Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

映画『モリのいる場所』あらすじネタバレと感想。評価の高い画家熊谷守一の日常を描く

  • Writer :
  • もりのちこ

日本を代表する名優、山崎努と樹木希林の初共演作『モリのいる場所』

30年間、ほとんど家から外に出たことがない伝説の画家・熊谷守一夫妻の晩年を描いた作品です。

家から外に出ない熊谷守一=モリの家には、多くの訪問者が絶えません。

草木が生い茂る庭を通ってやってくるのは人間ばかりではありません。鳥や猫、昆虫に石までやってきます。

いつまでも好奇心旺盛でマイペースなモリに、振り回されながらも魅了される周りの人々。

寄り添い続け52年目の老夫婦の風変わりだけど、温かくて愉快な日常を覗いてみましょう。

スポンサーリンク

映画『モリのいる場所』の作品情報


(C)2018「モリのいる場所」製作委員会
【公開】
2018年(日本映画)

【監督・脚本】
沖田修一

【キャスト】
山崎努、樹木希林、加瀬亮、吉村界人、光石研、青木崇高、吹越満、池谷のぶえ、きたろう、林与一、三上博史

【作品概要】
30年間、ほとんど家から外に出たことがない伝説の画家・熊谷守一夫婦とその周りを取り巻く人々の、どこかくすっと笑える日常を描いた作品『モリのいる場所』。

