Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

アクション映画

Entry 2017/12/07
Update

韓国映画『監獄の首領』あらすじと感想【ハン・ソッキュ×キム・レウォン】

  • Writer :
  • シネマルコヴィッチ

韓国映画『監獄の首領』は、2018年1月13日(土) シネマート新宿、シネマート心斎橋にて公開!

ハン・ソッキュ×キム・レウォンの2大スターが躍動するクライム・アクションは、犯罪組織のボスと囚人になった元警察官による監獄から世の中を牛耳るヤツらが仕掛ける完全犯罪!

スポンサーリンク

1.映画『監獄の首領』の作品情報


© 2017 showbox and curoholdings ALL RIGHTS RESERVED.

【公開】
2018年(韓国映画)

【原題】
프리즌(英題:THE PRISON)

【脚本・監督】
ナ・ヒョン

【キャスト】
ハン・ソッキュ、キム・レウォン、チョン・ウンイン、シン・ソンロク、イ・ギョンヨン

【作品概要】
これまでの刑務所を描いた韓国映画とは一線を画した、囚人らが刑務所と外界とを自由に行き来しながらあらゆる完全犯罪を行うという大胆なストーリーが話題となり、韓国で約300万人を動員する大ヒットを記録した作品。
ハン・ソッキュとキム・レウォン、豪華2大スター共演によるクライム・アクション大作。

2.映画『監獄の首領』のあらすじ


© 2017 showbox and curoholdings ALL RIGHTS RESERVED.

韓国ソウルのとある刑務所。

ここでは夜になると囚人たちが塀の外に飛び出し、証拠も痕跡も残さず完全犯罪を犯していました。

そんな刑務所の中で首領のように君臨する囚人チョン・イクホは、犯罪組織のボスで囚人たちを指揮する張本人。

そこに検挙率100%を誇った元刑事ソン・ユゴンが、ひき逃げ・証拠隠滅・収賄の容疑で収監されてきます。

負けん気が強く、血気盛んなユゴンはトラブルを繰り返しますが、何度もイクホに助けられます。

そのことをきっかけに徐々に犯罪の世界に足を踏み入れていくユゴン。

彼に目をつけたイクホは、計画していた新しい犯罪にユゴンを利用しようとするのですが…。

スポンサーリンク

3.映画『監獄の首領』の感想


© 2017 showbox and curoholdings ALL RIGHTS RESERVED.

韓国で社会現象を巻き起こしただけでなく、日本でも大ヒットを記録した『シュリ』など、1990年代から韓国の映画界を牽引してきた実力派俳優ハン・ソッキュ

彼が囚人だけでなく看守からも恐れられる、刑務所の帝王として君臨する犯罪組織のボスである囚人イクホを演じています。

その鋭い眼光だけで観るものを震え上がらせる重厚なオーラと、強烈なカリスマ性のある存在感に要注目です。

またドラマや映画で活躍する若手の演技派キム・レウォンが、”死神” と呼ばれ犯罪者から恐れられてきた優秀な刑事ユゴン役を務めます。

彼はとある事故で犯罪を犯したことで刑務所に入り、イクホを脅かす役柄。


© 2017 showbox and curoholdings ALL RIGHTS RESERVED.

犯罪者を社会から隔離して更生する場と信じられてきた刑務所が、本作『監獄の首領』では、100%のアリバイを保証する完全犯罪区域として描かれ、これまでにない刑務所モノの設定になっている点が見どころです。

囚人たちが刑務所と塀の外を自由に行き来しながらあらゆる完全犯罪を行うという、大胆な物語展開が話題となり、韓国映画ファン約300万人を動員するスマッシュヒットを記録した作品です。

演出を務めたのはナ・ヒョン監督。刑務所を舞台に奇抜なオリジナルな犯罪設定のもと、荒くれた囚人たちの人間ドラマを自ら脚本に描きました。

また撮影監督には、犯罪の行われる夜のシーンの照明や、刑務所内の室内照明に工夫を見せた『戦場のメロディ』のホン・ジェシク。

男たちのドラマと犯罪アクションを盛り上げる音楽は、『ベテラン』『男と女』のパン・ジュンソクが担当しています。

さらに『スノーピアサー』『トンネル』のサスペンス・シーンや俳優たちの演技を活かした編集を見せた、キム・チャンジュが今回も魅力ある物語の語り部を見せています。

力のあるスタッフたちが集結した124分の映画『監獄の首領』の制作チームに、ぜひご注目ください。

まとめ


© 2017 showbox and curoholdings ALL RIGHTS RESERVED.

本作の主演は、首領のように君臨する囚人チョン・イクホ役に、映画『ベルリンファイル』や『尚衣院-サンイウォン-』のハン・ソッキュ。

共演は元刑事ソン・ユゴン役に『江南ブルース』のキム・レウォンが果たします。

他のキャストに『時間離脱者』のチョン・ウンイン、『密偵』のシン・ソンロク、『インサイダーズ/内部者たち』のイ・ギョンヨンも出演。

映画『監獄の首領』は、2018年1月13日(土) シネマート新宿、シネマート心斎橋にて公開です。

ぜひ、お見逃しなく!


© 2017 showbox and curoholdings ALL RIGHTS RESERVED.

関連記事

アクション映画

映画『スカイスクレイパー』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も

映画『スカイスクレイパー』は、9月21日(金)全国ロードショー。 ハリウッドのトップアクションスター、ドゥエイン・ジョンソンの最新作。 “スカイスクレイパー=“摩天楼”高層建築”をそのまま体現したよう …

アクション映画

映画『ウエスタン』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

クリント・イーストウッド主演の「ドル箱3部作」を経て、新たな境地へと達した監督のセルジオ・レオーネ。 そんな彼の西部劇への愛が詰まった傑作『ウエスタン』をご紹介します。 スポンサーリンク CONTEN …

アクション映画

映画『影に抱かれて眠れ』感想と評価レビュー。原作小説「抱影」と“Vシネマの伝統”を和泉聖治が描く

『影に抱かれて眠れ』は2019年9月6日(金)より、丸の内TOEI2ほか全国順次公開! 北方謙三原作の小説「抱影」を、テレビドラマ「相棒」シリーズのメイン監督・和泉聖治が映画化した作品、『影に抱かれて …

アクション映画

映画『ワイルドストーム』ネタバレ感想と結末までのあらすじ。ドミネーターやタミーにコーエン節が煌る

今世紀最大のハリケーンが迫る中、ある町で犯罪者集団による現金強奪の計画が動いていた! 立ち向かうのは、ただの学者と元軍人の兄弟と、財務省職員。 懐かしい匂いのする大味アクションと、ド迫力のディザスター …

アクション映画

韓国映画『ワンライン/5人の詐欺師たち』あらすじ感想評価とキャスト解説。韓国の人気アイドルグループ「ZE:A」のイム・シワン主演!

映画『ワンライン/5人の詐欺師たち』は、2018年1月6日(土)より公開! イム・シワン×チン・グの豪華共演による本編131分の作品は、仕掛ける敵と味方が二転三転を見せながら、大金を賭けた予測不能の騙 …

U-NEXT
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学