Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

サスペンス映画

映画『ダークウォーターズ』あらすじネタバレと感想。デュポン事件を告発した弁護士ロバート・ビロットの信念

  • Writer :
  • 奈香じゅん

映画『ダーク・ウォーターズ (原題:Dark Waters) 』2019年11月北米公開

映画『ダーク・ウォーターズ (原題:Dark Waters) 』は、巨大企業デュポンの不法行為をたった1人で暴いた実在の弁護士ロバート・ビロットが集団訴訟の代理人として闘い、人類史上最大規模の医学調査へ導いた軌跡を辿るスリラー映画です。

主演は、アカデミー賞助演男優賞に2度ノミネートされ「アベンジャーズ」シリーズ のハルク役で知られるマーク・ラファロ。ティム・ロビンス、アン・ハサウェイ、ビル・プルマンなど豪華キャストが出演。

『エリン・ブロコビッチ』(2000)を彷彿とさせる本編は、悪質性が高いとしたアメリカ連邦裁判所が懲罰的賠償金を命じた実際の事件を基にした衝撃の問題作。

スポンサーリンク

映画『ダーク・ウォーターズ』の作品情報


(C)2019-Focus Features

【公開】
2019年(アメリカ映画)

【原題】
Dark Waters

【監督】
トッド・ヘインズ

【キャスト】
マーク・ラファロ、ビル・キャンプ、ティム・ロビンス、アン・ハサウェイ、ビル・プルマン、ヴィクター・ガーバー、メア・ウィニンガム

【作品概要】
原作は、ニューヨークタイムズ・マガジン紙に掲載された記事『The Lawyer Who Became DuPont’s Worst Nightmare』です。環境保護活動に積極的なマーク・ラファロは、その記事の発行から1週間後にロバート・ビロット氏本人に連絡し、映画化を打診。ラファロ自身が本作をプロデュースし、『キャロル』(2016) のトッド・ヘインズへ監督業を依頼。

ロバート・ビロット氏は、本事件の詳細を記録した『The Devil We Know』(2018)でも証言。批評家から100パーセントの評価を得たドキュメンタリーであり、本作にも盛り込まれています。劇中、事件当事者のアール・テナント氏の弟ジム・テナント氏、カイガー夫妻、バッキー・ベイリー氏、そしてビロット夫妻がカメオ出演。

映画『ダーク・ウォーターズ(原題:Dark Waters) 』のあらすじネタバレ


(C)2019-Focus Features

1998年、オハイオ州、シンシナティ。ロブ・ビロットは大手の法律事務所に所属する弁護士で企業側の代理人を務めています。

ある日、農場を経営するウィルバー・テナントが事務所を訪問。地元の弁護士は誰も関わりたがらないと訴え、農場の様子を録画したビデオテープを持参しビロットに助けを求めます。

ビロットは、企業側の弁護士である自分は民事を扱わない為、他の弁護士を紹介すると説明。しかし、自分の祖母とテナントが知り合いだと分かり、農場へ出向くことに。

オハイオ川に沿うパーカーズバーグに到着。道すがら自転車に乗った可愛らしい少女がビロットに笑い掛けます。

ビロットが農場へ着くと、テナントは敷地を案内。野生の鹿や家畜の牛が次々死んでいくと窮状を訴えます。動物が飲む川の水は所々泡が浮いており、水中の石は変色していました。

