Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

サスペンス映画

Entry 2017/02/28
Update

映画『下宿人』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

  • Writer :
  • 西川ちょり


アルフレッド・ヒッチコックの全サイレント作品9本を一挙公開という世界初の画期的な上映がMOVIX京都にて開催されています(~3月3日)。

英国映画協会が、現存するヒッチコックの全サイレント映画を一コマ一コマデジタル修正した貴重な映像です。

今回は、そのうちの一本で劇場では日本初公開となる『下宿人』(1927年)を取り上げてみました。
[追記]東京での上映が決定しました! 2017年3月18日〜3月24日 場所:東劇(東京メトロ東銀座駅6番出口より徒歩1分。中央区築地4-1-1 東劇ビル3F Tel:03-3541-2711)配給:劇団とっても便利 お問い合わせ:benrimusical@gmail.com

スポンサーリンク

映画『下宿人』作品情報

【公開】
2017年(イギリス)

【原題】
The Lodger: A Story of the London Fog

【監督】
アルフレッド・ヒッチコック

【キャスト】
アイヴァ・ノヴェロ、ジューン・トリップ、マリー・オールト、アーサー・チェイズニー、マルコム・キーン

【作品概要】
冬のロンドンで毎週火曜日に決まってブロンドの若い女性が殺害されるという事件が起き、人々の恐怖を誘っていた。下宿屋の娘デイジーはファッションモデルをしている美しい娘で彼女も金髪だった。ある日、彼女の下宿に奇妙な男性が現れる。

映画『下宿人』あらすじとネタバレ

霧の夜の連続殺人

霧が立ち込める夜のロンドンで金髪の女性の悲鳴が響きました。人々がかけつけてくると彼女は既に絶命しており、またもや火曜日に若い女性が襲われたと現場は騒然とします。

警官が周囲の人に聞き込みをしている横で新聞記者が盛んにペンを走らせます。新聞記者はただちにデスクに電話をし、記事を読み上げます。印刷機が回り、出来上がった新聞の束が配達車に積み込まれ、新聞売り場に運ばれていきます。

「エンバンクメントで7人目の被害者! 目撃者によると犯人は顔の下半分をスカーフで隠していた。現場にはいつものように”復讐”という文字が書かれた三角形の紙切れが落ちていた!」新聞はセンセーショナルに事件を報道していました。

ファッションショーのモデルたちの楽屋にも事件のことが知らされました。皆、不安な気持ちにはなるものの、まさか自分がそのような目にあうはずはないと頭を振ってみせます。

でも用心するにこしたことはありません。モデルの一人、デイジーは黒いつけ毛と帽子で金髪を隠して帰宅しました。

デイジーの家は下宿屋を営んでいます。そこにはしょっちゅう刑事のジョーがいりびたっています。ジョーはデイジーにベタ惚れで、デイジーの方も悪い気はしないようです。

怪しい下宿人

ある夜、チャイムがなり、デイジーの母がドアを開けるとそこには顔の下半分をスカーフで隠した若い男が立っていました。彼は部屋をお借りしたいと言います。

男は部屋に案内されると、まず、カバンを鍵のかかるタンスにしまい込みました。そして部屋に飾られた金髪の女性を描いた絵を落ち着きのない様子で撤去させました。

朝、下宿屋に元気にやってきたジョーは、連続殺人鬼の担当になったと意気揚々です。

別の日の夜、母親が寝床についていると、上の下宿人の部屋でかすかな音がします。耳をすませていると、彼は忍び足で部屋を出て、階段を降り、外に出ていきました。窓から覗くと急いで街中に向かって歩いて行く男の後ろ姿が見えました。

そのころ、街の一角では、一組の恋人が喧嘩をしていました。男性が立ち去り、一人になった女性の背中に帽子をかぶった男のシルエットが映ります。女性の悲鳴が響き渡ります。

またもや火曜日に金髪の女性が殺害されました! 新聞で事件を知った母親は父親に下宿人が怪しいと告げます。深夜に忍び足で外出し、音もなく帰宅したと。父は顔をしかめながらもまさかねと頭を振ります。

