Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

映画『素敵なダイナマイトスキャンダル』あらすじとキャスト。富永監督情報も

  • Writer :
  • 桃から生まれた尻太郎

母親が隣人の男とダイナマイトで大心中!!

数々の雑誌の創刊と発禁を繰り返した、アンダーグラウンドカルチャーを牽引した雑誌編集者末井昭が綴ったエッセイ「素敵なダイナマイトスキャンダル」をまさかの実写化!!

翻弄されるように生きてきた末井昭が感じたものとは、出会いとは。

スポンサーリンク

1.映画『素敵なダイナマイトスキャンダル』の作品情報

(C)2018「素敵なダイナマイトスキャンダル」製作委員会

【公開】
2018年(日本映画)

【監督】
富永昌敬

【キャスト】
柄本佑、前田敦子、三浦透子、峯田和伸、松重豊、村上淳、尾野真千子、中島歩、落合モトキ、木嶋のりこ、瑞乃サリー、政岡泰志、島本慶、若葉竜也、嶋田久作

【作品概要】
昭和のアンダーグラウンドカルチャーを牽引した雑誌編集者の末井昭が綴った自伝的エッセイ「素敵なダイナマイトスキャンダル」を富永昌敬が映画化した作品。

主題歌『山の音』には末井昭著者本人が尾野真千子と参加している。

2.映画『素敵なダイナマイトスキャンダル』のあらすじ


(C)2018「素敵なダイナマイトスキャンダル」製作委員会

肺結核を患い、医者にも見放された末井昭の母親は自暴自棄になり隣家の若い男と抱き合いダイナマイトに火をつけて心中しました。

末井がまだ7歳の頃の出来事でした。

やがて青年になり上京した末井はエロ雑誌の出版社へと入社します。

男の性への飽くなき探究心に答えるため日々、新感覚のカルチャー・エロ雑誌を創刊しました。

そんな中で“アラーキー”こと荒木経惟に出会い、さらに南伸坊、赤瀬川源平、嵐山光三郎ら堂々たる表現者たちが末井のもとへ集まります。

発禁と創刊を繰り返しながら、感じる映画雑誌「ウィークエンド・スーパー」やのちの伝説となる「写真時代」など様々な雑誌を生み出していきました。

数奇な運命を背負った末井昭のたどり着いた先とは…。


(C)2018「素敵なダイナマイトスキャンダル」製作委員会

スポンサーリンク

3.映画『素敵なダイナマイトスキャンダル』のキャストプロフィール

柄本佑(主人公:末井昭役)

参考映画:『今日子と修一の場合』(2013)

柄本佑は、1986年に東京都で生まれます。

2001年の映画『美しい夏キリシマ』のオーディションに合格し、2003年に映画デビューを飾ります。

また同作品にて、第77回キネマ旬報ベストテン新人賞、第13回日本映画批評家大賞新人賞を受賞しました。

父親は俳優の柄本明、母親は女優の角替和枝、弟は俳優の柄本時生であり、俳優一家で育ちました。

また自身も2012年に女優の安藤サクラと結婚しました。

父親ゆずりの味わいのある奇妙な存在感を持ち、数々の出演作品に奥深いエッセンスを加えています。

さらには2017年に第一子をもうけ、これまで以上に演技の幅の広がりに期待が持てそうですね。

主な出演映画は、2009年に『ラッシュライフ』、2013年に『今日子と修一の場合』、2016年に『64 ロクヨン 後編』、2017年に『追憶』があります。

前田敦子(妻:牧子役)

参考映画:『もらとりあむタマ子』(2013)

前田敦子は、1991年に千葉県で生まれす。

言わずと知れたアイドルグループAKB48の元メンバーで、不動のセンターとして活躍していました。

2012年に在籍中に出演した、山下敦弘監督の映画『苦役列車』で、第4回TAMA映画賞の最優秀新進女優賞など、多くの賞で評価を受けたこともあり、グループ卒業後は女優業を本格化させています。

翌年2013年に公開された山下敦弘監督の映画『もらとりあむタマ子』では、坂井タマ子役を演じ、焦燥感を纏いながらもアイドルになりたい少女に自身の人生を重ねた魅力を発揮。第23回日本映画プロフェッショナル大賞で主演女優賞を獲得します。

