Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

サスペンス映画

Entry 2020/10/25
Update

Netflix映画『レベッカ(2020)』ネタバレあらすじと感想考察。ヒッチコックの名作アカデミー受賞作品をリメイクさせた内容とは⁈

  • Writer :
  • からさわゆみ

知らなくてよかったこと、全てを知っていれば回避できたこと・・・運命に翻弄されて、姿なき亡霊に追い詰められた“私”の回想録。

イギリス人作家ダフネ・デュ・モーリアの同名小説を基に、新しい解釈で描いた心理サスペンス映画『レベッカ』。

1940年に巨匠アルフレッド・ヒッチコック監督で映画化された際には、第13回アカデミー賞で作品賞、撮影賞を受賞しました。

2020年にNetflixにて配信されたリメイク版『レベッカ』の演出を務めたのは、はトム・ヒドルストン主演の『ハイ・ライズ』、ブリー・ラーソン主演の『フリー・ファイヤー』などの作品で知られるベン・ウィートリー監督。

妻を亡くした男が、傷心の旅で訪れた夏のモンテカルロ。世間知らずで純真無垢な主人公の“私”が、数奇な運命で彼と出会い恋に落ちます。

そんな“私”が彼の妻となり、マンダレーにある呪われた屋敷で、姿なき亡霊に追い詰められていくミステリー。

かつての名作を現代によみがえらせた、ベン・ウィートリー版『レベッカ』をご紹介します。

スポンサーリンク

映画『レベッカ』の作品情報

Netflixオリジナル映画『レベッカ』

【公開】
2020年(イギリス映画)

【原題】
Rebecca

【監督】
ベン・ウィートリー

【原作】
ダフネ・デュ・モーリア

【キャスト】
リリー・ジェームズ、アーミー・ハマー、クリスティン・スコット・トーマス、サム・ライリー、キーリー・ホーズ、アン・ダウド、トム・グッドマン・ヒル、マーク・ルイス・ジョーンズ、ジョン・ホリングワース、ビル・パターソン

【作品概要】
主人公の“私”を演じるのは『シンデレラ』(2015)、『イエスタデイ』(2019)のリリー・ジェームズが、世間知らずな女の子から、愛する男性を救うために、強い女性に成長する姿を熱演します。

妻を亡くし傷心の旅をする富豪マキシム・ド・ウィンターは、『君の名前で僕を呼んで』(2018)、2020年12月に公開される『ナイル殺人事件』に出演する、アーミー・ハマー。家政婦のダンバーズ夫人は、『イングリッシュ・ペイシェント』(1996)で、アカデミー賞、ゴールデングローブ賞などで、主演女優賞にノミネートされた、実力派女優のクリスティン・スコット・トーマスの凄みのある演技が圧巻です。

映画『レベッカ』のあらすじとネタバレ


Netflixオリジナル映画『レベッカ』

ヴァン・ホッパー夫人に雇われていなければ、親を亡くし、世間知らずで純粋だった私は、どうなっていたかわからない・・・。

ホッパー夫人の旅に世話役として付き添い、南フランスのモンテカルロに滞在中、私はイギリスの大富豪マキシム・ド・ウィンターと出会います。

夫人が彼をみつけ、ランチを一緒にしたいという“好奇心”が、私の運命を大きく変えていきます。

彼には“レベッカ”という妻がいたが、不慮の事故で亡くなったようで、ホッパー夫人はウィンター卿は、愛する妻を失い傷心のため、旅をしているのだろうと話していました。

夜通し噂話に花を咲かせ、上流階級のご婦人たちと飲みあかした、ホッパー夫人は二日酔いで起きられず、私に思いがけず余暇の時間ができました。

上流社会というのは、とにかく使用人には冷たい。いくら顔見知りになったとしても、主人が一緒にいないと、食事をする席さえ区別されてしまいます。

私が席にありつけず諦めようとした時に、“あの人”が支配人に声をかけ、「その人の席を隣りにセットして」、ウィンター卿でした。

断ろうとした私を彼は、自分の勝手で招くんだと、気取ることなくフランクに接してくれます。

私は世界を旅したかったこと、年間90ポンドもらえる理由で、ホッパー夫人に雇ってもらったのだと話しました。

私は読書するのが好きだったから、会話で彼を退屈にさせることはなかった。モーニングタイムが過ぎて、従業員が困り果てるまで時間を忘れて話し、久しぶりに楽しいひとときをすごせました。