捜査で消耗したジョーが訪ねてきました。すると、二階からデイジーの悲鳴が! 彼女は下宿人に食事を持っていったのです。

あわてて二階に駆け上がるジョーと父母。みると、下宿人とデイジーが抱き合っています。「ねずみがいたのよ」とデイジーは言いますが、ジョーは激怒し、男たちは激しく争います。

ある日、下宿人が外出しました。彼はデイジーのフアッションショーに顔を出したのです。ショーに出演したデイジーは下宿人が客席にいるのに気付き、二人は微笑み合います。

デイジーが帰宅すると、彼女がショーで着たドレスが届いていました。下宿人が購入して彼女にプレゼントしたのです。しかし、下宿人を疑っている母は、それを下宿人に突き返してしまいます。

警察は殺人現場を記した地図を見てあることに気付きます。現場がある方向に動いているのです。それはデイジーの家がある下宿街でした。

下宿人もまた、地図を広げていました。彼の地図にも同じように三角のマークがつけられていました。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『下宿人』ネタバレ・結末の記載がございます。『下宿人』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

ある火曜日の夜、下宿人とデイジーは一緒に外出します。二人の心は急接近していました。両親は不安にかられ、次々と良からぬ想像をしてしまいます。

ついに不安でたまらなくなった両親が家を飛び出すと、目の前にはデイジーと下宿人が抱き合ってキスをする姿がありました。

そこへジョーが警官をひきつれてやって来ます。捜索させてもらうと二階に上がり、鍵のかかったタンスに気付きます。下宿人に命じて鍵をあけさせると、出てきたかばんの中には拳銃が入っていました。

さらに、印のついた地図もみつかり、この男こそ、連続殺人鬼に違いないとジョーは手錠をかけて逮捕します。しかし、下宿人は手錠のまま逃走してしまいます。

デイジーは下宿人にコートを着せ、彼の手錠を隠し、バーに連れて行くと酒を呑ませます。実は彼は一番最初に殺された金髪娘の兄で、単身犯人探しを行っていたのです。撤去させた絵は妹がモデルだったのです。

バーでは不自然な様子の下宿人をいぶかり、客が手をどうしたのかとしつこく聞いてきます。二人は店を出ますが、入れ違いでジョーたち警官が店にやってきます。

手錠をかけたまま連続殺人犯が逃走したという話を聞いた客たちがさっきの男がそうだと騒ぎ始めます。

彼らは店を出て、下宿人を追いかけました。話を聞いた人たちが次々と加わり、群衆となって下宿人を追い詰めていきます。

鉄柵を乗り越えて逃げようとした下宿人でしたが、手錠が柵にひっかかってしまい、彼はちゅうぶらりんの状態で動けなくなってしまいました。群衆が彼を取り巻き、暴力を振るい始めました。

その時、ジョーに真犯人が逮捕されたという知らせが届きます。下宿人は無実だ! 彼を助けなければ! 怒り狂う群衆を掻き分け、ジョーは下宿人の手錠をはずし、彼を救出するのでした。

スポンサーリンク

映画『下宿人』の感想と評価

1927年制作の本作はヒッチコックの三本目の監督作です。サスペンスの神様と呼ばれるヒッチコックの持ち味がこの段階から完成していることに驚きを隠せません。

いきなり悲鳴をあげる恐怖にひきつった女性の顔のアップから始まり、街のネオン、倒れている女性、恐怖に顔がひきつる老女、取り囲む人々、警官、新聞記者と非常にテンポよく無駄なく進んでいきます。

原題の『The Lodger: A Story of the London Fog』が表しているように、霧の深いロンドンの街が描かれていますが、その中に灯る「TO NIGHT GOLDEN GIRLS」という街のネオンが怪しげに魅力的に輝きます。

