Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

Entry 2017/01/28
Update

映画『オープニング・ナイト』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

  • Writer :
  • リョータ

インディペンデント映画の父と称されるジョン・カサヴェテス。

彼の妻ジーナ・ローランズの女優としての生きざまを鮮烈に感じさせるのが、本作『オープニング・ナイト』です。

観終わったあなたは、思わず拍手を送りたくなること間違いありません。

スポンサーリンク

映画『オープニング・ナイト』の作品情報

【公開】
1977年(アメリカ)

【監督】
ジョン・カサヴェテス

【原題】
Opening Night

【キャスト】
ジーナ・ローランズ、ジョン・カサヴェテス、べン・ギャザラ、ジョーン・ブロンデル、ゾーラ・ランバート、ポール・スチュワート

【作品概要】
主演のジーナ・ローランズが『こわれゆく女』に続いて精神のバランスを崩した中年女性を見事に演じきった傑作人間ドラマ。

1978年、ベルリン国際映画祭女優賞(ジーナ・ローランズ)を受賞し、同年のゴールデングローブ賞ドラマ部門最優秀女優賞(ジーナ・ローランズ)にもノミネートした作品です。

映画『オープニング・ナイト』のあらすじとネタバレ

copyright © 2017 KING RECORD CO., LTD.

copyright © 2017 KING RECORD CO., LTD.

新作舞台『セカンド・ウーマン』に取り組んでいる人気女優マートルは、ある晩公演を終えると大勢のファンに囲まれサインを求められます。

そんな中、マートルが出会った17歳の少女ナンシー。人垣をかき分け、「アイ・ラヴ・ユー」と泣きながらすがるマートルに面喰いながらも抱き寄せるマートル。

車に乗り込んだ後も窓を叩きながら追いすがるナンシーを見て、様子がおかしいと思ったマートルは、車を止め少女に声を掛けます。落ち着いたのか車から離れ、道路に佇み見送るナンシー。

すると、離れていくナンシーの様子を伺っていたマートルの目に飛び込んできたのは、彼女が対向車に跳ね飛ばされる瞬間でした。

動揺するマートル。ホテルに戻っても気持ちが落ち着きません。お酒をあおり、舞台監督であるマニーに電話することで悲しみと寂しさを紛らわせます。

翌日の舞台稽古は荒れ模様でした。『セカンド・ウーマン』が“老い”をテーマとしていることに納得がいっていないことを表明するマートル。

ちょうど中年という老いと若さの狭間にいたマートルにとって、この役をどう演じていいのか分からないのです。このことから脚本を書いたサラとも対立することに。

楽屋に戻ったマートルがふと鏡を見ると、映り込む一人の少女。微笑みを交わす二人。そこに映っていたのは死んだはずの少女ナンシーでした。

以下、『オープニング・ナイト』ネタバレ・結末の記載がございます。『オープニング・ナイト』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

翌日の公演を迎えたマートルは、勝手にセリフを変えたことをヴィクターやサラに咎められます。

自分よりも年上の役は演じたくないと不満を露にするマートル。演じる上で年齢など重要ではないのに、皆が自分の年齢を気にするのだとプロデューサーのデビッドにこぼします。デビッドに気を許したマートルは、ナンシーを見たことをつい話していまします。

その後、度々現れるナンシーに誰も気付いていない様子でした。

さらにその次の公演はひどい有様でした。まともマートルが勝手の行動をして、作品を喜劇へと変えてしまったのです。多少の笑いは生まれたものの、大した評価は得られませんでした。

ナンシーの存在ががマートルに悪影響を与えていると考えたサラは、友人の霊媒師のところに連れて行くも、あまりの馬鹿らしさに出ていくマートル。

ホテルに戻ると再びナンシーが現れ、自分を殺すつもりなのかとマートルに襲い掛かります。

顔に傷を負いながらも下階のサラの部屋に何とか逃げ込んだマートルは、今回のことに恐怖を感じ、別の霊媒師の下へ連れて行って欲しいとサラに頼みます。

すると再び現れ、向かってくるナンシー。手当たり次第にマートルが物を投げつけると動かなくなるナンシー。

騒動を聞きつけて駆け付けたボーイが、一人で何もない空間に物を投げているマートルを見て唖然とします。

そうして迎えたニューヨーク公演初日。オープニング・ナイトです。大勢の観客が訪れる中、舞台裏では大騒動が巻き起こっていました。マートルが現れないのです。

なかなか開かない舞台の幕に苛立ちを露にする観客たちを見て、マニーたちがあきらめかけていたその時、マートルが現れました。

しかし、一人ではまともに歩けないほどの泥酔状態のマートル。手を貸そうとするスタッフをマニーが一喝。自分の力で成し遂げろというマニーの強い思いにマートルも応えます。

何とか舞台に立ったマートル。演じることで、酔いを抑え込みます。最後の場面になると、またもマートルの独断で話が喜劇へと変わっていました。見ていられないと席を立つマニーたち。

しかし、観客の様子は前回とは違っていました。大喜びする観客たちを見て、戻ってきたマニー。不満を感じながらも納得せざるを得ない出来に、思わず笑みがこぼれます。

観客たちのスタンディングオベーションに迎えられるキャストたち。こうしてオープニング・ナイトの幕が閉じたのでした。

スポンサーリンク

映画『オープニング・ナイト』の感想と評価

copyright © 2017 KING RECORD CO., LTD.

copyright © 2017 KING RECORD CO., LTD.