ウィンター卿と会話するのはこれで最後だと思っていた。ベルボーイがメッセージを届けてくれるます。

あの人からの伝言だった。“明日、ドライブへ行こう”。私はホッパー夫人に、“テニスのレッスンへ出かける”と、嘘をついて、彼とドライブへ出かけることにします。

私の父は自動車に詳しかったので、彼の愛車を“ベントレー3.5L”か?と、たずねたらすごく嬉しそうに、詳しいのか?と聞かれ、父のことを話すと、両親のことも尋ねられました。

母は2年前の冬にインフルエンザで亡くなって、後を追うように父が4日後に亡くなった。愛を失うと人は死ぬのね・・・。私は彼がレベッカを亡くしていたことに失念して、うっかりしたことを言ってしまいます。

私は“外国植物園”に行ってみたくて、彼に連れてきてもらった。植物の特徴についてガイドをしたら、感心してくれたわ。若くて経験の少ない私は、本から知識を得ていて、旅をしていろいろ学びたいと思っていました。

海が見渡せる絶景の場所で、彼の顔が急に曇った。彼はレベッカとの新婚旅行でここを訪れたのです。またしても私はやらかしてしまったのです。

レベッカの記憶を思い出させてしまい、彼は先に行って車のそばで待っていてくれた。怒っているかと恐る恐る近寄ったら、彼は車のキーを投げて私に運転するよう促します。

私が運転するドライブで、彼は英国で最も美しい邸宅と呼ばれる、マンダレーの屋敷について教えてくれました。

彼にとって“命”とも言うべき邸宅。“父から息子へ代々受け継がれてきた”と・・・彼はレベッカとの間に、跡継ぎの息子がほしかったのです。

夕刻、ドライブを終えてホテルに戻った。車を降りようとダッシュボードに入れた、植物園のパンフレットを取り出そうとしたら、”レベッカよりマックスへ”と書かれた、愛の詩集が出てきました。

詩集を読み始めた私に気がついた彼は、怒って元に戻すように言ってホテルへ入っていきます。

次の日・・・きちんと謝ろうと、彼を探しにレストランのテラスに行くと、支配人が彼からのメッセージを私に渡してくれたわ。“カップ=ダイユでランチを”。ホッパー夫人はあれからずっと、体調が優れず看護師がついてくれました。

そして、私はあれから1週間、ウィンター卿との時間をすごすことができました。

夢のような楽しい時間だった。1週間がたったときには、2人とも恋に落ちて、私達は結ばれました。

それでも楽しい時間には終わりがあるもの・・・。デートから戻ると、すっかり体調を取り戻したホッパー夫人は、急にニューヨークへ行くから、翌日にはホテルを発つと言い出しました。

ホッパー夫人の気まぐれには慣れてきたつもりだったけど、私の気持ちは整理がつかない・・・。ホッパー夫人は言ったの。「NYへ行けば男は選び放題よ。“同じ階級”のね。私の耳に入らないとでも思ったの?」彼女は言います。

妻を亡くしたばかりで気落ちしているところに、うまくつけ込んだけど、愛されているわけじゃない。ただの気晴らしだというのです。

ここのことなど忘れ、ニューヨークへ行って自分の人生をみつめ直せと、彼女は言います。

けれども私は最後に彼に会って、お別れを言いたかった。彼は私のあまりに急な話しに、驚きながらも、しばらく考えて「私と一緒に・・・マンダレーへ、僕の妻として」私にプロポーズをしてくれました。

彼はホッパー夫人にも正式に話してくれた。夫人は結婚の話を心から歓迎したように見せました。

だけど、彼がその場をはなれると私を蔑むように「手が早いわね。詮索しない家族がいないのは幸い。マンダレーは大変よ。あなたの手に負える場所じゃない」。

そして、夫人が最後に言った言葉は「屋敷に住む亡霊と暮すのが嫌だから、おまえと結婚するのよ」といいました。

今思えば彼女の言ったことは一理あったし、あのまま素直にニューヨークへ行っていたら、知らなくてもいいことを知らないまま、忌まわしい悪夢に苦しめられず、美しい思い出にできたでしょう。