「この水流には化学薬品が混じっている」とテナントは言います。

高台から死んだ牛を埋葬した小山があちこちに見え、ビロットが何頭死んだのか尋ねると、テナントは「190頭」だと返答。

テナントの弟・ジムは病気がちになり資金繰りの為土地の一部を化学薬品メーカー・デュポン社へ売却。無害物の廃棄に利用するとデュポン社が説明したとテナントは話します。

帰り際デュポン社工場の煙突からもくもくと立ち上る煙を見ながら、ビロットは、テナントが事務所に持参した自撮りのビデオテープを見てみることに。

結膜や歯が黒く変色しやせ衰えた牛の姿が映り、テナントが町中の獣医師から門前払いされたとつぶやく声が入っています。

テナントは仕方なく死因を突き止めようと自ら解剖を行い、異様に変色し一部溶解した臓器が映し出されます。

ビロットは何か重大なことが起きていると確信し法律事務所の上司トム・タープに相談。

難色を示すタープに対し、パーカーズバーグの弁護士は地元を牛耳るデュポン社を怖がってテナントの相談を受けず、自分の祖母の知り合いだとビロットは説得。

ビロットは、デュポン社の顧問弁護士フィル・ドネリーに連絡。有害物質に関わる内部資料を送ってもらうことになります。

届いた資料で頻繁に目にする「PFOA」を丸で囲んだビロットは、インターネットで検索するものの情報が見つかりません。

1999年、オハイオ州、化学業界の晩餐会。ビロットは、結婚前に弁護士をしていた妻・サラを伴い出席。

連絡を寄こさないドネリーを見つけたビロットは、無害・有害に拘らずテナントの土地に廃棄した物全てを示す資料を求めます。

そして、PFOAが何を指すのかビロットが訊くと、ドネリーは突然顔色を変え、牛ごときで文句があるなら訴えろと怒鳴り始めます。

ビロットは、「もう提訴されています」と冷静に返答。それを聞いたドネリーは罵り、凄い形相で立ち去ります。

タープは、公の席でデュポンと言い争い心証を悪くしたことを問題視。そこへ裁判所命令で開示されたデュポン社の内部資料が大量に事務所へ届き、箱が部屋を埋め尽くします。

ビロットは、たった1人で資料の一枚一枚に目を通して行く作業を開始。

一方、テナントは、「町の最大雇用主・デュポンを訴えた農夫」と地元紙が報道し、肩身の狭い思いをさせられていました。

ビロットは、PFOA / C-8という記載を頻繁に目にしますがどうしても分からず、事務所と協力関係にある化学者と落ち合います。

化学メーカー3M社が開発し製造中止した8つの炭素鎖から成る物質で、ほぼ分解不可能だと説明を受けます。

なぜ製造を止めたのかは知らないと答える専門家に、ビロットは、もし飲んだらどうなるかと質問。

「そんなことは有り得ない」

「でも、もし飲んだら?」

「タイヤを飲み込んだらどうなるって訊かれているのと同じだ」

後日、パーカーズバーグで見かけた少女が笑顔を向けた時、歯が黒色だったことを思い出したビロットは、再び化学の専門家へ連絡。

「有り得ないと言わずに、例の化学薬品をたくさん飲んだら歯がどうなるか教えて欲しい」

「黒く変色する」

慌てて家を飛び出す自分を呼び止めたサラに、ビロットは、水が汚染されていると言葉を残し出て行きます。

水道局の資料に「C-8検出」という記録を思い出すビロット。

その頃、テナントは長引く咳に悩まされ、妻を伴い病院を受診。喫煙しないテナントは血液検査をすることになり、促されるままシャツの袖を捲くると、皮膚のあちこちに黒色の斑点が露わになります。

家に戻ったテナントはファイルがテーブルに散らばっているのを見て、デュポンが家に侵入したと気づきます。

外から騒音が聞こえて家を飛び出すと、上空をヘリコプターが低空で離れて行きます。

一緒に様子を見に出て来た娘達に家へ入るよう大声を上げたテナントは、銃を胸に抱え空を睨むように見上げたまま夜を明かしました。

事務所へ来たビロットは資料を当たり、雇用者のユニフォームに縫い付けられた「TEFLON」に目を留めます。

次にめくったページはデュポン製品の広告。テフロン加工のフライパンを見たビロットは、一瞬凍りつき飛び上がります。

夜遅く物音で起きたサラは、夫が一心不乱に調理器具を物色している姿を見つけ、事情が分からず混乱。

ビロットは、自分達の幼い子供も含め毒を盛られていると言い、全てを妻に説明します。

マンハッタン計画で使用された人工の化学薬品は、初のウォータープルーフ効果を有するコーティング物質であり、戦車の耐久性を上げる為に利用。

デュポン社はその化学薬品PFOAをC8と名付けて商品を開発し、テフロン加工の調理器具が誕生。しかし、最初から異変が起き、テフロンの製造ラインで働いていた従業員は、吐き気や発熱の症状を訴え体調不良を主張。

