Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2020/03/12
Update

【2020年3月13日〜14日公開】Cinemarcheおすすめ映画情報

  • Writer :
  • Cinemarche編集部

あなたと映画の結び目。
チョッとだけツウ好みな映画WEBマガジン【Cinemarche:シネマルシェ】


(C)Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト「Cinemarche(シネマルシェ)」で掲載している最新情報をまとめてご紹介!

今週末3月13日(金)3月14日(土)に劇場公開を迎える新作映画のオススメ情報

★注目の映画人インタビューでは、『ひとくず』の上西雄大監督が自ら主演俳優を務めた作品の裏舞台と、自身のルーツなどを語ってくださいました。

☆プレゼントは、映画『ミセス・ノイズィ』の完成披露試写会映画『台北セブンラブ』の非売品サウンドトラックCDです。

Cinemarche編集部のつぶやきは「大阪アジアン映画祭2020特集」についてなど、盛りだくさんの内容でお届けします。

スポンサーリンク

今週末【3月13日(金)公開】のおすすめ映画

『エキストロ』(吉本興業)

(C)2019 吉本興業株式会社

映画『エキストロ』は2020年3月13日(金)よりシネマカリテほかにて全国順次公開になります。

テレビや映画の時代劇撮影が数多く行われる巨大ロケ施設「ワープステーション江戸」を舞台に、エキストラたちの悲喜こもごもの営みを描く骨太なドキュメンタリー映画…に見せかけたフェイクドキュメンタリー作品です。

映画初出演となる新人の萩野谷幸三が本人役を演じ、山本耕史、斉藤由貴、寺脇康文、藤波辰爾、黒沢かずこ、三秋里歩、石井竜也、荒俣宏、大林宣彦らさまざまなジャンルで活躍する異色キャストが集結

映画『パコと魔法の絵本』などの劇作家・後藤ひろひとが脚本を担当し、演出はNHK大河ドラマ『おんな城主直虎』などの村橋直樹監督が務めています。

シネマダイバー:金田まこちゃのイチオシレビュー!

今週末【3月14日(土)公開】のおすすめ映画

『ビッグ・リトル・ファーム 理想の暮らしのつくり方』(シンカ)

(c)2018FarmLoreFilm,LLC

映画『ビッグ・リトル・ファーム 理想の暮らしのつくり方』は2020年3月14日(土)よりシネスイッチ銀座、新宿ピカデリー、YEBISU GARDEN CINEMAほかにて全国順次ロードショーされます。

米レビューサイトRottenTomatoesで驚異の96% (2019年11月1日時点)、2018年から数々の映画祭で数々の観客賞を受賞したドキュメンタリー作品です。

映画制作者で、テレビ番組の監督・カメラマンでもあるジョン・チェスターが、2010年から妻モリーと共に始めた農場づくりを記録した、夫婦と動物たちの、笑顔と涙と感動の8年間を追っていきます。

監督のジョン・チェスターは、アニマルプラネットとITVの野生生物番組の製作者として世界中を旅したことがきっかけで、生態系の複雑な相互作用に興味を持つようになり、2010年妻のモリーと共に、アプリコット・レーン・ファームと名付けた農場を始めることになったのが本作の製作へと続いています。

シネマダイバー:松平光冬のイチオシレビュー!

『血筋』(アルミード)

(C)Ryuichi

映画『血筋』は2020年3月14日(土)より新潟シネ・ウインドで先行公開、3月28日(土)からポレポレ東中野ほかで全国順次公開予定です。

韓国・北朝鮮の他に、もう一つ存在する「中国朝鮮民族」に密着したドキュメンタリー映画で、彼らの多くが韓国へ憧れ、出稼ぎに行ったという、これまで注目されてこなかった中国朝鮮民族を、とある一組の家族の父子を通じて追っていきます。

監督兼プロデューサーの角田龍一は、資金難による幾度の製作中断に陥るも、クラウドファンディングを活用したのち、5年の歳月をかけて完成こぎつけました。

国内外での映画祭に出品された本作は、カナザワ映画祭2019「期待の新人監督」部門において、グランプリを受賞しています。

シネマダイバー:松平光冬のイチオシレビュー!

『ひとくず』(渋谷プロダクション)

(c)上西雄大

映画『ひとくず』が2020年3月14日(土)より渋谷・ユーロスペースほかにて全国順次公開されます。

劇団テンアンツ代表の上西雄大監督が、「虐待をしてしまう大人もまた傷ついている」という実態を耳にし、傷ついた子どもだけでなく、虐待をしてしまう大人にも眼を向けてあげてほしいという思いから制作した感動のエンターテイメントです。

ミラノ国際映画祭で作品賞と主演男優賞(外国語映画)を受賞するなど、国内外の映画祭で高い評価を得ています。

監督・主演を務めた上西雄大の存在感脇を固めたベテラン俳優の堀田眞三、飯島大介、田中要次、木下ほうからの共演者が紡ぎだす物語に目が離せません。

シネマダイバー:西川ちょりのイチオシレビュー!