でも、私は彼と結婚しマンダレーへ行くことを選び、そこで私を待ち受けていたのは、ホッパー夫人など足元にもおよばない、悪意に満ちた家政婦の仕打ちの数々でした。

以下、『レベッカ』ネタバレ・結末の記載がございます。『レベッカ』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

結婚式をあげ新婚旅行でヨーロッパを周遊し、なにもかも順調で幸せな生活が送れると、私は思っていました。

門を抜けると広大な敷地には森があり、木々に囲まれ隠れるように、長い歴史を誇る大邸宅が姿をみせたのです。

大勢の使用人たちが出迎え、上流社会の威厳を否応なく、私に向けてきました。

中でも家政婦長のダンバーズ夫人は、ことあるごとに“前の奥様は”と、前置きをして屋敷やウィンター家のしきたりについて説明します。

屋敷の中に赤いドレスを身にまとい、漆黒の髪のひときわ美しい、女性の肖像画がありました。それはマキシムの大叔母キャロラインの肖像画です。

マキシムが、“最も気に入ってる絵”だと言いました。そして、主寝室に案内される途中、他の扉とは、明らかに雰囲気の違う部屋があったけど、夫人はその部屋の案内はしてくれませんでした。

彼女が案内された部屋は“客室”として使われていた部屋で、先妻がいた時の主寝室は窓から反対に見える、雰囲気の違う扉のあの部屋でした。

慌ただしく1日が終わり就寝したものの、私は悪夢を見ます。うっそうと茂った木々を抜け、門から屋敷に向かって、赤いドレスを着て、漆黒の長い髪をした女性が歩いてくる夢です。

目を覚ますと、となりで寝ているはずのマキシムがいない・・・。彼を探しに部屋を出ると、彼は長い廊下を進み、先妻と過ごした主寝室の前に立ちました。

私が彼の肩を叩こうとすると、背後から「おやめなさい。夢遊病者を起こすのは危険よ」と、ダンバース夫人が声をかけてきました。

マキシムは導かれるように、部屋へと入って行き、ダンバース夫人は、その扉を閉めてしまいます。

この日から私は屋敷に漂う、姿なき女主の亡霊に苦しめられ、追い込まれていきます。

マキシムは夢遊病の症状を自覚していないようでもありました。朝食の時間に遅れ食堂へいくと、会計士のフランクがマキシムと打ち合わせをしています。

フランクは唯一、私に親切に接してくれますが、よそよそしさは他の使用人たちと同様です。

朝食後、屋敷内を散策していたら、愛犬のジャスパーが、石像で目立たないようにしてある、地味な扉をひっかいています。

その扉を開けると、ジャスパーは迷わず中に入って行きました。そこはまるで隠し部屋のような、小さな執務室です。

ライティングデスクに“R”という頭文字が施された、来客の芳名録があり、引き出しには最新のランジェリーカタログ、仮装舞踏会の招待状などがありました。

高価な調度品に囲まれたその部屋は、先妻のレベッカが、上流階級のくらし満喫するために、アイデアをだしていた場所でした。

私はそこでミスを犯してしまいます。ライティングデスクに置かれた、マイセンの置物を落とし割り、それをデスクの戸棚に隠したのです。

使用人たちが休暇の日、私たち夫婦は久しぶりに2人きりになれました。ジャスパーを連れて屋敷の周辺を散策します。

海の見える岸壁に来ると、ジャスパーが急に走り出し、崖下まで行ってしまいます。私は慌てて追いかけますが、マキシムは、「すぐに戻ってくる放っておけ!」叫びます。

海岸に出たジャスパーは、海岸線の小高い崖上にある、小屋の中に入っていきます。小屋の戸が開いており、私もジャスパーを追いかけ中に入ります。

そこには布がかけられた家具などが、ほこりをかぶって置いてありました。

ジャスパーをつなぐ紐を探していると、“私は戻ってくる”と書かれた救命具もあります。ジャスパーはカーテンのかかった角の部屋を座ってジッと見ています。

首輪に紐を付けようとすると、ジャスパーはカーテンの向こうに入っていったので、私はカーテンをめくって、ジャスパーを呼びます。

しかし、そこにはジャスパーを抱く、不審な男が座っていて、「犬はド・ウィンターさんの・・・彼女の犬だ。彼女はもうここへは来ない。海にいっちまったんだった」と言います。

