Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

Entry 2017/09/30
Update

映画 ミックス。 新垣結衣(ガッキー)演技評価と感想!プロフィールも

  • Writer :
  • シネマルコヴィッチ

新垣結衣ことガッキーと瑛太のダブル主演で話題映画『ミックス。』は10月21日より全国公開されます。

完成試写会の舞台上で、瑛太から初めて新垣結衣と会った際に緊張のあまり呼び方を「ガッさん!」と呼んでいたというこぼれ話も飛び出しました。

今回は『ミックス。』のあらすじと、ガッさんこと、もといガッキーこと新垣結衣の演技評価とプロフィールをご紹介します。

スポンサーリンク

1.映画『ミックス。』の作品情報


(C)2017「ミックス。」製作委員会

【公開】
2017年(日本映画)

【監督】
石川淳一

【キャスト】
新垣結衣、瑛太、広末涼子、瀬戸康史、永野芽郁、佐野勇斗、森崎博之、蒼井優、山口紗弥加、中村アン、久間田琳加、神尾佑、平山祐介、斎藤司、佐野ひなこ、鈴木福後、谷花音、平澤宏々路、関太、真木よう子、吉田鋼太郎、池上季実子、生瀬勝久、田中美佐子、遠藤憲一、小日向文世

【作品概要】
ドラマ『リーガルハイ』で人気となった脚本家・古沢良太のオリジナル脚本による作品。監督は古沢のオリジナル脚本『エイプリルフールズ』を手がけた石川淳一監督。

2.映画『ミックス。』のあらすじ


(C)2017「ミックス。」製作委員会

富田多満子はかつて元天才卓球少女と言われたが、今では普通のOL。

彼女の勤務している会社の卓球部のエースの江島晃彦と多満子と交際関係。

しかし、同じく卓球部の小笠原愛莉に寝取られてしまい、田舎に帰ることにしました。

そこで多満子亡き母が経営していた「フラワー卓球クラブ」で、元ボクサーの萩原久と出会います。

やがて、多満子は江島・愛莉のペアを卓球で打倒する復讐のために、萩原とミックスペアを組んで再起を図ります。

いよいよ、大会に出場をすることを決めたのですが…。

スポンサーリンク

3.新垣結衣のプロフィール

新垣結衣(あらがきゆい)は、1988年6月11日生まれの沖縄県生まれの女優、歌手、モデル。

事務所はレプロエンタテインメント所属。

2001年に女子小中学生向けファッション誌『ニコラ』のモデルオーディションに応募した後、グランプリ獲得

2006年に『トゥルーラブ』にてドラマ初主演

その後、ドラマ『ギャルサー』や『マイ☆ボス マイ☆ヒーロー』に出演を果たします。

2006年に映画『超劇場版ケロロ軍曹』にてミララ役でゲストとして声の出演を務めます。

2007年に映画『ワルボロ』で映画初出演、同年『恋するマドリ』で映画初主演を果たします。

新垣結衣のフィルモグラフィー

訳ありの美人ピアニスト柏木先生!『くちびるに歌を』

恋するマドリ』(2007)ユイ役
ワルボロ』(2007)山田規久子役
恋空』(2007)田原美嘉役
フレフレ少女』(2008)百山桃子役
BALLAD 名もなき恋のうた』(2009)廉姫役
ハナミズキ』(2010)平沢紗枝役
麒麟の翼 〜劇場版・新参者〜』(2012)中原香織役
トワイライト ささらさや』(2014)サヤ役
くちびるに歌を』(2015)柏木ユリ役
S -最後の警官- 奪還 RECOVERY OF OUR FUTURE』(2015)林イルマ役
ミックス。』(2017)富田多満子役
コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-』 (2018) -白石恵役

新垣結衣の主な受賞歴

2007年
第20回日刊スポーツ映画大賞 新人賞

2008年
第29回ヨコハマ映画祭 最優秀新人賞
第32回エランドール賞 新人賞
第50回ブルーリボン賞 新人賞
第31回日本アカデミー賞 新人俳優賞、話題賞・俳優部門
第45回ゴールデン・アロー賞 映画賞

2016年
第26回年間ドラマ大賞2016 主演女優賞
第25回橋田賞
2016年度「第20回日刊スポーツ・ドラマグランプリ (GP) 」

受賞歴に関わる映画は『恋するマドリ』『ワルボロ』『恋空』は多いのですが、それよりも話題になったのは、橋田賞の受賞にもなったドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』でしょう。

新垣結衣の演じた主人公森山みくり役もさることながら、エンディングの通称「恋ダンス」は話題のブームとなりました。

新垣結衣はポッキーのCMでダンスを見せたこともありましたが、2016年のテレビドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』の恋ダンスを披露するも本格的にはダンスを習ったことがないそうです。

