Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

Entry 2018/05/31
Update

映画『泣き虫しょったんの奇跡』あらすじとキャスト。松田龍平の演技への思いとは

  • Writer :
  • シネマルコヴィッチ

2018年秋、全国ロードショーの映画『泣き虫しょったんの奇跡』は、棋士界の実話を描いた作品で、主演を松田龍平が務めます。

史上初!奨励会退会からプロ編入という、偉業を成し遂げた男の感動の実話です。

26歳はプロ棋士へのタイムリミット。幼い頃から将棋一筋で生きてきたしょったんこと、瀬川晶司の夢は、年齢制限の壁にぶつかってしまい夢を断たれてしまいます。

しょったんは突きつけられた現実のなか、改めて将棋の楽しさを実感する、「やっぱり、プロになりたい—」。

スポンサーリンク

映画『泣き虫しょったんの奇跡』の作品情報


(C)2018「泣き虫しょったんの奇跡」製作委員会 (C)瀬川晶司/講談社

【公開】
2018年(日本映画)

【原作】
瀬川晶司

【脚本・監督】
豊田利晃

【キャスト】
松田龍平、野田洋次郎、永山絢斗、染谷将太、渋川清彦、駒木根隆介、新井浩、早乙女太一、妻夫木聡、松たか子、美保純、イッセー尾形、小林薫、國村隼

【作品概要】
実際の棋士である瀬川晶司五段の自伝的小説「泣き虫しょったんの奇跡」を、映画『青い春』や『ナイン・ソウルズ』、また『I’M FLASH!』とコンビを組んできた松田龍平と豊田利晃監督がコンビを組んだ映画化。

共演は永山絢斗、染谷将太、妻夫木聡、松たか子たち実力あるキャストが集結。

松田龍平(しょったん・瀬川晶司役)のプロフィール

俳優の松田優作と女優の松田美由紀の長男して、1983年に生まれた龍平は、オフィス作に所属する俳優です。また、俳優の松田翔太の兄としても知られています。

1999年に、世界的な日本映画界の巨匠として知られる大島渚監督の作品『御法度』の主人公に抜てきされ、俳優デビューを果たします。

その際に、ブルーリボン賞や毎日映画コンクールなど、主要な映画賞で新人賞を総なめにしました。

それ以降、2002年に豊田利晃監督の『青い春』や『ナイン・ソウルズ』(2003)に出演します。

また、連続ドラマで初出演したNHKドラマ『ハゲタカ』では、同名の2009年映画版でも西野治役で出演します。

人気のある映画出演としては、2011〜14年に公開した、瑛太とダブル主演の「まほろ駅前」シリーズがあり、そのほかにも大泉洋の相棒役を演じる「探偵はBARにいる」シリーズ(2011~17)などでも松田らしい俳優の魅力を見せています。

松田が俳優として高い評価を得た作品は、2013年公開の三浦しおん原作を映画化した、石井裕也監督の『舟を編む』

辞書の編さんに打ち込む馬締光也役を好演して、第37回日本アカデミー賞の最優秀主演男優賞などを受賞しました。

その後も、2015年に松尾スズキ監督の『ジヌよさらば かむろば村へ』、2016年に沖田修一監督の『モヒカン故郷に帰る』、2017年に黒沢清監督の『散歩する侵略者』、2018年に吉田大八監督の『羊の木』(18)などで活躍を見せています。

また、NHK連続テレビ小説『あまちゃん』(2013)や、連続ドラマ『カルテット』(2017)などの演技でも話題を呼び、『犬ヶ島』の日本語版にも出演しています。

スポンサーリンク

映画『泣き虫しょったんの奇跡』のあらすじ


(C)2018「泣き虫しょったんの奇跡」製作委員会 (C)瀬川晶司/講談社

小学生のしょったんこと、瀬川晶司は、おとなしい性格でコレといった取り柄もありませんでした。

しかし、将棋を初めたことで周囲から認めら流ようになると、棋士になる夢を目指します。

厳しい道を選んだしょったんですが、ライバルや師匠との出会いを通じて、着実に棋士としての力を身につけていきます。

その後、プロ棋士になる登竜門の「奨励会」に入会を果たします。

日々、修練を積んでいくも、「26歳までに四段昇格できなければ退会」という規定のプレッシャーに負けてしまい、退会を余儀なくされてしまいます。

大きな挫折をかみしめることになった、しょったんたが、消えることがない将棋を愛する気持ち。

そして、仲間たちに支えられた瀬川晶司は、ふたたびプロ棋士を目指すべく立ち上がろうとするが…。

映画『泣き虫しょったんの奇跡』の感想と評価

本作『泣き虫しょったんの奇跡』で、2001年の出世作『青い春』以来、約16年ぶりに豊田利晃監督作品への単独主演を果たした松田龍平

プロ棋士への夢に敗れた苦悩から再起に至るまでの、主人公しょったんの心境の変化を丁寧に表現力は、中堅俳優の松田龍平にとって代表作にあげるべき、演技力とその存在感のオーラを見せつけた作品になっています。

