Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

Entry 2021/04/11
Update

『FUNNY BUNNY』あらすじ感想と評価解説。映画化キャストの中川大志がダークヒーローを熱演!

  • Writer :
  • もりのちこ

世界を救うのは、いつだって想像力だ。
想像の先で、聞けなくなった声を聞こう。

虹色デイズ』『ステップ』の飯塚健監督によるオリジナル戯曲『FUNNY BUNNY』が、中川大志を主演に迎え映画化となりました。

2012年に上演された舞台版は、謎が謎を呼ぶ緻密なプロットが演劇ファンを熱狂させ、のちに飯塚健監督自らの手によって小説化もされています。

自殺志願者を見抜く能力を持つ、自称「小説家」の剣持聡。彼が起こす奇想天外な行動は、悲しみや絶望を抱えた人々の心を揺さぶり、彼の想像力は、前に進む希望を生んでいきます。

「人生を諦めるという前進はどこにもない!」。ウサギの着ぐるみを被ったダークヒーローの誕生です。

自殺撲滅映画!? 『FUNNY BUNNY』は、2021年4月29日(木)より全国の映画館とauスマートパスプレミアムにて同時に上映及び配信となります。

スポンサーリンク

映画『FUNNY BUNNY』の作品情報


(C)2021「FUNNY BUNNY」製作委員会

【公開】
2021年(日本映画)

【原作・監督・脚本】
飯塚健

【キャスト】
中川大志、岡山天音、関めぐみ、レイニ、森田想、ゆうたろう、田中俊介、佐野弘樹、山中聡、落合モトキ、角田晃広、菅原大吉

【作品概要】
舞台でも人気を集めた、飯塚健監督によるオリジナル戯曲『FUNNY BUNNY』。映画『虹色デイズ』(2018)で飯塚健監督とタッグを組んだ、中川大志を主演に迎え映画化となりました。

舞台版のストーリーをさらに進化させ、小ネタ満載のエッジを効かせた映画版『FUNNY BUNNY』。

一癖も二癖もあるダークヒーロー・剣持を、中川大志がどのように演じるのか注目です。

そんな剣持に振り回されながらも、頼りになる相棒・漆原役には、岡山天音が登場。正反対の2人が繰り広げる、漫才みたいな掛け合いも楽しめます。

映画『FUNNY BUNNY』のあらすじ


(C)2021「FUNNY BUNNY」製作委員会

剣持聡と漆原聡の「ダブル聡」が乗り込んだタクシーは、図書館に向かって走り出します。剣持が運転手に声をかけました。「何があったんだよ」。

運転手は堰を切ったように、私生活の不満を吐き出します。剣持は他人の自殺願望に敏感なタイプのようです。

目的地に着いた頃には、運転手の気は晴れていました。ウサギの着ぐるみを被った剣持と漆原がタクシーから降りてきます。運転手は「いってらっしゃい」と笑顔で送り出しました。

閉館2分前の図書館には、受付の女性・服部と利用客の男性・新見の姿しかありませんでした。「手をあげろ。絶対に借りられない本を借りにきた」。

深夜も12時を超えた頃、剣持と漆原は見つからない本に焦り始めていました。その時です。拘束したはずの服部と新見が現れ、反撃にでます。

実は図書館にはもうひとり、利用客の遠藤という女性が残っていました。あっと言う間に形成逆転。剣持と漆原は、追い込まれます。

「なぜ、誰にも借りられない本を探しているの? なぜ、今日にこだわるの?」。観念した剣持は、事の真意を明かします。

剣持が抱えてきた忘れられない辛い過去。本の中には、高校時代の友達・田所が隠したという「夢のボタン」があると言います。

それから、4年。あの時、図書館で出会った5人は「剣持一家」と呼ばれ、剣持が持ち込む厄介なトラブルに巻き込まれ続けていました。

行きつけの中華飯店「再見」に集められた漆原、服部、新見、遠藤は、新たな剣持からのミッションに呆れながらも、挑む気マンマンのようです。次のミッションとは、「ラジオ局、襲撃。電波ハイジャック」です。

ことの発端は、駅のプラットホームで列車を待っていた剣持が、線路に飛び込み自殺を図ろうとする男性を助けたことから始まります。

幻のバンド「ザ・レディオユース」の元ギター菊地広重は、デビュー目前にして亡くなったボーカル・藤井の事が忘れられず、自暴自棄の毎日を送っていました。「こんなに辛いまま生きる意味、あんのかよ」。

菊地の想いが剣持にはよく分かります。自分も4年前まではそう思っていました。「世界を救うのは、いつだって想像力だ。電波、盗みに行こうぜ!」。剣持は菊地に持ち掛けます。

