Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

Entry 2020/06/07
Update

【未体験ゾーンの映画たち2020ベスト10】Wiki情報より詳細に内容考察。ラインナップ54本+1本を全て見たシネマダイバー《増田健セレクション》

  • Writer :
  • 増田健

連載コラム「未体験ゾーンの映画たち2020見破録」第55回

さまざまな理由から日本公開が見送られていた映画を紹介する、恒例となった上映企画”未体験ゾーンの映画たち”。今回の「未体験ゾーンの映画たち 2020」の全54本の上映作品が紹介されました。

さらに今回は、クロージング上映作品として”史上最も愛された駄作”『ザ・ルーム』(2003)が追加上映されました。

さてコロナ禍に翻弄された「未体験ゾーンの映画たち 2020」。全作品を見届けた私が、独断と偏見で選んだベスト10を発表します。今年は深掘りすると興味深い作品ぞろい。順位に関わらず、コラムを参考に見たい作品を選んで頂ければ幸いです。

【連載コラム】『未体験ゾーンの映画たち2020見破録』記事一覧はこちら

スポンサーリンク

『未体験ゾーンの映画たち 2020』より、第10位から第6位まで紹介

第10位『ふたりの映画ができるまで』


(C)2017 The Pretenders, Inc. All rights reserved.

【日本公開】
2020年(アメリカ映画)

【原題】
The Pretenders

【監督・出演】
ジェームズ・フランコ

【キャスト】
ジャック・キルマー、ジェーン・レヴィ、シャメイク・ムーア、ジュノー・テンプル、ブライアン・コックス、デニス・クエイド、ジェームズ・フランコ

【作品概要】
自ら監督・主演した『ディザスター・アーティスト』(2017)で、2018年ゴールデングローブ賞の、主演男優賞受賞の栄誉に輝いたジェームズ・フランコ。

彼がヌーヴェルヴァーグ期のヨーロッパ映画に、深いリスペクトを捧げた、映画愛に満ちたファンタジー恋愛劇。映画ファンならびに、80年代のアートシーンに興味がある方なら、絶対に見るべき作品です。

ジェームズ・フランコの実績を信じて集まった、優れた俳優陣・スタッフが結集した、極めて高い完成度を持つ作品です。

【鑑賞おすすめポイント】
ところがこの作品、#MeToo運動の後に批判の嵐に晒された、ジェームズ・フランコの作品だと思うと、とんでもない作品にも見えるから大変です。「映画的には素晴らしいが、政治的・道義的に間違った映画」の、新たな1本になるのでしょうか…。

『ディザスター・アーティスト』の製作前、トミー・ウィゾーはネタなのか、身の程知らずの本音だったのか、「俺を演じられるのはジョニー・デップだけだ!」と発言していましたが、最終的にはフランコが自身を演じることを認めました。

今となっては、トミー・ウィゾーの優れた慧眼(?)に従うべきだったのでしょうか。ともかく様々な人物、作品に迷惑をかけたフランコ。それでも『ふたりの映画ができるまで』はイイ映画と紹介できるので…困ったものです。

第9位『ヒトラーを殺し、その後ビッグフットを殺した男』


(C)2018 MAKESHIFT, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

【日本公開】
2020年(アメリカ映画)

【原題】
The Man Who Killed Hitler and Then The Bigfoot

【監督・脚本】
ロバート・D・クロサイコウスキー

【キャスト】
サム・エリオット、エイダン・ターナー、ラリー・ミラー、ケイトリン・フィッツジェラルド、ロン・リビングストン

【作品概要】
この凄いタイトル、勝手に付けた邦題ではありません。そのものズバリが原題です。トンデモタイトルに引き寄せられるように集まった観客が、想像したものと全く次元の異なる作品に遭遇し、深い感動と困惑を与えられた問題作です。

古き良きアメリカ男を体現した名優サム・エリオットが、そのイメージに忠実な主人公を演じ、その上で着ぐるみモンスター”ビッグフット”と対決するから大変です。

アメリカに伝わる伝統的な”トール・テール”(ほら話)を、真正面から描いた意欲作。こんな豪華キャストの名作(迷作?)は、2度と現れないかもしれません。

【鑑賞おすすめポイント】
洒落の判る人でないと付いてこれない物語を、洒落の判る人でも戸惑いを覚えてしまう、感動的な展開で、大真面目に描いて見せた力作。なんだこの映画?と思った方、だれもが抱いた感想ですから、ご安心下さい。