ビロットは、上司のタープにも詳細を説明します。

ウェスト・バージニア州のパーカーズバーグでテフロンの製造を始めた1年後の1962年にはデュポンの従業員が次々に入院。

製造過程で出た気体のPFOA / C8は空気中へ放出し、汚泥はオハイオ川へ廃棄。或いはドラム缶に入れて地中に埋められ、その量は数千トン。

この物質の先駆者である3M社は猿を使って実験し、殆どの猿は死亡。一方、デュポン社はネズミを使い実験。

PFOAを敢えて妊娠しているネズミに与え奇形の子供が生まれるのを確認。その後死んだネズミを解剖し臓器が破壊されていることを写真に撮り記録。

テフロンの製造ラインで働いていた妊婦のスー・ベイリーは、鼻腔を1つしか持たず片目が奇形の男児を出産。

スーは、扱っていたC8に問題があるのか会社に尋ねると、デュポンは、彼女がテフロンに配置されていた記録を抹消。

「デュポンは、全部最初から知っていたんだ」そうビロットは訴えます。

「何十年も空へ放出し地中へ埋め、川へ廃棄し続けたC8が癌を引き起こしていると知っていた。塗料や生地の派生商品にも使用され服も作られている」

ビロットはタープを同席させ、調べ上げた事実をデュポン社の法律顧問・ドネリーに突きつけます。

「40年間、C8が分解されない毒物で一生体内に残ると知っていながら使い続けた。テフロンだけで10億ドルの利益を上げ、この間拡散したC8は、もうどこも汚染する場所が残ってない程広がっている」

テナントの農場を訪れたビロットは、C8の汚泥を大量に廃棄した川の水を飲んだ為に牛が死亡したと報告。

テナントは、お金など要らないからデュポンを刑務所へぶち込めと怒鳴ります。しかし、ビロットは、潤沢な資金があるデュポンは科学者を抱き込み、事実をもみ消すと主張。

生活を取り戻す為に新しい土地へ移るよう忠告したビロットに、テナントは、「もう遅い。俺達も癌なんだ」と力なく答えます。

農場を後にしたビロットは、車の中からあちこち毛が抜け落ちた犬や腕の所々に黒色の斑点がある住民を見掛けます。

以下、『ダーク・ウォーターズ』ネタバレ・結末の記載がございます。『ダーク・ウォーターズ』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

ビロットは、環境保護庁、司法省、保健福祉省当てに「公衆衛生に対する差し迫った危機」という件名で手紙を執筆。

デュポン社の邪魔が入るものの、ビロットは、公聴会で問題を提起し対策を求めます。サラは、テレビ中継されるその様子をじっと見つめます。

その頃、パーカーズバーグに住むジョーとダーリーン・カイガー夫妻の下へ水道局から1通の手紙が届きます。

差し出し人は地域を管轄する水道局。

「デュポン社から流出したPOFA / C8は体内から少しずつ排出される物質であり低濃度のため安全」

眉をひそめたジョーは様々な関係各所へ連絡。結果的にビロットの知る所となり、サラを連れてカイガー家を訪問。

ダーリーンは、元夫がデュポン社に化学者として従事。カタログから好きな製品を選び家で使っていたと話します。

皿洗い機用洗剤や洗濯用洗剤は驚くほどキレイに汚れを落とし、ダーリーンは喜んでいましたが、ある日元夫は自宅に商品を持って帰れないとこぼし、その後何週間も体調を崩してしまいます。

テフロン風邪と夫妻は呼び、何かおかしいと怪しんでいましたが、デュポンの社員証を見せれば、銀行は家を購入するローンを直ぐに組み、子供も大学へ進学させることが出来たと説明。

しかし、同僚が次々に重篤な病を発症し、彼等の妻も病気になっていきます。ダーリーンは36才で子宮摘出。

カイガー夫妻から手紙のコピーを貰い帰路に着いたビロットは、「鬼畜だ」と怒鳴り、手紙は水道局ではなくデュポンが用意したものだと怒りを爆発させます。

手紙が郵送されてから11ヵ月後、ビロットは、事務所の合同会議で自ら精査してまとめた分厚い資料を配り、同僚弁護士達にジョー・カイガーを代表とする集団訴訟を起こす意向を報告。

デュポン社が認識していながら40年間も汚染し続けた水の供給地域住民7万人が原告だと説明。

そして、デュポン社が独自に定めた安全基準でさえ許容できるPFOA / C8の量は、オリンピックで使用されるプールに入る水の中に1滴だと補足。

「つまり、カイガー家には、それ以下の量だから安心だと言って来た」そうビロットは続けます。

同僚弁護士から、水道局にデュポンがわざわざ報告したことは善意ではないのかと見解が示されます。

ビロットは、ウェスト・バージニア州の法律では、水質汚染が確認されてから1年以内に訴訟を起こさねば時効を迎えると知っているデュポンが自分に知られたと悟り、先手を打ったと説明し時効まで1ヶ月だと告げます。

