Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

コメディ映画

Entry 2020/03/04
Update

映画『エキストロ』感想レビューと評価。萩野谷幸三という存在にスポットを当てた虚構モキュメンタリー

  • Writer :
  • 金田まこちゃ

映画『エキストロ』は、2020年3月13日から全国順次公開。

映像作品に欠かせない存在でありながら、普段は注目される事は無いエキストラの世界を、エキストラに情熱を燃やす、1人の男を軸に描く映画『エキストロ』

モキュメンタリースタイルのコメディという、風変りな作風の、本作の魅力をご紹介します。

エキストラとして時代劇に参加した63歳の初老・萩野谷幸三の姿を描くモキュメンタリー・コメディ。映画初出演となる新人の萩野谷幸三が本人役を演じ、山本耕史、斉藤由貴、寺脇康文、藤波辰爾、黒沢かずこ、三秋里歩、石井竜也、荒俣宏、大林宣彦らさまざまなジャンルで活躍する異色キャストが集結。

映画『パコと魔法の絵本』などの劇作家・後藤ひろひとが脚本を担当。演出はNHK大河ドラマ『おんな城主直虎』などの演出を務めた村橋直樹監督。「島ぜんぶでおーきな祭 第11回沖縄国際映画祭」(2019年4月18~21日)の「TV DIRECTOR’S MOVIE」上映作品。

スポンサーリンク

映画『エキストロ』の作品情報


(C)2019 吉本興業株式会社

【公開】
2020年公開(日本映画)

【監督】
村橋直樹

【脚本】
後藤ひろひと

【主題歌】
トリプルファイヤー、松崎しげる

【キャスト】
萩野谷幸三、山本耕史、斉藤由貴、寺脇康文、藤波辰爾、黒沢かずこ、加藤諒、高木稟、猪股俊明、芹澤興人、明星真由美、小田川浩、阿部祐二、後藤ひろひと、三秋里歩、師岡広明、中野英樹、村上かず、吉田靖直、島田桃依、姫野洋志、榎木薗郁也、設楽馴、石井竜也、荒俣宏、大林宣彦

【作品概要】
エキストラに情熱を燃やす男、萩野谷幸三を中心に、エキストラの世界に密着取材を行った、ドキュメンタリー風の作品。新人の萩野谷幸三が、本作の主役に起用されている他、山本耕史、斉藤由貴、寺脇康文などの有名俳優が、本人役で出演しています。

監督は、大河ドラマ『おんな城主直虎』などを演出した村橋直樹。脚本は、2008年の映画『パコと魔法の絵本』の原作で知られ、『青春トライ’97』などのモキュメンタリー作品も手掛けた、後藤ひろひとが担当しており、本作にも、厳しいワークショップを行う、演技の先生役で出演しています。

映画『エキストロ』あらすじ


(C)2019 吉本興業株式会社
映画やドラマで、通行人や群衆を演じる出演者を意味する言葉「エキストラ」。

物語に関わるどころか、台詞さえも与えられない事が多い、エキストラですが、映画監督の大林宣彦は「彼らのリアリティーで、演者の嘘が成り立つ」と、エキストラの重要性を語っています。

映画では、1人のエキストラに密着します。

萩野谷幸三、64歳。

萩野谷は、歯科技工士として働きながら、息子を男手一つで育ててきた苦労人で、米米CLUBのボーカル「カールスモーキー石井」として知られる、石井竜也にも、若い頃に影響を与えた人物です。

萩野谷は、息子が一人立ちした事をキッカケに、大好きな映画『タワーリング・インフェルノ』のスティーブ・マックイーンに憧れ、エキストラの道を歩み始めました。

萩野谷が所属する、エキストラ派遣事務所「ラーク」は、お笑い芸人の、黒沢かずこも過去に所属していた事務所で、現在も多くのエキストラが所属しています。

「ラーク」は、茨城県つくばみらい市にある、巨大ロケ施設「ワープステーション江戸」に多くのエキストラを派遣しており、萩野谷は、山本耕史が主演する時代劇作品『江戸の爪』に参加する事になりますが、トラブルが続出します。

また、他の作品に映り込んだ、ある人物がキッカケで、エキストラの世界を取材していたスタッフ達は、とんでもないものを映し出しす事になります。

普段は決して、光が当たる事の無い存在であるエキストラ。

彼らを追いかけた先には、さまざまな人間ドラマが待っていました。

スポンサーリンク

「エキストラ」をテーマにした、モキュメンタリー作品


(C)2019 吉本興業株式会社
映像作品において、無くてはならない存在でありながら、絶対に目立つ事は無い存在「エキストラ」。

エキストラに、情熱を燃やす萩野谷幸三という男を軸に、さまざまな人間ドラマを映し出した映画『エキストロ』。

本作は、ドキュメンタリー風の表現手法となっている「モキュメンタリー」となっています。

「モキュメンタリー」とは、疑似を意味する「モック」と「ドキュメンタリー」を合わせた言葉で、「フェイクドキュメンタリー」とも言いますね。

この手法の作品は、ホラー映画などに多い印象ですが、『エキストロ』は、徹底して笑える演出にこだわった、コメディ作品です。

コメディ作品ですが、あからさまに笑える場面を作り出している訳では無く、カメラの取材を受けている人達は本気なのですが、本気だからこそ、逆に笑えてしまうという場面が数多く出て来ます。

