Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ラブストーリー映画

映画『男と女、モントーク岬で』あらすじと感想。公開する上映館情報も

  • Writer :
  • シネマルコヴィッチ

映画『男と女、モントーク岬で』は、5月26日(土)より全国順次公開

ニューヨークのロングアイランド。そこは思い出の地であり、“あの日”に戻りと未来を選びなおす男と女…。

ドイツ・ジャーマン・シネマの名匠フォルカー・シュレンドルフ監督が、どうしても描きたかった艶やかな大人の愛の物語。

違うからこそ求め合い、理解できないからこそ愛おしい、大人のラブストーリーとは?

スポンサーリンク

映画『男と女、モントーク岬で』の作品情報


(C)Ziegler Film/Franziska Strauss

【公開】
2018年(ドイツ・フランス・アイルランド合作映画)

【原題】
Return to Montauk

【監督】
フォルカー・シュレンドルフ

【キャスト】
ステラン・スカルスガルド、ニーナ・ホス、スザンネ・ウォルフ、ブロナー・ギャラガー、ニエル・アレストリュプ

【作品概要】
名作『ブリキの太鼓』や『待女の物語』などで知られる、ドイツの映画運動ニュー・ジャーマン・シネマの代表的な監督名フォルカー・シュレンドルフの大人のラブストーリー。

作家マックス役にハリウッドでも活動するスウェーデンの名優ステラン・スカルスガルドが務め、昔の恋人レベッカ役に『東ベルリンから来た女』のニーナ・ホスの共演。

映画『男と女、モントーク岬で』のあらすじ


(C)Ziegler Film/Franziska Strauss

小説家のマックス・ゾーンは、新作書籍のプロモーションのため、ニューヨークにある書店や図書館を訪れ、自身の作品を朗読して聞かせます。

物語の内容は、「やって、後悔すること。やらずに後悔すること。この二つの公開が人生の物語を形作るのか」というような、実らなかった恋の思い出を綴った小説でした。

マックスの執筆した美しい文章と、彼の絶妙な店舗の朗読で聴衆の心を掴んでいきます。

出版社のインターとして働く妻クララとの再会のほか、かつて、恋人関係にあったレベッカとも、どうにか再会を果たしたマックスは、自身を歓迎する関係者のパーティで、すっかり酔いどれてしまいます。

酔いを覚まそうと店から出たマックスだが、酔いの勢いもあってか、昔の恋人レベッカの自宅を訪ねます。

しかし、レベッカはよそよそしく、別れてから何があったのか何ひとつ語ろうとしませんでした。

その際にレベッカと一緒にいた彼女の親友レイチェルに「彼女は独りか?」とたずねますが、教えてはもらえませんでした。

失意のマックスがニューヨークを発つ3日前、予想外にもレベッカの方からモントーク岬への旅の誘いが舞い込みます。

マックスはクララとの予定があったにも拘わらず、レベッカとの時間を優先、それは、かつて幸せだった頃の2人が訪れた場所だったからです。

そのアリバイ工作に新書の広報担当のリンジーは「クララという人がいるのに」と憤慨しつつも協力をします。

果たしてレベッカの真意は?そして、語られない過去の秘密とは…。

スポンサーリンク

映画『男と女、モントーク岬で』の感想と評価


(C)Ziegler Film/Franziska Strauss

大人しか感じ得ない年を重ねた空気感

2018年で79歳となった名匠フォルカー・シュレンドルフが、どうしても描きたかった大人のラブストーリー映画『男と女、モントーク岬で』

派手な演出はないものの、そこに漂う空気感に品格を感じさせられます

大人になれば誰しも、今に生きながらも過去に過ごした時間とも生きているものです。

それはデジャブのような気配、また、過去をまるで走馬灯のように思い起こすようなことは、案外どなたにもあるものでしょう。

本作の各シーンに登場する場面には、騒がしいバーや独り歩く夜道、また、恋人とのドライブやレストランでの食事などに、深い空気感を感じるはずでしょう。

それはもちろん、マックス役を演じたステラン・スカルスガルドや、レベッカ役のニーナ・ホスの演技力によって、彼らに魅せられ感じるものですが、さすが名匠フォルカー・シュレンドルフ監督といえる演出力が大きいものでしょう。

