Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

映画『底知れぬ愛の闇』ネタバレあらすじ感想と結末の評価解説。官能的なカタツムリの意味やラストの日常表現に隠された恋愛観とは⁈|Amazonプライムおすすめ映画館12

  • Writer :
  • からさわゆみこ

連載コラム「Amazonプライムおすすめ映画館」第12回

今回ご紹介する映画『底知れぬ愛の闇』は、『太陽がいっぱい』、『リプリー』などの小説で知られる、パトリシア・ハイスミスの同名作を『危険な情事』(1988)、『運命の女』(2003)のエイドリアン・ライン監督が、20年ぶりに取りまとめた官能サスペンスです。

ICチップの開発に携わるヴィックは、美しい妻メリンダと利発な娘の3人で、誰もがうらやむ裕福な暮らしをしています。

ある日、メリンダと仲の良い友人マーティン・マクレイが失踪し、ディックは彼を殺害したと冗談を言ったことで、知人たちの間で悪い噂が立ち始め、これを機に夫婦の間に猟奇的な心理合戦が始まります。

【連載コラム】「Amazonプライムおすすめ映画館」記事一覧はこちら

スポンサーリンク

映画『底知れぬ愛の闇』の作品情報

(C)Amazon Studios

【日本公開】
2022年(アメリカ映画)

【原題】
Deep Water

【監督】
エイドリアン・ライン

【原作】
パトリシア・ハイスミス

【脚本】
ザック・ヘルム、サム・レビンソン

【キャスト】
ベン・アフレック、アナ・デ・アルマス、トレイシー・レッツ、レイチェル・ブランチャード、リル・レル・ハウリートレイシー・レッツ、フィン・ウィットロック、ジェイコブ・エローディ、ダッシュ・ミホク、クリステン・コノリー、ジェイド・フェルナンデス、マイケル・ブラウン、マイケル・シアラバ

【作品概要】
ディック役には『最後の決闘裁判』(2021)、『ゴーン・ガール』(2014)、『僕を育ててくれたテンダー・バー』(2022)のベン・アフレック。

妻のメリンダ役には『ナイブズ・アウト 名探偵と刃の館の秘密』(2020)、『007 ノー・タイム・トゥ・ダイ』(2021)のアナ・デ・アルマスが務めます。

共演に『レディ・バード』(2017)、『フォードvsフェラーリ』(2019)などの話題作に多く出演しているトレイシー・レッツ、『フリー・ガイ』(2021)に出演のリル・レル・ハウリー。