私はレベッカは海で、溺れ死んだのだと知り、マキシムが海岸に来たくない理由がこれでわかりました。

別の日、マキシムの姉夫婦とおばあ様が、私と対面するためお茶会に来てくれたけど、おばあ様は私を見ると、「この子はいったい誰なの?レベッカはどこにいるの?」と、パニックを起こして、早々に帰ってしまった。

雨の中、皆を見送って屋敷に戻るとモーニングルームにあった、マイセンの置物が1つなくなり、ダンバース夫人から、若い使用人が疑いをかけられていました。

私は慌てて自分が誤って割ってしまったと言い、マキシムや使用人からの信用は下がってしまいました。

次の日、ジャスパーの散歩にでかけ、再び崖の上の小屋に行ってみます。家具にかけられていたシーツをはがし、デスクの上を見るとレベッカの書いた文字、そして見知らぬ男の写真がそこにありました。

そこへフランクが小屋に、施錠をするためやってきます。船もなくマキシムは、船が嫌いだという理由でした。私はフランクにレベッカの死は、溺死だったのか聞いてみました。

ひどい雨の日に、レベッカは海に船を出したが、操縦の上手い彼女でさえも嵐にはかなわず、船ごと沈没し、船はまだ上がってこないが、遺体は2ケ月後に打ち上げられました。

フランクはマキシムを立ち直らせたのは、私だと言ってくれた。私はレベッカに同情しました。独りきりの海で怖かっただろうと。

そして、レベッカは美しい人だったかと聞いたら、「これまでの人生で、一番美しい女性に会った思った」とフランクは言ったのです。

私は急にレベッカに対して、“対抗心”のような感情が芽生えて、彼女という女性が知りたくて、レベッカが生前使っていた主寝室へ入ってみた。

Netflixオリジナル映画『レベッカ』

扉を開けると鏡の中扉があって、それを開けると白、シルバー、アイスブルーを基調とした、美しい主寝室が目の前に広がりました。

家具や調度品、アメニティなどの全てが、洗練されセンスの良いものばかりで揃っていました。

そこへダンバース夫人がやってきて、レベッカの身のまわりの世話をしてきて、部屋も生前のまま残してあるのは、マキシムの意志ではなく、ダンバースが彼女の存在を、その部屋に感じているという理由でした。

そして、マキシムの妻として私がここにいることを、快く思っていないと言い、私は彼さえ幸せならそれでいいと返すと、ダンバースは「幸せになんてなれない。生涯の恋人を亡くしたのだから」と言い放ちます。

悪夢を見た次の日、マキシムがロンドンへ出かけ留守の時、ジャスパーが再び外へ飛び出し、見知らぬ男にじゃれています。

その男は、レベッカの従弟ジャック・ファベルで、ダンバース夫人からお茶に呼ばれたと、やってきたのです。

彼は私にレベッカの事故のことを、マキシムから聞いているかと訊ねました。

レベッカが船で夜の海に出た日に、彼女はロンドンへ行っていたか?船を出す前に2人は会っていたのか?などです。

その日、“大事な話しがある”と、ジャックはレベッカから、呼び出されていたからです。

マキシムに直接聞くよう促すと、ジャックはマキシムから、屋敷への出入りを禁止されていると言いました。

マキシムとジャックの間には、何か確執があったのです。ジャックは会ったことをマキシムに言わない方がいい、“かんしゃく”を起こされると、言って去ります。

私はダンバース夫人に、出入りが禁止されているジャックをなぜ、お茶に招いたのか、使用人達の目の前で問いただしたが、“彼とは1年以上会っていない”、こう言いました。

私はロンドンから帰宅したマキシムにいち早く、ジャック・ファベルのことを報告しようと、待ち構えましたが、それよりも先に執事が報告してしまった。

マキシムは今までに見せたことのない怒りをあらわにして、私を責めた。これがジャックの言っていた、“かんしゃく”なのです。

私とマキシムは言い争い、ジャックはダンバース夫人から、お茶に招かれたと説明しても、聞き入れず「教えてくれていれば」と、訴えるしかありませんでした。

ダンバース夫人がなぜ、ジャックをお茶に招き、そのことに白を切ったのは、私を貶めるための敵意と悪意としか思えません。

私はダンバース夫人を解雇することに決め、彼女の部屋に行ったのです。

しかし、ダンバース夫人とレベッカの“絆”の話し、屋敷のことを何も知らない私が、彼女に助言を求めなかったことを指摘され、自分にも非があったと認めざるをえなかったです。