スポンサーリンク

注目の映画人【上西雄大監督】

『ひとくず』上西雄大監督インタビュー

(C)Cinemarche

2019年のミラノ国際映画祭にて最優秀作品賞と最優秀男優賞を受賞した映画『ひとくず』。幼少期、母親の男から虐待されて育ち、夢も希望もなく暮らしていた男が、同じく虐待され育児放棄されている少女との出会いを通して、家族や人間のつながりを見つめていくヒューマンドラマです。

この度は映画の劇場公開を記念して、監督・脚本を務めたほか本作の主人公・金田をも演じた上西雄大監督にインタビュー。上西監督の出生から芝居の世界に入るまでの道のり、映画を通して世の中に届けたいものなど、幅広くお話を伺いました。

3月劇場公開作品のインタビュー

2020年3月6日(金)より劇場公開『酔うと化け物になる父がつらい』出演:渋川清彦さん

2020年3月6日(金)より劇場公開『星屑の町』出演:ラサール石井さん

2020年3月7日(土)より劇場公開『わたしは分断を許さない』堀潤監督

2020年3月7日(土)より劇場公開『ダンシングホームレス』出演:アオキ裕キさん

2020年3月13日(金)より劇場公開『エキストロ』主演:萩野谷幸三さん×脚本・出演:後藤ひろひとさん

2020年3月14日(土)より劇場公開『ひとくず』上西雄大監督

2020年3月20日(金)より劇場公開『人間の時間』キム・ギドク監督

2020年3月20日(金)より劇場公開『もみの家』坂本欣弘監督

2020年3月20日(金)より劇場公開『三島由紀夫VS東大全共闘 50年目の真実』豊島圭介監督

2020年3月21日(土)より劇場公開『カゾクデッサン』主演:水橋研二さん

今後のインタビュー予定

2020年4月17日(金)より劇場公開『いつくしみふかき』主演:渡辺いっけいさん

「おうち映画」のおすすめ:新着動画配信特集

日本アカデミー賞・最優秀作品賞を受賞!
シム・ウンギョン×松坂桃李W主演『新聞記者』が配信中

(C)2019「新聞記者」フィルムパートナーズ

新型コロナウイルスで長い巣ごもりとなったアナタに、【U-NEXT】で「おうち映画」を楽しむのはいかがでしょう。

無料トライアル期間が31日間設定されており、この期間に解約をすれば料金は一切かかりません。

また、U-NEXTをおすすめする最大の理由として、無料登録時に600ポイントをもらえることが挙げられます。

U-NEXTにラインナップされている作品は、「見放題作品」と「ポイントレンタル作品」の2パターンが存在します。

さらに、U-NEXTは映画だけではありません

海外ドラマ、韓流ドラマ、国内アニメ、さらには漫画や雑誌も提供されており、31日間は無料で使い放題なので、使い心地を試してみて、あなたのライフスタイルに合えば継続、合わなければ解約しちゃいましょう

なお、U-NEXTの場合はアカウントページの【解約】ボタンを押せば解約可能と非常に分かりやすい作りとなっているので、その点も安心ですね!

長い巣ごもりとなったあなたに、おうち映画を【U-NEXT】の動画配信で楽しみませんか。

(C)2019「新聞記者」フィルムパートナーズ

日本のメディアとは、社会とは一体
闇へ隠された真実を追うポリティカル・サスペンス

傑作『シャイニング』には“その後”があった
40年前の“あの恐怖”がふたたび蘇る!

前田敦子×黒沢清
シルクロードを舞台に紡がれる奇妙な旅の物語

壮大な復讐劇の果てにある衝撃のラスト!
女優マーゴット・ロビー主演のアクションスリラー

その島で開かれる読書会にはたくさんの秘密がある……
人生を輝かせる至福のミステリードラマ

スポンサーリンク

完成披露試写会プレゼント

映画『ミセス・ノイズィ』(アークエンタテインメント)

天野千尋監督オリジナル脚本の映画『ミセス・ノイズィ』が2020年5月にTOHOシネマズ日比谷、新宿武蔵野館ほかにて全国公開されます。

“隣人トラブル”からマスコミやネット社会を巻き込んで大きな騒動へ広がっていくという衝撃的な展開で話題の本作。

劇場公開に先立ち、2020年4月8日(水)に渋谷・ユーロライブにて行われる完成披露試写会へ10組20名様をご招待いたします。

非売品CDプレゼント

映画『台北セブンラブ』(台湾映画社)