エイドリアン・ライン監督の『フラッシュダンス』(1983)は、2022年4月に4Kデジタルリマスター版で公開予定となり話題になっています。

映画『底知れぬ愛の闇』のあらすじとネタバレ

(C)Amazon Studios

早朝の森の中、マウンテンバイクで悪路を駆け抜ける男。息を切らし家の玄関ポーチに到着すると、その様子を階段からみつめる若く美しい女性がいました。

男が「どうかした?」と尋ねると女は「別に」と言って、階段を上がっていきました。

男の名はヴィック、女の名前はミランダといいます。2人の間にはトリクシーという娘がいて、夫妻はその晩はパーティーに招かれています。

トリクシーはシッターを待つ間、アレクサに「牧場の歌」をリクエストしますが、身支度をするメリンダはその歌が嫌いだと、イライラしながら消すようにいいます。

トリクシーはメリンダがイライラするのを知っていて、何度も「牧場の歌」を一緒に唄います。ヴィックはそんな娘を愛おしく思っています。

メリンダはパーティーに着ていくドレス選びで、ヴィックを呼び、背中が大胆に開いた黒のドレスと、オフショルダーの赤いドレスです。

ヴィックは黒のドレスとニューヨークで買ってあげた、黒のハイヒールがいいと言いました。

セクシーな装いのミランダと対称的に、ヴィックは地味でラフな格好で友人のパーティーへでかけました。

ヴィックは友人からの人望が厚く慕われていました。しかし、ミランダは自由奔放な性格でパーティーに着くなり、ヴィックをそっちのけに飲んで騒ぎます。

メリンダは主催者に強引に頼んで、ジョエル・ダッシュという男をパーティーに招待させていました。彼女は彼を見つけると2人で人混みに紛れます。

ヴィックはメリンダを目で追いますが、メリンダはジョエルを外に連れ出します。人目もはばからずメリンダはジョエルと抱きあい、キスをしているとヴィックに目撃されます。

ところがメリンダは見られていると知っても、やめるどころか見せつけるように続けます。更にメリンダは酔った勢いでピアノに乗ったり、ピアノを弾きながら歌い始めます。

彼女がバカ騒ぎをしているとジョエルが、ヴィックに話しかけてきて、2人は自分に好くしてくれると礼を言います。

そして、メリンダとの関係はプラトニックなものだけど、彼女と会うことを公認してくれることに感謝していると言います。

しかし、ヴィックはポーカーフェイスで「マーティン・マクレイのことは知っているか?」と切り出します。

マーティン・マクレイとはメリンダの親しい友人で、度々会う仲で数日前から行方不明になっていました。ジョエルが知っていると答えると、「妻と会ってた」と言います。

ジョエルがどういう意味か聞くとマーティンは、“ただの友達”だったが、ヴィックは自分が彼を殺し、そのことをメリンダは知らないと話します。

ジョエルは冗談とも脅しともわからない話に怯え、メリンダに先に帰ると告げると、逃げるようにパーティ会場を出ていきました。

パーティーがお開きとなるとヴィックは、メリンダからジョエルに何を言ったのか詰め寄られます。

ヴィックは何も言っていないといいますが、帰宅してもメリンダはジョエルの様子が明らかに変だったと彼を責めます。

ふてくされたまま寝室へ行ったメリンダは、ジョエルと会っているときは、ありのままの自分でいられるとヴィックに言ってのけます。

ジョエルはメリンダと距離を置き始め、しばらくするとニューメキシコに行くと連絡してきます。ヴィックはお別れに、一緒に夕食を食べようと自宅へ招きます。

ヴィックは海老のビスクを作ってもてなそうとしますが、ジョエルは甲殻アレルギーで食べられないと言い、メリンダは「ビスクは嫌い」と口にしませんでした。

ジョエルはニューメキシコでいい仕事がみつかったと切り出すと、メリンダは家族で遊びに行くと盛り上がります。

ヴィックがトリクシーを寝かしつけると、トリクシーはジョエルのことが嫌いだと話します。その間、メリンダとジョエルは親密そうに盛り上がっていました。

メリンダはパーティーの晩にジョエルに話したことを謝罪するよう、2人で話す時間を取りますが、ヴィックにはその気はなく、タクシーを呼び無理矢理ジョエルを帰宅させました。

以下、『底知れぬ愛の闇』ネタバレ・結末の記載がございます。『底知れぬ愛の闇』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

