Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

サスペンス映画

Entry 2017/10/28
Update

映画『ラスト・サバイバー』あらすじ解説。DVDレンタルと発売日は

  • Writer :
  • シネマルコヴィッチ

安全だったはずの廃墟に次々と仕掛けられた死のトラップ!

サバイバル、ディザスターの要素にシチュエーションスリラーが融合した新型エンターテイメント作!!

2017年12月2日にDVD発売される映画『ラスト・サバイバー』をご紹介します。

スポンサーリンク

1.映画『ラスト・サバイバー』の作品情報


© 2016 IMAGE NATION ABU DHABI

【公開】
2016年(アラブ首長国連邦映画)

【原題】
The Worthy

【監督】
アリ・F・モスタファ

【キャスト】
アリ・スリマン、マイサ・アブド・エルハジ、マフムード・アリ・アトラシュ、ルバ・ブラル、サメール・イスマイル、サラ・アヌーン、ラキーム・サアド
【作品概要】
戦争後の荒廃したディスストピアを舞台に、『インシディアス』や『死霊館』のスタッフが集結した本作は、ポストアポカリプス・スリラー。

脚本に『ディアトロフ・インシデント』のヴィクラム・ウィート、演出はアリ・F・モスタファ監督。

2.映画『ラスト・サバイバー』のあらすじ


© 2016 IMAGE NATION ABU DHABI

戦争によって大地は汚染され、荒廃してしまった世界。ここでは慢性的な水不足なため、生存した者たちが飲めるきれいな水は限られていました。

街はずれにある廃墟に集まった男女10人。彼らはわずかな飲料水を大切に仲間と分け合い、いつ侵入者が現れてもいいように出入り口を砦のように固めながら静かに暮らしていました。

ある夜、外部の無法者に襲われた父親を旅人ムサに助けられたエイサは、彼を砦の中に泊めることにします。

しかしムサは、突然、エイサの父親の命を奪うと、そのまま何処かへ姿をくらましたのです。

そして次の瞬間、外のタンクから引いていた水が止まってしまいます。

エイサはタンクを調べに行きますが、そこには恐ろしい死のトラップが仕掛けられていました。仲間を助けるため奔走するエイサ。

しかし、至る所で死の罠が彼に襲いかかり、遂には他の仲間たちにも魔の手が迫りくるのですが…。

スポンサーリンク

3.映画『ラスト・サバイバー』の感想と評価


© 2016 IMAGE NATION ABU DHABI

廃墟に暮らす男女10人の元に訪れた2人の訪問者。彼らによって安全なはずの廃墟が死の罠だらけの恐怖の場となっていく様子を描いた作品です。

関連映画として『インシディアス』『死霊館』は製作陣が同じなので、作り手の雰囲気や癖を味わうために先ずは注目

また、映画『ソウ』や『マッドマックス』、また『ファイナル・デスティネーション』シリーズなどの過去作から共通点や傾向を見つけるのも映画通には面白いかもしれません。

2010年に日本公開された『パラノーマル・アクティビティ』や2011年公開の『インシディアス』のプロデューサーのスティーヴン・シュナイダー。

そして2013年『死霊館』のピーター・サフランがプロデューサーを務めています。

音楽を『インシディアス』のジョセフ・ビシャラ。死のトラップの恐怖を『キングスマン』などのVFXスタッフのヴィクター・ヴィルセーヌが手掛けるなど、ハリウッドで活躍するスタッフが集結しています。

荒廃した世界で生き残るため戦う人間たちを描く、ポストアポカリプスとシチュエーションスリラーが融合した、エンターテイメント作品。

また、あまりお目にかからない、アラブ首長国連邦の映画という点も鑑賞する際のポイントですよ。

まとめ


© 2016 IMAGE NATION ABU DHABI

ハリウッドのヒットメーカー『インシディアス』&『死霊館』のチームに加え、『パラノーマル・アクティビティ』の製作陣、『キングスマン』のVFX担当など一流スタッフが本作の品質を高めています。

また、キャストに『キングダム/見えざる敵』のアリ・スリマンや『ミラル』のルバ・ブラルも登場しますよ。

映画『ラスト・サバイバー』のレンタル・セル発売日は、2017年12月2日(土)より開始。

あなたのホームシアターで、スリラーとアクション満載の映画『ラスト・サバイバー』をご覧ください!

関連記事

サスペンス映画

映画ソウsaw4|動画フルを無料視聴!吹き替えも字幕版も見られる

映画『ソウ4』のフル動画を無料視聴する方法を分かりやすくご紹介していきます! ↓今すぐ『ソウ4』の動画を無料で見るならU-NEXT!↓ なお、当記事でご紹介している映画『ソウ4』の動画配信状況は201 …

サスペンス映画

韓国映画『ビースト』ネタバレ感想と結末の評価考察。イ・ソンミンがサスペンスノワールで新たに魅せる“凄み”

イ・ソンミンとユ・ジェミョン、演技派の名優が魅せる韓国ノワール フランス映画『あるいは裏切りという名の犬』(2004)を『さまよう刃』(2014)のイ・ジョンホ監督が大胆に翻案した映画『ビースト』。 …

サスペンス映画

映画『楽園』ネタバレあらすじと感想。瀬々監督は原作短編を「紡」という女性の名を活かし【罪・罰・人】のと三部構成へ

“人はなぜ、罪を犯すのか?”心をえぐられる衝撃作の映画化! 『悪人』『怒り』など映像化が続くベストセラー作家・吉田修一。彼の最高傑作と評される『犯罪小説集』を基に、『64-ロクヨン-』『友罪』の瀬々敬 …

サスペンス映画

映画『RUN/ラン』感想評価と考察。ラストまでガチ怖な毒親の母ダイアンの虐待とサーチとのクロスオーバー

映画『RUN/ラン』は2021年6月18日(金)よりTOHOシネマズ日本橋ほかにて全国ロードショー公開! 2018年公開の映画『Search/サーチ』にて、ユニークな脚本とギミック満載の演出をみせたア …

サスペンス映画

韓国映画『鬼手』感想考察とレビュー評価。囲碁棋士のリベンジ復讐談を描く『神の一手』のスピンオフ作品

映画『鬼手』は2020年8月7日(金)よりシネマート新宿、シネマート心斎橋ほかにて全国順次ロードショー! 「人生は二つに一つ。遊び場になるか、生き地獄になるか」囲碁の世界に身を投じた男たちの、生々しい …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学