監督は『南極料理人』『キツツキと雨』『横道世之介』など、人間ドラマの中に笑いがあり、心が温かくなる作品が多い沖田修一監督。監督自ら脚本も手掛けています。

日本を代表する名優、山崎努と樹木希林の初共演作としても注目の作品です。

映画『モリのいる場所』のあらすじとネタバレ


(C)2018「モリのいる場所」製作委員会
昭和49年、絵画鑑賞中の昭和天皇。「これは、何歳の子供の描いた絵ですか?」

天皇、その絵は94歳の熊谷守一の絵ですよ。

モリは、夫婦生活52年目になる妻・秀子と、草木の生い茂る庭付きの一軒家に住んでいます。

モリの庭には、鳥や猫、蟻にめだか、カエルにカマキリと多くの動植物が暮らしています。

モリは毎日、森の番人さながら、毛皮を腰に巻きフェルト帽子を被り補聴器を付け、庭に探検にでます。

庭には、新しい生命があふれています。毎日観察してもしきれない生命の神秘に、モリは夢中です。

ある時は寝転がって蟻の歩き方を観察し、新しい葉っぱに声をかけ、覚えのない石に思いを馳せ、ある時は30年掘り続けた池のめだかを見に行くのに迷子になる始末。

モリは30年間、家から外に出たことがありません。庭の小宇宙冒険で、モリは忙しいのです。

熊谷家の家事を手伝いに来る、姪っ子の美恵ちゃん(池谷のぶえ)は、何度も盗まれる「熊谷の表札」問題で頭を抱えています。

モリの手書きの表札は、絵と同様お金になると思われていました。

そんなモリに看板の文字を書いてほしいと、旅館の主人(光石研)が熊谷家にやってきます。

庭の探検で忙しいモリの変わりに話を聞く秀子。モリは好きなものしか書けないと断ります。

そこを何とか。信州からはるばる来たことを告げると、モリは何故か書くと言い出します。

その場に居合わせた画商の荒木(きたろう)は、書いてもらえることに驚く主人に言います。

「書いてもらえることになって良かったね。モリは新幹線を知らないから何日もかけて来たと思ってるのさ」と。

いざ、この日のために用意した極上のヒノキの看板に筆入れの瞬間です。「雲水館」と旅館の名前を書いてもらう予定でした。

出来上がった文字はというと、「無一物」(むいちぶつ)、モリの好きな言葉でした。この際、旅館名を変えたらと笑いあう人たち。モリの家は、今日もにぎやかです。


(C)2018「モリのいる場所」製作委員会

モリの人柄に惚れ、写真を撮り続けている男・藤田(加瀬亮)がアシスタントの鹿島(吉村界人)を連れてやってきました。

虫が苦手と、虫よけスプレーをしだす鹿島に、藤田は切れ気味です。

しかし、モリの庭での観察を一緒に経験していくうちに鹿島もいつの間にか、モリのファンになっていました。

「蟻っていうのは、左の2番目の足から歩きだすんだね。」モリの言葉に、大の大人が3人揃って地面に寝ころび、蟻の観察に夢中です。モリの家は、今日も穏やかです。

そんなある日、皆でカレーうどんを頬張りながらドリフターズの話をするお昼時、熊谷の家に電話が鳴ります。

電話に出た秀子が言うには、「国からなにやら文化勲章をくれるとかなんとか?あなたどうします?」

「人がいっぱい来ちゃうし、袴はきたくないし」と嫌がるモリ。「主人はいらないそうです」と電話を切る秀子。

時が止まった熊谷家の食卓。それぞれの頭に、天井から大きなタライが落ちてきました。

だめだこりゃ!いかりや長介のセリフが聞こえてくるようです。

以下、『モリのいる場所』ネタバレ・結末の記載がございます。『モリのいる場所』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

モリはいつものように庭に寝転がり空を見ています。

そこに響き渡る機械の音。工事現場の音です。庭の鳥や虫たちは音に怯え逃げて行きます。

近々、近所にマンションが建設されることが決まっていました。マンションが建つことで、モリの庭は日当たりが悪くなるということも。

モリの庭を守ろうと若い画家たちが、マンション建設反対の看板をあちこちに設置していました。

その看板撤去を訴えに、マンションのオーナー水島(吹越満)と工事現場監督の岩谷(青木崇高)がやってきます。

主人はいませんと、モリに会わせない秀子に、困り果てる水島たち。

しかし、トイレに立った岩谷がモリにばったり遭遇してしまいます。

そこで岩谷がとった行動は、息子の絵をモリに見せ、絵の才能を聞くものでした。

モリは息子の絵、タイトル「台風」をまじまじと見ます。

「どうですか?うちの息子は天才なのでは?」と聞く岩谷。

モリは答えます。「ヘタですね。ヘタで良い。上手は先が見えちゃいますから、ヘタも絵のうちです」と。

マンションの建設で日当たりの悪くなる庭で、唯一日の当たる場所になるのが池のある部分でした。

モリは池を埋めることを秀子に告げます。30年かけて掘ってきた穴を埋めることは悲しいことのようですが、2人にとってはその出来事も人生のほんの小さな出来事に過ぎないのでしょう。

「カーラース、なぜ鳴くの?カラスの勝手でしょー」志村ケンさながら歌う秀子でした。

夕飯の準備をする秀子と美恵ちゃんは、大量のお肉に困っていました。

若くて大食いの男たちを呼ぶことにした2人。やって来たのは、岩谷ひきいるマンションの工事現場の作業員たちでした。

敵も味方も関係ない。そんな熊谷家の大らかさに呆れてしまいます。でもそれが熊谷家。

どんちゃん騒ぎの中、モリは庭でヘッドライトを付けた人を見つけます。

庭に出てこっちへと誘うも、その人は反対に一緒に行こうとモリを誘います。

誘う先は宇宙でした。よく見ると、ヘッドライトがおでこから生えている男は、この池は宇宙と繋がったんだと言います。

ここを出て広い世界へ行こうと誘う宇宙人に、モリは「イヤ結構。私はここにいます。この庭は私には広すぎる。また、かあちゃんが困るのが一番困る」と断ります。男は池に帰っていきました。