(C)Amazon Studios

ある日のホームパーティーでヴィックは、作家のドンと知り合います。彼は洞察力に優れ、陰謀論をネタにした小説などを書いていました。

ドンはヴィックの名前を聞くと、すでに仲間内では噂話として広まっていた、“マーティン・マクレイ”の殺人話をもちだします。

そして、ヴィックの職業を尋ねると、彼は“IT系”と一括りにして教えますが、ほとんど隠居状態で優雅な暮らしをするヴィックに、ドンは根掘り葉掘り聞きます。

メリンダがドローンのICチップ開発だと教えると、ドンは“軍用”かつ“殺人兵器”といって納得し、人道的に問題があるとヴィックに突っかかります。

ドンの妻ケリーは夫のヴィックに対する無礼な振る舞いに、申し訳なさそうにし、トリクシーとはしゃぐメリンダを「美しい人」と褒めます。

ヴィックはそんなケリーに「ダンスは好き?」と尋ね、2人でダンスを踊ります。彼の友人達はヴィックのダンスを初めて見て驚きました。

その様子を見ていたメリンダはパーティーの帰路、ケリーに嫉妬しながらヴィックに自分とどちらが勝るか、確かめるように性的行為をはじめます。

トリクシーのサッカーの試合を応援に行った、ヴァン・アレン夫妻には子供思いの幸せそうな家族の姿がありました。

ところがヴィックのスマホに銀行から電話が入り、メリンダの口座が残高不足で小切手の支払いができないと報告があります。

支払い相手の名前を聞くと、“チャールズ・デ・ライル”という人物で、但し書きは“ピアノのレッスン代”だと知りました。

ヴィックは街中で、ピアノの弾き語りをする店を探し、チャールズが演奏している店を探し出し、偵察に出向くと案の定メリンダも来店し、ヴィックは先に店を出て帰宅します。

テレビでは軍用ドローンの開発に予算を拡充するニュース、それから行方不明だったマーティン・マクレイが、ラフォーシェの森で銃殺された状態で発見されたと報じています。

酔ってご機嫌な様子で帰宅したメリンダに、ヴィックはマーティンのことを知らせます。彼女は驚きつつも、さほど取り乱しませんでした。

再び友人のパーティーでメリンダはチャールズを呼び、彼のピアノ演奏で踊ったり、庭のプールで親密ぶりを見せます。

しばらくすると急に雨が降り出し、プールの客は家に退避し、メリンダもクッキー作りの手伝いで家に戻りました。

誰もいなくなったプールでチャールズは、グラスの酒を飲んでいます。外の様子を見に来たドンにみつからぬよう身を潜め、ヴィックは彼にそっと近寄ります…。

しばらくしてヴィックも家の中に戻り、友人達と談笑をします。チャールズがいないことに気づいたメリンダが、バルコニーに出ると悲鳴をあげながら窓を叩きます。

降りしきる雨のプールに、チャールズの身体が浮かんでいました。ヴィックやドン、他の男性陣は彼を引き上げようとプールに飛び込みます。

救助も虚しくチャールズは水死しました。警察が駆けつけるとミランダは取り乱し、ヴィックが殺したと騒ぎ彼は事情聴取され、ドンは個人的な見解を警察に話します。

ヴィックがチャールズを殺したと思い込んでいるメリンダに、彼は離婚をしたいか尋ねます。しかし、メリンダは「自分のために殺したんでしょ?」と平然としました。

ドンが独自の見解を警察に話したことで、トリクシーが学校でイジメにあい始めます。また、ヴィックを尾行する不審車も現れはじめました。

偶然ダイナーの脇でその車をみかけたヴィックは、車内を覗き込むと望遠カメラなどをみつけます。そして、ダイナーで車の持ち主と思われる男と、メリンダが食事をしていました。

メリンダは彼を友人の心理療法士で、近所で開院する話しをしていたと話します。ヴィックが連絡先の名刺がほしいといいますが、その時は持っていないとはぐらかされます。

ヴィックは「居所はわかっている」と言い残すと、ドンの家へ行き家族と食事中の彼に、メリンダの口座から、彼に送金があったと明細を突きつけます。

ドンがメリンダをそそのかして送金させ、その金で私立探偵を雇い、ヴィックを尾行させていたと抗議します。妻ケリーは激怒し謝罪するよういいますが、ドンは頑なになります。