また同年には、中田秀夫監督のホラー映画『クロユリ団地』にも出演するなど、幅広いジャンルで活躍しています。

主な出演映画は、2011年に『もしも高校野球の女子マネージャーがドラッガーの「マネジメント」を読んだら』、2015年に『イニシエーション・ラブ』、2016年に『モヒカン故郷に帰る』、2017年に『散歩する侵略者』があります。

三浦透子(愛人:笛子役)

参考映画:『私たちのハァハァ』(2015)

三浦透子は1996年に北海道で生まれます。

2002年に3000人の中からオーディションを勝ち抜き、2代目なっちゃんとしてサントリーの「なっちゃん」のCMに出演しました。

その後、少しの期間を設け2011年のテレビドラマ『チョコミミ』にレギュラー出演。それ以降はドラマや映画に数多く出演しています。

可憐なような野暮ったいような雰囲気が特徴であり、劇中でも独特の印象を残しています。

これまでは「なっちゃん」でついたイメージからか、学生や青春ものに出演することが多かったですが、今作『素敵なダイナマイトスキャンダル』では愛人役ということで、新たな魅力を輝かせてくれることでしょう。

主な出演は、2013年に『鈴木先生』、2014年に『アイドル・イズ・デッド』、2015年に『私たちのハァハァ』、2017年に『月子』があります。

峯田和伸(心の友:近松さん役)

参考映画『ボーイズ・オン・ザ・ラン』(2009)

峯田和伸は、1977年に山形県で生まれます。

パンクバンド銀杏BOYZのボーカルとして、音楽で活躍しながら、ジャンルの境界を飛び越えながら様々な分野で活動。

原作みうらじゅんの漫画を、2003年に田口トモロヲ監督した映画『アイデン&ティティ』で映画デビューにして主演を務めました。

その後も人を惹きつけるような魅力で、主演でも脇役でも色の濃い印象を残しています。

ライブ演奏中に全裸になり、書類送検されるなど逸話もまた魅力ですね。

主な出演映画は、2003年の『アイデン&ティティ』、2009年の『色即ぜねれいしょん』、2010年の『ボーイズ・オン・ザ・ラン』、2015年の『ピースオブケイク』などがあります。

松重豊(警視庁の刑事:諸橋役)

参考映画:『しゃべれどもしゃべれども』

松重豊は、1986年に福岡県で生まれます。

明治大学に在籍中、演技の魅力に目覚めて新宿にあった小劇場「スペースデン」にて初舞台を踏みます。

また、三谷幸喜主宰の東京サンシャインボーイズの作品の『6ペンスの唄』(1983)、『プーサン酒場と3つのわくわくする物語』(1983)、『くたばれサンダース(1985)などに出演していました。

卒業後は蜷川幸雄が主催する劇団蜷川スタジオに入団すると、『オイディプス王』(1986)、『NINAGAWA少年少女鼓笛隊による血の婚礼』(1986)、『テンペスト』(1987)で舞台に立ちます。

脱退後はフリーで活動し、数々のドラマや映画に出演しています。

一度俳優業に嫌気が差したことから、1年以上にわたり休業したことがあり、その間は建設会社の正社員として働いていたそうです。

2012年からスタートした連続ドラマ『孤独のグルメ』では、ドラマ初主演でありながらも当たり役となり、幅広い年代に愛されています。

主な出演映画は、2007年に平山秀幸監督の『しゃべれどもしゃべれども』で湯河原太一役を演じ、第70回毎日映画コンクールにて助演男優賞を獲得。

また2009年の西川美和監督の『ディア・ドクター』では、第31回ヨコハマ映画祭にて助演男優賞を受賞しました。

近年も『ミュージアム』(2016/大友啓史)、アウトレイジ 最終章 (2017/北野武監督)、『探偵はBARにいる3』(2017/吉田照幸監督)などで印象深い役どころを演じています。

