Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

Entry 2022/03/09
Update

映画『ヒットマンズ・ワイフズ・ボディガード』あらすじ感想と評価解説。ライアン・レイノルズとサミュエル・L・ジャクソンのコンビの先に待ち受ける悲劇とは?|映画という星空を知るひとよ93

  • Writer :
  • 星野しげみ

連載コラム『映画という星空を知るひとよ』第93回

“ボディガード”ライアン・レイノルズד殺し屋”サミュエル・L・ジャクソンのタッグに、“詐欺師”サルマ・ハエックが加わった、痛快コメディアクション『ヒットマンズ・ワイフズ・ボディガード』。

ひょんなことから殺し屋を護衛する羽目になったボディガードの奮闘を描いた映画『ヒットマンズ・ボディガード』(2017)の続編です。

休暇中のボディガードのマイケルは、以前にあるミッションでコンビを組んだ殺し屋・ダリウスの妻ソニアから、マフィアに捕まった夫を救出する手助けを無理やり頼まれ、またしても自身の不運を孕んだ事件へ巻き込まれていきます。

『エクスペンダブルズ3 ワールドミッション』のパトリック・ヒューズ監督がまとめあげた『ヒットマンズ・ワイフズ・ボディガードは、2022年4⽉8⽇(⾦)よりTOHOシネマズ⽇⽐⾕ほか全国公開。

【連載コラム】『映画という星空を知るひとよ』一覧はこちら

スポンサーリンク

映画『ヒットマンズ・ワイフズ・ボディガード』の作品情報


(C)2020 Hitman Two Productions, Inc. All Rights Reserved.

【日本公開】
2022年(アメリカ映画)

【原題】
『HITMANʼS WIFEʼS BODYGUARD』

【監督】
パトリック・ヒューズ

【脚本】
トム・オコナー、フィリップ・マーフィ、ブランドン・マーフィ

【キャスト】
ライアン・レイノルズ、サミュエル・L.ジャクソン、サルマ・ハエック、アントニオ・バンデラス、モーガン・フリーマン、フランク・グリロ、キャロライン・グッドオール、レベッカ・フロント、ガブリエラ・ライト、アリス・マクミラン、クリストファー・カミヤストム・ホッパー、ブレイク・リトソン、リチャード・E・グラント

【作品概要】
『ヒットマンズ・ワイフズ・ボディガード』は、「デッドプール」シリーズのライアン・レイノルズと「アベンジャーズ」シリーズのサミュエル・L・ジャクソンが共演した2017年の映画『ヒットマンズ・ボディガード』の続編。

前作に続いて、ライアン・レイノルズとサミュエル・L・ジャクソン、サルマ・ハエックが主人公たちを熱演。第2弾となる本作では、アントニオ・バンデラス、モーガン・フリーマンらも共演します。

パトリック・ヒューズが監督として引き続きまとめあげました。

映画『ヒットマンズ・ワイフズ・ボディガード』のあらすじ


(C)2020 Hitman Two Productions, Inc. All Rights Reserved.

英国ナンバーワンを誇るボディガード、マイケル・ブライス。

宿敵である凄腕の殺し屋ダリウス・キンケイドを保護し、国際裁判所に送り届けるという任務を遂行したのですが、それは大きな代償を伴いました。

ダリウスに保護対象者を殺害されたトラウマにさいなまれて神経症に陥り、ライセンスをはく奪されてしまいました。おまけに、セラピーに通っても医師にサジを投げられる⽇々が続きます。

しまいには、仕事から離れようとして休暇を取り、出かけたイタリアのバカンス先で、ダリウスの妻・ソニア・キンケイドに拉致されました。

ソニア・キンケイドは、ダリウスの型破りな妻にして詐欺師。キレると何をしでかすかわからない激情的な女性でした。

マイケルは、ソニアからマフィアに捕まったダリウスを救出するというミッションを強いられます。

クレージーな彼⼥に振り回されながらも、ダリウスの救出に成功するマイケル。

ところが、彼らが殺したマフィアの中には、インターポールへの情報提供者も混じっていたのです。

怒ったインターポールの捜査官ボビーに拘束され、マイケルとダリウスそれにソニアの3⼈は捜査に協⼒するハメになりました。

インターポールが追っていたのは、クロアチアのインフラを壊滅に追い込んだハイテク装置の密売です。

ターゲットとされるギリシャの⼤富豪アリストテレスは狂信的な愛国主義者で、祖国に経済制裁を課すEUに対してこの装置を使ってのサイバーテロを企てていると言うのです。

その取引現場に潜伏したマイケルたちは⼀度は装置の奪取に成功。が、アリストテレスの包囲網は彼らをジワジワと苦しめていきます……。

スポンサーリンク

映画『ヒットマンズ・ワイフズ・ボディガード』の感想と評価


(C)2020 Hitman Two Productions, Inc. All Rights Reserved.