例えば前半で、NGを連発する萩野谷と監督のやりとりは、ボケとツッコミのようですが、そこに真剣な表情の山本耕史が絡んでくる事で、緊迫した空気が生まれます。

リアルな、緊迫した雰囲気だからこそ、逆に笑えてしまうという状況が作り出されており、山本耕史が連呼する「胃袋が」という言葉が、何故か笑いのツボにハマってしまいました。

基本的に本筋の無い作品に見えますが、巧みに伏線が張られており、全てが1つにまとまるラストは、謎の感動を生み出しています。

豪華出演者が本人を演じる


(C)2019 吉本興業株式会社
本作は、前述した山本耕史の他に、斉藤由貴や寺脇康文、藤波辰爾など、各界の著名人が多数出演しており、全員が自分自身を演じています。

決して素のままで出演している訳では無く、それぞれが、違う自分を演じているのです。

特に、怒りのあまり、プロレスファンにはお馴染みの、ある名場面を彷彿とさせる行動に出る藤波辰爾や、コンプライアンス的にアウトな松崎しげるなどは必見です。

本作の主演は、萩野谷幸三という謎に包まれた新人俳優で、作風がモキュメンタリーと言う性質上、萩野谷幸三について、どこまでが真実で、どこまでがフィクションか?が全く分かりません。

脇を固める著名人たちも、フィクションの自分を演じている為、本作は、嘘と現実が交差する、不思議な世界を作り出しています。

そして、そんな不思議な世界だからこそ成り立つ、後半以降の意外な展開も、是非お楽しみください。

スポンサーリンク

タイトルである『エキストロ』の意味は?


(C)2019 吉本興業株式会社
本作は「エキストラ」という存在に密着した、人間ドラマです。

では、本作のタイトル『エキストロ』とは、どういう意味なのでしょうか?

それは、本作のラストで、映画監督の大林宣彦が、独自のエキストラ論を語っている中で、「エキストロ」という言葉の意味が分かるようになっています。

本作に登場する著名人は、架空の自分を演じていますが、大林宣彦だけは、偽りのないメッセージを発しています。

そして、このメッセージにより、虚実入り混じる、架空のドキュメンタリー映画『エキストロ』の世界は完成するのです。

ラストには、誰もが当てはまる、力強いメッセージが込められていますよ。

まとめ


(C)2019 吉本興業株式会社
映像作品には無くてはならない存在でありながら、あまり語られる事は少ない、エキストラという世界を描いた映画『エキストロ』。

本作を見て感じた事は、エキストラは、決して目立つ事が許されない存在でありながら、確実に、そこにはドラマが存在するという事です。

本作の監督である、村橋直樹は「名もなきエキストラと、名のある役。その境界線を曖昧にした作品を作った」と語っています。

実際の人生においては、全員が自分の人生を生きる主役で、脇役だと思って生きている人などいないはずです。

エキストラと、名のある役者との境界線を曖昧にした本作は、モキュメンタリーと言う作風も含め、映像作品と実際の人生を生きる人達との、境界線も曖昧にした、不思議で実験的な作品と言えます。

これまで、映像作品を鑑賞した際に何気なく見ていた、通行人や群衆などのエキストラを、本作をキッカケに見る目が変わるかもしれません。

映画『エキストロ』は、2020年3月13日から、全国順次公開となっています。

関連記事

コメディ映画

映画『任侠学園』あらすじネタバレと感想。西島秀俊×西田敏行がW主演の“全員善人”のヤクザコメディ

映画『任侠学園』は2019年9月27日(金)より全国ロードショー公開! 数々の人気テレビドラマの演出を手がけてきた木村ひさし監督が、今野敏の人気小説シリーズの初映画化に挑戦した映画『任侠学園』。 世代 …

コメディ映画

映画『帰ってきたヒトラー』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も【タイムスリップして21世紀の現れたヒトラー本人がモノマネ芸人に⁈】

ヒトラーをテーマにした映画と聞くと、つい歴史的大作やシリアスな秀作を想像してしまい、 軽いノリで観るよりは、ちょっと心の準備をしてから観ようなんて思いませんか。 『帰ってきたヒトラー』は、ヒトラーがタ …

コメディ映画

実写映画『かぐや様は告らせたい』あらすじネタバレと感想。平野紫耀×橋本環奈演じる“恋愛頭脳戦”

映画『かぐや様は告らせたい 天才たちの恋愛頭脳戦』は2019年9月6日(金)にロードショー公開! アニメ化でも大きな話題となった赤坂アカの同名人気コミックがついに実写映画化。 監督を務めたのは、『兄に …

コメディ映画

映画『マギーズ・プラン 幸せのあとしまつ』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

映画『マギーズ・プラン 幸せのあとしまつ』のあらすじネタバレと感想や評価をまとめました! 以下、あらすじやネタバレが含まれる記事となりますので、まずは『マギーズ・プラン 幸せのあとしまつ』映画作品情報 …

コメディ映画

【ネタバレ感想】映画『翔んで埼玉』は原作漫画ラストの続編?魔夜峰央も絶賛のコメディを解説

映画『翔んで埼玉』は、2019年2月22日(金)よりロードショー! 累計発行部数が62万部を突破した、埼玉ディスり漫画を映画化した『翔んで埼玉』。 原作売り上げの3割を埼玉県が占め、上田清司埼玉県知事 …

U-NEXT
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学