こんな特異な作品が、サム・エリオットやエイダン・ターナーの出演で作られた奇跡。ポンコツなトンデモ映画は数あれど、本作のようなジャンル映画の枠を越えた、見応えある珍品映画は希少です。我こそはと思う方は、ご覧になって大いに困惑して下さい。

第8位『プライス 戦慄の報酬』


(C)Firefly Films

【日本公開】
2020年(カナダ・ニュージーランド・アイルランド・アメリカ合作映画)

【原題】
Come to Daddy

【監督】
アント・ティンプソン

【キャスト】
イライジャ・ウッド、スティーブン・マクハティ、マーティン・ドノヴァン、マイケル・スマイリー

【作品概要】
長年疎遠だった父に招かれ、その家を訪ねたイライジャ・ウッド。しかし父の態度にどこか違和感を覚えます。その父が突然急死すると、彼は思わぬトラブルに直面し、やがて人生最大の危機に遭遇してしまう、巻き込まれ型のサスペンス映画。

熱演・怪演が大好きで、奇妙な役柄は大歓迎のイライジャ・ウッドが、実に満足したであろう怪作。共演者もクセ者俳優ばかり、感動の親子対面がもたらしたドタバタ劇が楽しめます。

サスペンス要素と、感動の親子モノの要素がある作品ですが、想像の斜め上を行く展開が笑いを誘います。ブラックユーモアが好きな方に必見の映画。

【鑑賞おすすめポイント】
全編困惑した表情のイライジャ・ウッドが、いつの間にやら下ネタだらけの修羅場の当事者になる姿は、不条理な笑いをもたらす将にコントです。ここに至るまでに物語は右往左往、こんな展開になるとは誰も予想できないでしょう。

本作はドタバタ喜劇ではありません。日常に潜む残酷性を、シュールかつナンセンスな展開と、ヒネた笑いで見せる奇妙な作品、これまた希少価値のある珍作です。

第7位『FREAKSフリークス 能力者たち』


(C)2018 ABNORMAL DEFENSE FORCE INC. 2018 RELIANCE ENTERTAINMENT PRODUCTIONS 12 LIMITED

【日本公開】
2020年(カナダ・アメリカ合作映画)

【原題】
Freaks

【監督・製作・脚本】
ザック・リポフスキー、アダム・B・スタイン

【キャスト】
エミール・ハーシュ、ブルース・ダーン、レクシー・コルカー、グレイス・パーク、アマンダ・クルー

【作品概要】
超能力者を弾圧するデストピア社会で、密かに隠れ暮らしていた一家。しかし幼い娘が能力に目覚めたことで、彼らは自分たちを抑圧する組織との対決を決断する、サイキックSF映画。

『X-メン』(2000)シリーズなどでお馴染みの、ミュータントVS人間社会を描いた、お馴染みのジャンルを描く作品ですが、ストーリーや能力の見せ方に工夫を凝らしています。

若手映像クリエイター発掘リアリティショー番組が生んだ、スティーブン・スピルバーグらが推した若き才能が完成させた、注目の一本です。

【鑑賞おすすめポイント】
ある日突然超能力に目覚める、その原因は!?UFOに遭遇したり、隕石に触ったり…まるでトラックに跳ねられて異世界に転生する設定のように、適当なご都合主義で処理されがちですが、本作は思わぬ形で発動した能力を、緻密に表現しています。

今までにない形の超能力描写も含め、お約束のジャンルとなった超能力映画に、更に新たな工夫が出来ないかと徹底的に追求した作品です。SFファンなら必見です。

第6位『スキンウォーカー』


【日本公開】
2020年(カナダ映画)