また、他の才能を見せたのは、2010年に、映画『ハナミズキ』で登場した自筆の絵本『The Three Little Pigs(3匹の子ぶた)』を発売。

さらには、2012年に『第54回日本レコード大賞』の司会を務め、『24時間テレビ』の司会なども務めました。

ドラマ、映画、歌手、司会、作家とマルチな才能で、今最も人気で売れっ子の若手女優です。

石川佳純選手もガッキーファンで感想⁉︎

今作『ミックス。』は、卓球をモチーフにしたことから、本物の卓球選手たちも出演協力した点は映画のひとつの見どころです。

日本卓球協会や卓球用具メーカーも全面協力したことで、卓球の試合はリアリティのある雰囲気も見られます。

その中でも日本卓球界の女王である石川佳純選手は、新垣結衣と共演を果たしています。

新垣結衣演じる多満子が訪れる江島の壮行会パーティーの会場で石川佳純選手は本人役で出演しています。

石川佳純は憧れの新垣結衣に会えたことに関して、次のような語っています。

新垣さんとははじめてお会いして、撮影の休憩時間にお話しさせてもらった時、すごく優しくて、元々ファンだったのですがさらに好きになりました。
オリンピックと比べると、緊張の部類が全く違って、撮影現場だと右も左も全くわからないのですごく緊張しました。そういう意味ではオリンピックと同じくらい緊張したと思います。

緊張の石川佳純選手がスクリーンではどのような表情なのか見てみたいですよね。

また、石川佳純も稲垣結衣のファンということで、彼女の優しさに共感を覚えているがコメントからも伺えます。

こんな素敵な共演が見られるのも、映画『ミックス。』ならではのことです。可愛い新垣結衣と石川佳純の共演に注目しましょう。

スポンサーリンク

まとめ


(C)2017「ミックス。」製作委員会

新垣結衣と瑛太のダブル主演で話題映画『ミックス。』は10月21日より全国公開されます。

昨今は卓球ブームということもあります。

日本卓球界からは石川佳純選手のほかにも、木造勇人選手、伊藤美誠選手、水谷隼選手も出演しています。

さて、石川佳純選手はこのようにも映画に応援メッセージを寄せています。

卓球が映画になるのでわたしたちもすごく楽しみにしています。卓球の魅力がさらにたくさんの方に伝わったら嬉しいですし、伝わると思うので私自身もすごく楽しみにしています。

本格的に卓球をモチーフにしながら、前代未聞!空前絶後!笑って泣けて楽しめる卓球ムービー。

ぜひ、お見逃しなく!

関連記事

ヒューマンドラマ映画

2017年3月公開の洋画メジャー&ミニシアター系おすすめ映画4選!

(C)2016 CJ E&M CORPORATION, MOHO FILM, YONG FILM ALL RIGHTS RESERVED 2017年3月公開洋画作品からおすすめ映画を、Cin …

ヒューマンドラマ映画

映画『サラバ静寂』吉村界人(ミズト役)演技評価と感想

“音楽が禁止された世界で、音楽に出会ってしまった若者たちはどこへ向かうか” 映画『サラバ静寂』の公開日は、2018年1月27日(土)より、渋谷ユーロスペースほか順次全国公開! 静かなるノイズ映画『サラ …

ヒューマンドラマ映画

『The Beguiled/ビガイルド 欲望のめざめ』あらすじとキャスト

2017年度カンヌ国際映画祭にて監督賞受賞したソフィア・コッポラ。 その注目作『The Beguiled/ビガイルド 欲望のめざめ』は、2018年2月23日(金)よりTOHOシネマズ、六本木ヒルズほか …

ヒューマンドラマ映画

映画『シアター・プノンペン』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

アジアの若手女性の監督ソト・クォーリーカーが自国の歴史に向き合った作品『シアター・プノンペン』をご紹介します。 スポンサーリンク CONTENTS映画『シアター・プノンペン』の作品情報映画『シアター・ …

ヒューマンドラマ映画

映画『チェリーボーイズ』あらすじとキャスト。林遣都のプロフィールも

林遣都主演の映画『チェリーボーイズ』は、2018年2月17日より全国順次公開。 地方都市の小さな酒屋営む家で育った国森信一こと、あだ名はクンニ。彼は東京に上京していたものの父親の病気をきっかけに実家に …

【完成披露試写会プレゼント】映画『空母いぶき』50組100名様ご招待(4/22東京国際フォーラム ホールA)
【Cinemarche独占】アミール・ナデリ監督インタビュー|映画『山〈モンテ〉』に込めた黒澤明監督への思いとは
【Cinemarche独占】『洗骨(せんこつ)』公開記念・水崎綾女インタビュー|映画『洗骨』のキャストとしての思いを語る。自身の経験と向き合い深めた演技と死生観
【Cinemarche独占】『LOVEHOTELに於ける情事とPLANの涯て』公開記念・三上博史インタビュー|役者魂と自身の人生観を語る。
【Cinemarche独占】映画『ウスケボーイズ』公開記念・橋爪功インタビュー|役作りと2018年の今を語る
【Cinemarche独占】映画『薄墨桜 -GARO-』公開記念・朴璐美インタビュー|役作りと2018年の今を語る
映画『斬、』塚本晋也監督インタビュー|時代劇で現代を描いた真意とは
映画『MAKI』サンドバーグ直美インタビュー|映画『MAKI マキ』女性の美しさを表現する思いを語る
日本映画大学
ニューシネマワークショップ
FILMINK
国内ドラマ情報サイトDRAMAP