ユニークな異色コンビ

ボディガードと殺し屋がタッグを組む、という一見あり得ないような構図で展開するストーリー。

本作『ヒットマンズ・ワイフズ・ボディガード』は、前作同様ハチャメチャな面白さを持って始まります。何よりも、殺し屋ダリウスの妻・ソニアが物凄い。

ソニアは詐欺師ですが、殺し屋顔負けのアクションと肝っ玉を持っています。そして誰よりも深ーくダリウスを愛し、夢はマイファミリーを築くこと。

中でも一番願っているのは、ダリウスとのベイビー。これがまたどんなに努力してもなかなか授からず、ソニアは焦っていました。

……というわけで、ハネムーンの最中に夫をさらわれたソニアの怒りもまた頂点に達しています。

休暇中のマイケルを探し出して拉致して協力者とし、無理やりダリウスを奪回します。

前作で奇妙な友情で結ばれたダリウスとマイケルに、本作ではスーパーウーマンのソニアも加わって、サイバーテロを企てる犯罪組織と待ったなしの戦いが始まります。

イタリアやギリシャの⾵光明媚な景⾊においての市街地を破壊しまくるカーアクション、圧倒的な⽕薬量を投⼊したガンファイトなど、見応えもたっぷりなコメディアクション。

異色コンビプラスワイフの斬新な魅力が詰まった作品となりました。

個性が光る名優たち


(C)2020 Hitman Two Productions, Inc. All Rights Reserved.

マイケル演じるライアン・レイノルズは口数の多い、災難に巻き込まれやすい役どころを熱演。マイケルと同じように口数が多い、陽気な殺し屋ダリウスは、サミュエル・L・ジャクソンが演じています。

ダリウスを愛し抜きその子供を切望する妻のソニアには、『エターナルズ』(2021)のサルマ・ハエック。

不敵な悪党を演じる『ペイン・アンド・グローリー』(2019)のアントニオ・バンデラス、マイケルの⽗に扮するアカデミー賞俳優モーガン・フリーマン、気難しい⽪⾁屋のインターポール捜査官を演じた『コンティニュー』(2021)のフランク・グリロらと、それぞれにアクの強さを⾒せつける名優たちが集結しました。

個性豊かなキャストによって、生み出されたとも言える『ヒットマンズ・ワイフズ・ボディガード』。

作品のアップテンポな展開に、ライアンとサミュエル、そしてサルマの軽妙なやりとりが合わさりあい、最後の最後まで⽬が離せません。

まとめ


(C)2020 Hitman Two Productions, Inc. All Rights Reserved.

“ボディガード”マイケル役のライアン・レイノルズד殺し屋”ダリウス役のサミュエル・L・ジャクソンのタッグに、殺し屋の妻ソニアとしてサルマ・ハエックが加わった『ヒットマンズ・ワイフズ・ボディガード』。

世界の危機を救うために炸裂する、ボディカードと殺し屋の怒涛のコンビ復活です。

血しぶきも派手に飛ぶド派手なアクションも前作そのままに、激情妻ソニアのモーレツなラブコールもあって、その面白さはますますヒートアップしています。

ファミリーを築きたいソニアの願望の行く末にあるマイケルの悲劇! 衝撃のラストにもご期待ください。

『ヒットマンズ・ワイフズ・ボディガード』は、2022年4⽉8⽇(⾦)より、TOHOシネマズ⽇⽐⾕ほか全国公開!

【連載コラム】『映画という星空を知るひとよ』一覧はこちら

星野しげみプロフィール

滋賀県出身の元陸上自衛官。現役時代にはイベントPRなど広報の仕事に携わる。退職後、専業主婦を経て以前から好きだった「書くこと」を追求。2020年よりCinemarcheでの記事執筆・編集業を開始し現在に至る。

時間を見つけて勤しむ読書は年間100冊前後。好きな小説が映画化されるとすぐに観に行き、映像となった活字の世界を楽しむ。

関連記事

連載コラム

韓国映画『EXIT』ネタバレ感想と結末までのあらすじ解説。感動の家族愛と恋するサバイバルなボルダリングアクション!|B級映画 ザ・虎の穴ロードショー7

連載コラム「B級映画 ザ・虎の穴ロードショー」第7回 深夜テレビの放送や、レンタルビデオ店で目にする機会があったB級映画たち。現在では、新作・旧作含めたB級映画の数々を、動画配信サービス【U-NEXT …

連載コラム

ウェイティング・バーバリアンズ帝国の黄昏|ネタバレあらすじとラスト結末の感想。ジョニー・デップが怪演を見せた痛烈な風刺劇|未体験ゾーンの映画たち2021見破録3

連載コラム「未体験ゾーンの映画たち2021見破録」第3回 世界のあらゆる国の、様々な事情で埋もれかけた映画を紹介する「未体験ゾーンの映画たち2021見破録」。第3回で紹介するのは、ノーベル賞受賞作家の …

連載コラム

映画『ダーク・スクール』ネタバレ感想。かわいい子役が女子高校生役で開花したゴシックホラーの魅力とは|未体験ゾーンの映画たち2019見破録2

連載コラム「未体験ゾーンの映画たち2019見破録」第2回 様々な理由から日本公開が見送られてしまう、傑作・怪作映画をスクリーンで体験できる劇場発の映画祭、「未体験ゾーンの映画たち」が2019年も実施さ …

連載コラム

映画『グンダーマン』感想評価と解説レビュー。アレクサンダーシェーアが実在した‟東ドイツのボブ・ディラン”を熱演|心を揺さぶるtrue story4

連載コラム『心を揺さぶるtrue story』第4回 第二次世界大戦で、日本と同様に敗戦国となったドイツ。終戦後、ドイツ民主共和国(東ドイツ)、ドイツ連邦共和国(西ドイツ)に分断されてしまいました。 …

連載コラム

三池崇史、荻上直子監督ら登壇!SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2019のオープニングイベント開催|2019SKIPシティ映画祭2

第16回を迎えるイベントが、2019年も開幕! 7月13日に埼玉・川口のSKIPシティにて『SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2019』が開催、オープニングセレモニーには各部門のノミネート作品を手掛けた …

U-NEXT
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学