私はダンバース夫人に助けを借り、ここで暮すことを決心し、その手始めにマンダレー恒例の、“仮面舞踏会”を再開すると決めたのです。

私が心を開きダンバース夫人にアドバイスを求めると、彼女は何でも丁寧に答えてくれた。そして、周りの使用人たちも次第に協力的になってくれました。

しかしそれは、ダンバース夫人の計り知れない怨念で、巧妙に仕組まれた罠でした。「最も重要な人物という観点で、衣装を決める」と、仮面舞踏会に着る衣装を決めかねていました。

メイドのクラリスが、いいアイデアがあると、“キャロライン婦人”の肖像画を指して、あの方の衣装なら、相応しいと提案してくれたのです。

肖像画の女性がきているドレスなら、マキシムもきっと喜んでくれると、私は思っていました。仮面舞踏会のその日まで・・・。

肖像画の赤いドレスを身にまとい、颯爽(さっそう)とパーティー会場に出ると、そこにいたマキシムやゲストは凍りつき、マキシムは「今すぐ戻って着替えてこい!」と、怒鳴ったのです。

ダンバース夫人の怨念と敵意は消えていなかったのです。私を大勢のゲストの目の前で、破滅させマンダレーから、追い出すことが目的だったと知りました。

ダンバースはレベッカの主寝室で、無情に私を虐げ、部屋のテラスから身を乗り出すと、飛び降りることを促したのです。

その時、あの海岸に漁船が座礁したという、合図の照明弾が打ち上がります。

潜水士が事故を調査すると、偶然、消息不明だった船も発見され、引き揚げられたのです。中からはレベッカと思われる遺体が発見されました。

しかし、遺体は既にみつかりマキシムが確認し、埋葬が済んでいます。そして、そのマキシムは姿を消し、警察が彼を聴取するため、捜索していました。

私はマキシムはあのボート小屋にいるような気がして、行ってみることにしました。ボート小屋にいたマキシムは、ようやくレベッカのことを話し始めたのです。

彼女はダンバレーに近づくために、妻としての振る舞いを演じつづけ、マキシムと結婚をしたが、ロンドンの屋敷で他の男を連れ込み、淫らな行為をしているような女でした。

つまり、家名を傷つけたくないマキシムの気持ちを利用し、ぜいたくな生活を手に入れつつ、複数の男たちとの関係を続けていたのです。

さらにレベッカは、マキシムではない男との間に子供ができ、「“自分の子供じゃない”と、一生、言えないのよ」と、言いました。

そして、マキシムに殺人はできないと目論み、彼に銃を渡して自分につきつけ、「いいのよ。引き金を引けば解放され、自由になれる」そう言って、彼を追い込みました。

マキシムは引き金を引きました。レベッカは“安堵したように”死んだと言います。それから彼は船底に穴をあけ船ごと沈め、レベッカを葬ったのです。

いずれにしてもレベッカの思惑通り、マキシムはバレたら名声を失うことをしてしました。

2カ月後、あがった水死体が誰かはわからないけど、それをマキシムはレベッカだと証言し、この忌まわしいできごとから逃げるように、旅をしていたのです。

私はレベッカの勝ちを認めたくありません。マキシムを無実にしたてるため、この秘密を共有することにします。

レベッカの事故死に疑惑を持った検察と警察は、殺人を視野にマキシムの取り調べもはじまりました。

“自殺”なのか“他殺”なのか審議が始まった晩に、ジャックが屋敷にやってきます。そして、“自殺”しようとした晩に客(ジャック)を招くか?と、マキシムに疑問をぶつけます。

ジャックは、レベッカがマキシムに離婚を切り出したから、怒って殺害したのだろうと考えています。

ジャックはレベッカから、“大切な話しがあるから、できるだけ早くマンダレーに来て”と、手紙を受け取っていて、それを証拠に脅迫をしてきました。

ジャックは1万ポンドくれたら、翌日の証言台には立たないと言い、私たちはそれを受け入れました。

しかし、次の日の証言台にはジャックではなく、ダンバース夫人が立ち、レベッカとジャックの関係にはうすうす気がついていて、家に招くメモのことは認識していたと話します。