ビロットは、既に病気を抱えている人もおり、今後発症することも鑑み、医療モニタリングの必要性を主張。

こんな大規模のモニタリングは先例が無いという意見や、自分達は企業側の代理人だという声が飛ぶ中、タープが制止。

「ビロットが集めた証拠資料に目を通したのか?過失と汚職だぞ。度を越した行為だ」そうタープは机を叩いて声を荒げます。

ビロットは、訴訟弁護人で集団訴訟を多く扱うハリー・ディツラーに協力を仰ぎます。

裁判初日、車椅子に乗ったテナントが姿を見せます。声もほとんど出ず衰えてしまったテナントは、世間に知らしめて欲しいとビロットに訴えます。

デュポン社が証人として召喚した環境保護庁の学者は、デュポンの安全基準より遥かに低い値しかC8は水から検出されていないと証言。

その晩、ABCテレビ局のジャーナリスト、バーバーラ・ウォルターズは特集を組んでデュポンのPFOA / C8化合物を紹介。

赤ん坊がハイハイするカーペットにもテフロンが使用されていると報道。

「隠された危険」と題したピーター・ジェニングスやアンダーソン・クーパーのニュース番組、そして外国でも報じられます。

デュポンは「安全」と謳い、テフロン加工の調理器具を用いた料理番組を製作。

審問が開かれ、召喚に応じたデュポンのCEOチャールズ・ホリデイ・ジュニアは、ビロットの質問に答えます。

1972年の内部文書で既にデュポンの化学者がPFOA / C8の引き起こす健康被害の危険性を主張していた報告書を見せたビロットは、CEOから記載の確認を取ります。

社員は、肝臓病、白血病、腎臓がん等を罹患。更に、3M社が継続して当該化学薬品を取り込んだ場合、奇形の子供が生まれると連絡していたことを突きつけます。

デュポン社の独自調査も含め、CEOは知らなかったと否定。

全く同じ様相の奇形で生まれた子供を出産した2人の女性職員は皆テフロンの製造ラインで働いていたことを告げたビロットは、バッキーと名付けられた男児の写真を見せます。

同席したデュポンの弁護士達は席を立とうとしますが、ビロットは、CEOに写真を見せ続けます。

「バッキーはC8にさらされて鼻腔が1つしかないんですよ」

ストレスを一身に受けていたビロットは手の震えを押さえながら地下の駐車場へ向かいます。

自分を遠くから見つめる黒い服の男を目の端に捉え、急いで車に乗り込みます。

環境保護庁は報告義務を怠ったとしてデュポン社へ1600万ドルの罰金を課すと報道したメディアは、テフロンで毎年10億ドル儲ける企業に対する僅かな罰金だとシニカルなコメント。

調停が開かれ、デュポン社は2億3500万ドルを負担して病気との因果関係があるのか原告を対象とした医学調査を実施したいという意向を提示。

調査を実行するのは、デュポン社と利害関係の無い科学者から成る独立機関。但し、因果関係が証明されなければ裁判はその段階で終結すると説明があります。

全ては血液検査をしてくれる住民の数に掛かっており、ビロットは、サンプル数が多くなければ科学的な実証は困難だと聞かされます。

血液採取を行う車両を訪れたビロットは驚愕します。そこには、たくさんの住人が列に並んで検査を待っていたのです。実にその数69,000人。

しかし、テナントは、ビロットを初めて訪れた日から7年後に他界。採取した血液検査の結果は4年過ぎてもまだ出ていませんでした。

カイガー家は地元で嫌がらせを受け、ビロットも責められます。ビロットは、独立機関に連絡し、何か少しでも判明して被験者である住民に報告できることはないのか尋ねますが、大規模サンプルの為まだ調査中という返答。

更に、裁判続行のコストがかさみ、タープはビロットを非難します。

ビロットは、デュポン社と繋がる環境保護庁は理由も告げずに調査を中止した為、この裁判が最後の砦であり、費用も時間も掛かれば諦めるだろうという巨大企業の思惑だと必死に訴えます。