ウサギの着ぐるみを被った5人が、菊地を連れラジオ局に乗り込みます。言葉に詰まる菊地に剣持は言います。

「藤井のせいにするな。お前に何が分かるって言うんだ。忘れる前進もあるんだよ。でも、諦めるという前進はどこにもねぇ」。

藤井が最後に残した名曲「サヨナラ」が、電波に乗って流れ出します。そして、想像の向こうに奇跡が待っていました。

スポンサーリンク

映画『FUNNY BUNNY』の感想と評価

これまで舞台に小説にとファンを増やしてきた、飯塚健監督によるオリジナル戯曲『FUNNY BUNNY』が、いよいよ映画化となりました。

舞台のようなセリフの言い回しや、会話のテンポを残しながらも、映画ならではの場面展開や、個性豊かなキャストの表情が加わり、『FUNNY BUNNY』の世界観がより深まる作品となっています。

『FUNNY BUNNY』の魅力のひとつは、ウサギの着ぐるみを被り、破天荒な行動で、自殺志願者を救っていく主人公・剣持聡のダークヒーローっぷりにあります。

剣持のコミカルさの裏にある、過去の悲しい事件。自殺志願者を見分けられるようになったきっかけが、切なくも胸に刺さります。

そんな主人公の剣持聡を演じたのは、今が旬な俳優のひとり中川大志。彼の力強い眼差しと、やんちゃな雰囲気が、カリスマ性あふれる主人公にぴったり、はまり役となりました。

また、様々なロジックが散りばめられた「剣持語録」にも注目です。「世界を救うのは、いつだって想像力だ」と言い切る、自称「小説家」の剣持。

彼のデビュー作は、図書館にウサギが迷いこむ話、タイトルは『FUNNY BUNNY』というオチにもグッときます。

剣持が発する名言に、誰もがハッとさせられる瞬間があるはずです。抱えた悲しみの手放し方を、剣持が教えてくれます

また映画化では他のキャストの活躍も見逃せません。主人公・剣持聡に振り回されながらも、愛を持って正しい道を説く相棒・漆原聡。

「ダブル聡」の名コンビを演じるのは、映画にドラマに出演が相次ぐ、若手きってのバイプレーヤー・岡山天音。中川大志との息の合った掛け合いを披露してくれます。

そして、剣持に命を救われる幻のバンド「ザ・レディオユース」の元メンバー・菊地役に、『AWAKE』の落合モトキが登場。

ラジオ局での電波ジャックのシーンでは、バンドマンさながらの歌声を披露。亡き友への熱い思いを叫ぶ姿が、感動を呼びます

仲間が集う中華飯店の店主には、東京03の角田晃広。剣持に助けられるタクシーの運転手に菅原大吉。2人の存在が、映画の雰囲気を作り出していると言っても過言ではありません

中華飯店の店名が「再見」だったことから、映画の続編も匂わせるエンディングになっています。

まとめ

ウサギの着ぐるみを被ったダークヒーロー・剣持とその仲間たちが暴れる、新感覚の痛快シニカルミステリー『FUNNY BUNNY』。

抱えきれない悲しみの中にあっても、人生を諦めるという前進はどこにもない。想像力を働かせ、失った声を想像しよう。きっと、あなたの幸せを願う声が聞こえてくるはずです

映画『FUNNY BUNNY』は、2021年4月29日(木)より全国の映画館とauスマートパスプレミアムにて同時に上映及び配信スタートです




関連記事

ヒューマンドラマ映画

映画『ジャイアンツ』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も【ジャームス・ディーン代表作】

ジョージ・スティーブンス監督の『シェーン』と並ぶ代表作『ジャイアンツ』 ジョージ・スティーブンス監督は約3年かけてこの映画を完成させました。 当時としてはタブーとされていた人種問題、女性の自立をテーマ …

ヒューマンドラマ映画

映画『ロング,ロングバケーション』あらすじとキャスト。上映館はどこ?

映画『ロング,ロングバケーション』は1月26日より、全国順次公開です。 アルツハイマーが進行する元文学教師のジョンと、その妻で末期ガンにおかされエラ。高齢を迎えたスペンサー夫婦は子どもたちも巣立ったこ …

ヒューマンドラマ映画

映画『アウェイデイズ』ネタバレ感想と考察評価。英国発ポストパンク時代を描く不安定な青春ムービー

いつまで続く?もう終わりなんだろ? 1970年代末のポストパンクの時代を描く英国青春ムービー 1979年のポストパンク時代の英国、マージーサイド。破滅的な若者たちの苛立ちと焦燥と暴力とを描く英国発青春 …

ヒューマンドラマ映画

韓国映画『パラサイト』感想とレビュー評価。日常と2つの家族によって描かれた資本主義の構造

ポン・ジュノ監督のカンヌパルムドール受賞『パラサイト 半地下の家族』。 映画『パラサイト 半地下の家族』は、世の中にベジタリアンを増やしたと言われるほど注目を集めた映画『オクジャ』(2017)に続く、 …

ヒューマンドラマ映画

【総理の夫ネタバレ】結末あらすじとラスト感想。原作どおりのキャストが映画の最後を見事に変えたエンディングは必見!

未来を諦めない。 こんなリーダーを待っていた! 原田マハの小説「総理の夫First Gentleman」を、田中圭と中谷美紀の共演で実写映画化。奇しくも時は、日本のリーダーを決める自民党総裁選の最中。 …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学