しかし、メリンダの浮気癖は治っていません。ヴィックは家の前で新しい男と待ち合わせし、出かけて行く彼女を見かけてしまいます。

夜、帰宅したメリンダは今の生活に耐えられなくなったと、電話で誰かと話していました。相手は彼女を“ブラジル”に来るよう誘っているような内容でした。

トリクシーと一緒にブラジルへ行くのもいいと、メリンダは返答して最後に「愛してる」と言って電話を切ります。

相手は結婚する前に付き合っていた、建築士をしているトニーです。彼はサスティナブル(再生可能)な住宅を手掛け、市場をブラジルに持つ計画を立てていました。

メリンダは数か月前にSNSでみつけて再会したと話し、家の夕食に招いていました。そして、彼の有能さと親密さをヴィックの前で見せつけます。

別の日ヴィックは街でトニーを待ち伏せして声をかけ、メリンダがちょうどよい開発用地をみつけ、そこまで案内すると誘います。

ところがその話しは嘘でヴィックはトニーを山奥の渓谷まで連れて行き、撲殺して川底へと沈めました。

それ以来、トニーからメリンダへの音信は不通となりました。彼女は少し気がかりになりますが、平静を装ってトリクシーとピクニックへでかける準備をします。

行き先はトニーの遺体を沈めた渓谷です。メリンダはヴィックになぜ別れないのか聞きますが、彼はわからないと答え、見せたいものがあると、1冊の写真集を取り出します。

それはヴィックが撮りためたメリンダの写真でした。どこにいても彼女を感じていると思わせる写真でした。

最後のページには、メリンダの妊娠3カ月目の写真と、裏には「最愛の人へ」とメッセージが入っていました。メリンダは感動し喜びます。

トリクシーは愛犬を追いかけて渓谷に下って行きます。ヴィックは川の近くは危険だと呼び戻しにいきます。そして、トニーの背中が浮き出そうになっているのをみます。

帰り道、メリンダはスカーフを忘れてきたことに気がつきます。ヴィックは明朝一番に取りに行ってくると約束します。

その晩、メリンダはドンと電話で話をしました。ヴィックはそのことを知ると顔がくもりますが、メリンダは彼になんにもないというように抱擁します。

翌朝、ヴィックはマウンテンバイクで渓谷へ行き、浮かんできたトニーの遺体を再び沈めようと試みました。

するとそこにメリンダのスカーフを持ったドンが現れ、遺体を動かしているヴィックを目撃してしまいます。彼は自分の見解が正しかったと、慌てて自動車で逃げます。

ヴィックはマウンテンバイクで彼を追いかけます。森を熟知しているヴィックは近道を下って行き、ドンはスマホをいじりながら悪路を逃げます。

そして、脇の森からヴィックが飛び出し転倒すると、急ハンドルをきったドンの車は森の傾斜を、猛スピードで下り谷底へと転落してしまいました。

その頃、メリンダはヴィックのカタツムリの飼育小屋へいき、蓋が半開きになっていた飼育ケースをみつけ、中からトニーの身分証明書などを発見してしまいます。

トニーがヴィックに殺されたと確信すると、メリンダは荷物をまとめます。しかし、トリクシーはそのスーツケースをプールに落として、「ここを離れない」とメリンダに告げます。

ヴィックが家に戻ると玄関ポーチの階段に、メリンダが座って見ていました。ヴィックが「どうかした?」と聞くと彼女は「別に」と答えたあと「トニーを見た」といいます。

メリンダはトニーのIDカードを焼却しました。そして、いつものようにトリクシーは車の後部座席で機嫌よく歌います。

スポンサーリンク

映画『底知れぬ愛の闇』の感想と評価

(C)Amazon Studios

パトリシア・ハイスミスの原作は1957年に発行され、小説ではサスペンス作品として明解な結末になっているようです。

妻の浮気を公認し懐の深さを示すヴィックですが、その真意は本当なのでしょうか?彼のミランダへの愛は全てを受け入れること、そして自らの自尊心も守ることだったことが垣間見れました。

偶然、マーティン・マクレイが行方不明になったことで、メリンダに恐怖心を与えて、次の浮気相手ジョエルを遠ざけることができました。

それでも浮気癖のなくならないメリンダ……。ヴィックは彼女を愛する以上に、娘のトリクシーへの影響も考えたように思います。

チャールズの殺害も偶然が招いたチャンスからで、疑いの目を向けられますが上手く回避します。ところがトニーの殺害に関しては、機会を探す計画性をもっていました。

ヴィックは単に愛するメリンダから男を遠ざけたかったのではなく、愛する娘のためにメリンダから浮気相手を消し、家庭に落ち着かせようとしたのだと考えることができました。

小説ではヴァン・アレン夫妻が「家庭を壊さない程度の浮気」を公認するというルールの“オープン・マリッジ”だったことが描かれています

裕福なヴィックは無邪気で美しいメリンダに夢中になりますが、ニンフォマニア(女性の色情症)であるメリンダは、結婚の条件としてオープン・マリッジを提案したと考えられます。

ヴィックはメリンダが妊娠、出産すれば家庭に落ち着くと考えていたとみえます。しかし、最低限の世話をする以外は、娘のことに関心を示しません。

ヴィックの想像以上にメリンダはニンフォマニアでした。メリンダ自身も裕福な暮しをしながら、いろんな男と付き合う生活が手放せません。

“カタツムリ”の寄生虫

本作ではヴィックがカタツムリを飼っているシーンが出てきます。原作者のパトリシア・ハイスミスは、「カタツムリ愛好家」でカタツムリを飼っていました。

ヴィックはなぜ、カタツムリを飼っているのか理由はないと言います。そして、なぜメリンダと離婚しないのか?

ヴィックにしかわからない、カタツムリの魅力と同じようなものをメリンダに感じていたのではないでしょうか

メリンダの浮気相手はカタツムリに宿る寄生虫のようです。トニーがヴィックのカタツムリを食べようと“無神経”に提案しますが、その有毒性を語るシーンがありました。

ヴィックは“無神経”な人物に嫌悪を抱いています。つまり、メリンダに関わる男すべてが有毒な寄生虫であり、排除することで家庭が無害になると考えていました

浮気に感謝するジョエル、店で声をかけたヴィックを覚えていないチャールズ、トリクシーや友人の面前で、軍用ドローンの批判をするドン。彼らの無神経さも許せない要因になります。

歪んだ夫婦愛と心理ゲーム

(C)Amazon Studios

メリンダは自分のつきあう男が次々に不可解な消え方をしても、感情的になりながらもそれが「自分のためにしてくれた」と転換できる、スリリングさも楽しんでいました。

物語はヴィックに殺人の疑いを持ったドンの提案で、メリンダの好奇心を誘発させ、心理ゲーム的な展開になりました。

メリンダはヴィックから馬鹿にされていることに反応していて、浮気相手が消えた原因を探ることよりも、ヴィックの名誉をいかにして壊すかに興味があったように見えます。

ですからドンからの吹聴に耳を傾け、ヴィックを貶める作戦に力を貸しました。渓谷に行ったヴィックを追えば何か証拠が掴め、彼を見返せるという発想に近いでしょう。

しかし、ドンからの連絡はなく、ヴィックはいつも通り家に帰ってきます。メリンダがトニーのIDカードを燃やしたのは、このゲームに負けたことを認めた現れです。

そして、ラストシーンでトリクシーが車の後部座席で歌いながら、学校に向かう描写で終わります。運転しているのがヴィックなのかメリンダなのか?