4.富永昌敬監督のプロフィール

参考映画:『ローリング』

富永昌敬監督は、1975年に愛媛県で生まれます。

日本大学芸術学部映画学科の卒業製作作品『ドルメン』は、2000年のオーバーハウゼン国際短編映画祭の審査員奨励賞を受賞し、また2002年『VICUNAS』が水戸短編映像祭にてグランプリを受賞しました。

その後、2006年に自ら脚本を書いた映画『パビリオン山椒魚』では、オダギリジョーを主演に迎えて長編商業映画デビューを果たします。

近年は2015年の『ローリング』は、海外ではイギリスの第23回レインダンス映画祭出品され、また国内では第89回キネマ旬報ベスト・テンの日本映画ベスト・テンで第10位という快挙を成し遂げます。

スポンサーリンク

5.映画『素敵なダイナマイトスキャンダル』の上映館は


class=”caption”>(C)2018「素敵なダイナマイトスキャンダル」製作委員会

北海道地区

北海道 ディノスシネマズ札幌劇場:3月17日(土)公開

東北地区

青森 シネマディクト ルアール/ルージュ:4/28(土)~5/11(金)公開
宮城 チネ・ラヴィータ:3月17日(土)公開
山形 フォーラム山形:順次公開

関東地区

埼玉 MOVIX三郷:3月17日(土)公開

千葉 TOHOシネマズ流山おおたかの森:3月17日(土)公開

東京 テアトル新宿:3月17日(土)公開
東京 池袋シネマ・ロサ:3月17日(土)公開
東京 キネカ大森 03-3762-6000:3月17日(土)公開
東京 楽天地シネマズ錦糸町:3月17日(土)公開
東京 立川シネマシティ:3月17日(土)公開

神奈川 TOHOシネマズららぽーと横浜:3月17日(土)公開
神奈川 シネマジャック/ベティ:3月17日(土)公開
神奈川 109シネマズ川崎:4/14~4/27公開

中部地区

新潟 JMAX THEATER上越:5/18(金)~公開

富山 JMAX THEATERとやま:5/18(金)~公開

石川 ユナイテッド・シネマ金沢:3/17(土)~3/29(木)公開

長野 長野千石劇場:順次公開
長野 アイシティシネマ:5/12(土)~公開

静岡 静岡東宝会館:3月17日(土)公開
静岡 CINEMAe_ra:順次公開

愛知 センチュリーシネマ:3月17日(土)公開
愛知 ユナイテッド・シネマ豊橋18:3月17日(土)公開
愛知 ミッドランドシネマ名古屋空港:3月17日(土)公開
愛知 MOVIX三好:3月17日(土)公開

近畿地区

滋賀 大津アレックスシネマ:順次公開

京都 京都シネマ:3月17日(土)公開

大阪 なんばパークスシネマ:3月17日(土)公開
大阪 テアトル梅田:3月17日(土)公開
大阪 109シネマズ大阪エキスポシティ:4/14(土)~4/27(金)
兵庫 シネ・リーブル神戸:3月17日(土)公開
兵庫 MOVIXあまがさき:3月17日(土)公開

中国・四国地区

鳥取 MOVIX日吉津:6/22~公開

岡山 シネマクレール丸の内:3月17日(土)公開

九州・沖縄地区

福岡 福岡中洲大洋:3月17日(土)公開

熊本 Denkikan:3月17日(土)公開

宮崎 宮崎キネマ館:順次公開

沖縄 桜坂劇場ホール:3月17日(土)公開

*記載された情報は2月25日現在のものです。映画の公開は順次公開されますので、詳細な日時は公式サイトをご確認の上、お近くの劇場に足を運んでみて下さいね。


class=”caption”>(C)2018「素敵なダイナマイトスキャンダル」製作委員会

6.富永監督作品を気になっていたけど見逃してしまっているあなたへ

『素敵なダイナマイトスキャンダル』公開記念 冨永昌敬監督特集上映

東京の池袋シネマロサにて3月3日より2週間の日替わりで富永作品の一挙上映のイベントが催されます。

【上映日時】
2018年3月3日(土)~3月16日(金) 2週間レイトショー
*日替わり上映

【上映時間】
連日20:30~

【料金】
1300円

【上映スケジュール】
・3月3日(土) 『南瓜とマヨネーズ』

・3月4日(日) MBSドラマ『ディアスポリス 異邦警察』(第1・2・9・10話)

