Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

Entry 2017/08/07
Update

映画レイジー・ヘイジー・クレイジーあらすじとキャスト!公開日はいつ?

  • Writer :
  • シネマルコヴィッチ

2015年に東京国際映画祭「アジアの未来」にて、アジア発の新進気鋭監督を発掘する部門で上映された『レイジー・ヘイジー・クレイジー』を紹介します。

エロ可愛いくって、それでいて繊細な乙女心を見せてくれる女性監督のジョディ・ロック監督の作品とは?

スポンサーリンク

映画『レイジー・ヘイジー・クレイジー』の作品情報

【公開】
2017年(香港映画)

【監督】
ジョディ・ロック

【キャスト】
クォック・イッサム、フィッシュ・リウ、マック・チーイ、ツェ・シッチュン、グレゴリー・ウォン

【作品概要】
10代女の子3人の恋愛と嫉妬、そして裏切りといった揺れる乙女心を描いた香港・新進気鋭の監督ジョディ・ロックのデビュー作。

映画『レイジー・ヘイジー・クレイジー』のあらすじ


映画『レイジー・ヘイジー・クレイジー』

トレイシーとクロエは8歳の時からの親友。

その後、アリスも加わった仲良し女子3人組はいつも一緒に過ごしています。

クロエとアリスは援助交際でお金を稼いでいて、そんな2人の関係には独特の仲間意識が芽生えていました。

一方でトレイシーはそれが口惜しくて、幼なじみのクロエを自身ののもとに奪い返そうと作戦を練るのでしたが…。

スポンサーリンク

ジョディ・ロック監督プロフィール

香港浸会大学で翻訳の学位を取得した後、2011年にパン・ホーチョン監督に出会い、まもなく彼女はバンに師事をします。

パン監督の制作会社Making Film Productionsに参加した際には、『恋の紫煙2』の脚本担当に抜擢。

また、同年、パン監督の『低俗喜劇』の共同脚本も担当。これらが香港電影金像獎の最優秀脚本賞にノミネートされるほどの才能を開花します。

今作『レイジー・ヘイジー・クレイジー』は東京国際映画祭の翌年2016年にも大阪アジアン映画祭で上映され、話題を集めた作品です。

オーディションで選ばれた主演の3人を、また、日本の劇場で見られるチャンスですね。

内容のモチーフがチョット過激なだけに、今の香港の女の子たちが吹かす、新しい風に注目しましょう。

まとめ

この作品作でプロデューサーを務めた師匠でもあるパン・ホーチョンは、女の子の3人はオーディションを経て決定。

香港の新世代や新感覚の香港映画の誕生にアジア映画ファンとしては注目したいですね。

今作が公開される劇場は、東京・吉祥寺に間も無く完成されるココマルシアターとなっています。

公式な公開日が決まり次第、当サイトでもお知らせいたしますね。

ぜひ、新しく誕生する映画館で、新感覚の香港映画を見たいものですね。お見逃しなく!

関連記事

ヒューマンドラマ映画

『エレファント・マン 』解説と内容考察。4K版で映画監督デイヴィッド・リンチが改めて“人間の尊厳”を問う

鬼才デイヴィッド・リンチの不朽の名作が4K修復版でよみがえる 第53回アカデミー賞にて、作品賞、主演男優賞、監督賞など主要8部門ノミネートされた、1980年製作の『エレファント・マン』。 この不朽の名 …

ヒューマンドラマ映画

映画『裁かれるは善人のみ』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

スポンサーリンク CONTENTS映画『裁かれるは善人のみ』作品情報映画『裁かれるは善人のみ』あらすじとネタバレ権力と戦う 神の不在 『裁かれるのは善き人のみ』の感想と評価まとめ 映画『裁かれるは善人 …

ヒューマンドラマ映画

映画『ラブレス』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も【アンドレイ・ズビャギンツェフ】

ロシアの鬼才アンドレイ・ズビャギンツェフ監督の映画『ラブレス』は、カンヌ国際映画祭審査員特別賞や数々の映画祭で賞賛を受けました。 また、米アカデミー賞外国語映画賞にもノミネートされるなど、映画関係者か …

ヒューマンドラマ映画

映画『ある町の高い煙突』あらすじネタバレと感想。実話を豪華キャストで描く煙害と闘った真実の物語

映画『ある町の高い煙突』は6月14日(金)ユナイテッド・シネマ水戸、シネプレックスつくば先行公開、6月22日(土)より、有楽町スバル座ほか全国ロードショー! 『八甲田山』『剱岳』で知られる新田次郎の同 …

ヒューマンドラマ映画

『パパはわるものチャンピオン』ネタバレ感想。プロレスラー棚橋弘至ファン目線で解説

怪我のため、トップから転落し悪役に転身したレスラーと、その家族の物語を描いた映画『パパはわるものチャンピオン』。 家族をテーマにした作品ですが、1人のレスラーの生き様を描いた映画として、非常に見応えの …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学