トリクシーはチャールズを水死させたのは、ヴィックであると見抜いていました。彼女もまた「自分のためにしてくれた」と思ったはずです。

歪んだ両親の愛憎に気づきながら、自分の居場所を死守するトリクシーは、幼いながらも強かに状況を判断する賢さがありました。

まとめ

(C)Amazon Studios

映画『底知れぬ愛の闇』の監督エイドリアン・ラインは、『ナインハーフ』(1986)、『危険な情事』(1988)等、エロティシズムのある作品を、得意とする光と影のコントラストによる演出方法によって、スタイリッシュな官能映画として話題を集めました

本作も特殊な性的趣向を題材にしたサイコスリラーを、現代にあった映像美で見事に仕上げていました。

本作はヴィックとメリンダのどちらを軸にして物語を観るのかで、解釈が変ってくるかと思います。

ニンフォマニアであり、ある意味ミュンヒハウゼン症候群っぽい面も感じる、メリンダを軸にしてみると、ヴィックの妻や娘に対する底知れぬ愛が見えてきます

マーティン・マクレイが行方不明になったことで、メリンダは嫉妬したヴィックが、自分のために殺人を繰り返すと妄想します。

そして、彼の愛の深さを試すかのように浮気を繰り返し、悲劇のヒロインに酔っていました。ヴィックはサイコパスな妻によって、彼の人格も徐々に変貌していきました。

負の連鎖が終わったのかどうかはわかりません。いつもの日常が始まっているラストシーンからは、まだまだ続くような不気味さを残し終わります。

【連載コラム】「Amazonプライムおすすめ映画館」記事一覧はこちら




関連記事

連載コラム

鬼滅の刃名言/名シーンまとめ|柱合会議/蝶屋敷での炭治郎の成長×無惨の例の会議を紹介【鬼滅の刃全集中の考察13】

連載コラム『鬼滅の刃全集中の考察』第13回 大人気コミック『鬼滅の刃』の今後のアニメ化/映像化について様々な視点から考察・解説していく連載コラム「鬼滅の刃全集中の考察」。 今回は「柱合会議・蝶屋敷編」 …

連載コラム

映画『NETFLIX世界征服の野望』感想レビュー評価。動画配信企業のドキュメンタリーが送る観客への“挑戦状”|シニンは映画に生かされて22

連載コラム『シニンは映画に生かされて』第22回 2020年12月11日(金)よりヒューマントラストシネマ渋谷、池袋シネマ・ロサ他にて全国ロードショー公開の映画『NETFLIX/世界征服の野望』。 世界 …

連載コラム

映画『デスアシスタント』ネタバレ感想評価と結末解説のあらすじ。デブス・ハワードが殺人工知能に支配されるJKを描いたサスペンスホラー|B級映画 ザ・虎の穴ロードショー39

連載コラム「B級映画 ザ・虎の穴ロードショー」第39回 深夜テレビの放送や、レンタルビデオ店で目にする機会があったB級映画たち。現在では、新作・旧作含めたB級映画の数々を、動画配信U-NEXTで鑑賞す …

連載コラム

映画『ナイト・ウォッチャー』ネタバレ感想と考察評価。異色サスペンスでタイシェリダンが難役に挑む|未体験ゾーンの映画たち2020【延長戦】見破録17

連載コラム「未体験ゾーンの映画たち2020【延長戦】見破録」第17回 様々な事情で日本劇場公開が危ぶまれた、埋もれかけた貴重な映画を紹介する。劇場発の映画祭「未体験ゾーンの映画たち2020【延長戦】見 …

連載コラム

映画『かく恋慕』あらすじ感想と評価解説。手島実優の演技力でドラマチックな愛の香りを描く|インディーズ映画発見伝5

連載コラム「インディーズ映画発見伝」第5回 日本のインディペンデント映画をメインに、厳選された質の高い映画をCinemarcheのシネマダイバー菅浪瑛子が厳選する連載コラム「インディーズ映画発見伝」第 …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学