下宿人の初登場シーンもこれ以上ないというくらいの怪しさ。濃い霧の中に顔の下半分をマフラーで隠した姿で戸口に立っているのです。

演じるのはアイヴァ・ノヴェロという俳優ですが、当時イギリスでアイドル的な人気があったというだけあって非常に美しい顔立ちをしています。神秘的で掴みどころのない感じが役柄にぴったりです。

そして、この下宿人に対して、階下で生活している宿主の疑惑が膨れ上がっていく様が圧巻なのです。

とりわけ下宿人が真夜中に忍び足で外出するところなど、階下で聞き耳をたてている母親と出ていく下宿人の姿が交互に描かれて非常に緊張感のある場面になっています。

サイレント映画なのに、まるでかすかな物音が聞こえ、観ている私たちも必死で耳をこらしてしまう、そんな感覚になってきます。

サイレント映画ならではの表現方法とヒッチコックのサスペンス溢れる演出にわくわくさせられるのです。

まとめ

英国映画協会により、完全デジタル修正された今回の上映作品には、ニティ・ソーニーというアシッド・ジャズで有名な音楽家が音楽をつけています。

途中、ボーカルが入る箇所もあり驚かされますが、サイレント映画というのは、当時人気のあった音楽や弁士がついて上映され、非常にライブ感覚のあるものだったようです。

山田宏一と和田誠の『たかが映画じゃないか』(文春文庫)で、『下宿人』に関して語られた箇所があるのですが、下宿人が歩き回る音に対する不安を現すために、天井を透明なセットにして靴の裏を撮っていると書かれていました。

ヒッチコック自身は足音の効果を出すために、天井に厚い透明ガラスをはめ込んだと語っています。

その伝説の場面を映画館の大きなスクリーンで観ることができて本当にありがたかったです。

この貴重な上映をお見逃しなく!(上映スケジュールなどはMOVIX京都のHPを参照ください)

◯アルフレッド・ヒッチコック サイレント全作品「ヒッチコック 9」完全デジタル修復版 ジャパン・プレミア上映 第2回 うずまさ映画祭 復元映画企画]

 MOVIX京都:http://www.smt-cinema.com/site/kyoto/

関連記事

サスペンス映画

映画『FIND』あらすじネタバレと感想。アイドルたちの結末に見たシチュエーションスリラーの新たな方向性

アイドルたちが命がけのデス・ゲームに挑戦する! 映画「ソウ(SAW)」シリーズの公開からブームを巻き起こした密室によるデス・ゲーム。 生死をかけた極限の状態で繰り広げられる、ソリッドシチュエーションス …

サスペンス映画

台湾映画『目撃者 闇の中の瞳』あらすじと感想。ラスト事件の真相は?

台湾映画『目撃者 闇の中の瞳』は、2018年1月13日(土)より新宿シネマカリテほか、全国順次公開! いよいよ台湾映画界の新星チェン・ウェイハオ監督の作品が日本上陸されます。 この戦慄の体感型サスペン …

サスペンス映画

映画『NERVE ナーヴ 世界で一番危険なゲーム』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

映画『NERVE ナーヴ 世界で一番危険なゲーム』のあらすじネタバレと感想や評価をまとめました! 以下、あらすじやネタバレが含まれる記事となりますので、まずは『NERVE ナーヴ 世界で一番危険なゲー …

サスペンス映画

【ネタバレ映画感想】『サンセット』ラスト結末まで謎を残したネメシュ・ラースロー監督の意図とは

ネメシュ・ラースロー監督の長編第2作『サンセット』 『サウルの息子』(2015)でカンヌ映画祭グランプリを受賞し、センセーショナルなデビューを果たした若き映画監督ネメシュ・ラースローの長編第2作。 1 …

サスペンス映画

映画『哀愁しんでれら』は実話か考察。凶悪事件の元ネタとは実在のモンスターペアレンツ!?

映画『哀愁しんでれら』は2021年2月5日(金)より全国ロードショー。 「TSUTAYA CREATORS’ PROGRAM FILM 2016」でグランプリを獲得した企画をもとに、『かしこい狗は、吠 …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学