タープが尚も批判を口にする中、ビロットの視界はぼやけ、痙攣しながら倒れ込んでしまいます。

病院に搬送されたビロットは一過性の脳卒中と診断されますが、顔を引きつらせたサラは、毒物を盛られたのではないのかと医師に質問。

神経性の要因だと答えた医師は、薬の服用とストレスの軽減が必要だと助言。

サラは、付き添ったタープに対し、夫が失敗したような扱いをするのを止めて欲しいと強く訴えます。

「全くの見ず知らずの人達でも助けを求められた夫は、リスクを背負って全てを投げ打って来た。それは、間違いではない」

2012年。ガソリンスタンドへ立ち寄ったビロットは、バッキーと偶然出会います。化学薬品が引き起こした先天性異常を持って生まれた彼の乳児期の写真を思い出したビロットは直ぐに分かります。

バッキーは、明るい青年に成長していました。

ある日、独立科学検査機関から遂にビロットの下へ連絡が入ります。

「精巣がん、腎臓がん、潰瘍性大腸炎、子癇前症、甲状腺疾患、高コレステロール、以上6つの疾患とPTFA / C8の因果関係が判明しました。多くの住民が既に罹患しているので今度モニタリングが必要です。よくやったわ、ビロットさん」

ビロットは何も言わずに目をつぶり、ただ頷きます。

しかし、デュポン社はその結果を拒否し、6つの疾患に対し個別に異議を申し立てるという意向を示し、ビロットはサラに怒りをぶつけます。

「結局、自分の身は自分で闘って守るしかないんだ」

2015年。オハイオ州の連邦裁判所で裁判が始まります。原告は6つの病気いずれかに罹患している住民。

裁判官は、3535ケースを審議するのに気の遠くなる様な時間がかかると言いながら、ビロットを見て、貴方まだ居るんですか?と尋ねます。

「はい。私が弁護人です」

‐ビロットは、最初の裁判で150万ドル、2件目は560万ドル、そして3件目は1250万ドルの賠償金を命じた勝訴を勝ち取り、デュポン社は遂に2017年全住民へ6億7070万ドルの和解金を提示‐

‐PFOA /C8は、99パーセントの人間も含む事実上地球全ての生物の血液に混入していると考えられている‐

‐ロバート・ビロットの実績は世界中でPFOA禁止の流れへと発展し、殆ど規制外の600種以上の関連した難分解化合物の調査開始に繋がった‐

‐テナント氏が初めてタープ率いる法律事務所のドアを叩いた日から20年以上経過した今、ロバート・ビロットの戦いは現在も進行中‐

スポンサーリンク

映画『ダーク・ウォーターズ(原題:Dark Waters) 』の感想と評価


(C)2019-Focus Features

本作は、農場で起きた牛の大量死を知ったロバート・ビロットが化学業界の弁護士でありながら、グローバル企業・デュポンが自社製造の化合物の毒性を認識した上で大量廃棄していた事実を掴み集団訴訟を起こす孤軍奮闘を描いています。

本編の最後にロバート・ビロット氏は今も闘っていると近況が示されます。これについては、『ダーク・ウォーターズ』の映画化でビロット氏がインタビューを受けた際に答えています。

PFOAを含むPFAS群の化合物がアメリカ全土の水域から検出されたことを受け新たな集団訴訟の為に裁判所へ関連書類を既に提出。

今回の目的は損害賠償ではなく、裁判所命令による有識者の諮問委員会設立を目指し、全国の市民を対象にしていると説明しています。

参考映像:『The Devil We Know』(2018)

本作『ダーク・ウォーターズ』の作品概要でも触れたドキュメンタリー『The Devil We Know』(2018)において、元アメリカ環境保護庁のナンバー2、マイケル・マケイブ氏が2000年に職員を連れてデュポン社に天下りしたことで同社は事実上同庁の決定権を握ったことが明かされます。

また、ビロット氏は、PFOAを「Highly Toxic (強い毒性)」と記載された60年代のデュポン社内部資料を入手していたことも証言。

そして、本作の劇中にもある通り、水道局からパーカーズバーグ在住のカイガー夫妻へ手紙を郵送させ時効で訴訟を起こせないようデュポン社が画策した経緯も描写。

『ダーク・ウォーターズ』は、官業の癒着、天下り、企業の不正を暴いたビロット氏の軌跡を追うことで、1960年代から同社が自社の化合物による健康被害を知っていながら隠蔽したことを世間に広める目的で製作されています。

2018年、ノースカロライナ州の日刊紙フェイエットビル・オブザーバーによれば、1951年から2003年の間にデュポン社はパーカーズバーグの自社工場から計170万パウンド以上 (771,107キロ以上)のPFOA/ C8を空中、地中、河川へ廃棄。