目覚めた時、モリの手の中には庭でみかけた新しい石が握られていました。

池の穴は埋められ、近所にマンションが建ちました。

いつも通りモリの家にやって来た藤田は、思いついてマンションのテラスに駆け上がります。

そこから見えたモリの家の全貌。自分がコツコツ書きためてきたモリの庭が、一望できます。

夢中で写真を撮る藤田の元に、「あなたー。お客様ですよー」秀子の声が聞こえてきます。

庭の草木の間からは、モリの変わらぬ姿が見えました。

スポンサーリンク

映画『モリのいる場所』の感想と評価


(C)2018「モリのいる場所」製作委員会
2018年9月15日にこの世を去った樹木希林。憧れの存在だった山崎努との初共演の作品が『モリのいる場所』でした。

名優2人の佇まいだけで人を惹きつける演技に魅了されます。

漫才のような2人のやり取りはすごく自然で、本当に52年間寄り添ってきた熊谷夫妻を見ているようでした。

そして名優2人を相手に埋もれない演技、池谷のぶえの安心感

コント番組『LIFE!〜人生に捧げるコント〜』や『宇宙の仕事』『今日から俺は!!』などコメディドラマに欠かせない存在である池谷のぶえが演じた足の指をつりがちな美恵ちゃん

彼女が熊谷夫妻と俗世間をつなぐキーパーソンです。

モリの言葉


(C)2018「モリのいる場所」製作委員会

あらすじでは紹介しきれなかったモリの語録に、「もう一度人生をくりかえせるとしたら」というセリフがあります。

妻の秀子は「疲れるから嫌だわ」と言います。

モリは「俺は何度でも生きるよ。生きるのが好きなんだ」と答えを出します。

生きていることは素晴らしいことで、新しい発見は常に身近にあるものだと教えてくれます。

熊谷夫婦は変わりゆくものを柔軟に受け入れます。でもそれは、変わらないものがあるからこそ出来ることです。

お互いの信頼、感動する心、未知なるものへの好奇心。物質は変わっても人の心は自分次第です。

まとめ


(C)2018「モリのいる場所」製作委員会
熊谷守一=モリは、フォーヴィスムの画家に位置づけられています。

写実主義とは別で、色彩も輪郭も心が感じるものを描く作風です。

モリの心の中から浮かび上がる色彩の世界は、小宇宙である庭から得られるものでした。

日中は庭で植物や昆虫の観察をし、呼んでもいない客人たちとご飯を食べ、妻の秀子とオセロをし負け、夜は学校へ行くといって作業場へ行き絵を描くモリ。

30年間、家から外へ出たことがないモリの世界は、誰よりも広い世界でした。

関連記事

ヒューマンドラマ映画

映画『ルース・エドガー』感想レビューと評価。人権問題の闇に棲む青年ルースの正体

サスペンスフルなヒューマンドラマ『ルース・エドガー』が日本に上陸 アメリカ社会の根深い人権問題を炙り出すサスペンスフルなヒューマンドラマ『ルース・エドガー』が公開されます。 主演は『イット・カムズ・ア …

ヒューマンドラマ映画

映画『大脱走』あらすじネタバレ感想とラスト結末の解説。名曲マーチとマックイーンらの集団逃走が見どころ!

史実を基に描かれた、前代未聞の大脱走。 男たちの脱走は成功するのか? 第二次世界大戦下、オーストラリア空軍の戦闘機パイロットだったポール・ブリックヒルが、捕虜として収容されたドイツの「スタラグ・ルフト …

ヒューマンドラマ映画

映画『ボストン ストロング』感想と考察。ボーマンはコストコのチキンをなぜ焦がすか

実話映画『ボストン ストロング ~ダメな僕だから英雄になれた~』は5月11日(金)より、TOHOシネマズシャンテほか全国ロードショー。 2013年に実際の出来事として起きたボストンマラソン爆弾テロ事件 …

ヒューマンドラマ映画

映画『最強のふたり』動画無料視聴!配信でPandoraやDailymotionよりも快適に見る

映画『最強のふたり』は、日本で公開されたフランス映画のなかで、『アメリ』を抜き興行収入歴代1位を記録。 また、第24回東京国際映画祭で東京サクラグランプリ(最優秀作品賞)と最優秀男優賞をダブル受賞しま …

ヒューマンドラマ映画

【ネタバレ】メタモルフォーゼの縁側|あらすじ感想と結末の解説評価。キャストも熱演でBLが結ぶ悩める人々の“年の差友情”

女子高生のゆるやかな成長を描く「メタモルフォーゼの縁側」 「このマンガがすごい!2019オンナ編」第1位のマンガ「メタモルフォーゼの縁側」。 ほかにも数々の賞を受賞したこの作品は、好きなものを通して1 …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学