そしてそれを隠ぺいするために、1万ポンドの小切手を渡したことを証言し、その小切手が証拠として出されました。

ダンバース夫人はさらに、レベッカの体調に変化があったこと、家庭医ではなくロンドンの医師に診てもらった理由を、妊娠だったのではと匂わせたのです。

検察は愛人の子供を妊娠したレベッカが、ジャックに知らせようとし、マキシムは逆上して、彼女を殺害したと動機づけしました。

ダンバース夫人にはレベッカの行動を示す、書類などの提出を求められ、捜査官はロンドンの婦人科を調べ上げるよう、命令をしていました。

私はすぐに屋敷へ戻り、フランクの執務室へ行き、レベッカが受診したロンドンの病院を調べ、“ベイカー医師”の名前をみつけました。

そこにダンバース夫人が現れ、レベッカが繰り返した淫らな行為を正当化し、レベッカを崇拝するようにかばったのです。

私はダンバースに「レベッカの秘密を共有できず、死んだことがつらかったのね。」と言って解雇しました。

ロンドンのベイカー医師の病院に行くため、1人で車走らせ、診療時間が終わるのを待ち、病院に財布を忘れたと嘘をつき、中に入ってレベッカのカルテを探しました。

少し遅れて捜査員たちがベイカー医師を連れて、病院に戻ってきたとき、私はレベッカだけが抱えた秘密を知ったのです。

レベッカは妊娠などしておらず、子宮がんに犯され、手の施しようがなくなっていました。私と警察はお互いにこの事実を確認しました。

ベイカー医師は「痛みもそうとう酷かったはず、どうやって自殺を?」と、自殺をしたものと疑っておらず、「船で・・・船底に穴を開けて水没させたの」と、私は話しました。

マキシムが釈放され一緒にマンダレーへ帰ると、マンダレーは炎に包まれ、使用人たちが逃げまどっていたのです。

避難したクラシスにどうしたのか聞くと、ダンバース夫人の姿を見て、ボート小屋の方へ向かって行ったと教えてくれた。

ダンバース夫人はボート小屋にも火を放ち、崖っぷちに立ち「私の愛する者は殺された。マンダレーは、あなたに渡さない!“私たちのものよ”」

彼女は私にマキシムのそばにいたら、幸せになんてなれないと言ったけど、「絶対に幸せになってやる!」そういうと、飛び降り海に沈んでいきました。

また、ダンバース夫人とレベッカが出てくる夢をみて、うなされて目を覚ました。でも私は、既に2人への気持ちは断ち切れていました。

私はマキシムとの新しい家を探し、旅の途中に立ち寄ったカイロの部屋で、今の自分はもう昔の私ではなく、生まれ変わったのだと実感したのです。

炎をかいくぐるように、彼を救い“愛”を守ったのは正しかったと・・・。

スポンサーリンク

映画『レベッカ』の感想と考察


Netflixオリジナル映画『レベッカ』

本作品『レベッカ』は、主人公の“私”の視点でストーリーが展開し、レベッカ像はダンバース夫人の口から語られる情報と、マキシムの告白からしかわかりません。

レベッカは快活で人に取り入るのが得意で、馬やヨットも操れ美人でスタイルもよく、自信に満ちた女性でした。しかし、その裏の顔はロンドンやマンダレーで、多くの男性と淫らな関係を繰り返す、好色な面もあったのです。

ダンバース夫人が、レベッカの幼いころからの侍女であり、お互いなくてはならぬ存在であったことはわかりましたが、家柄や育った環境などはわかりません。

とにかく、夫人のレベッカに対する溺愛ぶりと、猟奇的なサイコパスが異常で恐ろしいものでした。

レベッカが複数の男性と関係を持ちながらも、男を蔑んでいたことや、ダンバース夫人も男性に、憎悪を抱いているようにも感じられました。

最初はダンバース夫人がジャックと手を組み、レベッカを使いマンダレーを乗っ取ろうと、計画したものとも考えました。

だけど、途中から逆に、レベッカを不憫に思ったダンバースが、ロンドンから距離をとった、ド・ウィンター家に嫁がせようと、仕向けたのかとも?そんな想像もしました。

そして、マキシムでさえもレベッカを満足させ、幸せにできなかったことに、ダンバース夫人は、憎悪を増幅させていったのでは?とも思えます。

ところが、秘密を共有していたダンバース夫人に、レベッカが“子宮がん”だった、という事実を言わなかった理由を考えた時、また説が浮かびました。

レベッカは最初、妊娠したと考え受診したが、腫瘍がみつかり2度目の受診で、余命もわずかだと絶望したのでしょう。

放っておいても死ぬ身でありながら、レベッカは妊娠したことにし、マキシムに自分を殺させ、ダンバースやジャックに、反感を抱かせるように仕向けたのではないでしょうか?

