Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

サスペンス映画

Entry 2022/11/22
Update

【ネタバレ考察】ザリガニの鳴くところ|タイトル意味×犯人の正体解説から見える“人間の入る余地のないソコ”

  • Writer :
  • 河合のび

真相は、初恋の中に沈む──。

全世界にて累計1500万部を超える大ヒットを記録した動物学者ディーリア・オーエンズによる小説を映画化した『ザリガニの鳴くところ』。

ノースカロライナ州の湿地帯で発見された、街の有力者の息子の変死体。その犯人と疑われた、湿地で孤独に生き続けてきた少女の半生と、彼女をめぐる裁判の行方を描いたサスペンス・ミステリーです。

本記事では、小説および映画のタイトルにも冠されている「ザリガニの鳴くところ」という言葉の意味を考察・解説

ネタバレ有りで、「ザリガニの鳴くところ」の言葉の意味が導き出す「湿地の娘」という言葉の真の意味を探っていきます。

スポンサーリンク

映画『ザリガニの鳴くところ』の作品情報


(C)2022 Sony Pictures Entertainment (Japan)Inc. All rights reserved.

【日本公開】
2022年(アメリカ映画)

【原題】
Where the Crawdads Sing

【原作】
ディーリア・オーエンズ『ザリガニの鳴くところ』(早川書房)

【監督】
オリヴィア・ニューマン

【脚本】
ルーシー・アリバー

【製作】
リース・ウィザースプーン、ローレン・ノイスタッター

【オリジナル・ソング】
テイラー・スウィフト「キャロライナ」

【キャスト】
デイジー・エドガー=ジョーンズ、デイヴィッド・ストラザーン、テイラー・ジョン・スミス

【作品概要】
原作は動物学者であるディーリア・オーエンズによるミステリー小説。2019・2020年と2年連続で「アメリカで最も売れた本」となり、日本でも2021年に本屋大賞・翻訳小説部門の第1位に輝きました。

原作に惚れ込んだリース・ウィザースプーンは、自身の製作会社ハロー・サンシャインで映像化の権利を獲得、自らプロデューサーを務めました。

主人公カイア役を務めたのは、ドラマ『ふつうの人々(ノーマル・ピープル)』(2020)で注目を集め、『フレッシュ』(2022)でセバスチャン・スタンと共演したデイジー・エドガー=ジョーンズ。共演には『ラストウィーク・オブ・サマー』(2017)のテイラー・ジョン・スミス、『キングスマン3:ファースト・エージェント』(2020)のテイラー・ジョン・スミスなど。

映画『ザリガニの鳴くところ』のあらすじ


(C)2022 Sony Pictures Entertainment (Japan)Inc. All rights reserved.

1969年、ノースカロライナ州の湿地帯で、裕福な家庭で育ち将来を期待されていた青年の変死体が発見された。

容疑をかけられたのは、「ザリガニが鳴く」と言われる湿地帯でたったひとり育った、無垢な少女カイア。

彼女は6歳の時に両親に見捨てられ、学校にも通わず、花・草木・魚・鳥など、湿地の自然から生きる術を学び、ひとりで生き抜いてきた。

そんな彼女の世界に迷い込んだ、心優しきひとりの青年。

彼との出会いをきっかけに、すべての歯車が狂い始める……。

スポンサーリンク

映画『ザリガニの鳴くところ』タイトルの意味から考察・解説!


(C)2022 Sony Pictures Entertainment (Japan)Inc. All rights reserved.

「ザリガニの鳴くところ」という逃げ場所

本作のタイトルである『ザリガニの鳴くところ』。

作中ではカイアが幼かった頃、一番年の近い兄ジョディが暴力を振るう父の元を去ろうとする際、父と二人暮らしとなってしまう幼い妹カイアへ残した助言「父に暴力を振るわれそうになったら、“ザリガニの鳴くところ”へ逃げろ」という形で登場します。

その言葉を聞いた後、父との接触をできるだけ、一人でボートを操り湿地で過ごすようになった幼いカイアの行動からも、ジョディが「母の口癖だったろ」とも語っていた「ザリガニの鳴くところ」とは、やはり「湿地」そのものであることが窺えます。

しかしながら、作中の描写により「ザリガニの鳴くところ」が湿地であると推察できた反面、「ザリガニって、鳴き声をあげるのか?」と純粋に疑問を抱いた方もまた非常に多いはずです。

人間の入る余地のない「そこ」


(C)2022 Sony Pictures Entertainment (Japan)Inc. All rights reserved.