何が凄いのかというと、それぞれ2人の気配を包み込んだ空気感は、男女の溝に繋がり、やがて、隙間風を吹かせて見せます

そして、最後には風が凪ぐ

大人のラブストーリーは、若い頃の燃え上がる思いだけではなく、やはり、空気感で感じる愁いなのだと思います。

本作の撮影監督には、フランソワ・オゾン監督の『危険なプロット』などのジェローム・アルメラが務めたことも、映像に空気感が映った要因でしょう。

フォルカー・シュレンドルフ監督は、信頼関係のあるジェローム・アルメラと、多くの旅行やロケーションハンティングを行なっていたことで、互いの感覚を合わせる時間が持てたと語っています。

そのうえで、フォルカー・シュレンドルフ監督は、このように語っています。

「とにかく私たちは、役者たちを通して物語を語ろうとしているということ。もちろん、素晴らしい撮影場所もある。ニューヨーク、灯台、モント-クのどこまでも続く海岸。しかし、それは肝心なことではなかった。大事なのはむしろ、心に抱いている状況、感情、失った機会への後悔に立ち向かう人間だった」

これらに並べられた全てのことが、合間って大人の“空気感”となっているのでしょう。

物語はシンプルで小品だが、豊かさの詩情を空気感で見る映画を、ぜひ、女性のあなたには感じていただきたい作品です。

印象深いロケ地「モントーク」


(C)Ziegler Film/Franziska Strauss

映画冒頭のクレジットロールは、主人公マックスが空港に降り立ったことを、実景ではなくデザインとして、おしゃれに見せたことも、本作『男と女、モントーク岬で』の秀でたところです。

その後、マックスの作家としてのプロモーション活動も、喧騒的なニューヨークの人々との間で賑やかに行われます。

しかし、年を重ね少しお腹が出てしまい、服のセンスもイマイチなマックスには、どこか付いていけない、寂しい気持ちを抱きます。

そこで過去に関係のあった恋人レベッカからデートに誘われたマックスは、ニューヨーク最東端にあるモントークに向かいます。

フォルカー・シュレンドルフ監督は、ロケ地の「モントーク」についてこのように述べています。

「モントークはアメリカ先住民のことばで「陸地の終わり」を意味するんだ。それは大西洋に伸びていく沿岸沿い、ロングアイランドの最東端だ。そして灯台が岬の一番端にある。ポルトガルやブルターニュに似てるね。常に感情を波立たせる特別な場所だよ。それは陸地が終わる場所。そこで人生が終わるわけじゃない。でも、その地点からは、実際に振り返ってみることしかできないんだ」

「その地点から、振り返ってみる」というフォルカー監督の言葉が、この映画の全てですね。

熱い思いを抱く関係のあった男女2人。

彼らが「人生が終わりじゃない」けど、見つめ直したことは、成熟してなお過程に過ぎないフォルカー監督の伸びしろなのかも知れません。

フォルカー監督は映画の撮影について、このように語っています。

「今や、デジタルへの過剰評価は終わりに近づき、私たちは再び、最もシンプルな方法へ回帰できる。つまり、技術的可能性のために映画を作らなくてもよいということだ。それは、私にとって、とても大事なことだ」

モントークという場所。男と女。波と風。そこに持つメタファー(隠喩)。

これらと監督の言葉と、映画『男と女、モントーク岬で』を見たことを鑑みた時、映画はシンプルに、場所と男と女があれば成立するとでもいう発言かもしれません。

実際にインタビューの中で、フォルカー監督は「撮影中、多くのことが私にヌーヴェルバーグを思い出させた」と語っています。

本作は年を重ね成熟してきたフォルカー・シュレンドルフ監督にとっては、精神性においては、J=L・ゴダール監督の『勝手にしやがれ』のような映画なのかもしれません。

都会と田舎に揺れる心情、男と女の埋まらない空気感に、映画好きなあなたは何を見ますか。

大人の映画を好むファンは必見ですよ。

本作を公開する劇場は?