初めマキシムが、“安堵したように死んだ”と言った時は、レベッカの本心は愛する人に殺してほしかったのか?と思うほどでした。

つまり、私も主人公の“私”みたいに、情に流されかけたのです。

しかしそうではなく、より“絆の深い”ダンバース夫人に、マンダレー死守を託せた“安堵”ではないでしょうか?

レベッカの実家は彼女の浪費で、傾いたのではと想像できます。ジャックはギャンブル好きでお金の工面を、レベッカに頼っていたと考えれば、3人が結託していたと考えやすかったからです。

最後にひとつ疑問が残るのは、全編のほとんどが、“私”の視点と聞いた話しで描かれていますが、ダンバース夫人がレベッカの部屋に火を放つシーンだけは、“私”が実際に見たわけでも、誰かがはっきり目撃したわけでもない、“想像”にゆだねられたものと、見てもよいでしょう。

ダンバースが私にマンダレーは渡したくない思いもありますが、むしろ私にもレベッカの影が残るマンダレーには、用がないのですから・・・。

まとめ

歪んだ愛情から、欲望のまま生きるレベッカを制止できなかった、ダンバース夫人が哀れで、人の怨念が心理的に迫ってくる恐ろしい作品でした。

原作小説の『レベッカ』ファンからは、1940年に公開されたヒッチコック版『レベッカ』の演出に違和感を感じたという、感想もありました。

ベン・ウィートリー監督の2020年版『レベッカ』は、ヒッチ版にリスペクトしつつも、新たな解釈を入れて制作されています。

また原作ファンがウィートリー版『レベッカ』を観たらどう感じるのか、そういう点にも興味がもてる作品です。

新作ウィートリー版『レベッカ』を含め、オスカー受賞の名作ヒッチ版、原作小説と、3つの楽しみ方ができ、いっそう面白さを膨らます作品に仕上がっています。

関連記事

サスペンス映画

映画『サンセット』あらすじ感想と考察。ネメシュ監督が誘う“解けない謎”とは

『サウルの息子』のネメシュ・ラースロー監督が贈るミステリー 映画『サンセット』は、2019年3月15日(金)よりヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館ほかで公開! 初の長編映画『サウルの息子』( …

サスペンス映画

映画『ホテル・ムンバイ』ネタバレ感想と評価。実際のテロ事件を徹底した取材に基に描く

インドの最高級ホテルで起きた無差別テロ事件を映画化! 2008年にインドの国際都市・ムンバイで発生した、タージマハル・ホテル襲撃事件。 その衝撃のテロ事件に遭遇した宿泊客と、彼らを守り抜いた従業員の姿 …

サスペンス映画

映画『白夜行』フル動画を無料視聴!PandoraやDailymotion紹介も

映画『白夜行』の原作はベストセラーとなった東野圭吾作の同名小説。 大きな十字架を背負いながら共に生きていくことを誓いながらも、陽の当たる場所では顔を合わせることができない、残酷なまでに儚い男女の人生を …

サスペンス映画

映画『盗まれたカラヴァッジョ』ネタバレあらすじと感想。ラスト結末までイタリアの魅力が満載の作品

真実か、フィクションか。 いまだ未解決の名画盗難事件の真相にせまる。 1969年、イタリアのパレルモにあるサン・ロレンツォ小礼拝堂から、カラヴァッジョの名画「キリスト降誕」が何者かによって、盗み出され …

サスペンス映画

映画『よこがお』あらすじと感想レビュー。原作なしで筒井真理子という女優に惹かれた深田晃司監督がオリジナル作品で臨んだ真骨頂

映画『よこがお』は、7月26日(金)より角川シネマ有楽町、テアトル新宿ほか全国公開 2016年の『淵に立つ』でカンヌ映画祭“ある視点”部門審査員賞を受賞した深田晃司監督。同作で競作した筒井真理子を主演 …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』2020年10月9日(金)よりTOHOシネマズシャンテほか全国公開
映画『朝が来る』2020年10月23日(金)より全国公開
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
国内ドラマ情報サイトDRAMAP