実際、ザリガニは発音行動を特にしないとされており、「鳴き声を聴けた」という証言も大抵は水槽内の砂利が擦れる音、またはザリガニが動いた際に体を覆う殻同士が擦れた音を勘違いしたというのがほとんどです。のちに成長し生物学を学んだカイアも、「ザリガニは鳴かない」という事実をおそらく知っていたはずです。

鳴かないザリガニが鳴くところ」……本来の人間の聴覚では感知できないはずの音をも感じとれる場所とは、果たしてどんな場所なのか。それはもはや人間が「湿地」と命名した場所ではなく、人間の知性も感性も踏み入れる余地のない場所なのかもしれません。

自然」……という言葉で表現するのもおこがましく感じられるものの、それ以外に表現のしようがない「そこ」。「畏怖」という言葉でかろうじて距離をとることできるかも怪しい、有無を言わさぬ、あまりにも絶対的な自然

もし人間が不用意に足を踏み入れたら、気づく間もなく捕食され、誰でもない「そこ」の一部へと還る。どれほど文明が進み豊かな生活を獲得しても、何人たりとも飲み込む自然を内心では恐れ続けているからこそ、街の人々はその心理の裏返しとしてカイアを「湿地の娘」と蔑んでいたのではないでしょうか。

まとめ/「湿地の娘」の真の意味


(C)2022 Sony Pictures Entertainment (Japan)Inc. All rights reserved.

チェイス殺しの裁判にて無罪を勝ちとり、初恋の人テイトと結婚したカイア。

そして長い年月を経てカイアが亡くなり、ともに暮らし老いていったテイトが遺品整理の際に見つけた物によって、カイアがチェイスを殺した真犯人である可能性が再び浮上したところで、映画『ザリガニの鳴くところ』は結末を迎えます。

あくまでも描写されたのは「可能性」でしかないものの、多くの人々が「カイアが真犯人だったのか」と考えるであろうその結末に想像の余地を見出すとしたら、湿地の娘」は決して街の人々からの蔑称という意味のみで、原作小説ならびに映画で使われていたわけではないということです。

時に「湿地」と呼ばれ、時に「ザリガニの鳴くところ」と呼ばれてきた、人間の踏み入る余地などない絶対的な自然の「娘」であったカイア。

彼女が人間であると同時に、人間を瞬く間に飲み込む恐るべき自然そのものであったと考えた時、「自然に善悪はない」という作中の言葉通り、カイアは自分という「ザリガニの鳴くところ」に軽々しく踏み入ったチェイスを「親」から学んだように飲み込んでしまったのではないでしょうか。

私は湿地だった」……映画終盤で語られるその言葉が、人間であり「ザリガニの鳴くところ」の娘であったカイアのすべてなのでしょう。




関連記事

サスペンス映画

ギャスパーノエ映画『クライマックスClimax』あらすじネタバレと感想。狂気に誘うロングテイクのダンスシーンは圧巻

日本公開は2019年11月1日! 今回ご紹介するのは稀代の鬼才ギャスパー・ノエ監督の待望の映画『クライマックス(原題:Climax)』。 予告編ですでにただ事ではない香りがプンプン漂う『クライマックス …

サスペンス映画

映画『十二人の死にたい子どもたち』8番タカヒロ役は萩原利久。演技力とプロフィール紹介

『天地明察』で知られるベストセラー作家の冲方丁(うぶかた・とう)の小説を原作とした映画『十二人の死にたい子どもたち』が2019年1月25日に公開されます。 メガホンをとるのは、『イニシエーション・ラブ …

サスペンス映画

映画『RUN/ラン』内容解説と考察レビュー。娘クロエのクレヨン/チョコレートの“紫”と車椅子の真の意味とは?

映画『RUN/ラン』は2021年6月18日(金)よりTOHOシネマズ日本橋ほかにて全国ロードショー公開! 2018年公開の映画『Search/サーチ』にて、ユニークな脚本とギミック満載の演出をみせたア …

サスペンス映画

韓国映画『ゴールデンスランバー』あらすじネタバレと感想。結末は伊坂原作や日本版とも大きく異なったオリジナル作品へ⁈

日本のベストセラー作家である伊坂幸太郎の人気小説をカン・ドンゥオンを主演に迎え、ノ・ドンソク監督で映画化! 大統領候補暗殺犯に仕上げられた一人の宅配ドライバーの運命は!? 韓国映画『ゴールデンスランバ …

サスペンス映画

映画『トレーニングデイ』ネタバレ結末感想とあらすじ解説。刑事バディムービーの定石を打ち破る刺激的な傑作!

新米刑事の命を懸けた訓練日(トレーニング・デイ)を描くアカデミー賞主演男優賞受賞作! 血気盛んな新人刑事がベテラン刑事の指導のもとで、予想つかない事態に巻き込まれる映画『トレーニングディ』。 人口が増 …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学