劇中劇『セカンド・ウーマン』のテーマである女性の“老い”は、この作品自体のテーマでもあります。

自分の年齢すら人に教えたくないと思うマートル。その“老い”に対する恐怖が、やがてナンシーという形で具現化し、目の前に出現するのです。

ナンシーが表しているのは“若さ”に他なりません。微笑みを交わし、欲していた“若さ”へと吸い寄せられていくマートルの葛藤が舞台に取り組む姿によって見事に表現されています。

しかし、これら全ては表面的にこの物語を捉えた解釈に過ぎないとも言えます。この作品が舞台のバックステージを描いたものであるように、ジョン・カサヴェテスの本当の狙いは、映画そのものの裏側を表現することだったのかもしれません。

虚構に過ぎないことが分かり切っている少女ナンシー。そしてそれを分かっていながら振り払えず壊れてゆくマートル。その姿を女優ジーナ・ローランズに重ね合わせると見えてくる一つの構図。

それは映画や俳優業そのものの虚構性であり、女優としてのジーナ自身の葛藤や苦しみがここに込められているのです。

また最後の舞台上で繰り広げられる喜劇に対し、スタンディングオベーションで応える観客。

ベン・ギャザラ演じる舞台監督マニーにとって意図せず得られたこの結果は、カサヴェテス作品のほとんどが彼自身の満足と観客の評価がまるで一致しなかったことに対する強烈な皮肉に他なりません。

こういった作品に隠された裏テーマを自分なりに掘り下げてみることも映画の魅力のひとつといえるでしょう。

最後に、押さえておくとより一層この作品を楽しめるポイントをご紹介。

『特攻大作戦』などの出演で俳優としても有名なジョンと妻ジーナが夫婦役(劇中劇の中で)として初共演していたり、ラストでカサヴェテス作品でおなじみのピーター・フォークやシーモア・カッセル、映画監督のピーター・ボグダノヴィッチらがカメオ出演していたりと、楽屋落ち的小ネタも盛り込まれていますので是非お見逃しなく!

まとめ

オープニング・ナイト copyright © 2017 KING RECORD CO., LTD.

スペインの巨匠ペドロ・アルモドバル監督が『オール・アバウト・マイ・マザー』(1999)でオマージュを捧げたのが、何を隠そう本作『オープニング・ナイト』です。

クローズアップを多用する大胆な構図や、自由に動き回る生き生きとした俳優たち。こうしたジョン・カサヴェテスの世界観は、アルモドバルに限らず、多くの映画人に影響を与えてきました。

とはいえ、彼の監督の作品の数々は(『こわれゆく女』(1970)や『グロリア』(1980)などを除くと)、日本ではまだまだあまり知られていないのが現状です。

しかし、入手困難だったDVDやブルーレイが2014年に発売されるなど、日本でもさらなる広がりを見せる日は近いのかもしれません。

関連記事

ヒューマンドラマ映画

女子怖いあるある映画なのか?ビガイルド 欲望のめざめのキャラクターポスター解禁

ソフィア・コッポラ監督の映画『The Beguiled/ビガイルド 欲望のめざめ』は、2月23日(金)よりTOHOシネマズ六本木ヒルズほか全国公開! 女の園にモテ過ぎ男は禁物か⁈ 2月14日バレンタイ …

ヒューマンドラマ映画

映画『ラーゲリから来た遺書』原作ネタバレあらすじの結末感想/内容解説。辺見じゅんが実話から山本幡男のシベリア抑留の真実を描く

小説『収容所(ラーゲリ)から来た遺書』が2022年に実写映画化に! 作家の辺見じゅんのベストセラー小説『収容所(ラーゲリ)から来た遺書』が映画化決定しました。 監督は『8年越しの花嫁 奇跡の実話』(2 …

ヒューマンドラマ映画

映画『ある画家の数奇な運命』あらすじ感想と考察解説。ゲルハルト・リヒターの半生で見詰め直す“芸術の真価”

映画『ある画家の数奇な運命』は2020年10月2日(金)よりTOHOシネマズ シャンテほかにて全国順次ロードショー! 戦時下の複雑な社会状況にあったドイツ・ベルリンに生きた、ある1人の芸術家の人生から …

ヒューマンドラマ映画

映画『イエスタデイ(2019)』ネタバレ感想と評価。ビートルズファンに捧げたダニー・ボイルとリチャード・カーティスの遊び心

ビートルズの存在しない世界で唯一ビートルズを知っているジャックの恋と人生の行方は? ダニー・ボイル監督の映画『イエスタデイ』は2019年10月11日(金)全国ロードショー! 独特な編集と斬新でスタイリ …

ヒューマンドラマ映画

映画『夜明けのふたり』ネタバレあらすじ感想と結末解説の考察。サンダンス映画祭を魅了した母の死を乗り越える少女たち

サンダンス映画祭のNEXTイノベーター部門受賞作『夜明けのふたり』 『夜明けのふたり』は、母の死による孤独とたたかう姉妹の姿を繊細に描いたヒューマンドラマ映画です。 (C)SAMUEL GOLDWYN …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学