2019年に日本で劇場公開され、話題を呼んだ台湾映画『台北セブンラブ』。この作品のDVDが2020年4月2日発売されます。

DVD発売を記念しまして、本作の非売品サウンドトラックCDを3名様にプレゼントいたします。

編集部のつぶやき「大阪アジアン映画祭2020特集」

現在、大阪にて開催中の「大阪アジアン映画祭」。良質のアジア映画の鑑賞の機会を大阪市民へのみならず、全国の映画ファンに提供するこの映画祭は、2020年で15回目を迎えました。

今年の映画祭は新型コロナウイルスの影響もあり、ゲストを招いたQ&Aやサイン会など、イベント事業は中止されたものの。大阪から映画制作者たちを支援と育成する姿勢を怠ることはありません。

暉峻創三プログラミング・ディレクターのもと、アジア映画で注目される「コンペティション部門」、また気鋭の作家によるインディペンデント作品を上映する「インディ・フォーラム部門」、そして特集企画などの上映を行なっています。

2020年はゲストとの交流はございませんが、映画を鑑賞するという本質である、“いま”の時代を切り開く最新映画を“目撃する”という行為そのもので、映画ファンとの交流を行なっています。






Cinemarcheでは、大阪アジアン映画祭の中で上映された、最新アジア映画の“いま”の鑑賞レビューと、インタビュー取材を敢行します。

どうぞ、大阪の現場で映画鑑賞された方は、レビュー記事を読み返すことで再度映画を楽しみください。また、鑑賞されていない方はインタビューを読むことで、新たな映画を知る貴重な機会をお楽しみいただけると幸いです。

【連載コラム】『OAFF大阪アジアン映画祭2020見聞録』記事一覧はこちら

Cinemarcheからのお知らせ

今後もこれらの企画に読者の皆さんをご優待させていただく、当サイトの「VIP限定」のオンラインサロンを開設する運びとなりました。

【VIP限定】シネマルシェ映画ほろよい倶楽部

このサロンを通して「映画鑑賞者である読者さん、映画制作をおこなう映画作家さん、そしてシネマダイバーのメンバーたち」、これら3者が出会う交流の場所を今後は展開させていくつもりでおります。

詳細の内容につきましては、コチラから読むことができますので、ご加入をご検討ください、心よりお待ちしております。

関連記事

新作映画ニュース

【試写会プレゼント】やまなみ工房の映画『地蔵とリビドー』を10組20名様ご招待(10/2・3 イメージフォーラム)

2018年11月、シアター・イメージフォーラムにてロードショーが決定している映画『地蔵とリビドー』。 上映に先立ち、10月2日(火)、3日(水)にシアター・イメージフォーラムにて行われるマスコミ試写会 …

新作映画ニュース

映画『レプリカズ』あらすじとキャスト。キアヌ・リーブスが神経科学者役で禁断の領域に踏み込み

映画『レプリカズ』は、2019年5月よりTOHOシネマズ日比谷ほかで全国公開。 「マトリックス」シリーズや「ジョン・ウィック」シリーズなど、アクション映画でヒットを飛ばし続ける俳優キアヌ・リーブス。 …

新作映画ニュース

【映画祭のむコレ情報】ドニー・イェン新作からLGBTQ作品まで11月15日よりシネマート新宿・心斎橋にて

劇場発信型映画祭「のむらコレクション」(通称:のむコレ)。 2019年もスケールアップして開催! 2018年、超速で日本公開を実現し大ヒットした『魔女/The Witch』や、個人の自主配給ながら全回 …

新作映画ニュース

映画『インヘリタンス』あらすじ/キャスト/公開日/上映館。リリーコリンズ×サイモンペッグが話題のミステリー作品で初共演

名家に隠された忌まわしき秘密を巡る極上のミステリー。 『あと1センチの恋』のリリー・コリンズと「ミッション:インポッシブル」シリーズのサイモン・ペッグが初共演を果たし、大きな話題を呼んだミステリー映画 …

新作映画ニュース

映画『モンスター・ハント 王の末裔』あらすじ/キャスト/公開日/上映館。人気シリーズ2作目はトニーレオンが主演!

豪華絢爛、空前絶後! 2015年に製作された、実写と3DCGアニメの融合したアクションファンタジー『モンスター・ハント』。 この度、シリーズ2作目である『モンスター・ハント 王の末裔』が、2020年1 …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学