【原題】
Lifechanger

【監督・脚本】
ジャスティン・マクコーネル

【キャスト】
ローラ・バーク、ジャック・フォーリー、レイチェル・バンダザー、スティーブ・カザン、エリツァ・バコ、サム・ホワイト

【作品概要】
人間の生命だけでなく、その姿や記憶まで奪う謎の生命体。その生態を人間社会に潜んで暮らす、生命体側の視点で描いた大胆な設定のSFホラー映画。

低予算映画ならではの制約を、逆手に取ったかのような、先の読めない展開で物語は進みます。特殊効果にこだわりを見せながらも、最後はB級ホラーの枠に収まらない、余韻のある詩的なラストを観客に提示します。

北米に伝わる”シェイプシフター”など、人に化ける能力を持つ伝説のモンスターに、新たな設定と生態を与えた、現代的怪談映画としてお楽しみ下さい。

【鑑賞おすすめポイント】
このホラー映画は、B級映画にありがちなラストを採用していません。そこに戸惑いを覚える方もいるでしょう。しかしあえてこのようなオチを選んだジャスティン・マクコーネル監督。その結果抒情的で、寓話のような物語になりました。

コラムではこの映画が生まれた背景に、監督の辛い個人的体験があったことを紹介しました。映画は作り手の背景を知らずとも楽しめますが、それを知ると更に意味深く感じられる場合もあります。B級ホラー映画と侮るなかれ、心に突き刺さる作品です。

第5位『フューリーズ 復讐の女神』

スラッシャー描写が凄すぎる、トンデモ設定バイオレンスホラー!


A Tony D’Aquino film, (C) 2019 Killer Instinct The Movie Pty Ltd, All Rights Reserved

【日本公開】
2020年(オーストラリア映画)

【原題】
The Furies

【監督・脚本】
トニー・ダキノ

【キャスト】
エアリー・ドッズ、リンダ・ゴー、テイラー・ファーグソン

【作品概要】
突然さらわれ、目覚めた8人の女。彼女たちは8人の殺人鬼に襲われる。それは仕組まれた、恐るべき殺人ゲームだった…というスラッシャー・ホラー映画。

この殺人ゲームの規模、仕切っている連中の正体。考え出すと無茶が多く実にB級映画感が漂う、愛おしくなってくる困った映画です。しかし製作者が様々な殺人鬼と、その凶行を描くことに全力投入している様が、ひしひしと伝わる作品です。

趣味の悪い映画だと言われば、それは否定できません。しかし徹底した残酷描写、それも特殊メイクを駆使した描写にこだわる姿は、スプラッター映画と呼ばれるジャンルを愛する人を、間違いなく満足させるでしょう。

【鑑賞おすすめポイント】
70~80年代の、ホラー映画ファンだと自認するトニー・ダキノ監督。彼が何を望んで、この映画を作ったのかは明白です。監督の友人でもある特殊効果マンが、その狙いを叶えるべく実にイイ仕事をしています。

その成果は監督をして、「やり過ぎだったかも…」と言わせた出来栄え。あえて明るい場面ではっきり見せる、特殊メイクや造形が生む残酷描写の数々が登場します。

映画のストーリーは脇に置いてでも、ファンは注目すべき描写の数々が出現。残酷描写は苦手な人は?それはもう、見たら大変なことになること必至です。

スポンサーリンク

第4位『ストレンジ・シスターズ』

妖怪”首なし女”ガスー、美少女ホラー映画として復活!


(C)2019 SAHAMONGKOLFILM INTERNATIONAL CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED

【日本公開】
2020年(タイ映画)

【原題】
กระสือสยาม / Sisters

【監督・製作・原案】
プラッチャヤー・ピンゲーオ

【キャスト】
プロイユコン・ロージャナカタンユー、ナンナパット・ルートナームチューサクン(ミューニック)、スパコーン・キッスワン、ラター・ポーガーム、アパー・パーウィライ、チンナパット・キティチャイワラングーン

【作品概要】
かつてビデオバブルだった頃の、日本のホラー映画マニアの間で話題になった、インドネシア映画『首だけ女の恐怖』(1981)。あの作品に登場した恐るべき、見た目が余りに怖すぎる女妖怪”ガスー”が帰ってきた!