・3月5日(月) 『マンガをはみだした男 赤塚不二夫』

・3月6日(火) 『ローリング』

・3月7日(水) 『劇場版 目を閉じてギラギラ』

・3月8日(木) 『アトムの足音が聞こえる』

・3月9日(金) 『庭にお願い』

・3月10日(土) 『乱暴と待機』

・3月11日(日) 『パンドラの匣』

3月12日(月) 『シャーリーの好色人生と転落人生』

3月13日(火) 『コンナオトナノオンナノコ』

3月14日(水) 『パビリオン山椒魚』

3月15日(木) 『シャーリー・テンプル・ジャポン・パートⅡ』『オリエンテ・リング』

3月16日(金) 『亀虫』『テトラポッド・レポート』

*会期中のイベントやそのほか最新情報は池袋シネマロサの公式ホームページをご確認ください、

今回『素敵なダイナマイトスキャンダル』公開記念 冨永昌敬監督特集上映は、見逃すとなかなか観る機械の少ない作品ばかりです。

このチャンスに是非とも劇場に足を運びましょう!

4.まとめ

(C)2018「素敵なダイナマイトスキャンダル」製作委員会

筆者自身、冨永昌敬監督の『南瓜とマヨネーズ』を鑑賞した際に、臼田あさみの薄いイタさとオダギリジョーの魔力にあてられたばかりです。

今作の『素敵なダイナマイトスキャンダル』ではどんな世界観を見せてくれるのか今から楽しみですね。

R15作品ですので高校生以上はみんな、劇場へ行きましょう!

中学生はもう少し辛抱してから見にいきましょう!

映画『素敵なダイナマイトスキャンダル』は3月17日より全国順次公開です!!

関連記事

ヒューマンドラマ映画

『しあわせの絵の具 愛を描く人 モード・ルイス』あらすじとキャスト。

カナダで最も有名な画家モード・ルイスが教えてくれる、人生で大切な喜びとは── 3月3日(土)より東劇、新宿ピカデリーをはじめ全国でロードショーされる映画『しあわせの絵の具 愛を描く人 モード・ルイス』 …

ヒューマンドラマ映画

映画『ルーム』あらすじネタバレと感想。動画無料視聴はHulu!

映画「ルーム』で、2016年に米アカデミー賞の主演女優賞を受賞して以来、一気にスターダムにのし上がった女優ブリー・ラーソン。 彼女の魅了もさることながら、ハリウッドの子役ジェイコブ・トレンブレイの幼い …

ヒューマンドラマ映画

ママ虫(マムチュン)の意味と真相。原作者の体験談から映画『82年生まれ、キム・ジヨン』は完成した

映画『82年生まれ、キム・ジヨン』は2020年10月9日(金)より新宿ピカデリーほか全国公開。 チョ・ナムジュによる小説『82年生まれ、キム・ジヨン』は、韓国の1982年生まれの女性で最も多い名前“ジ …

ヒューマンドラマ映画

実写映画『春待つ僕ら』あらすじネタバレと感想。土屋太鳳と北村匠海ら等身大の役柄を熱演

漫画家あなしん原作の人気コミック『春待つ僕ら』が、土屋太鳳を主演に実写映画化されました。 “大事なものがあれば強くなれる”。 引っ込み思案で友達も作れない美月は、幼い日の大事な人からの言葉を胸に、自分 …

ヒューマンドラマ映画

映画『小さな恋のうた』あらすじネタバレと感想。キャストの演技を越えた生身こそが青春モノの醍醐味!

友達どころじゃない、俺たちはバンドだったんだ。 沖縄出身の人気バンドMONGOL800の名曲にインスパイアされた物語! 沖縄の高校生たちが、バンド活動を通じて仲間や家族、沖縄社会に深く根ざす問題を見つ …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』2020年10月9日(金)よりTOHOシネマズシャンテほか全国公開
映画『朝が来る』2020年10月23日(金)より全国公開
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
国内ドラマ情報サイトDRAMAP