(C)Ziegler Film/Franziska Strauss

【北海道地区】
北海道 シアターキノ 順次公開

【関東・甲信越地区】
東京都 ヒューマントラストシネマ有楽町 5/26(土)~
東京都 新宿武蔵野館 5/26(土)〜

千葉県 千葉劇場 5/26(土)~

群馬県 シネマテークたかさき 順次公開

静岡県 シネマイーラ 順次公開

【中部・北陸地区】
愛知県 名演小劇場 5/26(土)~

【近畿地区】
大阪府 テアトル梅田 6/2(土)~

兵庫県 シネ・リーブル神戸 6/23(土)~


(C)Ziegler Film/Franziska Strauss

*上記の公開される劇場リストは4月13日現在の情報です。作品の特性上、全国順次公開やセカンド上映されることが予想されます。

お近くの劇場でご覧になりたい方は、必ず公式ホームページでご確認のうえ、足を運んでみて下さいね。

スポンサーリンク

まとめ


(C)Ziegler Film/Franziska Strauss

フォルカー・シュレンドルフ監督の作品を初めて見たのは、名作『ブリキの太鼓』

1979年度カンヌ国際映画祭パルム・ドール賞やアカデミー外国語映画賞を受賞した作品です。

しかし、公開以後も、原作を忠実な映像表現が世界中で、大きな話題や規制措置をなされたことで知られています。

思春期の自分にとっては、非常に濃厚な性的描写が刺激的でした。

今回ご紹介した本作『男と女、モントーク岬で』でも、ベットシーンはあります。

しかし、“エロスという生きる力”は、実際のそのもの行為のみでなく、空気感に感じるような感じもしました。

きっと、それは老成ではなく成熟というものをフォルカー・シュレンドルフ監督が示したからだと思います。

“大人の雰囲気”という言葉がありますが、真の意味では大人として“足るを知る”ことがエロスのようなかもしれません。

あなたはどう感じられるでしょう。

映画『男と女、モントーク岬で』は、5月26日(土)より全国順次公開

大人のあなたは、お見逃しなく!

関連記事

ラブストーリー映画

映画『パドマーワト女神の誕生』ネタバレ感想と評価解説。インド史上最大規模で伝説の王妃が描かれる

インドで敬愛され続ける伝説の王妃パドマーワティの物語が完全映画化! インド映画史上最大の規模で描かれる圧巻の映像絵巻。 演技、演出、美術、音楽、すべてが美しく気高い一大叙事詩が完成しました。 映画『パ …

ラブストーリー映画

映画『パームスプリングス』ネタバレ感想解説とラスト結末の評価。繰り返すタイムスリップの恋愛の行く末

同じ日常を繰り返す男女の恋模様を描くハートフルコメディ 映画『パーム・スプリングス』が、2021年4月9日(金)より新宿ピカデリーほか全国ロードショー中です。 2021年のゴールデングローブ賞で作品賞 …

ラブストーリー映画

映画『カサブランカ』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も【ハンフリー・ボガード&イングリッド・バーグマン代表作】

ハンフリー・ボガードとイングリッド・バーグマンが共演した傑作中の傑作『カサブランカ」についてまとめました。 以下、あらすじやネタバレが含まれる記事となりますので、まずは『カサブランカ』映画作品情報をど …

ラブストーリー映画

映画『マーメイド・イン・パリ』あらすじ感想と解説評価。フランス産人魚姫は恋愛ラブストーリーとキュートなキャラクターに魅了される

映画『マーメイド・イン・パリ』は2021年2月11日(木・祝)より公開。 古くから、切ないラブストーリーのテーマとして描かれてきた、人間と人魚の恋。 アンデルセンの童話『人魚姫』をモチーフに、フランス …

ラブストーリー映画

映画『火口のふたり』感想とラスト結末の考察。崩壊した時代に性とともに蘇る亡霊

映画『火口のふたり』は2019年8月23日(金)より新宿武蔵野館を皮切りに全国順次公開 直木賞作家・白石一文が2012年に発表した同名小説を基に、男女の性と生を貪欲に突き詰めてきた名脚本家にして映画監 …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学