しかも監督は、トニー・ジャー主演映画で有名な、プラッチャヤー・ピンゲーオ監督。彼の手によって、タイ製のアイドルホラー映画として蘇りました。

CGを使いグロテスクに登場する”ガスー”、犠牲者も凄惨な姿を晒しますが、映画のトーンはアイドル映画らしい美しさで、ヒロインたちは実に健気。完成度の高い青春ホラー映画として、大いに楽しめる作品です。

【鑑賞おすすめポイント】
実は本作のアイデアは、様々なアクション映画を手がける以前からあった、と語っているピンゲーオ監督。しかし当時のCG技術では、費用的にも視覚効果的にも問題が多く、諦めざるを得なかったと話しています。

後にCG技術が発達した結果、本作の製作がスタートしました。それでも撮影後のポスプロ作業に時間がかかり、その間に出演したナンナパット・ルートナームチューサクンは、アイドルグループBNK48に入り愛称”ミューニック”として活躍、映画ヒットの立役者となりました。

第3位『処刑山 ナチゾンビVSソビエトゾンビ』

北欧ノルウェーを舞台に、ブラック過ぎるゾンビ大戦勃発!


TAPPELUFT PICTURES (C) 2014

【日本公開】
2020年(ノルウェー・アイスランド合作映画)

【原題】
Dead Snow: Red vs. Dead / Død snø 2

【監督・脚本・製作総指揮】
トミー・ウィルコラ

【キャスト】
ヴェガール・ホール、マーティン・スター、オルヤン・ガムスト、ジョスリン・デボアー、イングリッド・ハース、スティッグ・フローデ・ヘンリクセン、ハルバルド・ホルメン

【作品概要】
ノルウェーの雪山を訪れた若い男女が、呪われた財宝を手にしたことで。ナチス兵部隊のゾンビに襲われる映画『処刑山 デッド卍スノウ』(2007)。過激な暴力描写で話題を呼んだ前作の、待望された続編です。

前作のラストから続く、実に正統派のスタイルで本作は始まります。予算もスケールもアップ、スプラッター描写はパワーアップ、それ以上にブラックユーモア溢れる、痛快ゾンビコメディ映画となりました。

様々な映画のパロディを小ネタに盛り込みながら、ノンストップで暴走する惨劇と笑いの嵐。トミー・ウィルコラ監督が愛する、『バタリアン』(1985)や『ブレインデッド』(1992)のファンなら必見です。

【鑑賞おすすめポイント】
本作に最も影響を与えたのは、サム・ライミ監督の『死霊にはらわた』(1981)。それも前作が『死霊にはらわた』なら、本作は『死霊のはらわたⅡ』(1987)といったノリで作られました。

両作の主人公マーティンは、まさに『死霊にはらわた』の主人公アッシュのような成長を遂げ、同時にアッシュのようにドタバタ劇を展開します。

何故か大暴れするタイガー戦車、『スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲』(1980)のロケ地として有名なノルウェー…この言葉にピンと来た方も、見逃せないコメディ映画です。

スポンサーリンク

第2位『リトル・モンスターズ』

豪華キャストで贈る、バチあたりゾンビコメディ映画


(C)2019 Little Monsters Holdings Pty Ltd,Create NSW and Screen Australia

【日本公開】
2020年(イギリス・オーストラリア・アメリカ合作映画)

【原題】
Little Monsters

【監督・脚本】
エイブ・フォーサイス

【キャスト】
ルピタ・ニョンゴ、ジョシュ・ギャッド、アレクサンダー・イングランド、キャット・スチュワート

【作品概要】
幼稚園の遠足が、何故かソンビの群れに遭遇!ちびっこたちを守るのは、ルピタ・ニョンゴ先生にボンクラ男、子供番組ホストのパリピなゲス男、というお騒がせゾンビコメディ映画。

園児たちが肉食系の、ノロノロ動くゾンビに遭遇、という時点で不謹慎感が漂い始めますが、本作はFワード溢れる、お子様の目にも耳にも相応しくない、大人の笑いが詰まった作品です。

凄惨なシーンとお下劣な言葉が飛び交うブラック・コメディですが、同時に主人公の成長を描き全編に歌が登場する、何とも明るく楽しいゾンビ映画でもあります。

【鑑賞おすすめポイント】
「人が笑うべきではないと敬遠する題材で、笑いが取れる事ほど嬉しい事はない」と語る、エイブ・フォーサイス監督の姿勢を体現した本作。笑いを得るための、本物志向も忘れていません。