汚染の拡大は地球規模だとビロット氏は明言していますが、ノルウェーとロシアの共同調査により、北極圏でも当該化合物が検出され、ホッキョクグマの血液中からも見つかっていると様々なメディアが伝えています。

2019年11月、ニューヨーク・タイムズ紙は、ニューヨーク州の検事総長が公衆衛生を脅威にさらし州の天然資源に損害を与えたとしてデュポン社、ケマーズ社、3Mを最高裁判所へ提訴したと報道。

尚、死ぬまで体内に蓄積されるPFOAの毒性が指摘される中、現在デュポン社のスピンオフ企業ケマーズ社が代替化合物GenXを製造し、規制されないまま市場に出回っています。

2018年度アメリカの環境保護庁は、動物実験調査の結果、腎臓、肝臓、免疫等に影響を及ぼすことが示されたので留意するようケマーズ社へ伝えたとイギリス紙ガーディアンが2019年5月に報道。

更に、2019年、欧州では、GenXはREACH規則の高懸念物質として認定しました。

そして、1998年にロバート・ビロット氏が始めた闘いは、遂に国際会議の議題へと発展。2019年度に開催されたCOP9では、PFOAを廃絶リストに載せると決定。

『ダーク・ウォーターズ』がオハイオ州でプレミアされた際、ビロット氏の母校オハイオ州立大学の法科大学院生達が招待されました。上映後、出席したビロット氏に満場総立ちで拍手喝采が送られています。

なぜ闘い続けたのかという質問に、「それが正しいことだったから」とビロット氏は答えました。

本作でマーク・ラファロ扮するロブ・ビロットの台詞にあるように、結局は自分で自分の身を守るしかなく、官業が癒着した“安全”発表など信頼できないことを強く印象付けています。

まとめ

住民誰もが町の経済を牽引するデュポン社に何らかの関わりを持つオハイオ州パーカーズバーグで農場を営むテナントは、家畜が次々に異様な死を遂げ、ツテを頼りに弁護士のロバート・ビロットに助けを求めます。

テフロン加工商品を製造する為に使っていた毒性の高い化学薬品の汚泥を大量に廃棄していたことを突き止めたビロットは、デュポンを相手取り集団訴訟を起こします。

命の危険を感じながら20年間闘い続けたロバート・ビロット氏を描く、映画『ダーク・ウォーターズ』は、国境を越え世界をも動かした1人の弁護士の信念を物語る渾身の一作。必見です。

関連記事

サスペンス映画

22年目の告白キャストとあらすじ!映画舞台挨拶や試写会情報も

“すべての国民が、この男に狂わされる” 韓国映画『殺人の告白』を入江悠監督がリメイクしたクライムサスペンス映画『22年目の告白 私が殺人犯です』をご紹介します。 スポンサーリンク CONTENTS映画 …

サスペンス映画

映画『オンリー・ゴッド』あらすじと感想レビュー!ラスト結末も

2012年に映画『ドライヴ』で日本の映画ファンに、その名を知らしめたニコラス・ウィンディング・レフン監督。 ふたたびニコラス・ウィンディング・レフン監督&ライアン・ゴズリングがタッグを組んだ …

サスペンス映画

映画『インフォーマー』あらすじネタバレと感想。結末まで緊迫感ある【THE INFORMER 三秒間の死角】のサスペンスとは

『THE INFORMER/三秒間の死角』は2019年11月29日よりロードショー。 クライム、スリラー映画の中でもとくに人気が強い作品といえばいわゆる“脱獄もの”。 今回は、欧州の文学賞に輝いてきた …

サスペンス映画

映画『海底47m』感想レビューと評価!結末考察やあらすじも

2017年8月12日よりシネマート新宿ほかで劇場公開される映画『海底47m』をご存知でしょうか? 全米激震!週末興行ランキング(2017/6/16~18)は、巨大ザメが海賊ジャック・スパロウを抑え堂々 …

サスペンス映画

映画『下宿人』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

アルフレッド・ヒッチコックの全サイレント作品9本を一挙公開という世界初の画期的な上映がMOVIX京都にて開催されています(~3月3日)。 英国映画協会が、現存するヒッチコックの全サイレント映画を一コマ …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』2020年10月9日(金)よりTOHOシネマズシャンテほか全国公開
映画『朝が来る』2020年10月23日(金)より全国公開
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
国内ドラマ情報サイトDRAMAP