たってしまいました。コティはここを去ることを決めました。

残ったブリットとキャンディは、エイリアンとギャングたちの屋敷へ襲撃に向かいます。

しかし最初の発砲でエイリアンは死んでしまいます。2人は彼の死に構わず屋敷の人間を全員殺して回りました。

去り際にエイリアンにそっとキスをして、ブリットとコティが車で走り去ります。

映画『スプリング・ブレイカーズ』の感想と評価


(C)Spring Breakers, LLC

1997年の映画『ガンモ』では疲弊しきった街に生きる若者たちの姿を等身大に、また、2007年の映画『ミスター・ロンリー』では、有名人のものまねをして生きる人々をおかしくも切なく描いたハーモニー・コリン監督。

コリン監督は幻想的な柔らかさがありながらも痛々しさがあり、人生に広がる膨大な虚無感を観る者に突きつけます。

本作も胸に迫るやるせなさを詩的な台詞と映像表現で包み込み、前よりも少しだけ“無”を受け入れることができ、女子大生4人組がビーチで春休みを過ごすガールズパワーが詰まった青春物語です

ビキニ姿のかわいらしく、セクシーな少女たちのイメージ写真とプロットではそんな印象を受けますが、本作も最後広がるのは切なさと、何とも言えない虚無感です。

本作が描くテーマは“青春時代の終わり”。

退屈な日常から逃避した彼女たちは、エイリアンという男とであったことから犯罪への道をどんどん辿ることになりますが、4人のうち2人は脱却。

1人目はセレーナ・ゴメス演じるフェイス。ブリットとキャンディは金髪、コティはピンクの髪色ですがフェイスは黒髪、礼拝にも積極的に参加していることで、最初から彼女は“周りの3人とは違う女の子”ということがわかります。

2番目はコティ。コティも途中まではスリリングなエイリアンに惹かれ犯行を手伝いますが、銃が当たり家に帰ることにします。

彼女はバカンスに来る前に犯した強盗にも参加していますが、ドライバー役で脅しには加わっていませんでした。

犯罪に突き進む“覚悟”があったのはブリットとキャンディ。エイリアンが死んだ後も彼女たちは屋敷を周り、堂々とギャングたちを殺して回るのです。

本作で定期的に聞こえるのは銃声。そしてエイリアンが囁く「Spring break forever」という呪文のような言葉。

この銃声が聞こえるたび彼女たちには“戻れない”という覚悟が迫り、“終わり”の瞬間が近づいているのです。

フェイスとコティは学校に戻り、青春時代の終わりを実感するでしょう。それに対してブリットとキャンディは、“保護”の環境下にいることの終わり、エイリアンとの出会いで覚悟した道を進むことを決めるのです。

最後に車で新しい地に向かう2人は、どこか寂しそうにも見えます。

春休み、青春時代は永遠に続きません。ネオンの光、波にきらめく太陽、彼女たちの笑顔、派手派手しい猥雑な映像と詩的な表現を用いて刹那性の美しさを独特に表現した映画が『スプリング・ブレイカーズ』と言えます。

まとめ


(C)Spring Breakers, LLC

ブリトニー・スピアーズの往年の名曲やSkrillexの曲が物語を一層盛り上げ、快楽とその先にある寂寥、虚無を混在して感じさせます。

映像作家ハーモニー・コリンが放つユニークな青春映画『スプリング・ブレイカーズ』今一度お楽しみください。

関連記事

ヒューマンドラマ映画

映画『風をつかまえた少年』あらすじネタバレと感想。実話で描く14歳の純粋なこころざし

映画『風をつかまえた少年』は2019年8月2日(金)より、ヒューマントラスト有楽町、新宿武蔵野館ほか全国順次公開。 『風をつかまえた少年』は、ウィリアム・カムクワンバの同名自伝(ブライアン・ミーラー共 …

ヒューマンドラマ映画

映画『ボブという名の猫』ネタバレあらすじ感想とラスト結末の解説。実話ノンフィクションを“実際の猫ボブ”が演じる!

今、日本は空前の猫ブーム。猫がテーマの映画は邦・洋問わず見られます。 そんな中、今回は実話でベストセラーにもなった、ホームレス同然のミュージシャンと野良猫の運命的出会いを描いた『ボブという名の猫 幸せ …

ヒューマンドラマ映画

Netflix映画『ローマROMA』あらすじと評価解説。アカデミー賞監督のキュアロンが最も自伝的ヒューマンドラマを描く

2019年、アカデミー賞授賞式が近づいてきました。 今回ピックアップするのはNetflix製作のヒューマンドラマ映画『ROMA/ローマ』です。 静粛な映像美で綴られる本作がなぜこんなにも心を揺さぶるの …

ヒューマンドラマ映画

映画『灰とダイヤモンド』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も

今でも色褪せないモノクロ映画の世界。ポーランドのジェームズ・ディーンと謳われた、主演のZ・チブルスキーのワイルドさに惹かれます。 時は第二次世界大戦末期、ナチス・ドイツが敗北へと向かう中、ポーランドで …

ヒューマンドラマ映画

映画アガサ・クリスティー ねじれた家|あらすじネタバレと感想。原作者自ら最高傑作と認めた小説の映像化

2019年4月19日(金)より公開の映画『アガサ・クリスティー ねじれた家』 「ミステリーの女王」「史上最高のベストセラー作家」と称される伝説の推理小説家アガサ・クリスティーが自ら“最高傑作”と認めた …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学