出演のジョシュ・ギャッドは、『アナと雪の女王』(2013)シリーズのオラフの声役で有名な、『美女と野獣』(2017)にも出演し歌を披露した人物です。

そんなディズニー映画の顔役が、本作ではゲスの極みな男を歌と踊り付きで熱演。くだらない人物を本物が演じる素晴らしさが、本作の悪ノリ精神を高めているのです。

第1位『ナンシー』

SNS時代を反映した、心にしみる”なりすまし”サスペンス


(C)2017 Nancy the Film, LLC

【日本公開】
2020年(アメリカ映画)

【原題】
Nancy

【監督・脚本】
クリスティーナ・チョー

【キャスト】
アンドレア・ライズボロー、スティーブ・ブシェミ、ジョン・レグイザモ、アン・ダウド、J・スミス=キャメロン

【作品概要】
自分を偽わった上で、他人と交流する人間を姿を描いたサスペンス・スリラー。同時に心に空虚や悲しみを抱えた人間が、触れ合いを通じ変化する様を描くヒューマンドラマ。サンダンス映画祭で脚本賞を受賞した作品です。

著名な俳優が出演していますが、本作はワークショップ形式で作られたインディペンデント映画。低予算かつ長い製作期間…撮影と撮影の間が空いた結果…という環境で作られました。

そのような環境にあって見る者の胸を打つ、心に染みる映画を完成させた、クリスティーナ・チョー監督の力量を示す佳作です。

【鑑賞おすすめポイント】
ドキュメンタリー作品を製作している、チョー監督の人間に対する観察眼が光る作品で、主人公をとりまく人々の描写が、物語の深みを増しています。

また主人公のなりすまし行為についても、監督は断罪せず動機を明確に説明しません。全ては観客に委ねられ、その意味は各々が考えざるを得ないのです。謎解きサスペンスではなく、文学的作品だといえるでしょう。

そしてワークショツプという製作形式を支えた、映画製作支援団体、プロデューサー、そして優れた俳優陣。日本のワークショップ映画とは異なる体制に、アメリカの映画人を育成する姿勢の充実ぶりを感じました。

鋭い視点を持つ、優れた人間ドラマとして楽しめる映画です。ある意味「未体験ゾーンの映画たち」に相応しくない作品です。しかしこんな映画も含んでいるからこそ、油断できない劇場発の映画祭だと、実感させてくれる作品です。

まとめ

シネマダイバーの増田健がセレクトした、【未体験ゾーンの映画たち 2020】ベスト10はいかがでしたか。

紹介した10本を並べただけでも、ジャンルも質も異なるユニークな作品が並んでいると、お判りいただけましたか。特に今回は「珍品」と評すべき、ユニークな作品が並んだと感じました。

今回は既に日本でDVDスルー・有料放送が実施された作品を、改めて劇場公開した作品が多かったのが一つの特徴でした。

優れたユニークな作品に再評価の機会を与える意味でも、このような劇場公開や作品紹介の機会は、増えるべきだと断言しておきます。

ここで紹介出来なかった作品も、深掘りすると様々なセールスポイントが見えてきます。それらは連載コラム形式で紹介してますので、鑑賞の手引きにして頂ければ幸いです。

【オマケ】忘れてはいけない!”怪人”トミー・ウィゾーの『ザ・ルーム』

監督・脚本・製作総指揮そして主演の、トミー・ウィゾーの英語を知らずとも、十二分に理解できる凄まじい演技は序の口です。気持ち悪過ぎる登場人物の不可解な人間関係、前ふりもなく登場するセリフや人物、無駄にインサートされる謎の風景…。

部屋の随所にある謎のスプーン。女優の姿よりも、トミー・ウィゾーの尻の描写に徹したとしか思えないベットシーン。誰でも理解できる映画の壊れっぷりが、全米で大反響とカルト的人気を呼び、観客がツッコミを入れて楽しむ”スプーン上映”が各地で催されました。