豊田利晃監督から本作品の出演依頼を受けた松田龍平は、このように述べています。

「豊田さんが将棋を題材にした映画を撮ると聞いていたので楽しみでした。原作を読んで瀬川さんは正直な方なんだなと思いました。お会いしてから僕自身、影響を受けることがたくさんあったし、この役を演じることが出来て嬉しかったです」

松田龍平は豊田監督の本作に賭ける熱意を感じた後、原作の「泣き虫しょったんの奇跡」に瀬川自身が書いた誠実さに感銘を受けたようですね。

また、実際に瀬川プロ棋士に会った際も、本人が夢から覚めた後の再出発した精神性の高さにリスペクトしたようです。

また、松田龍平は映画公開を劇場で待ち望むファンに、次のようなメッセージを贈ってくれました。

「瀬川さんと、しょったんを取り巻く魅力的な登場人物達の物語を楽しんで下さい。諦めなければ面白い物語が始まるかもしれないということを希望という言葉とともにお送りします。将棋が好きな方もそうでない方も楽しめる映画です」

近年の棋士界では、才能や個性あふれる棋士の方々の活躍も目立つようになりました。

そのことを彷彿させるような、今回のしょったんを取り巻くライバルや支える仲間たちも見どころとなっています。

とはいえ、なかでも主人公となるしょったんこと瀬川晶司は、サラリーマンから史上初めてプロ編入試験を経て、プロ棋士入りを果たした人物です。

それを演じた松田龍平の演技力もさることながら、松田特有の物腰の柔らかな存在感がどのように物語の中で活きたのか、要注目です。

瀬川プロ棋士がかつてぶち当たった壁をどのように越えたのか、秘めた思いをどのように松田龍平は表現したのか。

劇場で鑑賞する価値のある作品です。ぜひ、映画館でご覧くださいね。

スポンサーリンク

まとめ

史上初の奨励会退会からのプロ編入という偉業を成し遂げた男の感動の実話『泣き虫しょったんの奇跡』

しょったんが小学校の5年生だった当時、担任の先生に褒められたことをきっかけに、卒業文集にもプロ棋士になりたいと書いた瀬川晶司。

プロへの年齢制限の壁にぶつかり、一度は奨励会を退会するも、2005年にプロ編入の嘆願書を瀬川の才能を信じて賛同した棋士仲間たちと共に挑んだ、棋士界初の快挙とは?

実在の瀬川晶司を演じた松田龍平は、「この映画を撮り終えて、人生とは夢から覚めてから始まるんじゃないかなと、そんな気持ちになりました」と語っています。

また、映画化された瀬川晶司の原作『泣き虫しょったんの奇跡』ですが、それ以後も『夢をかなえる勝負力!』(2006)や『後手という生き方』(2007)という書籍も出しております。

夢から覚めて、再起する後手の道を、ぜひ劇場でご覧ください。


関連記事

ヒューマンドラマ映画

映画『GO』フル動画を無料視聴!PandoraやDailymotion紹介も

映画『GO』の原作は金城一紀の同名小説。 恋に友情に悩み傷つきながらも、次第に国籍や民族といったボーダーに囚われない新たなアイデンティティに目覚めてゆく在日韓国人の高校生の姿を描いた快青春ストーリー。 …

ヒューマンドラマ映画

映画『滑走路』感想考察とレビュー評価。タイトルの意味と萩原慎一郎歌集を基に“青春という残酷さ”から始まる“現代の問題”を描く

映画『滑走路』は2020年11月20日(金)より全国順次公開。 精神不調に悩まされながらも短歌を詠み続け、32歳の若さで命を絶った歌人、萩原慎一郎の遺作となった『歌集 滑走路』。 いじめや非正規雇用な …

ヒューマンドラマ映画

映画デトロイト|あらすじネタバレと感想。モーテル事件と暴動ラスト結末も

1967年7月、アメリカ史上最大級の人種暴動の最中に起きた実際の事件、「アルジェ・モーテル事件」を描く衝撃作。 手掛けるのは『ハート・ロッカー』や『ゼロ・ダーク・サーティ』といった社会派の力作で知られ …

ヒューマンドラマ映画

映画『グッバイ、リチャード!』感想と考察評価。ジョニーデップが終活ヒューマンドラマに挑む

映画『グッバイ、リチャード!』は、2020年8月21日(金)ヒューマントラスト渋谷ほか全国順次公開! 映画『グッバイ、リチャード!』は、ジョニー・デップ演じる余命180日と宣告された大学教授が、残され …

ヒューマンドラマ映画

映画『人間失格(2019)』あらすじネタバレと感想【太宰治と三人の女たち】で蜷川実花が破滅的な最期を映像化

映画『人間失格 太宰治と三人の女たち』は2019年9月13日(金)より全国ロードショー公開! 『ヘルタースケルター』『Diner ダイナー』の蜷川実花監督が小栗旬を主演に迎え、大作家・太宰治の最期の瞬 …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学