参考映像:『ザ・ルーム』:”スプーン上映”の楽しみ方

この映画製作の舞台裏を描いた映画、ジェームズ・フランコの映画『ディザスター・アーティスト』(2017)を通じて、この愛すべき最低映画を知った人も多いでしょう。

「未体験ゾーンの映画たち 2020」の劇場上映では、日本初となる”スプーン上映”の実施が予定され、ファンの間で大きな注目を集めていました。

ところが、残念なことにコロナ禍が世界中に、そして映画館にも余りに大きな影響を与えました。コロナの感染者が増える中、関係者が実施に向け様々な準備を進めていた”スプーン上映”も、涙を呑んで中止することになりました。

映画館という場所に人が集まり、同じ映画を共有して楽しむ、劇場ならではのイベントが、こんな形で中止され誠に残念です。多くの人々や、様々な業種の方々が同じ悔しさを抱えているとはいえ、一映画ファンとして、実に寂しく感じた出来事でした。

関係者は状況が収まれば、日本での”スプーン上映”を実施しようと尽力されています。また映画館で、大画面に映し出された作品を皆で共有し、気兼ねなく楽しめる日が戻ってくると信じています。『ザ・ルーム』”スプーン上映”の実施を心待ちにしています。

来年も従来通りの形式で「未体験ゾーンの映画たち」が行われるか、関係者は今後の状況をにらみつつ、苦慮されているものと思います。しかしユニークな作品を紹介するこの劇場発の映画祭の、存続を強く希望しております。

こういったユニークな映画に興味をお持ちの方に、少しでも面白い情報が提供できるよう、微力ながら応援させて頂きます。映画の公開に関わる方々、映画館の運営に関わる方々にエールを送りつつ、このコラムを終了させて頂きます。

【連載コラム】『未体験ゾーンの映画たち2020見破録』記事一覧はこちら

【連載コラム】『未体験ゾーンの映画たち2019見破録』記事一覧はこちら





関連記事

連載コラム

映画『MAKI マキ』あらすじと感想。サンドバーグ直美演じる日本人女性がNYでとった選択とは|銀幕の月光遊戯9

連載コラム「銀幕の月光遊戯」第9回 こんにちは、西川ちょりです。 今回取り上げる作品は、11月17日(土)より、ユーロスペースほかにて全国順次ロードショーされる『MAKI マキ』です。 イランの名匠ア …

連載コラム

【スーパーナチュラル】ドラマ解説とあらすじネタバレ。シーズン1〜13まとめ編|海外ドラマ絞りたて1

『スーパーナチュラル』シーズン1〜13までのあらすじを詳細まとめ 人気海外ドラマ『スーパーナチュラル』がいよいよ最終シーズンを迎えます。 本コラムでは、番組のファンとこれから『スーパーナチュラル』を観 …

連載コラム

映画『不実な女と官能詩人』感想とレビュー評価。実在した人物の驚くべき物語と新しい女性の姿|銀幕の月光遊戯 46

連載コラム「銀幕の月光遊戯」第46回 映画『不実な女と官能詩人』が、2019年11月1日(金)より、ヒューマントラストシネマ渋谷、シネリーブル梅田にてロードショー公開されます。 彼女が恋に落ちたのは、 …

連載コラム

映画『仮面ライダー 令和ザ・ファーストジェネレーション』ネタバレあらすじと感想。「原点も頂点もない」と「お前はお前の時代の1号なんだ」というライダー宣言|邦画特撮大全64

連載コラム「邦画特撮大全」第64章 令和最初の仮面ライダー“ゼロワン” と平成最後の仮面ライダー“ジオウ”が競演する仮面ライダー冬映画『仮面ライダー 令和ザ・ファースト・ジェネレーション』(2019) …

連載コラム

森達也映画『A』『A2』オウム真理教事件から見えた『万引き家族』の類似性|映画道シカミミ見聞録5

連載コラム「映画道シカミミ見聞録」第5回 こんにちは、森田です。 最新の映画ばかりが新しい話題を提供してくれるわけではありません。 過去の映画も「いま」を考察する手立てとなる、今回はそういった映画の力 …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』2020年10月9日(金)よりTOHOシネマズシャンテほか全国公開
映画『朝が来る』2020年10月23日(金)より全国公開
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
国内ドラマ情報サイトDRAMAP